11月, 2019 |アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:婚活アドバイス

「婚活弁当」聞いたことはあるでしょうか?

 

 

婚活をしている女性が婚活デートに手作りお弁当を持っていくのです。

 

 

デートにお弁当?!

わざわざ何故?

 

 

と殆どの方が驚かれると思います。

 

 

もちろん、夜に待ち合わせをしてレストランのデートをされるのであればお弁当を作って持っていくことは難しいですが、昼間のデートであれば実現可能です。

 

 

ピクニックデートでお弁当を作って持っていくと、あなたに対しての見方が変わり、評価がグンと上がるでしょう。

 

 

なぜここにこだわるのかというと、デートにお弁当を作って持って行った方々のご成婚が続々と続いているのです。

 

 

たかがお弁当、

されどお弁当です。

 

 

家に呼ぶことを避けなければいけない婚活での仮交際中は、手料理を振る舞うことはできませんから「お弁当」なんです。

 

 

食は生きていく上で、生活から切り離すことが出来ません。

 

 

出会ってから数ヶ月という短期間で成婚を決めるためにも、美味しい料理が作れることをアピールしないといけないのです。

 

 

美味しいお弁当(料理)と言ってもプロ級の腕を求めているのではありません。

 

 

男性はいわゆるお袋の味と言われるような、おにぎりや煮込み料理、卵焼き、炒め物、ハンバーグなど、、

 

 

女性からすると一見、作りがいのないようなものが大好きなのです。

 

 

これらが出来るだけで、大体の男性からは料理が出来る女性という花丸のハンコを貰えます。

 

 

また、デートにお弁当を持っていく女性もまだまだ少ないため、好印象を残すチャンスでもあります。

 

 

女性がデートで男性に奢ってもらいたいように、男性も自分のために料理をしてもらえるととても嬉しいのです。

 

 

もちろん、初デートでお弁当はハードルが高過ぎるため、何度目かのデートで作っていくことをお勧めします。

 

 

今回ご紹介する加奈さんはどのような経緯とタイミングで婚活弁当を持っていったのでしょうか。

 

 

加奈さんのスペック

婚活しているコンサル業で頑張る女性

 

加奈子さんはコンサルタントとして、この若さですでに独立してバリバリ稼ぐ女性。

 

 

今年で33歳、目鼻立ちがはっきりした色白の美人さんです。

 

 

性格ははっきりしてはいても穏やかなタイプで、彼女がいるだけでぱっとまわりが明るくなるような女性です。

 

 

しかし彼女は実家暮らしのため、家事は皆無。

 

 

洗濯も掃除もお母様にやってもらい、料理も数える程しか作ったことがないため苦手意識が強かったそうです。

 

 

家事をするよりキャリア優先という、今時のエリート女性です。

 

 

料理が苦手、作れないし、今後もあまり作りたくないという気持ちを、包み隠さずお付き合いしている男性に話していたため、数ヶ月もすると必ず交際終了の連絡が‥。

 

 

料理が苦手という理由で男の人に振られたのかは分かりません。

 

 

性格の不一致ということもあります。

 

 

ですが、もし料理が作れないから振られたと仮定するならば‥‥

 

 

男性は、苦手なことを無理強いさせてまで加奈さんと結婚をするよりは、料理がある程度作れる人を見つけようと思ったのかもしれません。

 

 

付き合いが浅ければ、結婚相手をこう思うのも無理はありません。

 

 

だってそれほど食は大切だから。

 

 

料理が出来ないと思われることは婚活では相当なマイナスポイントなのです。

 

 

 

加奈さんを変えた一言

加奈さんが作った婚活弁当

12/15に婚活勝負弁当作りイベントを行います!ビジター参加(スターマリアージュ青山のイベントに初参加の方のみ)OKです。詳細はホームページのLINE@からお問い合わせください。

 

加奈さんがちょうどこの頃出会った人は、年齢38歳のあきらさん。

 

