アメブロ記事まとめ | アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:アメブロ記事まとめ

 

婚活中の皆様はもうお気づきのことと思いますが、婚活は受験や就活にとてもよく似ています。

 

 

自然に出会いご結婚された方は違うと思いますが、婚活でのご結婚を考えている方は、きっと頷いてくださるでしょう。

 

例えば、早慶で学んだ方々の中には東大志望だったという方も多いのではないでしょうか?

 

 

頑張って勉強して、東大を目指して自信もあったけれど、残念ながら上には上がいたのか、運が悪かったのか東大には落ち、滑り止めに受けた早慶に入学されたという方もきっと多いことでしょう。

 

 

最初から、早慶が目標です、という方の多くは6大学へ入学されることになったりします。

 

 

その下もまたその下に。。勿論、東大志望で東大合格の方々もいますが、圧倒的多数は上記のような感じではないでしょうか。

 

 

就職でも同じくです。

 

 

目指す企業があっても、相思相愛でなければ受かりません。

 

 

どこでも引っ張りだこというラッキーな方も一部はいるかもしれませんが、殆どの方は少しの妥協で落ち着くところに落ち着きます。

 

 

結婚も、理想を言えば切りがないけれど、お互いに落ち着くところで落ち着いて、その人が世界で一番素敵に見えるようになれば良いんです。

 

 

あんまり素敵すぎて理想すぎて、もし釣り合わないような人と結婚してしまったら、きっといつもいつも別れを恐れていなければならなくなります。

 

 

いつか、飽きられるのかも、いつか別れを切り出されるかもと、疑心暗鬼になって、結局自分から別れを招いてしまったり。

 

 

その人の前で、スッピンでいても平気

 

 

その人の前で、トイレに行っても平気

 

 

ドジな自分も、みっともない自分も、情けない自分も全部見せても、そこが可愛いとか愛おしいとか思ってくれる肩の凝らない関係を持てれば、一番幸せで安定した、穏やかな生活になるはずです。

 

 

理想は理想、でも現実は少し違うと気付いた人から幸せになっています。

 

Instagramご登録はこちらからお願いします♡

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ 青山

 

 

 

大事な相手を見つけたカップル

 

 

 

 

 

 


テーマ:アメブロ記事まとめ

本日も5年前のアメブロに書いた記事のご紹介です。

驚くことは、5年経っても記事の内容と今の現実にあまり変化がないということです。

 

 

結婚相談所での婚活の内情

 

昨夜放送されたさんまさんの『ホンマでっか!?TV』で婚活が取り上げられたらしいですね。
それ自体は嬉しいことだけれど、評論家の方々のご発言で正しくないことが往々にしてあるので、ここで訂正したいと思います。

 

 

まず、どなたか存じませんが『結婚相談所に既婚者が入会している』と述べたと教えて頂きました。
これは、全く事実とは違います。
きちんとした、というより普通の相談所はご入会の際に、必ず独身証明書を提出して頂いています。
これは、独身であるという公的な証明書ですから間違いのないものです。
どこの相談所もトラブルがあれば死活問題ですから、怠っているところはないはずです。

 

 

ネットの出会い系や、出会いのパーティーはそこまでしていない会社もあるかもしれませんが、
相談所を名乗るなら、間違いなくご提出頂かなければ、営業活動は出来ないはずです。

 

 

皆さん、ご入会を決めてから独身証明書を役所でお取りになっていますから、1週間以内、長くても10日以内のものを出してくださいます。
ですから、証明書を取ってから籍を入れることは考え難いと思います。
公的な場所で発言されるなら、しっかりリサーチされてから発言して頂きたいと思います!

