青山セレブ婚活スターマリアージュ青山の婚活ブログ

婚活女性が人知れず悩むこと | 東京港区青山セレブ婚活の結婚相談所。セレブ婚活必勝法。

なぜお見合いの時に領収書をもらってはいけないのか

 

 

とても知的でピュアな性格の若くて可愛いA子さん。

ある日こんな質問をしてきた。

「この前のデートの時、彼が領収書を貰っていて、ちょっと不思議だったんですがどういうことでしょうか?」

違和感は拭えなかったよう。

果たして目の前で領収書を受け取るところを見ても良いものか席を外すべきか。

テーブルチェックだったので、トイレにでも行かない限りは嫌でも目の前で行われるお会計。

 

 

ちょっと昔には、もう少し大人のとても美人のB子さんが言っていた。

「お見合いのお茶代の支払いで領収書を貰っていて、ありえませんでした!」

それ以外にも思うところは多々あったようですが、どうもお断りの理由の一つは領収書のよう。

 

 

勿論、お見合いのお茶代は経費では落とせません。

厳密に言えば、です。

なんとか滑り込ませることは可能でしょうが。

 

 

女性は男性より正義感が強いから、不正は許せないと感じる本能的な部分があると思う。

もしかすると、将来の夫になるかもしれない人がこんなセコイ不正をする人であって欲しくない、と。

でも、それだけではない大きな理由、それを考えて見た。

 

 

相変わらず繰り返される割り勘についてのご相談

 

 

昔から繰り返しあるご相談に、男性から割り勘にされた、という女性側の不満。

女性がお会計の時にお財布を出したり、おいくらですか?と聞くのはほとんどの場合は社交辞令だ。

どうしても貸し借りを作りたくない相手でもない限り、自分にお金を使ってくれるかどうかは男性を見極める大きなバロメーター。

だから、社交辞令とも気づかずにいくら出してね、という男性を目の当たりにすると、もう会わなくてもいいかな〜と思ったりする。

 

 

先程の領収書の違和感に話を戻すと、多分女性はこう感じている。

「なんだ、身銭を切らないんだ。私はこの人に取って身銭をきる程の価値もないと思われているんだ」

なぜなら、女性は男性が自分にどれだけ時間を、お金を、頭を使って楽しませてくれるかを期待して待っているから。

女性は尽くされて初めてお相手を結婚相手として土俵に上げるのだけれど、その前に退場になってしまう男性がいかに多いことか。

 

 

昔の男性は女に決して支払いをさせないことを美学にしていたと思う。

例え実は苦しくても、虚勢を張って女性に良い格好をする。

今の若い女性たちの父親の世代もそうだったから、彼女たちは母親からそういう父親の話を聞いている。

なんだかんだ言っても、父親が理想である女性は多いので世代は違えども比べてしまう。

 

 

片や、男性は女性化しているので女性と同じように考える人が増えている。

何が同じかと言うと、自分の食べた分くらい払うのは人として当たり前で、ちゃんと自分で払うかどうか確かめよう。

そして、そのテストにクリアしたら将来のパートナーとして候補にしよう。

あるいは、それすらも考えず割り勘が当たり前のことと思っている男性もいる。

恋人ではなくお友達感覚な交際しかして来なかったような感じ。

なんでも目的を達成するには先行投資がいるということは頭にないようで、お金は出さないけれど自分になびいて欲しいと思っている。

 

 

成婚カップルの殆どが割り勘カップルではないという現実

 

 

毎月たくさんのカップルがご成婚という、誰しも憧れるゴールを達成し、晴れ晴れと婚活を終了する。その殆どが割り勘派ではないという現実を知って欲しいと思う。

余程、男性並みに高年収でない限り、いえ高年収の女性であっても、やはり結婚するパートナーには男らしいところを見せて欲しいと女性は思っている。

何が男らしさかと言えば、今の時代は腕力ではなく(何かことが起これば腕力も必要だけれど、今の時代はなかなかその機会は少ない)女性を守る気持ち=お金、という部分は大きい。

勿論、お金があるだけで結婚できる女性は殆どいないので、相性やお人柄は最低限必要なものとして土台にあった上でのことだけれど。

 

 

 

 

 

セレブ婚活 結婚相談所

公式ホームページへはこちらをクリック
    下矢印下矢印

 

結婚相談所スターマリアージュ青山

 

 

皆様、『婚活』頑張っていらっしゃいますか?

自然に出会え、そして結婚出来た時代は遥か過去のお話で、今は『婚活』をして結婚する時代。

結婚相談所は最後の砦、結婚相談所に入れば結婚出来るから最後に取って置くとか、そんなことをお考えではないですよね?

