12月, 2019 |アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:婚活アドバイス

いつもは女性目線で記事を書いていますが、今回は男性が主人公の記事となります。

 

 

というのも、有難いことに男性からの質問やご意見、エピソードなども頂く機会が多くなりました!

 

 

皆さんの婚活が有意義になるようにと、男の人の生の声をお伝えしていけたらなと思います。

 

 

話を聞いていく中で、男の人もシビアに女性を見ているんだなと感じました。

 

 

もしかすると女性以上かもしれません。

 

 

価値観の違う男女が出会うわけですから、大なり小なり気になる部分はきっと出てくるはずです。

 

 

お見合い中にそれが顕著に出てしまうともう会いたくないなと思ってしまうでしょう。

 

 

本人はそのつもりがなくても、何がひっかかるのかは相手によっては異なってくるものです。

 

 

だから尚更のこと、相手に失礼のないように注意を払わなくてはいけないのですが…

 

 

残念ながら一定数は〝失礼〟な人はいるのです。

 

 

失礼と言うよりはデリカシーがないというべきなのかもしれませんが…。

 

 

今日は吾郎さん(年齢38)がお見合いで出会った失礼な(もう関わりたくないと思う)女性たちをシェアしていきたいと思います。

 

 

吾郎さんのスペック

婚活で失礼な女性に出会った男性

 

都内某名門私立幼稚舎からエスカレートで大学までいき、卒業後はご実家の不動産業を引継いだ吾郎さん。

 

 

ご実家は千代田区の一等地。

 

 

結婚相談所に申告した内容ですと、ご本人の資産は5億円ほどです。

 

 

そう、生粋のお坊ちゃまです。

 

 

ですが、ご本人は決して自慢したり裕福ぶりをひけらかす素振りは見せません。

 

 

品の良さは本物だと誰もが思うでしょう。

 

 

外食より自炊派で、毎日土鍋で焚くご飯が何より好きとのことです。

 

 

今までの彼女達よりも料理が出来るため吾郎さんが腕をかけて振舞っていたとの事。

 

 

ここまで聞くとエリートの上に性格も良く料理上手!

 

 

結婚相手に困らないとは思うのですが、何が彼の結婚したい想いを踏みとどまらせてしまうのてしょうか。

 

 

彼が出会ってきた女性たちの中でも嫌だった3パターンをご紹介します。

 

 

声色を変える自称モデル女性

お金持ちに声音を変える女性

 

29歳モデルのルイさん。

 

 

確かに見た目は華やかでスタイルもよく誰もが振り向く美人です。

 

 

合コンで出会ったそうですが、出会った瞬間に吾郎さんのことをタイプでないと判断した様子。

 

 

吾郎さんが話しかけてもそっけない対応を取られたそうです。

 

 

ですが、しばらくして吾郎さんが生粋のお坊ちゃまと五郎さんの男友達から聞いた瞬間に声色を変えてきたそう。

 

 

最初に素っ気ない態度しておきながら、面白いくらいに声色を変えられるのも凄いですよね。

 

 

大変残念なことにグループLINEで繋がってしまったため、個別で毎日LINEのデートのお誘い攻撃。

 

 

車は何に乗ってるだの、時計フェチなのでコレクションを見せて欲しいだの言ってきたそう。

 

 

結局はお金目当てというのが丸わかりです。

 

 

確かにこんな女性とは結婚を考えられません。

 

 

加工写真で盛りまくる高飛車な女性

加工写真で盛りまくる女性

 

弁護士事務所の経理をしている美央奈さん(年齢34)

 

 

彼女とはマッチングアプリで出会ったそうです。

 

 

連絡もなしに待ち合わせから30分遅刻…。また最初に会って驚いたのはあまりにも写真と現実の容姿が違っていたそうです。

 

 

写真では加工しているため、モデル並みの容姿。

 

 

ですが、実際に現れた未央奈さんは吾郎さんの体重62kgを軽く超えているように見えたそう。

 

 

ここまで違うと騙されたという気持ちが拭いされなかったようです。

 

 

ディナーの予約は入れていたので気を取り直していざ食事へ。

 

 

コース料理を頼んだにも関わらず、五郎さんに確認もせずアラカルトを次から次に追加オーダー。

 

 

料理や店内の様子を写真に撮って、その場でSNSにアップすることに命をかけていたそうです。

 

 

ここまでくると空いた口が塞がりませんね。

 

 

お酒を飲んで気分が良くなったのか、こんな発言を…。

 

 

「私、結婚してまでは働く気はありません。それに好きな時に好きな物を買ったり食べたりしたいので、それなりにお金を稼いでる人じゃないと結婚したくないんですよね。」

 

 

言わずもがなかもしれませんが、彼女とはこの1回きりでもう二度と会わないと誓ったようです。

 

病んだら連絡が取れなくなる女性

病むと音信不通になる女性

 

実家の手伝いをしているという資産家の娘の蘭さん(年齢30)

 

 

見た目はとにかく可愛く儚げで殆どの男性であれば守ってあげなくては!と思う女性。

 

 

年齢よりも若く見えるため、よく20代に間違われるとの事です。

 

 