 

 

そして、もう1点は
『H目的で相談所に入っている男性がいる』と仰ったとのこと。
これは、残念ながらごく一部の男性には当たっています。

 

 

とても悲しいことですが、被害を受け泣き寝入りされている女性もいらっしゃることでしょう。
元々、そういう目的で入会された男性もいるでしょうし、入会してから『簡単に遊べる』と気付かれた男性もいるでしょう。

 

 

言うまでもないことですが、収入が高く社会的地位もあり分別のある立場の男性が、ということです。
私は今まで幸いなことに、そういう男性にご入会頂いたこともないですし、そんな事が発覚したならば即刻ご退会頂きます。
真剣に婚活している女性の弱みに付け込んで情けない。

 

 

でも、一方で女性側にも問題がないとは言えません。
万が一に備え、そういうこともあると交際が始まった時点で助言させて頂きますが、『そういう関係になったのに振られてしまった』事件が実際に数回はありましたので。。
勿論、内緒の関係なので私にもなかなか相談出来ず、いよいよ切羽詰まってから泣きつかれることになるのですが、悔しいですね、とても。

 

 

ご存知のように、私たち相談所はネットワークを作っていますので、他社の会員様とのお見合いが、普通のことなのです。
ですから、遊び半分の男性とお見合いしてしまう場合もあるのです。
ご担当にクレームを出しても、そのままその男性を活動させていたり。

証拠を出せと言われても難しいですね。

 

 

そういう男性だとわかったら、私はその方をブラックリストに入れ、うちの女性には絶対にお見合いさせません。
第二、第三の被害者をださないため!です。

 

 

女性の皆さんも、おかしいと思ってください。
数回しか会っていないのに、大事に思っていたら誘いますか?
まして、男性は手に入らない女性を追うのが本能ですから、簡単に手に入ってしまう女性はすぐに飽きられてしまいますよ。

 

 

何事もタイミングですが、ここは女性がリードしなければ絶対にいけないことです。
絶妙なタイミングを計りましょう、婚活成功のためには。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 


テーマ:アメブロ記事まとめ

アラフォー女性からご成婚のご報告が

アメブロ婚活 電話で話す女性

 

今夜はとても素敵な出来事がありました。

 

会員様としては結構長くご活動していらした大好きな会員様が、なんと年下のエリート男性からサプライズのプロポーズをお受けになったとご報告がありました。

 

彼女は40代のとても素敵な方です。素直で優しくて、そしてとても可愛い容姿と可愛いお声をお持ちの女性です。

 

辛い時、いつも私のブログを読んで下さっていたそうです。

 

そして、幸せなご結婚をする方々のことを、少し引いて眺めていらしたそうです。

 

皆さんが皆さん面白いように、ご相談の際そうおっしゃいます。

 

 

 

婚活で本気で好きになれる人と果たして出会えるんだろうか?

 

スピード婚て信じられない、、何をどうしたら、そうなれる?

 

そんなことを考えていて、きっとブログのカップルは特別にキラキラした素敵な方達に違いないと思っていたんだとか。

 

いざ自分にそのシアワセが回ってきて、本当だったと分かったと仰っていました。

 

婚活でも、大好きな人ときちんと愛という絆で結ばれる結婚ができるんですねと。

 

 

 

この素敵なお言葉、私は何度お聞きしたことか。

 

諦めないことが大切なんですね、とも改めて仰っていました。

 

いつも会員様にお伝えするのに、皆さん実際にご自分の身に起こり体験するまでは信じられないようです。

 

中にはとんでもないスピード婚もありますよ。

 

 

少し前置きが長くなりましたが、今夜も5年前に書いたアメブロのご紹介を致します。

 

 

男性も女性も若々しい声は大切です

 

ここからは以前書きましたamebaブログの記事になります。

 

 

先日は、結婚相談所のご活動に潜在意識を使ってください、と書きました。
もし、使い方がよくわからない~と言う方は、是非、林真理子さんの「野心のすすめ」をお読みください。

 

 

 

ところで、お見合いまではうまくお話が進んだとします。

 

お見合いの際も、なんとなく良い方かもしれないとお互いが交際希望になりました。

 

この段階で、お互いが一目惚れ同士でお見合い後に一気にお話が進むカップルもありますが、殆どの方々はまずは様子見という感じでしょう。

 

他の方ともお会いになっているかもしれなし、お互いに天秤に掛けられているかもしれないと少し疑心暗鬼なところでしょうか。

 

 

 

ここで、一気に距離を縮めるのはお見合い後の電話でしょう。

 

今は忙しい方々はショートメールで連絡を取り合うことも稀にありますが、基本は電話になります。

 