結婚相談所ほど、シビアにあなたが査定される場はないと言っても過言ではありません。

今までわかってはいたけれど向き合って来なかったご自分の結婚のこと、本気で真剣に向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

614258

 

【婚活女性によくある悩み1】男性からすぐに関係を求められる

1 結婚相談所のルール

さて、婚活女性の多くがお悩みになること、(勿論ルールを守る真面目な男性が殆どですが、)それは男性から旅行に誘われたり、あるいは『結婚前提なのだから勿論普通の恋人同士のような関係がないと決められないよね』などと口説かれることです。

最近も複数の女性会員様からご相談をお受けしましたが、ご相談くださることは大歓迎です。ルールの根拠、そして対処法などお伝えさせていただきます。    

 

 

 

反対に困るのはご相談されずに男性に押し切られる方です。結婚相談所の共通のルールとして、肉体関係=ご成婚です。

これは主に男性から、今時信じられないとか、時代錯誤ではないか、などと言われたこともあります。    

 

 

 

しかし考えてみてください。

それが当たり前になってしまったら、万が一、遊び目的の男性がいたとして婚活は男性天国になってしまいます。もしくは、最初はそういうつもりはなかったにしても『あの時は真剣だったけれど、お付き合いしているうちに違うと思ったから交際終了にしたい』と直接ではなく、カウンセラー経由であっさり言われたらどうでしょうか?

頭が真っ白になって、次に怒りが湧き上がり、殆どの女性はとても傷つくと思います。しかも女性側にも、相談所に内緒でそういう関係になったので負い目がありますから、悔しいけれど誰にも言えず泣き寝入りするしかありません。

 

 

 

 

2 カウンセラーに相談してみる

多くの場合女性が考えることは、 もし相談所に知られたら成婚退会しなさいと言われるのでは無いか?

まだプロポーズもされていない状態で放り出されるのではないか?etc

様々考えてカウンセラーに内緒にする方も多いため、それが男性には好都合になります。

交際終了と言われた後で、カウンセラーに実は、、、と告白されても、それでは遅いです。

困ったら、なんでもご相談してください。カウンセラーはあなたの絶対の味方です。自分一人では視野が狭くなることも、客観的な意見を聞くことで目が醒めることは多々あります。 

 

 

 

 

3 ご成婚退会後に安心してお付き合いする

お見合い結婚はスピードが早いです。たった3ヶ月、あるいは時間が掛かっても最長半年でプロポーズまで到達致します。

もし、お互いの気持ちが確固たるものなら是非ご成婚退会を早めに決断されることをお勧め致します。 

そして、ご成婚退会後に普通の恋人同士のようにお付き合いされてはいかがでしょうか。

この件に関しましては、女性が主導権を握らなければいけないと思っています。そして、それが早期のプロポーズ、ご成婚退会へと繋がります。    

 

 

 

5ea263b71c6c162b5178bdcc9a8447d5_s

 

 

 

【婚活女性によくある悩み2】自分の理想の男性に巡り合えない

1 理想の男性ってどんな人?

なんとなく高年収の男性、なんとなく清潔感がある出来ればハンサムな人、なんとなく出来れば一流大学出身、なんとなく穏やかで怒らなくて自分にお金を使って甘やかしてくれる人、、、、。

目の前にいない想像の恋人は限りなく素敵で優しくて、自分のことだけ大事にしてくれる。

でも、恋愛も結婚もお互いが惹かれ合うもの。釣り合いがとても大事です。お相手に求めるものが大きければ大きいほど、その人に釣り合う努力が自分にも必要です。

男性の理想の女性に自分がなれれば、理想の男性もあなたを選んでくれるはず。理想を下げるのか、自分自身を努力で高めるのか、二者択一ですね。

 

 

 

2 理想の男性は婚活しています

あなたの理想の男性はきっと婚活をしています。

あなたの目の前には、限りなく素敵な『未来の旦那様』という宝物が見つけてくれるのを待っています。

その宝物はきっとあなたに幸せな未来を、精神的な幸せと金銭的な幸せをもたらしてくれる人。この二つのうちどちらが欠けても、あなたは真の幸せを感じることはきっと出来ません。

それを掴むのも、諦めてしまうもの自分の選択。人が出来ていることを、なぜ自分には出来ないと思うのですか?素敵な人なんていないという人は、きっとそう言い聞かせて自ら輝くステージを降りてしまうのでしょう。