こちらは吾郎さんのご両親の友人の紹介で出会ったそうです。

 

 

ご両親の顔もありますが、何より見た目がストライクだったのですぐに交際がスタート。

 

 

ですが、ここですぐに蘭さんの本性を知ることに…。

 

 

蘭さんはとにかく若い頃から引っ込み思案で、何に対しても悪い方向に考えるタイプの女性だったのです。

 

 

調子が良い時よりも病むことの方が多かったそうです。

 

 

病んでしまうと携帯の電源は切ってしまうので連絡の取りようがありません。

 

 

実家暮らしだった為、何かあれば蘭さんのご両親から連絡が入るはずなので生死にさまよう心配はなかったようです。

 

 

ですが、連絡取れない期間が最初は3日からはじまり2週間、3週間と少しずつ空いていくので、吾郎さんも気が気でなくなり頻繁に蘭さんのご実家に言っては、蘭さんから「会いたくないから帰って」と扉越しに言われてしまう始末。

 

 

吾郎さん自身も精神の限界を感じ、謝罪をしお別れすることに。

 

 

お互いのご両親も理解をしてくれたので、別れる時は揉めることなく綺麗にお別れ出来たそうです。

 

 

とにかく、この件に関しては毎日気を使って暮らしていたとの事。

 

 

あのまま付き合っていたら、吾郎さんも病んでいたかもしれませんね…。

 

 

吾郎さんからのメッセージ

失礼な女性について話す男性

 

色んな女性に出会ってきましたが、今挙げた3名はちょっと大変というか…強烈でしたね。

 

 

僕自身、エリートだの家柄が良いだの周りからは言われますが、僕自身は全く大したことありません。

 

 

それに僕の容姿だって可もなく不可もなくでしょ?

 

 

身長も高くなく172センチですし…。

 

 

だから、選り好みは決してしていないつもりですが相手の女性の家柄はある程度気にするようになりました。

 

 

初めにあった自称モデルの子みたいな女性って一定数いるんですよ。

 

 

見た目がとかじゃなくて、お金目当てということね。

 

 

お金と結婚したいというのが丸わかりです。

 

 

そんな女性と結婚したいって思います?絶対嫌ですよ。

 

 

確かに結婚生活にはお金は必要です。

 

 

少しでも年収の良い人と結婚したいのは誰だって思いますよね。

 

 

でも、それが顕著に態度や表情に出てしまうのはもうアウト。

 

 

僕自身を見てくれていないし、下手したら資産を食い荒らされてしまいますよね。

 

 

「家庭に入った以上お金は私が管理する!」とか何とか言っちゃって。

 

 

結婚相手には品格があって欲しい。

 

 

ここだけは譲れないですね。

 

 

そんなにお金持ちと結婚したいなら、まずは自分がお金を稼ぐ方が遥かに近道のような気がするんですよね。

 

 

なんと言ったって彼女たちはハングリー精神が半端ないですから。

 

 

あれだけの精神の強さがあれば、人のふんどしを頼らなくてもお金を稼ぐ術を見つけられる気がするんですけどね…。

 

 

一時友人に勧められてマッチングアプリをしましたが、殆どが加工詐欺でした。汗

 

 

何なんでしょうね、加工した自分が本物の自分と錯覚して高飛車になってしまうのでしょうか?

 

 

マッチングアプリも考えものですよね。

 

 

出会えないことはないですが、僕の場合は意外と勘違いしている子と出会うことが多かったです。

 

 

最初から結婚したら働く気はないと言われて、結婚までのコマを進める人って一体どのくらいいるんでしょうか?

 

 

子供が出来た時とか、結果として専業主婦になるのであれば構いません。

 

 

ですが、最初からこう言われちゃうと何だかなと感じるんです。

 

 

これ結構、世の男性みんな同じこと言いますよ。

 

 

この大変な時代ですからね。

 

 

いつどうなるかなんてこと誰にも分かりません

 

 

最初から全ておんぶに抱っこ精神でいられるのは正直きついです。

 

 

後は、時間にルーズなのもアウト!

 

 

食事をご馳走したのだから、せめてお礼は言って欲しいです。

 

 

体型維持も婚活するならマストだと思うんです。

 

 

男性を代表して言いますが、日本男性の大半はスマートな女性が好きな人が多いです。

 

 

こんなこと言うとハラスメントと言われてしまうかもしれませんが、これは事実です。

 

 

ガリガリとまでは言いません。

 

 

ですが、健康的で普通より少し細身の女性はモテます。

 

 

あの僕、言ってることおかしいですか?

 

 

でもルーズな人、だらしない人はまずは生活を見直すべきだと思うんです。

 

 

それなりの男性に選ばれたいと思うのなら、変な人と思われたり、ルーズな人と思われたら致命的です。これは本当です!

 

 

最後の蘭さんは失礼と言うにはちょっと違いますよね。

 

 

インタビューの主旨と少しズレててごめんなさい。

 

 

でも、強烈でした!

