ハイスペック女性婚活 |アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:ハイスペック女性婚活

お見合いとなると緊張して何からどう話して良いのか困ったことはないでしょうか?

 

 

相手と接点を見つけたいと思っているのに、気付いたら周りの雰囲気にのまれて会話が弾まなかったりなんてことも。

 

 

また、緊張からかつい聞かなくてもいい余計な質問まで口走ってしまったり。

 

 

お見合いが終わり、何であんなこと言ってしまったんだろうと後悔することもあるかと思います。

 

 

また、それとは逆になんでこの人こんなデリカシーのない質問をしてくるんだろうとカチンと来たことはないですか?

 

 

男性慣れ、女性慣れしてないのかなとも思ったり…。

 

 

スペックばかり気にしているなんて相手に思われたら、せっかくのお見合いも台無しとなってしまいます。

 

 

本日は男女共通する、NG会話や質問についてお伝えしたいと思います。

 

 

男女共に実際にあったクレームですので、読み応えはあるかと思います!

 

 

きっとこのblogを読んでくださっている皆さまは大丈夫かとは思いますが、ぜひこの機会に見直しと言う意味でお見合いのダメな会話例を確認して頂きたいと思います。

 

 

 

エリート商社マンと美人CAのお見合い

お見合いのホテルラウンジ

 

総合商社に務める竜治さん38歳、年収は1200万円のエリートサラリーマン。

 

 

大手日系客室乗務員のさくらさんは32歳年収700万円の癒し系美人。

 

 

プロフィール写真で一目惚れをした彼はすぐに申し込みのボタンをクリックしたそうです。

 

 

それから程なくして彼女のほうからも承諾の連絡があり、お見合い日程もトントンと決まっていきました。

 

 

お二人共、今度こそは結婚に繋げたいと思っているのでお見合いに対する気合いもかなりのものでした。

 

 

前日には彼はお見合いが楽しくなるようにしっかりイメトレを。

 

 

そして彼女はネイルサロンと美容室をハシゴし、身だしなみをこれまで以上に完璧に整えていました。

 

 

そして迎えたお見合い当日。

 

 

都内五つ星ホテルのラウンジでお待ち合わせをしたお二人。

 

 

その日はまだお見合い時間が早かったこともあり、待つことなくすぐに席に座ることが出来ました。

 

 

緊張しているせいか、何から話して良いのか…簡単な自己紹介をしたきり黙り込んでしまった男性。

 

 

瞬時に女性はその場で判断をし、まずは会話を盛り上げようと色んな質問をしてみました。

 

 

————————————–

 

「お仕事はどうですか?具体的にどんな内容のお仕事をされているんですか?」

 

 

「総合商社に務めてます。今年から資産管理部のアシスタントマネージャーに昇格しました。」

 

 

「すごいですね!じゃあ年収もきっとものすごく上がったんじゃないですか?♡」

 

 

「うーん、少しですがアップしました。でも上には上がいるので、もっと頑張らなくてはいけないなと思ってます。」

 

 

「へー、将来は海外に行く可能性もあるんですか?私、なぜか駐在って物凄く憧れるんです。知り合いも駐在員の方と結婚している人が多いからかなぁ。」

 

 

「可能性もなくはないですが、あと2~3年は日本に確実にいると思います。」

 

 

「えー、じゃあその後は海外駐在の可能性が高いんですね!私職業柄もあって英語得意なんです。

 

 

海外駐在って手当もつくので年収も一気に上がるらしいですよね。まさに仕事が出来るエリートって感じで本当に素敵ですよね。」

 

 

「海外駐在している同期もいますが、まあ、俺より大して仕事出来ない奴らばっかりで。

 

 

仕事出来ないくせに給料は良いって、とても許せないんですよね。

 

 

まあ俺も同年代の中では稼いでいる方なんですけどね。」

 

 

「え、へー…。そんなに駐在じゃないのにそんなに稼いでいるなんて凄いです。〇〇さんはモテると思うんですけど、なんで結婚相談所にいるんですか?すぐ結婚出来そうなのに…理想が高いとか?」

 

 

「いえいえ、それを言うなら〇〇さんですよ。お綺麗なのに…。バツイチとたしか相談所のプロフィールに書いてありましたが、離婚理由ってなんだったんですか?お子さんはいらっしゃらないんですよね?」

 

 

「………えっと、子どもはいませんけど。離婚理由は今はちょっと…。」

 

 

「すみません、でもそこを聞けないと不安ですし、安心して先に進めないですからね。」

 

 

「はあ…。あの、それはどういう意味ですか?」

 

 

「言いたくなければ良いです。」

 

 

急に不貞腐れてしまう男性。

 

 

「もう少しお互いの事を知ったら話しますね!えっと、〇〇さんは今まで何人くらいの人とお見合いしてきたんですか?今お付き合いしている人数は?」

 

