こんな男性にご用心 |アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:こんな男性にご用心

皆様、遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。

 

 

いよいよ、2020年!

 

 

新たな一年の幕開けですね。

 

 

今年こそは結婚の一年にしましょう!

 

 

2020年もスターマリアジュ青山をどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

本日は早速初詣デートに関してのご報告があったので、皆様にシェアしたいと思います。

 

 

 

あかねさんと孝一さんの出会い

 

つい先月30歳の誕生日を迎えたあかねさん。

 

 

職業は大手IT企業の一般職です。

 

 

婚活歴は約2年。

 

 

周りが結婚していく中、出会いのない日々に本気で焦りを感じ入会して下さいました。

 

 

実は一度は別の相談所に入会していたものの、入会させたきり面倒をあまり見てくれないと最初の印象の違いから不信感を抱き、スターマリアージュ青山に改めて登録して下さいました。

 

 

幼少期からバレエをしていらしたので、スレンダーでしなやかな美しいスタイルは、誰もが羨むことでしょう。

 

 

見た目もタイプも可愛らしく上品でお育ちの良さを感じます。

 

 

婚活歴は少し長いですが、積極的に自ら申し込んでいくためお見合い数は多く、会話も上手なため仮交際に進むことも多いのです。

 

 

ただ、最後の決め手(価値観等)という理由の部分で結婚を決められずお別れしてしまうパターンが多いのが悩みでした。

 

 

お見合い→交際→別れ

 

 

これを繰り返していると誰もが自然とテンションが下がり気味になってしまうでしょう。

 

 

「いくら頑張っても良い人に出会えない」と‥。

 

 

あかねさんも婚活のモチベーションが下がっている中、孝一さんという一人の男性に出会いました。

 

 

 

爽やかイケメンの孝一さん

領収書を切る男

 

バツイチの孝一さんは39歳、年収1100万円の外資系金融勤務のエリートです。

 

 

そして、日本人離れした目鼻立ちに高身長。

 

 

俳優さんのような風貌にエリートなので、当然ながら女の人にはモテモテ。

 

 

そんな孝一さんからあかねさんにお見合いの申し込みが来た時は、あかねさんはすぐに承諾のボタンを押しました。

 

 

そしてお見合いが決まったのです。

 

 

お見合い当日の二人の出会い

 

待ち合わせ時間より少し早く到着したあかねさん。

 

 

最初にお手洗いに行って化粧直しをしようと思ったら、ホテルのロビーでばったり孝一さんとお会いしたのです。

 

 

お席でのお待ち合わせでしたが、お互いがプロフィール写真通りのままだったので、会ったのは初めてでもすぐにお分かりになったとのこと。

 

 

ただ、あかねさんはお化粧直しをして心を落ち着かせたかったので、断りを入れて先にお席で待っていただくようにしたとか。

 

 

時間ぴったりにお席に着いた時も、孝一さんはとてもスマートで紳士的だったそうです。

 

 

「先程は入り口で驚きました!一眼見た瞬間、お綺麗ですからすぐに分かりました。

 

 

ここはケーキが有名なので、もしよろしければ紅茶と一緒にケーキもいかがですか?あ、甘いものは大丈夫ですか?」と。

 

 

そこのホテルはあるケーキが有名なので、そのケーキに合う紅茶もお店の方に聞いてくださっていました。

 

 

この気遣いは女性なら嬉しいですよね。

 

 

あかねさんも思わずきゅんとしたとお話くださいました。

 

 

ケーキと紅茶も評判通り美味しく、お見合いも物凄く楽しく過ごせたようです。

 

 

でも‥‥

 

 

一つ気がかりだったことがあったようで。

 

 

これって仕事?

 

お会計時にあかねさんが驚くポイントがあったそうです。

 

 

それは孝一さんが、ラウンジのお茶代の支払い時に領収書を切っていたこと。

 

 

お見合いなのに?

 

 

領収書?

 

 

しかも堂々と目の前で‥‥。

 

 

楽しかったお見合いも、このことで引っ掛かりができてしまったようです。

 

 

しかし、帰りも紳士的に改札前まで送ってくれたのもあり、これだけでお断りするのも勿体ない気がして、交際希望でお返事をしました。

 

 

お相手からもすぐに交際希望のお返事があったので、お付き合いすることに。

 

 

 

2回目のデートは初詣

婚活デートに初詣

 

クリスマスから年末に掛けてはお互い仕事が多忙だったこともあり、なかなか会うことが難しかった様子。

 

 

2人が唯一空いている日は元旦ということで、お昼過ぎに一緒に初詣に行くことになりました。

 

 

元旦の初詣は平気で何時間も並びますが、話はお互い合うので時間もあっという間だったそう。

 

 

寒いからとホッカイロを用意してくれる孝一さんの気遣いさも嬉しかったようです。

 

 

デートで徴収‥

 

初詣は無事終わり、そのまま孝一さんが予約をしてくれたお店へ行くことに。

 

 

最近開店したばかりの話題のイタリアンだったので、あかねさんのテンションももの凄く上がりました。

 

 