私たちカウンセラーを通してお電話番号の交換をして頂きまして、お見合い後のファーストコンタクトは、男性から女性へ掛けて頂きます。

 

お互い少し照れくさいような、お相手のテンションを気にしながらのお電話になることでしょう。

 

 

 

とても大事なことがあります。

 

人って、思っているより「声」が重要なんです。

 

男性でも女性でも、お会いすると素敵なのに電話の声が、おじさん、おばさんぽいと、かなりがっかりしたりします。

 

 

 

お見合い後の電話の「声」が素敵だと、何割か増すんですね、魅力が。

 

これは、間違いない真実ですから、是非電話の時は自分で出せる限りの魅力的な「声」を出しましょう。

 

女性なら、少しだけ高めのほうが若々しくて可愛いかなと思います。

 

照れとかいりませんから、可愛い声が好かれます。でも、ワザとらしくない程度にですが。

 

男性もお話の仕方を若々しくと、日頃から気をつけていれば、いざという時に役立ちます。

 

 

 

くれぐれも「声」と「話し方」の若々しさの練習を怠り無く。

 

 

アメブロ婚活記事を読んで結婚する人

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

 


テーマ:アメブロ記事まとめ

2013年に書いたアメブロ記事に加筆しています。

 

 

 

女性は小さな頃、大人になったら誰か素敵な男性からプロポーズされて、綺麗なウェディングドレスを身に纏い、みんなに祝福されて結婚すると心の中で想像したことが一度はあることでしょう。

その昔、映画で観たように、素敵な男性が跪いて「僕と結婚して下さい」と差し出す手の平には美しいエンゲージリングが燦然と輝いている。

 

 

 

それがなぜか気づけば、周りの友人から取り残されて仕事一筋の人生。

えー、こんな筈ではなかったのに、なぜ、なぜと自問自答していらっしゃるかも知れません。

あの頃あんなにモテたのに、、まだ大丈夫だと思っていたのに、、

でもそんなあの頃はもう戻って来ないことに気づくと愕然としますね。

 

 

 

様々な出会いの中から、ご成婚=プロポーズに至る方々に共通点はあるのでしょうか?

または、考え方の違いは?

 

 

 

結婚相談所のカウンセラーとして、多くのカップルのプロポーズを間近に見て私が、どうしたら上手に婚活が出来、夢のようなプロポーズを受けられるのかお教えしたいと思います。

 

潜在意識を活用してプロポーズを勝ち取る

 

 

 

さらっと立ち読みしたら結婚の話が書いてあったので、林真理子さんの「野心のすすめ」という本を買ってみました。

 

 

一気に読んでしまいましたが、この本に貫かれているのは、潜在意識はこうやって使うものだという凄いお手本だとちょっと感銘を受けました。
林さん曰く、妄想癖とのことですが、それこそが彼女を成功に導いた一番の要因でしょう。だって彼女は、超有名人であり、お金も物凄く稼ぎ、そして理想的な旦那様のプロポーズも物にし、高齢出産でお子様まで作っていますから。

 

 

先程も書きましたように潜在意識の使い方は、何度もこの本の中に出て来るのですが、例えばいじめに遭っていた中学生時代、どん底の貧乏を味わっていた上池袋アルバイト時代、再度のいじめに遭った初就職先の渋谷の広告代理店時代、なんと思っていたかと言えば、

 

 

「幸せになったときのため、こんなに惨めで、寂しくて、寒かったことをよく覚えておこうー。」
「いまに私は大金持ちになって貧乏時代を懐かしむ日が来る、これほどの貧乏はもう自分の人生にはないはずだから、貧乏生活の記録をつけていた」と。

 

 

自分の成功を信じて疑わないことが大事なんですね。

 

 

これは、蛇足ですがメンタリストのDaiGoさんといい林さんといい、小さい頃いじめに遭っていたという有名人の方は多いですね。
みんな一緒が大好きな日本人なので、違うオーラがあったり、異質と感じる個性があると気に入らないということでしょうか。

 

 

話を戻しますが、結婚相談所でも

 

 