 

職業は内科医で年収は1200万。

 

 

婚活で人気の男性というだけあって、かなりハンサムです。

 

 

プロフィールを見た瞬間に加奈さんは一目惚れ。

 

 

お見合いもうまく成功し、とんとん拍子でお付き合いが成立しました。

 

 

ちょうどその時に、「デートにお弁当を作って持って行き成婚に繋がった方が多くいるので、お弁当持っていくといいですよ」とカウンセリングで聞いてから火がついた加奈さん。

 

 

あきらさんには内緒でこっそりと料理教室に通い出したのです。

 

 

家でもお母様に教えてもらい、めきめき腕を上げていきました。

 

 

事前にあきらさんの好きな物を聞いておき、張り切ってお弁当を作られたそうです。

 

 

 

加奈さんからのメッセージ

婚活弁当で成婚が決まった女性

 

 

はじめはお弁当で成婚が出来るなんて嘘だと思っていました!

 

 

ましてや私の苦手分野!

 

 

時間もないし、出来たら作りたくないというのが正直な気持ちだったんです。

 

 

ですが、実際に成婚された方の婚活弁当のお話や松岡さんのアドバイスを聞いて、とりあえずお弁当を作ってみようかなと思ったんです。

 

 

いつか料理をやらなきゃいけないならここが頑張るところかなと思って。

 

 

それにあきらさんが激務で食に関心がないというか、不摂生な生活をしているのも心配になり、バランスの良いご飯を食べさせたい!と思ったのもきっかけでした。

 

 

料理教室も合う合わないがありますが、体験で色んなところに行けたのもとても良かったです。

 

 

今は和食、フレンチ、イタリアン、パン教室を掛け持ちしています笑

 

 

あんなに嫌だ嫌だと思ったのに、彼のためだと思ったらすっかりハマってしまいました。

 

 

実際、3回目のデートでピクニックに誘いお弁当を出した時、彼はやらせか、と思うくらい「美味しい!」と、感激してくれて‥‥。

 

 

「今まで何人も付き合ってきたけど、お弁当作ってきてくれる女性は初めてだよ!」

 

 

と大喜びしてあっという間に完食してくれました。

 

 

不味いと思われたらどうしようとか、料理できないのバレちゃうかもとお弁当を出すまでずっと不安でしたが、そんな不安も杞憂に終わりました。

 

 

何よりお弁当でこんなに喜んでくれるなんて、嬉しいですし作り甲斐がありますよね。

 

 

喜ぶ顔が見たくて、もっと上手になるように日々料理の勉強をしています。

 

 

昔の私じゃありえないです笑

 

 

あのカウンセリングの時に

 

 

〝お弁当が婚活を制す〟

 

 

と言ってくださったお陰です。

 

 

聞いた時は目から鱗でしたが、事実だと今なら心底思います。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

お弁当を彼のために作った加奈さんのまとめ

お弁当を彼のために作った女性の結婚

 

まさに加奈さんはお弁当がきっかけで二人の距離がグッと縮まり、無事成婚に辿り着けた事例です。

 

 

自分のために一生懸命作ってくれたお弁当(料理)は本当に美味しく感じられ、嬉しいものです。

 

 

もし苦手意識があるなら、最初は辛いですがそれでも毎日頑張って続けることです。

 

 

作り続けることで確実に上手になります。

 

 

女性が思っている以上に男性にとって食は大切なのです。

 

 

ぜひこの機会に皆さんも婚活弁当を作ってみましょう。

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山の公式HPはこちらをクリック

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。


 


テーマ:婚活アドバイス

青山のセレブ婚活スターマリアージュ青山です。

 

スピード婚なんて自分には全く関係のない話と思っていないでしょうか?

