今日のニュースを見て、驚いた。 新潟県糸魚川市が大手結婚情報サービス 「ツヴァイ」さんと提携し、 入会金63,840円を市が全額負担するとのこと。 ただし、月々の会費1万円はご本人負担らしい。 (実は1年12万円掛かる訳だから、こちらのほうが高くなる確率大。)   なぜ、ツヴァイさんなんだろう。   大手で括るなら他にも大手結婚相談所はある。 しかも、新潟や近隣の県にたくさんある 個人の結婚相談所は困るのではないか。 この動きが、他の県にももし広がっていったら、 地方の小さな相談所が影響を受けること必須だろう。   あなた方では、良い選択が出来るのか心配だから 市が選んであげますよ、ということなのだろうか。 前時代的な匂いがする。 63,840円(細かいですね~)はやはり心が動く金額だから。   勿論、地方の人口の少ない市町村は東京の状況とは違うだろう。 でも、個人経営の相談所は新潟長野あたりにはたくさんあると思う。   今の婚活は、全てインターネットで出来てしまうので、 地方の方が東京の相談所にご入会することも多い。 お見合いの際に、設定した場所へ行って頂ければ 遠方にお住まいだからと言って困る事は何もない。   しかも、入会金や月会費がツヴァイさんより安価で なおかつ情熱を持った相談所はたくさんある。   大手の相談所と小さな相談所の明らかな成婚率の違いを 糸魚川市のお役所の方々はご存知なのだろうか。 明らかに、小さな相談所のほうが ご成婚して頂くことに熱心なのだ。 現に私はこの耳で、大手は小さな個人相談所の成婚率に 学ばなければいけないと思っている、 と大手結婚相談所さんからお聞きしたことがある。   ツヴァイさんはイオングループですね。 オーネットさんは楽天。 サンマリエさん、ノッツェさん。 なぜ、ツヴァイさんなんだろう。   そこに、何か政治的な意図があるにしても ないにしても、弱い者虐めになりうることを もっと考えて頂きたい。   自分に合った相談所を何社か回り選ぶ事、 ここから良い婚活は始まると思う。 カウンセラーとの相性がなんといっても大切だから。 相性がどうでもいいのなら、なぜ相談所によって 成婚率がこんなに違うのか。   お見合い活動の制限のあるなし、お世話のあるなし、 些細なことにも相談所を率いる人間の思いが出てくる。 会員さんはその船に乗っているのだから、 船長の思いに影響を受けないはずがない。   こんな当たり前のことを、いろいろ比べて決定する。 ここからまずは始まるべきものだと思う。   市は特定の業者のみ優遇するのだはなく、 是非限度額を決め、どの相談所を選んでも 入会金を援助するという方向で 動いて頂きたいと強く思う。     lgf01a201409071100