①ご成婚が決まる方=成功者
②なかなか決まらない方=これから成功する方、
③諦めてしまう方

 

 

 

大別すると上記の3つに分かれると思います。
この違い、潜在意識の使い方が決定的に違うのでは?と、何度も思ったことがあります。

 

 

見事、成功する方は、

 

 

1,絶対に結婚したい!という意志のある方は、受け身ではありません。
自分から積極的にお申し込みをどんどんします。

 

 

2,そして、自分からお申し込みしてはお断りされて行く中で自分の立ち位置を賢く見つけます。
(最初はお断りばかりでいいんです。それは、失敗ではありません。その中で必ずOKを頂けるようになります。)

 

 

3,せっかくの婚活だからと、あまりにも高条件な理想の方との結婚だけを夢見て時間を無駄に使いません。

 

 

4,絶対に結婚するんだという気持ちが強いから上手く行かない時に我慢も出来ます。
また立ち直りも早いです。

 

 

私がこの中で一番大事だと思うのは、〝立ち位置を見つけること〟です。
ご自分の立ち位置を知るには、たくさんお申し込みしてお断りされたりOKされたりが必要です。

 

 

出来るだけ短期間のうちに確認するべきだと思います。
4番も大事ですが、人間の集中力はそう長くは続かないですから、年齢が1歳でも若いうちに、どんどんチャレンジしてください。

 

 

そして、不思議なんですが、ご縁を大切にしない方は、うまく行きません。
お見合いも一期一会、せっかく何かのご縁でお会いになったのですから、例えお会いした途端違うかなと思ったとしても、心を込めて、そのたった1時間を楽しく会話できるような方は良い出会いが待っています。

 

 

 

まるで。ご褒美のように、です。

 

 男と女、恋に落ちる速度

 

 

 

さて、潜在意識を上手に活用して、良い出会いがあった後のお話しです。

 

 

お見合い後、お互いが好意を持ち交際に入ります。
ここで、男性の気持ちが女性のそれより大きくて積極的にアプローチして頂けるほうが、交際は順調に進んで行きます。

 

 

ところで、男性と女性の恋に落ちる速度は明らかに違いがあります。
男性は良いな~と思うと一気に燃え上がります。
毎日連絡したり、今度はいつ会えますか、と次の約束をしたがったり、わかりやすいですね。
この時、その男性の気持ちは確かにその女性の手のうちにあるのでしょう。

 

 

 

男性が一気に盛り上がるのは、まずは女性の外見です。

姿形が美しいということもありますが、声、話し方、仕草、立ち居振る舞い、笑顔、それら全て総括した外見です。

 

 

ところが、女性は出足が鈍いのです。
これは女性は子供を産む性なので、より相手を見極めようとする訳ですから、仕方のないことです。

 

 

また更に言えば、女性は男性が自分に好意を持ってくれたと感じると、少し余裕を持ってしまい、まるで男性がずっと自分に忠誠を誓ってくれるような錯覚を起こすこともあると思います。
追われると反対にその人では物足りなく思えてしまったりすることもあります。

 

 

ところがです。
男性側も一向に気持ちに応えてくれない女性をいつまでも追い続けるかといえば、そうではありません。
特にエリートと言われる男性を観察して来た経験から言えば彼らはとても変わり身が早いのです。

 

 

感情より理性が上回っているからこそ、幾多の困難に打ち勝ち今の地位を手に入れている訳ですから当然です。
周りの男子が女の子を追いかけて、楽しくデートしている時にも机に向かい、ひとり勉強に励んでもいたことでしょう。
一部の天才以外は努力無しには掴めない地位を掴んでいるとはそういうことです。

 

 

なので、いつまでも振り向かない女性に夢中になって恋い焦がれることはあまりありません。
他の女性に気持ちを移してしまいます。
この感情の切り替え方は本当に見事で、いつもさすがだなぁと考えさせられます。

 

 

ここで、取り残された女性はあっけにとられます。
失ってみてから、よくよく考えたら
なかなか巡り会えないような人だった、と取り返しのつかない後悔に打ち拉がれます。

 

 