 

確かに結婚相談所に入ったところで、誰もが皆〝スピード婚〟が経験できるわけではありません。

 

結婚相談所に入会してすぐにスピード婚で成婚退会出来る人は本当に一握りです。

 

その方の運とタイミングが良かったとしか言いようがありません。

 

入会時から起算して成婚が早いという意味のスピード婚ではなく、

 

お付き合いをした相手ととんとん拍子で成婚まで進むことをスピード婚というのであれば、

 

結婚相談所でのスピード婚の確率はとても高いでしょう。

 

結婚相談所を用いらないで、お付き合いした男女よりはよっぽど結婚は早い傾向にあります。

 

どちらを選ぶのかはあなた次第ですが、結婚を意識し出してから動くのであれば、

 

やはりなるべく早めに結婚を決めたいと思うのが一般的なみ皆さんの心理なのではないでしょうか。

 

特に女性は出産を考えているのであれば、だらだらと時間だけがただ過ぎていくような付き合いは得策ではありません。

 

本日ご紹介するひかるさんもスピード婚を経験したおひとりです。

 

「まさか自分が!」と、とても驚かれていましたが、スピード婚を成功させたノウハウを教えて頂きました。

 

本日はこちらをみなさんにシェアしたいと思います。

 

 

 

ひかるさん(仮名)のスペック

スピード婚した謙虚なひかるさん

 

職業:大手保険会社勤務

年齢:33

年収500万

 

身長160cm、健康的な体型のひかるさんは黒髪ヘアが似合うとても可愛らしい女性です。

 

色白で目がくりくりしていて、笑うととびっきり美しい歯に誰もが憧れを抱きます。

 

小さい頃からずっと剣道をしているそうで、常に礼儀正しくしっかり者で心優しい真面目な女性です。

 

国立大学出身の彼女はまさに良家の子女という言葉が似合います。

 

 

ひかるさんの婚活

婚活がうまくいかず落ち込んでいた頃

 

彼女は長い間婚活に苦戦していました。

 

優しいので相手の気持ちを先回りして考えすぎていたのかもしれません。

 

それが仇となって空回りする事がよくありました。

 

お相手の男性からは

 

〝優しいんだけど、ガードが固すぎる〟
〝真面目すぎて面白味に欠ける〟
〝しっかりし過ぎて恐縮してしまう〟

 

などと言われてしまっていました。

 

確かにガードが固すぎると、相手のテンションが下がってしまうことはよく聞く話です。

 

隙がありすぎるのも問題ですが、恋愛には多少の隙を作ることも必要です。

 

男性に思わず「守ってあげたい!支えてあげたい!」と思わせることが時には必要なのです。

 

強さだけを見せるのではなく、自分の持っている弱さを少し見せるだけで、もしかすると違った未来があったかもしれません。

 

お互い好きで付き合っているはずなのに、上手に甘えられなかったひかるさん。

 

男性に警戒心が強すぎて先に進めそうにない関係(交際)だと思われてしまい、いつも早い段階で交際終了の連絡が入ってしまいました。

 

交際してもなかなか続かないことに、ひかるさん自身もかなり参っていました。

 

彼女もしまいにはテンションが下がってしまうことに。

 

何度かカウンセリングを行い、少しずつで良いので甘える練習をするところから始めました。

 

そうすると、今まで長続きしなかった交際が1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と続くようになっていったのです。

 

同時交際が3人いる中で、新たに出会った圭さん(36歳、外資系投資銀行勤務年収1000万)とスピード婚を果たしたのです。

 

 

ひかるさんからのメッセージ

青山の結婚相談所でスピード婚したひかるさんの手紙

 

私は真面目だけが取り柄で、容姿も恐らく可もなく不可もなく至って普通‥だと思っています。

 

謙虚とかではなく本当にそうなんです。

 

まわりに美人がいる環境なので、食事会なんかでは自分が引き立て役になることも多々ありましたし笑

 

まわりはすんなりと結婚を決めていく中で、私は努力しないと結婚できないんだろうな、と思い自分を奮い立たせて結婚相談所に入会しました。

 