 

「えっと、付き合ってるのは…2人ですけど…。」

 

————————————–

 

 

このようにお見合い時間終了までの90分間お互い自分の聞きたいことだけを話す形となってしまい、最悪のお見合いとなってしまいました。

 

 

何がいけなかったのか、おふたりからそれぞれクレームが入っているのでご紹介したいと思います。

 

 

男性の言い分

 

まず、驚いたのが写真と違い過ぎることでした。

 

 

びっくりしてなんて話したら良いか分からなくなってしまって。

 

 

確かにお綺麗なんですが、なんて言うか…実物はもう少しぽっちゃりしていたのでイメージが違うというか…。

 

 

写真はだいぶ修正入れたのかなという印象でした。

 

 

プロフィール写真をまんま想像してたので、予想外と言うか。

 

 

あとは、あからさまに年収のことを質問攻めしてきた時は少し呆れましたね。

 

 

年収しか見てないんだという感じですし、駐在に憧れてるのがバレバレですよ。

 

 

だから僕も嫌味の意味で離婚理由を聞きました。

 

 

そしたら向こうもお見合い人数や付き合っている人数を聞いてきたので反撃に出たと思いましたけどね。

 

 

まあどちらも同じくらい大人気ないとは思いますけど。

 

 

当然向こうからもクレームは来ると思いますよ。

 

 

でも僕も正直頭きましたからね。

 

 

今回のお見合いは本当に最悪でした。

 

 

女性の言い分

 

本当に有り得ないんですけど!

 

 

高年収だし、見た目も悪くないし年齢も近めなので気合い入れたら、今までで一番最悪でした!

 

 

こっちは前日にネイルや美容室に言って気合いまで入れたのに、自己紹介して黙り込むって何なんです?

 

 

女慣れしてないのかなと思いました。

 

 

それに、離婚理由とか子供の有無とかお見合いで聞きます?

 

 

子供がいないことはプロフィールに書いてありますし、デリカシー無さすぎですよね!

 

 

しかも年収の自慢や同僚の悪口を話すってなんなんですか?そこ必要ないですよね?

 

 

聞いてて唖然としました。

 

 

自慢話や悪口を初対面で話す神経も分からないですし、要はプライドが物凄く高いんでしょうね。

 

 

だから結婚できないんですよね!

 

 

言い返せば良かったと今なら思います。

 

 

本当に、もうこんな人は二度と会いたくないです。

 

 

お見合いの失敗例

 

お互いの言い分を聞いてみて皆さんはどう思われたでしょうか?

 

 

正直どちらもお見合いとしてはNG行為ですよね。

 

 

お見合いで年収の事を詳しく聞くのも離婚理由を聞くのもご法度。

 

 

仮交際してお互いの事をよく知った上でないと話せませんよね。

 

 

お見合いに前のめりになるが故に、相手の気持ちを考えられないのは致命的です。

 

 

いつだってその話題を出して相手がどう感じるのか、どんなことなら答えやすいのかを考えるのは大切なことです。

 

 

全てイメージするのは難しくても、それが失礼な内容かどうかは理解出来るはずです。

 

 

お見合いではたまに、ここまでは酷くなくてもこの二人のような人も居るので、そんな時は争わずお見合いが終わった後すぐにお知らせ下さい。

 

 

ただ、中には失礼に感じる発言でもよくよく考えれば自分にとって大切な事を話してくれる、勉強になることもあるので頭ごなしに否定するよりも一旦立ち止って相手が話してくれた意図も考えるようにすると、そこに婚活のヒントが隠されている場合もあります。

 

 

お見合いのNG会話や質問のまとめ

お見合いNG会話に怒る女性

 

色んな人、色んな出会いがありますから毎回忘れられない程素晴らしいお見合いになるのは難しいかもしれませんが、そんな人もいるんだなくらいの気持ちでその場は流した方が心のダメージも少なく済みます。

 

 

たまたまそういう方に当たってしまっただけです。

 

 

次こそもっとあなたに相応しいレベルの高い人と出会えるので、諦めずに乗り切っていきましょうね!

 

 

 

 

 

♡セレブ婚活に興味のある方は結婚相談所スターマリアージュ青山のサイトをクリック

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。


 


テーマ:ハイスペック女性婚活

こんにちは。

 

青山のセレブ婚活結婚相談所スターマリアージュ 青山です。

 

本命の彼女に対して、世の中の男性の大半は彼女に対して好きだから誠実でいようと思う心理が働きます。

 

それは結婚相談所でも同じです。

 

仮交際で何人の女の人と付き合おうが‥です。

 

最終的に真剣交際に進む〝本命彼女〟に対しては、別格の扱いや態度を彼氏と呼べる関係性なら皆様はされていらっしゃいます。

 

でも、女性からしたら別格の扱いと言っても、その違いがなかなかピンと来ないですよね。

 

比較対象が無いので、自分が別格なのかすら診断できずに分からない人が殆どだと思います。

 

最初からあなたに対して、連絡がマメな男性、優しい男性だと尚更見極めが難しいでしょう。

 

誰にでも優しいのではないか?