 

 

とにかく陰のオーラが強烈で僕も引き込まれかけました。

 

 

見た目はすごくタイプだったんですけどね…。

 

 

でも病んでいる子は基本的にどの男性も避けたくなると思います。

 

 

付き合うだけならまだしも、これが結婚となっていくと厳しいですよね。

 

 

責任重大ですもん。

 

 

病んでると守ってあげたくなるとか言ってる人いましたけど、それって本当に病んでる人と付き合ったことないから言えるんですよ。

 

 

実は蘭さんに出会う前にもう1人マッチングアプリで出会った病み系の女性と出会ったんですけど…。

 

 

1度しか会ってないのに、彼氏呼ばわりする上に電話の着信が一日に100件近く!

 

 

恐怖でしかないですよ。

 

 

返信しないとLINEで病んでますアピールしてきますし。

 

 

今では写真を見ただけで病んでいそうな子はすぐに分かります。

 

 

もう懲り懲りです。本当に…。

 

 

気持ちが安定している女性と結婚がしたいです。

 

 

これは誰もが思うでしょう!

 

 

間違いありません。

 

 

今更ながら、やっぱり相手の身元がきちんと確認出来る結婚相談所が1番だと気が付きました。

 

 

どうしてもっと早く入会しなかったのかと後悔してます。

 

 

何より、カウンセラーさん達が間に入ってやりとりしてくれるのが本当に助かっています。

 

 

まだ入会したばかりでお見合い自体も多くはしていませんが、結婚は早くしたいので1年以内には決めたいなと思います。

 

 

今日は赤裸々に話してしまったので、口が悪くてすみません。

 

 

これからもどうぞ宜しくお願いします。

 

 

婚活で出会った失礼だと思った女性のまとめ

素敵な女性に出会えた吾郎さん

 

今日はちょっとハードな内容でしたね。

 

 

もちろん、弊社の女性会員さんにはこのような方はおりません。

 

 

しかし、一定数は上記のような女性はいらっしゃるのは事実です。

 

 

あからさまにお金目当ての結婚と思われると、誰もがテンション落ちるのも納得です。

 

 

エリート男性に選ばれたければ、まずはどんな時も自分の精神を一定に保ち自分磨きを怠らないことが大切なんだと改めて気付かされました。

 

 

婚活では気持ちがアップダウンするのは仕方ないですが、それをコントロールしてこそ良い出会いに繋がるのだと思います。

 

 

 

たまにこうして、男性の意見も取り入れて皆様にシェアしていきますね。

 

 

 

♡セレブ婚活に興味のある方は結婚相談所スターマリアージュ青山のサイトをクリック

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。


 


テーマ:婚活アドバイス

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山です。

 

 

婚活は複数交際は当たり前と聞いて皆さんはどう感じるでしょうか?

 

 

結婚相談所に入会されていない方なら、基本的に人数関係なく、複数交際はなし派の方が殆どだと思います。

 

 

そもそも、複数交際=浮気性、性に奔放、異性にだらしない性格と解釈するかと思います。

 

 

表立って堂々と「私、複数交際中なんだよね」とはなかなか言えないのではないでしょうか。

 

 

しかし、結婚相談所での出会いと自然な出会いは決して同じ基準では並べられないルールがあります。

 

 

結婚相談所での出会いは、ご成婚退会まで会員様同士の男女関係は結んではならないのです。

 

 

婚活で有利な時間は本当に限られたものです。

 

 

婚活開始から早ければ早いほど、年齢が若いほど、選べる幅は広がると思っておいて下さい。

 

 

そうすると、一人の人に絞って時間を費やすのも考えものです。

 

 

いつか必ずその方と結婚できるという確約があれば良いのですが、恋愛に必ずというものはありません。

 

 

もし、いつか別れてしまった場合…また一から新たな出会いを探すのも一苦労です。

 

 

その労力をイメージしただけで、気が滅入ってしまうことでしょう。

 

 

若くて一番良い時期に一定の期間を無駄にした。

 

 

そう思って欲しくないのです。

 

 

もしもの時を考えて、可能性は出来るだけ多くあった方が賢明でしょう。

 

 

結婚相談所での独自の婚活ルール

 

 

結婚相談所では、複数交際は常識です。

 

 

真剣交際に入るまでの間は何人とお付き合いをしても良いのです。

 

 

ただし、条件として先程書きました通り身体の関係は一切無しです。

 

 

だからこそ、よりお相手の人間性をしっかり見るチャンスでもあるのです。

 

 

身体の関係があると、どうしても無条件で情が入ります。

 

 

別れた方が良いと分かっている相手でも情がある故、ずるずるといつまでも付き合い続けることもあったり。

 

 

これこそが一番時間の無駄でもあるので、そうならないためにも声を大にして結婚相談所での複数交際をおすすめ致します。

 

 

本日は複数交際を実際にしてみてどうだったか、愛菜さんの体験談を元にお伝えしたいと思います。

 

 

初めての婚活~愛菜さんのスペック

複数交際が嫌だった女性

 

愛菜さんは今年31歳、ヨガが趣味ということもありメリハリのあるしなやかな身体、そして明るく健康的で活発な女性です。

 

 

職業は大手出版会社の営業アシスタントをされています。

 

 

女優の土屋太鳳さんにとても似ていらっしゃり、物凄く可愛い女性です。

 