相談所に入ればなんとかなると思っていましたが、それは甘い考えでした。

 

とにかく良いな、素敵だな、と思う人にはライバルが多いこと多いこと。

 

その中で選ばれなくてはいけないのですから、こんな普通の私がどうやったら選ばれるのかと頭を使いました。

 

お付き合いした相手としっかり向き合いたいから真面目に接していたものの、真面目すぎてちょっと‥‥と振られた時は衝撃的でした。

 

真正面から相手にいきすぎたんでしょうね。

 

カウンセリングの時に、「少し甘えてみては?」というアドバイスをしてもらった時は眼から鱗でした。

 

そもそも甘え方がよく分からなかったし、あざとく甘えている自分が気持ち悪く感じたのですが、

 

教えてもらった〝甘え〟は私の想像していたのと違うことにも驚きました。

 

出来ないことは出来ないと伝える。

 

決して強がらない。

 

自然体でいること。

 

これだけで良いの?と最初は思いましたが、実際にやってみると私自身男性との付き合いが楽になったなと感じました。

 

知らないうちに、今まで気負いすぎていたんでしょうね、きっと。

 

強がってたのが相手に伝わっていたんだなと思います。

 

何人かとお付き合いしていく中で、圭さんに出会った時に

 

〝あ!この人に会うために甘える練習をしたのかな〟と感じました^_^

 

そう思うくらいに全てがとんとん拍子だったので。

 

スピード婚は離婚率が高いとか続かないとか言う人いますが、そんなのは結局は本人達次第。

 

付き合っていく中で見極めましたし、お互いの価値観の相違をしっかりとすり合わせました。

 

付き合いは短いですが、込み入った会話を始め、とにかくとことん話し合いました。

 

結婚後も恐らく価値観の相違は出てくると思います。

 

でも、ベースとしてここまできちんと話し合えたのですから心配はしてません。

 

長く付き合ったって価値観の相違くらいいくらでもあるでしょうし。

 

大切なのは話し合うこと。

 

そしてお互いが思い合って譲り合うことだと思います。

 

私にはスピード婚が合っていました。

 

婚活時は辛い時もたくさんありましたが、今こんなに幸せならやっぱりあの時頑張って良かったなと心から思います。

 

本当にありがとうございました。

 

 

結婚相談所でスピード婚したひかるさん まとめ

青山の結婚相談所でスピード婚したひかるさんの花嫁姿

 

ひかるさんは圭さんと付き合ってからわずか1ヶ月半でご成婚されました。

 

数ヶ月前まで婚活が上手くいかず泣いていたのが嘘のようです。

 

また、今回のようにちょっとしたことを実践したことによって大きく未来が変わることもあります。

 

ついつい無理して何でも頑張りすぎてしまう方は、ちょっと相手に甘えたり隙を作ってみるのも良いかもしれません。

 

好きな人から頼られて嫌がる男性はいませんから。

 

ぜひ実践してみて下さいね。

 

 

 

青山のセレブ婚活結婚相談所スターマリアージュ青山公式ホームページはこちらをクリック

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。


 


テーマ:婚活アドバイス

こんにちは。

 

青山のセレブ婚活結婚相談所スターマリアージュ青山です。

 

婚活含め、恋愛は駆け引きの連続なのかもしれない。

 

こう思ったことはないでしょうか?

 

確かに必要な駆け引きは時としてあるのかもしれません。

 

ですが、それは本当に最後の手段として使う方法です。

 

どっちに転んでも、ある意味納得できる心構えが出来ている時にするのであれば確認する手段として利用するのは良いと思います。

 

でも、この駆け引きという、要は相手の出方や反応ばかりを見ているような恋愛は果たしてうまく行くのでしょうか?