そして、泣く泣くお別れしたその後の出会いは、その男性の高条件が基準になってしまうので、その人より条件やらが上回っていないと結婚に気持ちが向かなくなってしまうという後遺症を負ってしまう方もいます。

 

 

くれぐれも、その男性の気持ちがご自分の手のうちにあるうちに、大事になさいますように。

 

 

急に結婚したくなる時、夢のようなプロポーズへ向けて

 

 

 

さて、いろいろ書いて来ましたが、やはり婚活で一番大事なことは、自分が本気になって結婚したいと心から思うことです。

婚活ってテンションが上がったり下がったり、それはもう目まぐるしく心が揺れ動くのですから。

 

 

 

結構長く独身でいた人は、束縛のないひとりでいる自由が好きだったりするので、それでなんとなく先延ばししていたらこんな年になっていました、という方が多いのです。

 

 

 

でも、ある日突然結婚したい!!
または、しなければまずい、、と思うのでしょう。

 

 


例えば、夕飯の買い物をする時、一人分の食材やお弁当しか買わない自分。
対して、周囲は家族連れや夫婦連れで、カートの中はたくさんの食材。

 

 

 

赤ちゃんの可愛い笑い顔も、それを愛おしそうに見つめるパパの笑顔も温かくて、ちょっぴり独り占めする奥様に嫉妬心を感じてしまうかも知れません。

 

 

 

ウィークエンドの映画やフレンチに女性同士、もしくはひとりで行く時。
やっぱりちょっとさまにならない。というより行かない選択を取りますよね?

 

 

 

または、打ち込んでいた仕事が急に上手く行かなくなったりして、何だか仕事や会社に裏切られたようで、一人心細く感じる時もあるかも知れません。

 

 


ひとりで行動することも大人の人間には心地よいし、必要なのだけれども、ふたりで味わって初めて格好のつく光景ってありますね。
見つめ合って取る食事はやっぱり美味しい。
恋人よりもっと確かな関係。揺るぎない関係。夫とか妻って、やっぱり特別なもの。

 

 


両方は手に入らないから、何かを得るには何かを諦めなければ。
独身の自由か、結婚のちょっと不自由な安心か。(となると、一番避けなければいけない結婚は、不自由なのに不安な関係(安心感を得られない関係)なのでしょう。

 

 

 

あなたに素敵なプロポーズの瞬間が訪れますように!!

 

 

 

 

 

 

中目黒サロン、是非お越しください。

 

 

 

 


テーマ:アメブロ記事まとめ

2013年にアメブロに書いた記事を少し手直しました。

きっとお悩みの方が多い内容だと思います。

 

 

交際継続に迷ったら

 

お見合い後に、数回お会いしている状態だと思ってください。
お相手の方は、かなり乗り気でテンションが上がっています。
条件もまぁ範囲内だし、お人柄も悪くない
何より、とても好意を持ってくださっていることが感じられて
それは嬉しいに違いない。

 

 

そこで、よくあるご相談なのですが、
「この人で本当に良いのかわからないんですよね」と。

 

 

迷う気持ちはわかります。
傍目から見ればとてもお似合いだし、何が不満なのか
わかりませんが、きっと何かが違うのでしょう。

 

判断する方法の一つは、その方との今後をイメージ出来るかどうかです。
その人とのご結婚式や、新居を一緒に探す様子や
新婚生活はどんなふうになるのかな~、とか
子供が生まれて家族でディズニーランドに行っている様子。
子供の顔やら男の子か女の子か。

 

イメージが出来なければ、ちょっと難しいのかも。
人間はイメージ出来ることしか実現出来ないのですから。

 

ただし男性に比べて女性のお相手を好きになる気持ちの曲線は緩やかに上昇します。
すぐにお相手の気持ちに添えなくとも、もうちょっとだけ様子を見ても良いですね。

優しい女性は、お相手の気持ちに添えないことで罪悪感を感じてしまい、すぐに別れの方向へ結論を出しがちです。

でも、慌てる必要はありません。

 

 