 

なかなか結婚相手となるような理想の人との出会いがないということで、相談所を探していらっしゃったそうです。

 

 

色んな結婚相談所のブログを読んでいるうちに、即決でスターマリアージュ青山に入ろうと決めてくださったと嬉しいお言葉も頂けました。

 

 

お相手に求めるスペックはそれほど高くなかった愛菜さん。

 

 

年収よりも、本当に好きな人といつか自然に出会い結婚をしたい、という思いの方が強かった印象です。

 

 

とても明るく可愛い女性なので、お申し込みはとても多く毎週末は必ずお見合いをされていました。

 

 

それでもなかなか好きだと思う人に出会えなかった愛菜さん。

 

 

少しいいなと思う人が現れても、決定打がないためあまり迷うことなく、すぐにお断りをしてしまうことも…。

 

 

最初は決定打が無くても、後から実感する人もたくさんいらっしゃるため、最初からすぐにお断りをしてしまうのも考えものです。

 

 

そもそもお見合いのたった90分だけでは、相性やその方の人となりもよく分かりません。

 

 

お互い緊張して、うまく話せなかったということも大いにあります。

 

 

少しでも良いなと思ったなら、すぐに断らずもう一度会うことを愛菜さんにも勧めてみました。

 

 

その時のタイミングで出会った37歳エンジニア、年収600万円の洋二さんに心惹かれ、もう一度会ってみたいと愛菜さんが思った為、仮交際をすることになりました。

 

 

しかし、ここからが彼女の真面目さが発揮されてしまい婚活が後に大変なことになってしまったのです。

 

 

付き合う人は絶対に1人だけ

婚活を始めた女性

 

洋二さんとお付き合いしていても、お見合いの申し込みはたくさんある為通常ならまだまだお申し込みを受けるべきですし、自ら率先して申し込むべきです。

 

 

それでないと、せっかく結婚相談所に入ってくださった意味が無くなってしまいます。

 

 

1人に絞ったところで、その人とダメになってしまった場合のことを考えなくてはいけません。

 

 

結婚相談所は同時進行、複数交際が基本です。

 

 

そこを愛菜さんにお伝えしたものの、

 

 

「器用ではないので。それに掛け持ちというか複数交際なんて遊び人みたいでありえません。とりあえずは数ヶ月様子を見てみます。何かあれば相談しますので。」と言われてしまいました。

 

 

ここまでおっしゃるのなら、こちらも様子見しかありません。

 

 

よくデートもされていたようなので、洋二さんとトントン拍子なのかと思いきや……。

 

 

愛菜さんからのSOS

婚活中に困った女性

愛菜さんから複数交際は考えられないと言われてから1ヶ月半。

 

 

この1ヶ月半の間に何度か状況確認の連絡を入れましたが、既読になったきり連絡は返って来ませんでした。

 

 

そして、突然泣きながら愛菜さんから電話が掛かってきたのです。

 

 

話を聞くと、どうやら洋二さんは愛菜さん意外にも3人の女性との同時交際中。

 

 

そして、デートの度にいつも家に誘われること。

 

 

それを断ると暴言や悪態をつかれ、何日間かは無視されてしまうとのことです。

 

 

洋二さんの複数交際は相談所であれば当然のことなので責める事は出来ませんが、それ以外のことはあってはならない事です。

 

 

まさにルール違反です。

 

 

家に誘うなんて言語道断です。

 

 

すぐにお相手の相談所に連絡をし、経緯を説明しました。

 

 

愛菜さんも交際は解消したいとおっしゃっていたので、そのままスムーズに交際解消となりました。

 

 

ですが、何度も洋二さんから復縁したいと直接愛菜さんに連絡が入ってきました。

 

 

別れたあとの個人間のやり取りもルール違反です。

 

 

お相手の相談所がどの様に対応したかは分かりかねますが、助けを求めてきた愛菜さんにはすぐにブロックするようにお伝えし、その後危険がないように対応させて頂きました。

 

 

幸いにも職場も家も知られていなかったので、それ以来は平穏な日々に戻りました。

 

 

と言っても、失恋をして嫌な思いをしてしまった事は変わりません。

 

 

心が折れかけてしまっていましたが、なんとか自分を奮い立たせ、また一からお見合いをスタートすることになりました。

 

 

愛菜さんからのメッセージ

愛菜さんのメッセージ

 

いくら複数交際が相談所では常識とはいえ、私の中ではありえない事態だと思っていました。

 

 

罪悪感の塊です。

 

 

なんか二股しているみたいですし、一人の人と付き合っているとどうしてもその人に集中してしまいます。

 

 

むしろそうでないといけないと、自分の中で強く思っていました。

 

 

なんでもっと器用に出来ないのかなと自分に呆れますが、これも私なので仕方ないとは思ってます。

 

 

でも、洋二さんの一件で仮交際の状態でひとりに絞るのはあまりにリスキーだと言うことはよく分かりました。

 

 

時間が無駄だったと思いたくないですが、思っちゃいますよね。

 

 

その間に並行してお見合いしていたら、もっと出会いがあっただろうし

 

 