 

〝相手から連絡来るまで連絡しないでおこう〟

〝未読のままでいたら、私のことを心配してくれるかな〟

〝他の異性の存在をチラつかせてみようかな〟

 

はっきり言って、限度を超えた極端な駆け引きは時間の無駄です。

 

連絡をしたいのなら彼・彼女の連絡を待つことなく、自分からすれば良いですし、会いたいならストレートに伝えるべきです。

 

言葉にして伝えずに、必要以上に様子を見たり、まわりくどいことをするから上手くいかなくなるだけ。

 

相手を自分の思い通りに動かそうとするから、意味もなく空回りするのです。

 

ただそれだけの事。

 

男女関係なくストレートに表現してくれた方がよっぽど簡単で分かりやすいですし、親近感が湧きます。

 

それでも相手が応えてくれないような人だったら早く見切りをつければいいだけです。

 

婚活ってあなたが思っているよりも遥かに時間は限られているのです。

 

もちろん、焦っていい事は何一つありませんが、悠長にしている暇もありません。

 

後は、駆け引きの延長で相手の出方を見ているということは、相手からも同じようにされている可能性が大いにあるということをどうか忘れないで下さい。

 

相手から同じような態度を取られたらどう思うでしょうか?

 

はっきりしない人だな
めんどくさい人だな

 

こう思いませんか?

 

会いたいなら言えば良いのに‥とか。

 

特に女性は追いかけるよりも追いかけられたいと思う人の方が多いので、自分は相手の出方を見る割に、相手が同じことをすると途端に嫌悪感を増してしまいます。

 

そう、男性よりは女性の方が厳しいのです。

 

今日ご紹介するいちえさん(仮名)も例外ではありません。

 

彼女の婚活で起きた悲劇をご紹介したいと思います。

 

 

いちえさんのスペック

相手の出方ばかり気にするいちえさん

 

157㎝、童顔で可愛らしい彼女の年齢はつい先日31歳になったばかり。

 

黒髪のサラサラなセミロングヘアがよく似合っているいちえさん。

 

服装もフェミニンなものを好んでお召しになるため実年齢よりもだいぶ若く見えます。

 

典型的な可愛い女子!思わず守ってあげたくなるというイメージのいちえさん。

 

職業は医療事務。

 

転職したばかりだそうで、毎日覚えることが山積みのようです。

 

それでもうまく時間をやりくりし、婚活も積極的に活動なさっていました。

 

実は彼女は超がつくほどの受け身体質だったのです。

 

活動はするものの、いわゆる一人じゃ何も決められない‥。

 

優しい心の持ち主ですが、その反面なぜかいつもどこか不安そうな‥‥。

 

実はその理由は彼女の幼少期のトラウマからくるものでした。

 

6歳の時に彼女のお母様は離婚をされています。

 

何でもお父様が借金と浮気を繰り返していたそうで‥。

 

いちえさんには優しいお父様だった故、その事実がなかなか受け入れられなかったそうです。

 

幼いながらもその経験がしっかり心に残っている為、もしかすると自分も母親と同じ男性を選んでしまうのではないかと思ってしまうと話してくださいました。

 

優しいだけの男性じゃダメなのかもしれない。

 

しかし、自分だけだと男性を見る目に自信がないので結婚相談所で協力の手を貸してもらいたいと言ってきてくださったのがきっかけで、スターマリアージュ青山に入会されました。

 

 

自分から申し込みが出来ない?!

 

好きな男性のタイプはあるものの、何故か自分からは申し込みをしたがらない彼女。

 

理由を聞くと、ただ断られるのが怖いからだそう。

 

でも、自分に申し込んでくれる人の中にはピンとくる人はなかなかいない

 

完全な負のスパイラルにハマっていました。

 

そもそも断られるのが怖いから申し込みをしたくないなんて言ってる場合ではありません。

 

チャンスを自分で潰しているようなものです。

 

カウンセリングを何度か重ね、時間を掛けながらも少しずつですが自らの意思で申し込みが出来るまでに成長しました。

 

そうすると、すぐにお見合いが決まりとんとん拍子で気になっていた男性との交際が成立!