お相手に、もう少しゆっくり交際をして行きたいと思っていることをお伝えして見てください。

急いでいる男性は、もしかしたらお断りをして来るかもしれませんが多くの場合、歩調を合わせて下さるはずです。

真剣に向き合えば、例えお待ち頂いた末の決断がお別れであっても分かって下さるはずです。

あまりにもお相手のペースに合わせ過ぎると、あとでツケが回ってきます。

 

 

それから、ご自身のカウンセラーに相談することが何より大切です。

カウンセラーと話すことは、自分自身との対話です。

答えは自分の心の中にありますが、それを整理して客観的に眺めてみることが出来ます。

 

 

その上で、「申し分ない方だとは思いますが、どうしても結婚生活をイメージ出来ないのでお断りしたい」
そう言われてしまえば、それ以上はお勧めできません。

 

最後の最後は、自分自身の直感なのですね。
是非、迷ったらイメージしてみてください。
きっと、答えがみつかることでしょう。

 

 

 


テーマ:アメブロ記事まとめ

HELEN MERRILL を聴きながら

 

目指すは山の中腹にある、
まるでホーンテッドマンションのような洋館。
舗装された片側一車線のクネクネ道の急勾配をかなり登ってゆくと、
突然見えて来る、まわりの景色にそぐわないお城のような家。
ほとんどすれ違う車もないような道を、
大好きなヘレン・メリルを聴きながらハンドルを切って行く。

 

 

周りに家はなく、ぽつんと建つ洋館。
それだけでも特異なのに、扉を開けるとびっくりするくらい
怪しげな絵画がたくさん飾ってあり、本当にドキドキする。
そこに待っているのは、いつも煙草をくわえた一見怖そうな女性なのだ。

 

 

一時期、少し気が滅入るとそこに行って元気をもらっていた。
種明かしは、奥様が占い師で旦那様が絵画教室の先生。
飾ってある独特な絵は、旦那様の作品という訳。

 

 

なぜ、元気をもらえるかといえば一見怖そうな容姿と、
ズバズバ物を言う辛口なトークでありながら必ず温かい一言が
あるからだったと思う。
根底に、相手に対する愛があったと思う。

 

 

結婚相談所のカウンセラーに必要なものも似ている。
愛のある言葉で会員さんの気持ちを支えてあげること。
くじけそうな時、寄り添ってあげること。
気持ちが上手に伝わらないこともあるけれど、
常に根底に愛を持って接することが使命だと思う。
ふっとそんなことを思ったら、急に懐かしくなった。

 

その洋館に至るまでの寂しいけれど景色の良い山道を、
好きな音楽を聴きながら軽快に登って行く道のりと、
辿り着いた先にある洋館の怪しげな雰囲気がセットになって
非日常を感じていた。

 

 

抱えていた小さな憂鬱をすっきり落として帰って来られるような場所であり、人だった。

そして、私も会員様にとってそんな存在になりたい、ならなければと思う。

 

 

今は、足が遠のいてしまったけれどまた行ってみようかな。

 

 

 

 

 


テーマ:アメブロ記事まとめ

恋するさくら

 

 

 

北海道松前町、『夫婦の手紙実行委員会』が企画編集する
「恋するさくら 夫婦の手紙」を拝読しました。

 
本当に、夫婦って素敵なものだなと感じます。
この本は手紙のコンクール優秀者の作品を集めたものです。
読んで行くとどなたの書いた作品を読んでも涙が止まりません。
なので、絶対に電車や喫茶店では読まない方が身の為です。
ひとり静かにお部屋で読む冊子ですね。
人間はどんな方にも、それぞれに人が想像する以上の苦労があり、
最後はそれも幸せだったと言える、
素晴らしい精神性があるんだとつくづく感心します。
一編一編がどれも心に響きます。
今もし、婚活に疲れてひとりの人生でも良いかな~と
自棄っぱちになってしまっているなら、
是非読んでみてください!
また、人生のパートナーと心から出逢いたい
どんなことをしても見つけよう
と、きっと感じるはずです。

小冊子ですが、人生の方向を決めるくらい
素晴らしい内容だと思います。

 

 

松前町 夫婦の手紙実行委員会
〒049-1592
北海道松前郡松前町字福山248番地

松前町役場商工観光課内
0139-42-2275
http://www.e-matsumae.com

 