もしかしたら、もっと素敵な他の誰かと付き合っていたかもしれません。

 

 

たらればですけどね…。

 

 

後は、ちょっとでもおかしいなと思ったら、すぐに相談所に相談するべきだったと痛感してます。

 

 

自分で解決しようとしたのが間違いでした。

 

 

分からないことは素直に聞く、不安なことも共有するべきです。

 

 

恋愛のプロだからこそ、私より色んなことも知っているし危機に直面する前に対処してくれます。

 

 

私ももっと素直に頼っていたら違っていたのかなと、物凄く後悔しています。

 

 

でも、今はこまめに連絡をやり取りして不安なことは全て包み隠さず伝えるようにしています。

 

 

ひとりで解決しようとしないで、良いんだと実感しました。

 

 

あとは、交際したからといって相手に最初からすべてさらけ出すのもダメでしたね。

 

 

幸いにも家も職場も伝えていなかったのが救いです。

 

 

聞かれたので最寄り駅は伝えてしまいましたが、都内でも大きい駅ですし路線もたくさんあるので多分大丈夫だと思います。

 

 

待ち伏せされてたらストーカーで警察に言います。

 

 

ってあれから3ヶ月経ちましたけどね。

 

 

平穏な毎日を過ごしています。

 

 

あ!今は2人とお付き合いしています。

 

 

同時交際に拒否反応がありましたが、いざ付き合ってみると一人にのめり込むことなく、客観視して冷静に見られるようになりました。

 

 

まだ真剣交際はどちらも考えられないので、時々お見合いもしつつゆっくり決めていきたいと思っています。

 

 

 

婚活中の複数交際 まとめ

婚活は複数交際を経て結婚したカップル

 

一人に絞ってお付き合いをすることは必ずしも良い方向にいくとは限りません。

 

 

真剣交際へ進む際には、本命以外の方との交際は終了することになります。

 

 

何度も言う通り、結婚相談所であれば複数交際はごく当たり前のことですし、浮気でもなんでもありません。

 

 

選択肢は多いに越したことはありませんので、ぜひ複数交際でたくさんの方とお付き合いして、どの方と将来を共に歩めるか見極めて下さいね。

 

 

あなたが思っているよりも、婚活が有利な時間は限られています。

 

 

分からないこと、不安なことはいつでも共有しあって最高のパートナーを一緒に探しましょう!

 

 

そのために私たちがいるのですから。

 

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山のホームページはこちらをクリック

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。


 


テーマ:婚活アドバイス

青山のセレブ婚活結婚相談所スターマリアージュ青山です。

 

せっかく決まったお見合いがキャンセルになってしまうと、誰であってもテンションが下がってしまうでしょう。

 

仕事の都合でどうしてもキャンセルせざるを得ない状況だとしても、前持ってキャンセルが分かるのか、それとも、直前なのかでも随分と状況が変わってきます。

 

また体調が悪くなった場合のキャンセルも意外に多くあります。

 

仕方の無いことだとは分かってはいても、お見合いをするために他の方とのお見合いや仕事等の調整をつけてきたのですから、それがまた最初の振り出しに戻るとなるとどうしてもやるせない気持ちが残ってきます。

 

それに、お見合いが決まってからなるべくお見合いまでの日にちを空けない方が良いとも言われています。

 

なぜなら、日を空けてしまうことでお互いのテンションが下がってしまう可能性があるからです。

 

あまりにも日にちが合わないと、

 

「あれ、この人とはタイミングが合わないのかな。縁がないのかも。」と思われてしまいます。

 

一度でもそう思われてしまうと、例えお見合いが開催されたとしても消化試合のような、メリハリがないお見合いになってしまうことも…。

 

折角の貴重な出会いなのですから、そんな勿体ない時間は過ごして欲しくはありません。

 

本日は最近で一番気合を入れたお見合いをキャンセルされてしまったまさみさん(仮名)のお話です。

 

 

まさみさんのスペック

お見合いをドタキャンされたまさみさん

 

年齢35歳 日系大手航空会社の国際線CAとして勤務されているまさみさん。

 

身長は162cm、声も美しくほっそりしたスタイル抜群の誰もが羨む清潔感漂う正統派美人です。

 

性格も心優しく、気遣いのスペシャリスト。

 

私生活でも職業が板についていらっしゃいます。

 

そんな美人でモテるまさみさんですが、どうしても自他共に認めるハイスペックのエリートと結婚したいという思いが強く、スターマリアージュ青山に入会して下さいました。

 

「エリート 結婚相談所  青山」のキーワードでネット検索をしてスターマリアージュ青山を知ってくださったようです。

 

とてもモテるのでお申し込みや問い合わせ自体は多いのですが、まさみさんが認める様なエリートからの申し込み受けは、実はあまり多くはありませんでした。

 

なので、申し込まれることに焦点を置かず彼女は自ら積極的にどんどんと申し込みをされていました。

 

「時間は限られているから、会えないことには始まらない」

 

とおっしゃった彼女はまさに婚活で真っ先に成功する理想像です。

 

 

ご自身のスペックに決して胡座をかかず、積極性を持っての活動が結婚相談所では…いえ、婚活では理想なのです。

 

