テーマ:アドバイス

本日は相談所で婚活することについて書きたいと思います。 様々な相談所がありご入会を検討されていらっしゃる皆様は きっと悩まれているかと思います。 何を基準に選べば良いのか、きっとお迷いのことと思います。  

 

 

 

一流ホテルのような立派なサロン? カウンセラーが毎月数名ピックアップして紹介してくれること?   そのどちらもスターマリアージュ青山にはありません。

 

 

 

でも、ご成婚率の高さという誇れるものがあります。 立派なサロンにお金を掛けるより適正価格でご活動頂きたい。 ご紹介で出会いのチャンスを潰すより多くの方を知り、 より多くのチャンスを活かして欲しい。 それでもご入会くださった100%の方がご結婚相手を 見つけてくださる訳ではありません。

 

 

 

そして、上手く行かない場合の殆どの理由は自分と向き合う事に耐えられないからです。    

 

 

 

一昨日もある会員様とお電話で長くお話ししました。 ここのところ悩んで落ち込んで、どうしたら良いかわかりませんとのことでした。 ゆっくりお話ししていましたら明るく前向きになってくれました。 誰しも一度は通る道だからとお話ししました。

 

 

 

ご結婚が決まった方々も同じように悩んだ日があったことをお伝えしました。   最初にぶつかる壁、婚活は自分と向き合う事という壁です。 自分と向き合うことに耐えられない方は途中で挫けます。 自分が釣り合うと思っていた男性達とお見合いが出来なかったり お会い出来てもあっさりお断りされてしまったり。 今までの人生で異性にモテてきた方ほどショックは大きいことでしょう。 なぜ?こんなはずではないと。  

 

 

 

だから私は最初のご面談では少し辛口です。 最初に良いことばかりお伝えしたら、きっと耐えられない。 だから婚活は覚悟をして始めなければいけないとお伝えしたいと思っています。

 

 

 

うかつに始めれば大火傷を負いかねないから。   明るく前向きにと言っても難しい時もあるかもしれません。 修行のように感じるかもしれません。 こんなに辛いなら一人で生きて行ったほうがましと 思う人もいることでしょう。   それでも挫けない方にはご褒美のように素敵な出会いがあります。

 

 

 

たくさんの会員様の辛い涙と嬉しい涙を見てきました。 これからもたくさん見て行く事でしょう。 一番身近で見ている私が言う事だから信じて欲しいと思います。    

 

 

 

 

lgf01a201412271200  


テーマ:コラム

『始めに言葉ありき』 言葉の大切さは私たちが考えている以上のものだとつくづく思います。 人間はどんな不幸の中でも幸せを見つけられる強い生き物だと思うのですが どんな幸せの中にも不幸の種を育てる生き物でもあると思うのです。  

 

 

 

その不幸の種になりやすいものが『過去にこう言われて傷ついた』ということ。 ささいなきっかけで始まった喧嘩かもしれませんが、 大きな傷を残すのはお互いが発する『言葉』なのではないかと思うのです。   思ってもいないことを言ってしまった。

 

 

 

よくいい訳で使いますが、相手の一番痛いところを 突けるのが『言葉』です。  

 

 

 

これから結婚して家庭を持とうとする人たちに気をつけて欲しいこと。 決して相手を傷つける『言葉』を発しないで欲しい。 それは、何年経っても心に深く残り、根を張り、いつか二人を引き離すことになるかもしれません。  

 

 

 

『沈黙は金なり』 相手を傷つける言葉を発するくらいなら沈黙のほうがずっとましです。 心が落ち着くまではむしろ沈黙したほうが良いです。 発していないことは後から帳消しに出来ます。 でも、言葉として発してしまえばなかったことには出来ません。  

 

 

 

これから家庭を持ち、子供を持ち、家庭を築く方達にお伝えしたいことを 今日は書いてみました。  

 

 

  lgf01a201412111000  


テーマ:エリート・セレブ婚活

結婚相談所を初めて訪れる方は、きっと期待と不安をたくさん抱えてお越しになると思う。 中でもかなりな確率でいらっしゃるのは、

 

 

 

「相談所で結婚することは恋愛しない条件優先の結婚」という誤解を抱えた方。

 

 

 

今時、政略結婚でもあるまいし好きでもない人とただの条件だけで結婚などしません、 皆様ちゃんと大好きな方を見つけています、とお伝えするとほっとされる。  

 

 

 

「恋愛で相手を見つけられなかった自分」は好きな人と結婚出来なくても仕方ないと思っているのでしょうか。 なんだか、愛おしく感じる。大丈夫、自分で見つけるよりずっと素敵な方達がいて、みんなちゃんと恋をして結婚したいと思っているんです、とお伝えするとほっとされる。でも、中には半信半疑信じられない方もいることでしょう。  

 

 

 

今の時代、好きでもない人と結婚するくらいなら一人でいたほうが良い、一人で生きて行ける収入もある、そんな女性がたくさんいるからこそ結婚が難しくなっている。 でも、好きでもない人と結婚することは不幸な事。それは事実。 愛情と条件のバランスをどう折り合いをつけるのか、折り合いがつかなくてはパートナーのいない人生になってしまう。  

 

 

 

難しいけれど悩む価値はあることだと思う。    

 

 

 

2015年3月21日-6月28日 『ボッティチュリルネサンスーフィレンツェの冨と美』 Bunkamura ザ・ミュージアムにて デートにいかがでしょう。

 

 

 

 

IMG_1203


テーマ:アドバイス

あなたはお母様と婚活のお話はされますか? 先日ある女性がお母様とご来店くださいました。  

 

 

 

彼女はある地方都市の、とても恵まれたご家庭に育ち 有名な大学をご卒業され都内の一流企業に勤務されております。 まだ20代の綺麗な方です。

 

 

 

お母様はざっくばらんでとても楽しい方でした。 恋愛でご結婚され、女性達が羨むご職業のご主人様と 今でもラブラブの御様子です。  

 

 

 

ご主人様のお仕事を少し手伝っていらっしゃることもあり 世間のこともよくご存知で、しかも昔母から子へ伝えてきた 婚活の知恵をお持ちです。 それがとても的を射ていて『さすが』でした。  

 

 

 

1、最初からお相手に多くの収入は望まない。 原石を探して磨いて行くほうが楽しい。(今より未来のポテンシャル重視派) なぜなら、ふたりで最初の苦労から始めて未来を築いて行く事を幸せと感じる。

 

 

 

2、女性は外見が大事。服装は女性らしい上質でセンスの良い服を お見合い用として用意する。(ある意味ステージ衣装のように) 普段は着ないような婚活用の服を着る。

 

 

 

3、お相手は出来れば研究者のような、女性に慣れていない 朴訥としている方が良い。

 

 

 

4、お金に頓着なく自分が趣味で使うだけは必要でも それ以上に欲しない。むしろ奥様に管理を任せるような 執着のない方。

 

 

 

5、なんでも最初が肝心。何年も婚活していて色々いらない知恵が 付かないうちに結婚する。お相手にも同じような婚活初心者が良い。  

 

 

 

どれもこれも婚活の神髄をついています。 華やかで既に成功しているエリート男性を望む方は多いですが 少し違う視点から見てみると良いこと。 きっとあなたのお母様も同じように仰るかもしれません。  

 

 

  lgf01a201407231400