 

 


テーマ:アメブロ記事まとめ

~カウンセラーを信頼しよう~

 

 

真しやかにネット等で語られているものの中にかなり誇張や真実でないこと、はっきり申しまして嘘があります。
結婚相談所のカウンセラーは、少しでも長く会員さんに活動させ会費を稼ぎたいという理由で、お見合いのお返事を操作する、ということも真実でないことの1つです。(そんな人はいないと信じたいです。)

 

 

どうしてそういう誤解が生じるかといえば、お見合い中にやけに愛想が良くて、是非またお会いしたい等、リップサービスか社交辞令か知らないけれど、お相手を喜ばせておいて、その舌の根も乾かぬうちに、担当者を通してご縁がありませんでした、と断ってくる方々がその元凶でしょう。

 

 

お愛想も必要な時はありますが、こんな誤解を招く言動は困りものです。
結局、あれほど私を気に入ってくださったはずなのに、お断りしてくるのは絶対おかしい、きっとカウンセラーが操作しているに違いない、という事になってしまうのでしょう。

 

 

しかし、断じてお伝えしたいのですが私達カウンセラーで会員様のご成婚を願わない者はいないでしょう。
少なくとも、私が今まで接したカウンセラーの中にはそんな人はおりませんでした。
ご成婚を願う情熱の多い少ないはあるにしても、お返事を操作して会費を稼ぐ等、会員様や自分自身に顔向け出来ないことをすれば、仕事に対する情熱は冷め、きっと仕事が長く続くはずがありません。

 

 

私自身はそういったトラブルは過去ないのですが、お断りされるのはおかしい、ちょっと納得行きません、もう一度間違いではないか聞いてくださいということは1度ありました。それは女性の方でしたが、お返事を確かめてもやはりNOはNOで変わる事はありませんでした。

 

 

男性はやはり社会性があるのか、「あの時は気に入ってくれたようだったけれど、あれは話を合わせてくれたんですね~」とご自身を客観的に見られる方が多い印象です。

 

 

しかし、中には女性でもご自身を客観視出来る方もいて、起こった事実から学習される方が成長する方です。
気に入ってくださったように見えても、お断りされることもあるんだと、学習される方は賢いです。
今度は、きっと社交辞令に騙されず、良いお返事が来るかお断りされるかを見抜く力も付くでしょう。
何事も同じですが、お見合いも学習されれば、遠からず良いご縁が繋がるものです。

 

 

カウンセラーはみんな会員様のご結婚を実現したいと願っています。
出来れば早くご成婚をお決め頂き、幸せなご成婚退会をして頂くことが目標です。
そうすれば、自分の仕事に対する誇りも高まり、また相談所の評判も上がり、ご成婚された方のお友達等のご紹介も頂けます。

 

 

目先の会費など、それらに比べたらたいしたものではありません。
まずは、信じると決めたカウンセラーを、とことん信頼してください。
そこから、良い婚活はスタート致します。

 

 

 

 

 

合わせてこちらもお読みください。

結婚には決め手が必要か/婚活で勢いに乗りエリートに選ばれるコツ

婚活迷子の皆様へ 私が理想と現実のギャップをどう乗り越えたか

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ 青山

https://www.s-mariage.com/

 

 


テーマ:アメブロ記事まとめ

5年前のアメブロのリバイバルです。

5年前より確実に手洗い後のマナーが向上しているように感じます。

さて、本日はご成婚ランチで素敵なカップルとお会い致しました!

ご報告は改めて、ブログにて致しますね。

 

 

お見合いを成功法vol.3

 

 

私が考えるところのお見合い婚に成功する人と
しない人の違いを書いて見たいと思います。

 

 

 

とてもささいなことかもしれませんが、
とても大切な事だと思う事です。
あなたはトイレで手を洗うと思います。
外出した時に使う公衆トイレです。
ショピングセンターやレストランやデパートやらのトイレ。

 

 

 

手を洗ったあと、どうしますか?
まさかわんちゃんやねこちゃんが
シャワーを浴びたあとのように、
手を思いっきりブルブルして
水気を払っていませんよね?