 

まさみさんのおっしゃる通り、会えないことには始まらないですし、待っていればそのうちハイスペックのエリートが迎えに来てくれると思ったら大間違いなのです。

 

 

自ら申し込んでいかなくてはいけません。

 

 

それほど、エリート男性はどの年代も競争率が高いのですから。

 

 

やっと成立したエリート男性

お見合い相手のエリート男性

 

会う以前にプロフィールで断られることが多かったまさみさん。

 

 

殆どの場合は年齢で弾かれてしまっていました。

 

 

それでもめげずに申し込み続け、やっと出会えたのが健さんでした。

 

 

健さんは年齢44歳、年収1500万円の経営者です。

 

 

資産が億近くあり、育ちも申し分のないまさに生粋のエリート男性です。

 

 

健さんもまさみさんのプロフィールを見て好印象だったようです。

 

 

ですが、日本だけでなく世界中を飛び回っているCAと多忙の経営者ですから日程はなかなか決まらず、1ヶ月半先となってしまいました。

 

 

まさみさんはもう少し早くお会いしたかったようですが、仕事である以上仕方ないと割り切り1ヶ月半先のお見合いに向けて心身共にコンディションを整えていました。

 

 

お見合い当日にドタキャン

 

10分前にホテルのラウンジの店前で健さんを待っていたまさみさん。

 

 

今日は勝負の日だからと意気込んで、前日にはエステに行き、ワンピースも新調されていました。

 

 

そこに相談所からの着信。

 

 

「お相手が急な仕事の関係で本日お伺いが出来なくなってしまったと先方仲人から連絡が来ました…」

 

 

前日でもテンションが下がるのに、当日のしかも待ち合わせ10分前のキャンセル!

 

 

さすがにまさみさんもショックを隠せなかったようです。

 

 

まさみさんからのメッセージ

 

まさかお会いする10分前にキャンセルの連絡が来るとは思っていませんでした。

 

 

もう怒りを通り越して、悲しいですし何でなんで?という気持ちしかなくて涙が出てきました。

 

 

せめて、午前中に分かるものですよね?自分の予定なんて。

 

 

大体、直前にキャンセルをするような人は信用できません。

 

 

前日だってありえないのに、、。

 

 

この1ヶ月半、時間が無い中ジムにも通ってエステにも行って自分なりにコンディションを整えてきました。

 

 

会えると思っていただけに、会えないとなると本当にテンションが下がりますよね。

 

 

多分お見合いはリスケになると思いますが、会おうかどうか迷っちゃいますよね。

 

 

またこんなことになったら嫌ですし。

 

 

まだ直接お会いしたことはありませんが、私の中で健さんは“だらしない人”としか思えません。

 

 

はぁ。次のお見合いも気が重いです…。

 

 

キャンセルせざるを得ないなら

 

一度決まったお見合いは、出来る限り予定通りに行うことが相手のモチベーションを考えるなら望ましいです。

 

 

キャンセルする側にも理由もありますし、時と場合によっては致し方ない場合もあります。

 

 

体調不良の時は、当然無理はしてほしくありません。(それでも、ご自分の体調は前日には分かるようにも思います。)

 

 

その為にも、ご自身の仕事の調整や体調管理も日頃から気を付けていて頂けたらと思います。

 

 

あとは、どうしてもキャンセルになってしまう時は、相談所を通して必ず謝罪の言葉を一言添えることも必要でしょう。

 

 

それだけで印象が随分と変わります。

 

 

相手の時間も自分の時間と同じくらい大切です。

 

 

まさみさんは一度はテンションが下がり、健さんに対してもマイナスの印象しかなかったものの、リスケをして昨日お会いできました。

 

 

健さんはまさみさんにお会いし、開口一番に物凄い勢いで前回のキャンセルを謝罪して下さり、ご一緒した時間はとても楽しいひと時だったようで、無事交際成立となりました。

 

 

さてこれから二人はどうなるでしょうか。

 

 

直前のお見合いキャンセル まとめ

クリスマスに盛り上がりそうな2人の未来

 

今回はキャンセルがあったにも関わらず、開口一番の謝罪とふたりの相性が合ったから楽しい時間となったとは思いますが、全部が全部こうなるわけではありません。

 

 

むしろ、健さんとまさみさんのパターンが珍しいのです。

 

 

やはり、一度でもキャンセルしてしまうとマイナスの印象が残ってしまうことだけは覚えていていただけたらと思います。

 

 

 

 

 

♡セレブ婚活にご興味のある方は結婚相談所スターマリアージュ青山公式サイトをチェック

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。


 


テーマ:婚活アドバイス

青山のセレブ婚活結婚相談所スターマリアージュ青山です。

 

 

このサイトの記事を読んでくださっているあなたは、もしかすると婚活を始めたばかりでしょうか?

 

 

それとも、これから始めようと思っている方ですか?