美味しい食事に美味しいお酒、そして気遣いが出来るイケメン男性との楽しい時間。

 

 

全てが順調で、このままとんとん拍子で真剣交際に進むことを信じて疑わなかったあかねさん。

 

 

ですが、事件はお会計の時に起こりました。

 

 

お会計時、孝一さんからまさかの一言。

 

 

「じゃあ、2000円貰ってもいいかな?」

 

 

その後定員さんに

 

 

「領収書お願いします。この名刺の名前で書いてください。」

 

 

え‥‥

 

 

既に彼のこの行動に、あかねさんの頭は軽くパニックを起こしていました。

 

 

 

あかねさんからのメッセージ

交際終了したあかねさん

 

デートで必ず男性が女性にご馳走をしなくてはいけないという決まりはないですが、私が言葉を発する前に金額を提示して徴収されたのは正直驚きました。

 

 

確かにあの話題のお店で、あのサービスとクオリティの料理とお酒なら2000円は物凄く安過ぎますけど、

 

 

それなら2000円なんて半端なこと言わないで、割り勘とか食べた分だけのお金を払って欲しいとそう言えばいいし、

 

 

2000円徴収するなら領収書を貰うのはどうかと思っちゃうんですよね!

 

 

「これは仕事ですか?!それともただのケチですか?」って何度言いそうになったか。

 

 

今思えば一言言えばよかったな、なんて思ってしまいますけどね。

 

 

何でしょう、このモヤモヤは。

 

 

男性はお見合い時に会計を持って下さるんですから、確かに負担は女性に比べると大きいのは分かっています。

 

 

だから、毎回デートで男性が全額奢るべきとは思いませんが‥‥。

 

 

割り勘ではなく、中途半端に徴収されるのって結構嫌ですよね。

 

 

何よりやはり領収書はありえないです。

 

 

周りからは「こんな事でイケメンエリートと別れるの?!」と散々言われましたし、私自身惜しい気もしないでもないですが、何でしょう‥‥

 

 

どうしても引っかかるんです。

 

 

気遣いも出来るし、話しも合うのですが。

 

 

やはり金銭感覚が違うんだと思うんです。

 

 

私が男だったらデートで領収書なんて切らないです。いや、切れません。

 

 

百歩譲って、領収書を切るにしても絶対に相手に知られないようにするべきだと私は思うのです。

 

 

領収書を目の前で切られるのって正直良い気持ちしませんよ。

 

 

私はショックでした。

 

 

そこを彼は分かっていないんですよね。

 

 

他のことでは物凄く気遣い出来るのに‥残念ですよね。

 

 

お会計の瞬間で恋が覚めました。

 

 

後悔が全くなくはないですが、これからも毎回こんなガッカリするのも嫌なので、孝一さんとはお別れしようと思います。

 

 

あと、今回の領収書問題はぜひ他の方にシェアして貰えませんか?

 

 

私のような気持ちになる方が少しでも減ってもらえたら嬉しいです。

 

 

また一から振り出しですが、幸せになるために諦めず頑張ります!

 

 

 

イケメンエリートの会計事情のまとめ

お会計問題を上手に解決すること

 

領収書や会計問題はよくある話ですよね。

 

 

確かにデートで目の前で領収書を切られるのは、女性としては複雑な気持ちになるでしょう。

 

 

ましてや、女性からも食べた料金分を徴収しておいての領収書は尚更ありえない!と感じるかと思います。

 

 

金銭感覚は人によって違うからこそ、気を付けなければいけない問題ですね。

 

 

自分の中では当たり前でも、他人が同じように感じているわけではありません。

 

 

今回の件は顕著にそれが表れた問題でした。

 

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

 

♡セレブ婚活にご興味のある方は結婚相談所スターマリアージュ青山公式サイトをチェック

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。


 


テーマ:こんな男性にご用心

青山のセレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ 青山です。

 

本日は、若い方には関係のない話かもしれませんが、許せない男性について、書いてみたいと思います。

 

こういう方は、きっと結婚はしないでしょう。

 

ただ出会いが欲しいだけ、お金と自由があるので暇を持て余しているのかもしれません。

 

そして、息子や娘から恋愛はしても籍を入れて財産を取られることだけは避けるよう言われている可能性もあります。

 

 

真面目に婚活をする女性の方々に

 

昨日、ある中年の素敵な女性会員から電話が入りました。

 

色白の上品でおっとりした美人です。

 

彼女が突然こんな話を始めるので、ああ又かとがっかりしました。

 

お見合いで出会った、20歳も年上の男性と交際をして

 

そして別れて、その後別の方ともお見合いをして。

 

その間、そんなことが起こっていたとは露程も思わずにいたのです。

 

交際終了した後、男性から連絡が入り、二人でそっと交際を再開

 

していたのです。ルール違反だからと、男性に何度も相談所に

 

報告しましょうと伝えてももう少し待ってと仰るのみで、

 

動じない男性。

 

女性は彼の不実さに再び別れを告げたそうです。

 

こういう男性は、大体が活動期間が長いことが多いです。

 

それでも、男性の行為を止むに止まれず行ったことで

 

何か理由があると思っていらしたようなご様子だった女性。

 