それぞれが、素敵の基準が違うから多くの方が結婚出来るのですし、あなたの素敵な宝物は簡単には見つからないかもしれないけれど、きっと見つけてくれることを待っています。素直に信じた人は幸せなご成婚をされています。

 

 

 

3 まず自分自身を知ることから

出会えないと仰る方程、実は自分自身のことを深く考えていない方が多いように思います。婚活はお相手よりも、先に自分を見つめることです。自分はどういう人生を送りたいのか、どんな性格だからどんな人が合うのか、絶対に譲れないことは何で、譲っても良いことは何か。

なんとなくお見合いを繰り返し、たまたま出会いピンときた人に愛されて結婚するつもり。

そんな行き当たりばったりなことではなくて、こういう方を引き寄せて、こういう未来を築きたいと想像力を使って描いてくださいね。人は誰でも自分が望んだことが叶うようになっているのですから。

 

 

 

aedc116db1b10644b1feb66be93a88c3_s

 

 

 

 

【婚活女性によくある悩み3】相手の男性がなかなか結婚を決断してくれない

1 男性が結婚したいと思う人

多くのご成婚者の方々を毎月近くで拝見していて思うことがあります。やはり男性主導だということです。

女性から追いかけて追いかけて落とすタイプのご成婚は、ほんの数例しか見たことがありません。

ほぼ男性の一目惚れか、もしくは2度目にお会いした時にはすでに男性が恋に落ちているようなケースが殆どかと思います。

男性の本能として、追われると逃げる、逃げると追いたいという狩猟本能があるように言われますが、それはきっと本当です。

少なくとも、出会いからたった3ヶ月から半年でプロポーズまで至る婚活では、この男性の初動がとても大切です。

女性の方は自分もお相手を物凄く気に入っても、ますは追いかけてもらうことと心得て、感情を抑えて抑えて、余裕の笑みで観察です。

お見合い後初めてのデートの後で、メールも電話もぷっつり来ない、仕事が忙しいと次の約束をしてくれない、LINEが既読にならない、そんな時は追っても無駄です。

 

 

 

 

2 結婚相手と恋人は違います

恋人なら許せることも、結婚相手として見たら許せないこともあります。

夫婦は一緒に生活する訳ですから几帳面で潔癖な人とだらしない人が結婚したら、きっとかなりきついです。

私は清潔に関する意識は、近い方が上手く行くと思っています。

結婚相手は同志ですから、よく言われることですがお互いを見つめるのでなくて、同じ方向を向いて行けるのかがとても大事です。

夫婦になっても恋人同士みたいに恋愛感情を抱き続けたいというのは理想ですが、家族になるのですからちょっと違う感情です。

緊張感があるのが恋人ですが、夫婦は家族になるので緊張は解けます。

だから素敵に見えなくなったりしますが、つまらなくなったりしますが、家に帰っても緊張していたら身が持ちません。

そんな結婚のことを、女性がきちんと理解できていると男性も安心してプロポーズできると思います。

恋愛は錯覚と言いますが、言い得て妙。いつ地を出したら良いですか?と心配する女性は意外と多いですが、地なんてそのうち隠しても見えるものですから、心配しなくて大丈夫です。

 

 

 

 

まとめ

『婚活』のこと、いろいろ書いて参りましたがいかがでしたでしょうか。

自然な出会いと違い、『婚活』はまず条件ありきです。

だから向いているいないはあると思いますが、出会いのない日々の中ではせざるを得ないのも『婚活』です。

一生独身でいても良いのか、あるいは寄り添って生きて行けるパートナーがいたら幸せなのか、よくよくお考えください。

一人は嫌だ‼︎と心の底から思ったら、きっと幸せな結婚ができる準備ができたということです。

 

 

638313

 

 

 

 

 

お問い合わせ、ご来店予約(無料カウンセリング)はこちら

お問い合わせは下記よりご連絡下さい。
専門スタッフから真剣にご回答しています。
すべての欄にご入力いただき、できる限り詳しくお聞かせ下さい。そのほうが的確なご回答を差し上げられます。
またお名前・お電話番号・メールアドレスなどお間違えのないようにお願いいたします。

ご希望の連絡方法 メールのみ電話のみどちらでもOK

※メールにご返信がない場合にはお電話を一度だけお入れいたします。
お名前
フリガナ
メールアドレス

※Hotmail以外のアドレスでお書きください。
ご住所

都道府県

市区町村・番地
ご連絡用電話番号
生年月日 年 月 
性別 女性男性
今回の相談内容
ご質問・ご要望等
※面談希望日時がございましたらこちらにご記入ください。