 

 

ずっと考えていました。

 

 

入会後、すぐに婚活が成功する会員様と苦戦する会員様。

 

 

その違いは一つではなく多々あるのですが、何と言っても婚活に大事なものはまずは魅力をアピール出来ているプロフィール文です。

 

 

その中でも自己prはあなたの人となりを表す大切なものです。

 

 

身長や学歴や仕事は変えようとしてもなかなか変わるものではないですが、自己prは書く人の覚悟と情熱次第で人の心を打つ、印象に残る文章に変えることが出来ます。

 

 

素敵な異性に、あなたという人に会ってみたいと思わせることが出来ます。

 

 

今回は、その重要な自己prについてお伝えします。

 

 

これから婚活を始める方にも、そして今婚活中なのにうまく活動出来ていない方にも参考になれば幸いです。

 

 

是非、最後までお付き合いください。

 

 

あなたの自己PRに足りないものは?

自己PRに悩む女性

 

あなたの自己PRには「結婚への覚悟」「結婚相手に出会いたいという熱意」はあるか

 

もし、今婚活に苦戦しているとしたら、それも交際で悩んでいるのではなく、いつもお見合いが組めないことで悩んでいるのなら、ご自身の自己PRを今一度見直して頂きたいと思います。

 

 

私はこういう性格で、こういう職業で、こういう趣味で、こういうものが好きで、休日はこう過ごす…その例文のような自己prは単にあなたの情報を並べているだけではないですか?

 

 

それは、趣味の会の自己紹介や、軽いパーティーで自己紹介してください、と言われた時の内容とほぼ一緒だったりしませんか?

 

 

その自己prが、あなたのお見合いをスムーズに組ませるきっかけにならないなら、なんて無駄な回り道をしているのでしょうか。

 

 

婚活の自己PRは結婚に対してのあなたの決意表明です。

 

 

絶対に結婚するんだという決意のある人は「覚悟」と「熱意」が行間から溢れ出します。

 

 

結婚するということは独身時代の勝手気儘な自由な生活との決別を意味します。

 

 

誰だって寂しいですよね、出来ればこのまま今までと同じよう自由に過ごしていたいです。

 

 

でもその楽しい自由さえ引き換えに、結婚という未知の世界の扉の前に立ったからには、もう後戻りなんて出来ません。

 

 

その決意が自己prから感じられず、なんとなく今の生活も捨て難いけれど「結婚」という安定や将来の温かい家庭も二つ共一緒に手に入れたい、

 

 

という中途半端なイイトコどりみたいな書き方の決意表明では相手の気持ちを動かすことなんて夢のまた夢、遠い世界です。

 

 

あまりにも結婚したい気持ちが見え見えだと、興味を持たれるどころか相手が引いてしまうのでは?なんて心配は無用です。

 

 

なぜならここは結婚相談所、結婚したい方たちの出会いの場だからです。

 

 

プロフィールはガンガン攻めて良い部分です。

 

 

同様に、結婚に覚悟と熱意を持った人がきっとあなたを見つけてくださるはずです。

 

 

もし初対面で人見知りするならなおさら、しっかりした自己PRはあなたを援護射撃する事でしょう。

 

 

あなたの魅力を100%はおろか、200%真剣に伝わるようにしたいものですよね。

 

 

今は影も形もないけれど、半年後にスピード婚!なんていうことも夢ではありません。

 

 

是非自己prを書きながら、結婚に対する心の準備や覚悟も整えて行ってくださいね。

 

 

覚悟が足りずに結婚した場合のリスクは

 

なとなくすんなり結婚が決まり、結婚式や入籍、新婚旅行まで順調に終わって、

 

 

さて現実に長く続く日常の生活に入った時に本当の意味で覚悟ができていなかった人はきっと、ご自分の想像以上に厳しさを感じ、つまずいてしまうのだと思います。

 

 

毎日の結婚生活は華やかなイベント事と違い、面白みのないとても単調な日々の繰り返しです。

 

 

「こんなはずではなかった」「望んでいた生活と違う」等々、その時に気づいても正直後の祭りです。

 

 

独身と決別する覚悟を持って書く

自己PRは大事

 

現時点の生活から結婚した後の生活へ意識を移して書く

 

今の生活を卒業して、誰かと暮らす幸せだけれど少し不自由かもしれない世界に羽ばたこうとしているあなた。

 

 

徐々に多くの覚悟を作っていく必要がある思います。

 

 

男性も女性も、自分が稼いだお金でさえ自分1人の意思では使えなくなります。

 

 

今までのように友人と夜遅くまで飲み歩くなんてことも出来ないし、旅行も自由には行けません、普通は。

 

 

いずれお互いの両親の面倒は誰がみるとか、男性もたまには料理をするのか、どちらかが病気になったら、あるいは失業し今の年収が保証されなくなったらどうするとか。

 

 

考えなくてはいけないことが山積みです。

 

 

でも、引き換えにしても良いと思うほどの魅力や明るい未来ものがあると可能性を信じたから、結婚しようと思ったはずです。

 

 

結婚生活や、人生のパートナーを求めているなら、自己prにその思いをポジティブに表現してぶつけてみてはどうでしょう。

 

 

あなたの真剣な覚悟は誰かの心を打たないはずはありません。

 

 

かたや、独身生活と決別する覚悟がない人は、婚活に手こずる傾向があるように思います。

 

 