はっきり言って、その男性は不誠実で、あなたと結婚する気は無いでしょうと、

 

そう告げると、驚いたようでした。

 

ついでに言いますと、そういう男性は彼女一人ではなく

 

何人もそうやって交際を再開させては別れているんでしょう。

 

大人だから分別があるかと思いきや、実は若い方の方が真面目です。

 

年齢が上がる程に、要領の良さを知り、大抵が高年収な

 

男性なので周りが自分に合わせて当たり前のように思っている人達です。

 

その女性は、もちろん体の関係を求められましたが断ったそうです。

 

それは良かったのですが、そもそも交際終了した後で、

 

こっそり再会することは最も重大な規約違反です。

 

その時に、男性を信じてしまい、私を頼って貰えなかったことは

 

私の力不足と恥じる部分もありますが、やはり好意を持った男性には弱いのが女性です。

 

しかも、中高年の婚活はとてもとても辛いものがありますから藁にもすがるような、

 

そんなところにつけ込む男性の卑怯さにはいい加減うんざりします。

 

この女性の方から、こういう事例をもっと書いて注意喚起してくださいとお願いされました。目が覚めたようです。

 

以前にも書いてはおりますが、やはり何度も繰り返し書くことで不幸な事態を避けたり、

 

貴重な時間を浪費せずに済むのならきっと繰り返し書いていかなければいけないのです。

 

 

アドバイス

 

婚活で出会うと、何か特別なものと勘違いして普段の嗅覚が効かなくなる方もおります。

 

しかしながら、どこで出会っても何となく誠実なのか不誠実なのか考えてみればわかるはずです。

 

少しでもおかしいなと思ったら、是非ご自身の担当カウンセラーにご相談下さい。それが一番大事なことです。

 

自分自身の相手を見る目に自信が持てない時には、カウンセラーは強い味方になります。

 

あなたのことを最大限に考えて、物事を俯瞰してみていますから的確なアドバイスが貰える事でしょう。

 

人を信じることは素敵なことですが、信じて良い人といけない人の見分け方は大人になっても難しいですね。

 

特に婚活ではそうみたいです。

 

相手に狡さが見えてしまったり、直感でどうにも気になるなら

 

それはきっと何か問題があるということかもしれません。

 

ご成婚に至るカップルの男性は、皆さん最初から女性にとても誠実に接していらっしゃいます。

 

 

 

青山の結婚相談所 中目黒時代のサロン
中目黒サロン内風景

 

 

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。


 


テーマ:こんな男性にご用心

青山のセレブ婚活 結婚相談所スターマリアージュ 青山です。

 

 

本日は、あるアラフォーの素敵な女性会員様の体験談をお伝え致しますね。

 

 

そして、こういうことは実は繰り返し繰り返し、今までも起こっていることですから、この機会に是非婚活している皆様にも改めてシェアしたいと思います。

 

 

 

その方はおっしゃいました。

 

 

もし最初からアドバイスがなかったら、もし相談する人がいなかったら、お誘いに乗ってしまっていたかもしれませんと。

 

 

とても正直なお言葉だと思います。

 

 

デートでは、いつもスマートで女性にお支払いはさせない。

 

 

気を使った会話やお褒めのお言葉、女性が喜ぶことを心得ている。

 

 

ご自分を実際以上に見せることに長けている。 そんな男性です。

 

 

 

いつもたくさん奢って頂いていると、女性側も借りを作っているような気分になるものです。

 

 

だから、徐々に徐々に距離を縮められてもNOとは言い難い。

 

 

それは、心の距離であれば良い事ですが、肉体的急激な接近の場合もあります。

 

 

 

そして、そういう男性の次に考える事は、一緒に相談所を退会しようということです。

 

 

勿論、相談所には交際を終わった事にして。

 

 

女性側も自由な交際が出来るような気がして、一瞬は気持ちが揺れるかもしれません。

 

 

しかし、これはとっても危険な行為です。

 

 

 

相談所を通して交際している限り、その男性がどんな状態であるか、他に交際している女性がいるのかいないのか、もし交際しているなら、どの程度進んだ交際なのか、それは担当者同士でわかるものです。

 

 

ところが、この箍が外れてしまうとどうでしょう。

 

 

相手のことが見えない状態で交際して行かなければならず、もう困っても相談出来るカウンセラーもいない。

 

 

相談所で出会えば、早くて3ヶ月、最長でも半年で結論を出すルールが女性を後押ししてくれるのに、その応援もなくなる。

 

 

 

結婚相談所にご入会する方は、出来れば早く良い方と出会い幸せなご結婚がしたいはずです。 ただの恋愛がしたい訳ではないはず。

 

 

 

だからこそ、結婚相談所のシステムはあなたの味方です。

 

 

そして、交際を内緒にして相談所をやめようという男性を信用できないと気づいてください。

 

 

もしかしたら、その人はご自分だけ舞い戻っているかもしれません。

 

 

青山のセレブ婚活 結婚相談所スターマリアージュ 青山/危険な男性

 

 

青山のセレブ婚活 結婚相談所スターマリアージュ青山     

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。