 

こう感じてしまうのも頷けます。

 

でもね、しっかりしっかり!相手と時間を掛けて向き合って見つめていくと不思議と愛のサインとなるポイントが分かるものなのです。

 

相手が自分に対して、本気かそうでないのかというのが。

 

今回はスターマリアージュ青山に入会されて1年半でご成婚が決まったまなみさん(仮名)の体験談をご紹介したいと思います。

 

 

まなみさんのスペック

結婚相談所で素敵な人と結婚した女医

 

168㎝のモデル体系の彼女の職業は内科医。

 

長い手足そして、切れ長の目が特徴な美人の彼女。

 

相談所にお越しいただいた時は36歳でした。

 

職業柄、きっと出会いには困らないであろう彼女。

 

また、年収は1000万とスペックはとても高いので求める男性も最低でもご自分と同じくらいのスペックを求めていました。

 

ここで注意が必要なのですが、美人で年収が高くハイスペックでも婚活市場でモテるとは限らないのです。

 

過去に高年収の女性の記事も書きましたので、こちらも参考までにご覧ください。

 

 

高年収エリート女性はモテたい気持ちを捨てて婚活すべきという理由と対策

 

 

まなみさんはご自分のスペックにあぐらをかくような女性ではなく、むしろこちらが驚くほど謙虚‥というか自信なさげな女性でした。

 

高学歴、高収入の女性が陥りがちな注意点もしっかり聞いてくださり、お見合いの申し込みも自ら積極的にして下さいました。

 

ただ、どんなに申し込んでもお見合いにまで進むのに一苦労することも‥。

 

1つは年齢が何かとネックとなってしまっていました。

 

36歳という年齢でも今の時代子どもを作ることは十分に可能ですが、それでも子どもが出来やすいかという確率論で考えると20代後半〜30代前半の女性にどうしてもお見合いが集中し易くはなります。

 

最初こそまなみさんも少し落ち込んでましたが、何とか気持ちを切り替えて婚活に励んでいました。

 

そうして間も無く、同じタイミングで2人の男性と出会ったのです。

 

【男性①のりさん】

 

職業 医師

年齢 38

年収 1500万

 

正統派の美男子

 

結婚相手として人気がある外科医。モテる上に話題も豊富で優しいが、仕事柄休みが殆どなく会えたとしてもオンコールで呼び出される可能性が多々あり。

 

【男性➁ゆうさん】

 

職業 外資系金融

年齢 40

年収 900万

 

中肉中背なゆうさん。

 

一緒にいるだけで、安心感のある男性。休日出勤はあるものの、比較的休みの融通が効きやすい。

 

まなみさんがゾッコンになったのは‥‥

 

同じ職業柄、休めない状況や悩みも理解できるのりさんにまなみさんは興味を抱き、そして夢中になりました。

 

医師同士の結婚が友達などまわりに多いため、その影響も大きかったのでしょう。

 

何より、のりさんは超がつくほどのマメな男性。

 

仕事で忙しいはずなのに、lineの連絡は毎日欠かさずしてくれていました。

 

付き合いが始まってからのお二人のデートは月に1度。多くても2度ほど。

 

日帰り旅行などの遠出は出来ないものの、誕生日やイベントでもないのに毎回ちょっとしたプレゼントをしてくれる他、都内星付きのレストランで食事をし優雅なひとときを過ごしていました。

 

サービス精神旺盛なのりさんにどんどん惹かれていくのが、私の目からみてもよく分かりました。

 

このまま関係も上手くいくと思いきやそんな事もなかったのです。

 

 

いつまで経っても決められない男

 

ここまで読んでいくと、のりさんの本命は当然まなみさんだと誰もが思うでしょう。

 

しかし、実は違ったのです。

 

いえ、正確に言うのであれば彼は調子が良いだけで2人の未来のことを真剣に考えていなかったのです。

 

まなみさんにいろいろ質問する割には、次に会った時には内容を全く覚えていなかったり、彼好みの女性像を押しつけてくることも。

 

スキンシップや嫉妬も激しく、ファッションのチェックも厳しかったようです。

 

また、モテる男性の余裕なのでしょうか。

 

「もっと他の女性を見たい!」

 

「もっと別に相応しい人がいるかもしれない」と内心思っていたようです。

 

だから、まなみさんが2人の今後の話をするものならば途端に逃げるように話を逸らすのです。

 

時には機嫌が悪くなったり、会話をしないなんてことも‥。

 

結婚相談所に入ってまでこんな遊び人みたいな男性がいるのかと、驚くかと思いますが稀にのりさんみたいな方もいらっしゃいます。

 