なぜなら、心の深いところで実は、結婚に拒否反応を示しているかもしれないからです。

 

 

例えて言うなら、本気で結婚する覚悟のある人は多少合わないところのある相手でも、

 

 

粘土のようにこねて丸くして自分の型に嵌めて合わせてしまうのですが、

 

 

本気で結婚する覚悟のない人はこねるどころか触りもせずに、自分と合わない理由を沢山見つけ出して早々に諦めてしまいます。

 

 

合わないところに焦点を合わせているから合わないところが沢山見つかり、

 

 

合うところを探す努力をしたなら一つや二つ合うところが見つかるかもしれません。

 

 

あなたの覚悟に見合う人が引き寄せられる

 

簡潔すぎる自己prでは、あなたの思いは伝わりません。

 

 

あなたが覚悟と熱意を持って自己PRを書いたなら、きっとそれに見合う人が引き寄せられて来るはずです。

 

 

熱量が釣り合わない人はお付き合いができませんから。

 

 

文章の力は強大です。

 

 

その人はあなたにこう言うでしょう

 

 

「あなたの自己prに惹き寄せられました。」

 

 

「会ってどんな人か確かめたいと思いました。」と。

 

 

こんなスタートが切れたなら、お会いしたその瞬間から恋が芽生えても少しも不思議ではありませんよね。

 

 

またバツイチのあなたなら、運命の人に会えないのではないかと心配をする前に、自己PRでよりご自分を魅力的にアピールしてください。

 

 

 

自己PRはどう書けば思いが伝わる?

自己紹介をラブレターのように書く

 

覚悟と熱意のある自己PRとは

 

結婚というものをどうのように考えているのか、パートナーとはどのように関わって行きたいのか、

 

 

相手に自分は何が出来て、反対に相手に何をして欲しいのか、少し具体的に言葉にして書いてみてはいかがでしょうか。

 

 

私はよく、未来のパートナーをイメージして、その人に宛てたラブレターのように自己PRを書いてくださいと会員様に伝えます。

 

 

大勢を相手に書くと、途端につまらない文章になってしまうから不思議です。

 

 

婚活は、あまり幅を狭めるとお申し込みが少なくなるので絞りすぎないことも大事と言われたりします。

 

 

しかし、あまりにも大雑把だと誰の心も打たないということも事実です。

 

 

あなたが出会うべき人はたった1人です。

 

 

その人に早く出会えるように、ある程度絞り込んだ文章のほうが実際は結婚に近道なのではないでしょうか。

 

 

結婚相手にはなり得ない相手を、いくら沢山寄せても成婚には至りません。

 

 

自分が出会いたい未来のパートナーに向けたラブレターなら、自然と筆も進み書きたいことが溢れて来るのでは?

 

 

それが熱意となってしっかり読む側に伝わります。

 

 

そして、無趣味ですとお見合いの際の会話の盛り上がりに欠けてしまったり、面白くない人と思われかねませんから、上手でなくても良いので好きな程度でも趣味と言えるものは書いて見てください。

 

 

ラブレター式自己PRの具体例として

 

例えば、あなたがあなたのご両親のような夫婦になりたいと思っているとします。

 

 

そうであれば、ただ単に私の両親のように仲の良い夫婦になりたいと書くのはなく、ちょっとしたエピソードを入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

私の父と母は、母の誕生日に必ずプロポーズした思い出の場所でデートをします、私もそんなロマンティックなデートのできる夫婦になりたいです、など。

 

 

ご両親のエピソードではなくとも、知り合いの尊敬するご夫婦や著名人の理想的なカップルのエピソードでも良いと思います。

 

 

未来の結婚相手に宛てたラブレターなら

 

結婚何年後に、私はパートナーにこんなことをしてあげたいです。

 

 

またその何年後に、こんなことをしてあげたいです。

 

 

そんなことを少し書いてみるのも夢がありますね。

 

 

ここで大事なことは、相手にこんなことをして欲しいですではなく、こんなことをしてあげたいです、と書くことです。

 

 

欲しい欲しいという人には与えられず、与える人には与えられる法則を思い出しましょう。

 

 

その自己prは成婚で婚活を卒業しても忘れ去られることなく、きっと2人の大切な宝物になることでしょう。

 

 

しかし、未来が今になった時に、実際にできる約束でないと困ってしまうかもしれませんね。

 

 

婚活の自己PRは何が大事 まとめ

婚活して結婚した2人

 

自己PRについて書いて参りました。

 

 

文章の持つ偉大な力について、もしかすると軽く見ていらしたら勿体無いことです。

 

 

文章で相手の気持ちを掴むことも可能です。

 

 

自己prに始まり、日々のLINEやメール、たまには手紙もいかがでしょうか。

 

 

手紙の場合は、字は丁寧に読み易く、癖のない綺麗な文字が書けると男女共に武器になります。

 

 

LINEに合っている文体や長さがありますが、LINEでは伝えきれないことをメールや手紙にしたためて渡すことは、本当に効果があります。

 

 

様々な方法であなたの100%の思いを文章で、未来のパートナーに伝えてくださいね。

 

 

 

 

アメブロ再開しました!記事はこちらをクリック!!

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。