お見合いで出会う意味、例え短い交際であっても | アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

ある女性会員様のお話しです。

 

 

 

外見はお綺麗で落ち着いた品のある方、さて中身は、、   カウンセラーと会員様としてお付き合いして行くと、驚く程どんなご性格の方なのか分かってきます。

 

 

とても楽天的でポジティブな思考の方や、ついつい心配性な方はちょっと悪いほうへ思考が行ってしまうし、あるいはご年齢はお若くても考え方がしっかりされていてとても頼もしい方、上手に甘えてくださる方や気配り上手な方、独立心旺盛な方etc そして、この方は本当に人間性が良いのだと感じる瞬間は多々有り、とても嬉しくて温かい気持ちになります。

 

 

 

話しを戻しますが、その女性会員様はある期間、大変なエリート男性と交際されました。 ところが、多少ご年齢差があったり諸々のことでこのまま交際を続けてはいけないとご判断されました。 早めにご判断されたその後ろには、きっとあまりにも優しく思いやりを持って大事にしてくださったこと、それがあったために結婚というゴールがないのであれば、早めにご結論をだすことがお相手のためと思ったのです。

 

 

 

こればかりは仕方の無い事、よくある事なのですが彼女はその方に対して心から申し訳なく思いました。 多分、愛情や優しさに応えてあげられない自分を申し訳なく感じたのでしょう。

 

 

このままお相手の愛情に身を任せて行けば幸せな結婚、その先には経済的に何不自由ない生活があり、愛されて大事にされて暮らして行けるのに、なぜこの人では駄目なのだろう、と。

 

 

彼女は、お相手の方に早く素敵なパートナーが見つかり幸せな未来が訪れますようにと願いながらこの交際を終了されました。 かなり切なさが伝わって参りました。

 

 

 

こんなに高条件の方と出会っているのに申し訳ありませんと、私にさえ謝ってくださいました。 でも謝る必要はありません、一番幸せになれる結婚でなければ意味がありません。

 

 

条件だけでは結婚できないことも知ったはずです。

 

 

彼女の婚活は、これから少し変わるかもしれませんし、変わらないかもしれません。

 

 

 

男女の恋は、例え刹那であっても優しさや温かさや少しの残酷さを残して消えてゆくもの。

 

 

彼女はきっとその方に情が移ってきていたのでしょう、だからその方のことを思うと悲しい気持ちになった。 その優しい気持ちは大事にして頂きたいと思います。

 

 

 

また前を向き、本当に求めているパートナーと出会うために頑張っていらっしゃいます。

 

 

 

きっと素敵な方に出会う日は、そう遠くないと感じています。

 

 

 

gf01a201502232100