 

 

 

とても多いんですね、若い方からそうでもない方まで。
隣で手を洗っていたら顔にまで
そのブルブルの水が掛かります。
それをなんとも思わないのでは、
きっと婚活も上手く行かないのでは?

 

 

 

品の良さは男性から見たら
とても大きなポイントだと思います。
あなたが、もしエリート男性との結婚を夢見ているのであれば尚更です。
自分のご両親に紹介する時、男性ははらはらドキドキの女性を会わせたいとは思いません。
きっと品があって躾をしっかり受けた思いやりがある女性ね、とご両親から言われたら彼も嬉しいのではないでしょうか。

 

 

 

大事な場面で隠しても癖は出るものです。
彼のご両親との最初のご挨拶の日に、お目に掛かる前にトイレに寄って隣にどなたかいるのを知っていながら(誰もいなくてもブルブルは変ですが。。)思いっきりブルブルして隣の方に水滴攻撃をして知らん顔で待ち合わせ場所へ行きました。

 

 

 

そこへ彼のお母様が登場したと思ったら、先程トイレで横にいらした方だったとなったら、どうしますか?
そういう些細な事は案外お人柄がでますから、彼のご両親は決してお二人の将来を手放しで祝福してはくださらないでしょう。

 

 

 

ささいなことだからこそ、大事な事があります。
隣の方に恨みがないなら、今日からチキンとハンカチを用意して手を洗う習慣をつけてみたらいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:アメブロ記事まとめ

本日も5年前にアメブロに書いた記事のリバイバルです。

そして、過去も今もやはり大切なことは同じです。

是非お読みください。

 

お見合い成功法vol.2

 

お見合いでうまく行く成功法は

ズバリ、一目惚れさせることが出来るかどうかです。

ご成婚カップルの多くは、男性の一目惚れからスタートしていますよ。

 

 

お見合いって、ある意味待ったのきかない一発勝負ですよね。

そのたった1時間程度、もっと言えば最初の「こんにちは」で一目惚れさせられなければ、前向きな意味での2回目はないと思った方が良いでしょう。

一目惚れさせるって難しけれど、お見合いではほぼそれなしではご結婚にいかないのではないかしら。

 

 

一度ではよく分からないのでもう一度会って見ます、という若干後ろ向きのyesでは、ご成婚は難しい。

それくらい、第一印象は大事な大事な物なのです。

「こんにちは」「初めまして」溢れる笑顔  🙂

ここに全精力を使いましょう

 

 

この第一段階をクリア出来れば、その後、あなたに好意を持って下さった方との会話は本当にスムーズに流れるように上手く行きます。

何を言っても、まさかの失言さえも、

勝手に可愛いなー、とか、良いように解釈してくださいます。

 

 

 

これって、案外人見知りするタイプの方は苦手かも知れません。

笑顔どころか、視線を絡ませることも難しく感じて、すぐに目を逸らしてしまったり。

 

 

 

でも、そんな事言っていられません。

早く素敵な方をゲットするには、大事な事です。

昔から女は愛嬌と言いますが、にこやかに対応されるとより美人に見えてしまうものですね。

 

 

 

ここが婚活と、自然に出会うことの大きな違いかと思うんです。

仕事の関係や、グループで会う友人関係などで、嫌が応にも必ず2度3度と会わなければならない場合、マイナススタートから始まって、徐々に良いところを見つけて行ける恋愛の形ですね。

 

 

 

最初の印象が最悪で、むしろどん底なら、そこから印象を上げるのは然程難しくないかも知れません。

人見知りする人でも、段々と慣れて自然に可愛らしい笑顔になれたりしますから。

 

 

 

それが婚活となると、第一印象がマイナスなら必ずお断りされてしまいますから、マイナススタートはないと思って下さい。

忙しいエリート男性はとても判断が早いです。次こそ頑張ろうと思っても、その次がないのではなんともなりません。

大事なのは、スタートダッシュですね!

 

 

次のお見合いでは、少しだけ長くお相手の目を見つめて、そしてとっておきの笑顔で、最初のこんにちはのたった5秒に全精力を使いましょう