 

順調にデートも重ねていきました。

 

毎週会えることが嬉しいと話してくれたいちえさんはとても幸せそうでした。

 

 

順調だったのも束の間‥‥

 

お付き合いから2ヶ月ほどが経った頃、お相手の相談所から突如交際終了の申し出が‥‥。

 

順調と聞いていただけに驚きを隠せませんでした。

 

お相手の相談所の担当者様曰く、

 

デートの日程も連絡を入れるのもすべて任せっきり。

 

それだけでなく、男性の心を試すようなことを何度もいちえさんがしてしまった為将来のイメージが出来なくなってしまったとのことでした。

 

すぐに謝罪をし、事実確認のためいちえさんとカウンセリングをすることに。

 

いちえさんは事実を認め、涙ながらにお話して下さいました。

 

大切にされている、好かれている自信がどうしてもない為駆け引きがやめられないと。

 

追いかけてきてもらいたいから、わざと突き放してみたり、連絡を返さなかったりしていたようでした。

 

いちえさんはまだお相手の男性に気持ちはありましたが、男性から既に交際終了の連絡があった為、残念ながらお別れとなってしまいました。

 

 

いちえさんからのメッセージ

いちえさんからのメッセージ

 

あれから反省はしたものの、やはり男性の出方を見る事はやめられません。

 

その後にお付き合いした男の人も何人かいましたが、皆さん結局最後は同じ理由で振られてしまいました。

 

男性の心を試すような事は昔と比べて今はしなくはなりましたが、それでも未だに自信はありません。

 

大切にされていると思う時もあれば、ちょっとした言動ですごい不安になってしまったり。

 

自分の心の弱さ故にこうなってしまっているというのはよく分かるのですが‥‥。

 

でも、入会当初に比べてだいぶ進歩したとは思っています。

 

あともう少しなんですけどね‥‥

 

なかなか難しいです。

 

 

いちえさんの場合 まとめ

シンプルに気持ちを伝える

 

いちえさんは、意図的に駆け引きをしているわけではないものの、相手の心を試すようなことをするのは相手から良い印象は持ってもらえません。

 

また相手の出方の常に見て行動することも問題です。

 

心の問題もあるのは理解していますが、いつまでもそれに関連付けて理由にするのではなく、自らの意思で乗り越えることです。

 

会いたいなら会いたい。

 

連絡を取りたいなら連絡をする。

 

難しく考えるから行動できなくなるものです。

 

いつだってシンプルに考えていきましょう。

 

 

 

 

青山のセレブ婚活結婚相談所スターマリアージュ青山

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。


 


テーマ:婚活アドバイス

こんにちは。

 

青山のセレブ婚活結婚相談所スターマリアージュ青山です。

 

申し込みの際、初婚か再婚まで広げてお見合いを希望するかどうかで、男女ともに婚活は大きく変わってきます。

 

もし、ご自分の年齢が30歳半ばを超えているのであれば一度条件を考え直す良い時期なのではないでしょうか?

 

ここでは真実をお伝えしなければならないので、正直にお話しますが‥‥

 

個人差はありますが、33歳を過ぎたあたりから

 

〝初婚男性のエリート〟に出会える確率は20代に比べると下がっていきます。

 

35歳を越えると、出会える可能性は更に下がります。

 

ましてや同年代のエリート初婚男性を狙ったとしても、彼らはあなたより若い20代〜32歳くらいまでの女性を選ぶ傾向が物凄く高いのです。

 

もちろん、あなたが初婚であればお相手にも初婚を求める理由も理解できます。

 

しかし、自分の年齢を考えた時、子供を産めるかと年齢を考えた時、いつまでも〝初婚〟に価値を求めるのはどうなのかなと思うのです。

 

そこに固執するあまり、結婚適齢期を逃して欲しくないのです。

 

初婚男性だけが良い男性ではないのです。

 

離婚歴があろうとなかろうと、素敵な男性はごまんといます。

 

特に子どもを産みたいと考えているのであれば尚更です。

 

40歳近くで、念願の理想の未婚エリート男性と結婚出来たとして、子作りした途端すぐにコウノトリが赤ちゃんを運んで来てくれるとは限りません。

 

費用と時間も必要とする不妊治療をしなくてはいけない可能性も0ではありません。

 

それでも初婚のエリート男性だけを求めますか?