決められないのです。

 

自分の要望は通そうとするくせに、肝心な事は決められないし決めようとしない。

 

結論から言って、決められない人はいつまで経っても自分の意志で決められません。

 

周りから外堀を固められてようやく決めるか、本当に手遅れになった時に決めるかのどちらかです。

 

優柔不断な人はベストなタイミングを逃して傾向があるのです。

 

大事な話で逃げる人、はぐらかす人は交際相手に対して誠実ではありません。

 

本命の相手であれば尚更、そんな対応はしません。

 

まなみさんもそこではっきりと目が覚めたようでした。

 

 

まなみさんをずっと待っていたゆうさん

女医さんが選んだ彼氏

 

まなみさんはゆうさんとも同時交際していましたが、本命はのりさんだった為連絡もデートもゆうさんは後回しに。

 

それでも、ゆうさんはめげずにまなみさんにマメに連絡を入れていました。

 

会えば楽しいし、気も合うけどトキメキに欠けるゆうさん。

 

女性が喜ぶ気の利いたお世辞の一言もなかなか言えない、要は女性慣れしていない男性。

 

ゆうさんとの交際終了をいつ伝えようか、悩んでいるところにのりさんの一件でまなみさんは気が付いたのです。

 

どんな時もマメに連絡をくれて、素直で親身に自分の話を聞いてくれたゆうさん。

 

急な仕事でデートのリスケをお願いしても嫌な顔せず、いつも応援してくれたゆうさん。

 

将来の具体的な理想の家族像を語ってくれたゆうさん。

 

ありのままを受け入れてくれるゆうさん。

 

そして、いつも大好きだとストレートに愛の言葉を伝えてくれるゆうさん。

 

気の利いた事を言えないはずなのに‥

 

他の男性(のりさん)に夢中になっていたのに‥

 

彼は一体どんな気持ちで愛情表現をしていたのでしょうか。

 

ゆうさんの真っ直ぐな気持ちにやっと気付いたまなみさんは、煮え切らないのりさんに別れを告げゆうさん一人に交際を絞りました。

 

それからとんとん拍子で真剣交際に進み、わずか1ヶ月で成婚して退会をされました。

 

今では可愛い赤ちゃんを産んで幸せいっぱいのお二人です。

 

 

まなみさんの言葉〜今だからこそ言えること

幸せなまなみさん

 

当時は年収などの相手のスペック、そして容姿が全てだと思っていました。

 

恋愛に関しては私はわがままです。

 

そしてちょっと欲張り。

 

それが裏目に出てしまったのだと思います。

 

自分が医師ということもあり、確かに食べていくお金には困りはしません。

 

男性にも私以上稼いで貰いたいというのも本音でした。

 

でも、あれもこれもと欲張っていたら私いつまで経っても結婚できないなと気付いたのです。

 

そこで自分を見つめ直した時に、

 

私が一番求めているものは

 

〝私を大切に想ってくれる人〟でした。

 

何故か自分の事を好いてくれる人を気持ち悪い!って思う癖が昔からあって‥。

 

大切にしてもらいたいのに、矛盾してますよね笑

 

絶対幸せになれない、調子のいい男性に振り回されてばかりでした。

 

結局はずっと自分に自信がなかったのだと思います。

 

そんな自分を変えたかった。

 

相談所に入会して、のりさんみたいな調子の良い男性にまた引っ掛かってしまいましたが‥笑

 

でも、相手の本質を見るようにしてみたのです。

 

口先でどんなに嬉しい事を言ってくれても、それに惑わされず行動を見ようと。

 

夫(ゆうさん)はまさに行動で示してくれました。

 

ストレートな愛情表現も最初は驚きましたが、こんなに愛されて結婚出来るなんて本当に幸せな事だと今ではわかります。

 

本命相手には別格な対応をする。という意味がやっと理解できました。

 

どんな時も寄り添い、励まし合い、思いやりの心そして常に誠実でいようとしてくれるんですよね。

 

何より行動が全てを物語ってくれています。

 

時には結婚できるのか不安で眠れない夜もありましたが‥

 

今本当に幸せです。

 

 

本命彼女に対する行動のまとめ

本命彼女になって幸せな結婚式

 

まなみさんのお話を元に本命彼女に対しての行動をお伝えしました。

 

本命かどうか確かめるための手段として、まずは相手の行動をしっかり見る事をお勧めします。

 

殆どの男性は好きな人、大切な人の話ならきちんと覚えているはずですし、蔑ろな対応は絶対にしません。

 

全力で大切にしてくれます。

 

口先三寸の男性に騙されないように、相手の本質を見るようにしましょうね。

 

 

こちらも合わせてお読みください。

    ↓

婚活中はモチベーションの保ち方が何より優先事項です

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

 

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。