 

若さで勝負出来ないのであれば、若いだけという女性に勝てる何かスペックを持ち合わせていないと、あなたが思っているよりも遥かに難しいのです。

 

あなたがエリート男性と同等の高年収であったり、誰もが振り返るような美女であるとか、誰にも負けない特技があるなど‥‥。

 

残念ながらこのような武器がない限りは、同年代の未婚エリート男性との結婚は思っているよりも難しいでしょう。

 

今回ご紹介する友美子さんも未婚エリート男性との結婚を希望していた女性です。

 

彼女がどのような方法で婚活をしてきたか、また結果はどのようになったのかをお伝えしたいと思います。

 

 

友美子さんのスペック

初婚の男性にこだわっていた女性

 

友美子さんは入会当初は36歳でした。

 

職業は大学病院勤務の看護師。

 

年収は600万ほど。

 

身長は162㎝。

 

顔は小さく目がくりくりしていて、横顔の綺麗な大人っぽい女性です。

 

少し前まで8年間同棲して付き合った彼氏とお別れをして、スターマリアージュ青山に入会されました。

 

8年付き合って同棲までしながらも、一度も結婚の「け」の字も出なかったそうです。

 

婚期を逃す前に!と思い立ち、別れた後にすぐに結婚相談所巡りをして当社に決めてくださいました。

 

 

初婚のエリートと何としても結婚したい

初婚のエリート男性

 

友美子さんは都内私立の最高峰と言われる大学の医学部看護学科を卒業されています。

 

学歴のスペックはかなり高い友美子さん。

 

当然自分より最低でも同等、もしくはそれ以上の学歴を求めるのも無理はありません。

 

年収もお相手には年収1000万円は最低でも稼いでいて欲しいと。

 

そして、お相手に求める年齢は同年代もしくは年下希望。

 

友美子さんの容姿やスペックを考えるのであれば、この希望を求めるのも無理はありません。

 

しかしながら、現実は本当に難しいのです。

 

どんなにご自身がその条件を求めたところで、恋愛にしろ婚活にしろ必ず叶うとは言えないのです。

 

全ての条件を叶えるのはどんな人だってきっと難しいでしょう。

 

彼女はまだその事実を理解していなかったのです。

 

〝何としても未婚がいい。
仕事ができるエリートじゃなきゃ。

 

と口癖のように常に言っていました。

 

 

現実は‥‥

 

友美子さんは美しい容姿のため、お申し込みはたくさん来ました。

 

しかし、どんなにモテても本人が心から求めている人じゃないと意味がありません。

 

残念ながら友美子さんのお眼鏡にかなう未婚男性は申し込んでくれた方の中には一人もいませんでした。

 

友美子さん自身、積極的に意中の男性に申し込みをするものの殆どは年齢で弾かれてしまったり。

 

お見合いにたどり着けたとしても、何故か先方からお断りされる事も多かったのです。

 

もちろん、性格の相性もあるでしょう。

 

お見合いをすると言うことは、男性は最低でもプロフィールの容姿と年齢の時点ではOKを出しているのですから。

 

容姿が良かったとしても、性格が合わないなと、どちらかが感じてしまえば結局それまでなのです。

 

とても優しくしっかり者の友美子さんですが、少し頑固な一面もありました。

 

それを最初のお見合いの段階からお相手に見せてしまっていたのです。

 

話が被った時に譲らなかったり、自分の価値観と違ったことを相手が言おうものなら理詰めで問い詰めたり。

 

頑固というより、柔軟性がない、融通がきかないという方が合っているかもしれません。

 

最初からそんな姿を見せてしまっていては、当然お付き合いはお断りでしょう。

 

人の性格は簡単に変えられません。

 

しかし、意識して気を付ける事はきっと出来るはずです。

 

幾度となくアドバイスをしてきましたが、あまり効果はありませんでした。

 

むしろ、年齢を重ねる毎に相手に求める条件が上がっていったのです。

 

 

結局は自分で気付くしかない

 

そこから2年近く経ち、現在38歳となった友美子さん。

 

少し前までは相変わらず未婚男性に絞っていましたが、ある日を境に離婚歴のある男性にも目を向けるようになりました。

 

それは何故か。

 

彼女の一番の親友が離婚歴のある男性と結婚をして赤ちゃんにも恵まれ、幸せな家庭を築いているのを側で見ていたからです。

 

彼女の中の離婚履歴のある男性の悪いイメージが払拭された瞬間でもありました。

 

彼女は離婚歴のある男性は離婚を繰り返すと捉えていたようです。

 

この思い込みこそが、彼女の婚活の範囲を狭めていたのです。

 

私たちも何度か、「再婚希望の男性を見てみては?」と伝えてきましたが、結局は本人がその気にならない限りどうにも出来ません。

 

少し時間は掛かりましたが、彼女は相手に希望する条件を見つめ直し、初婚そして再婚男性の両方を見るようになりました。

 

 

友美子さんからのメッセージ

仮交際中の二人

 

今となっては何故あんなに初婚に固執していたのか分かりません。

 

一度でも他人と生活をした人が嫌だったというのもありますし、失礼ですが離婚=傷モノというように見ていました。

 

それに私がその気になれば、結婚なんてすぐ出来ると高を括ってたのもダメだったんだなと今なら分かります。

 

自分はいつまでも若いつもりでいましたが、自分の思っている「年齢が若い」という認識は必ずしも他人も同じように思うわけじゃないですものね。

 

それに驚いたのは最近は20代の若い女性でも初婚だけに絞るのではなく、再婚も可にしている子が多いのなんのって。

 

学歴も問わないと聞いてひっくり返りそうでした。

 

最初は「本当にそれで良いの?後で後悔するんじゃ‥‥」と不安に思っていましたが、次々とその若い子たちが幸せそうに成婚退会していく話を聞くと、私は本当にこれで良いのだろうかと何度も自分に問いかけました。

 

それでもやはりどの条件も大切で何一つ譲れなかったのです。

 

でも、何が一番大切かって考えると、愛し愛される幸せな結婚をする事なんですよね。

 

親友の結婚そして出産を見て、それをヒシヒシと肌で感じました。

 

条件と結婚するわけじゃないんだなと。

 

そこで離婚歴のある男性も少し見てみようと思ったのです。

 

実際申し込みしてくれる人の中には、自分には勿体ない人も沢山いました。

 

そこで初めて、今までの活動、勿体ないことしてたのかなと‥‥。

 

離婚歴のある男性もしっかり見ていたら、もっと早く結婚出来てたんじゃないのかなとか。

 

頑固な性格は損しますね!笑

 

でも、それがあったからこそ、自分が注意すべき点も理解出来ました。

 

遠回りはしましたけど、なるべくしてこうなったのかなと。

 

自分が招いた結果なんですけどね!

 

あ、今は色んな男性とお見合い出来る様になり、お付き合いまで進んだ方も何人か出来ました。

 

もうあと一踏ん張り頑張ります。

 

 

初婚の男性にこだりすぎた友美子さんのまとめ

再婚の男性も視野に入れた婚活

 

一時期はどうなるとヒヤヒヤした友美子さんも、条件だけに縛られなくなったことで前よりもイキイキして見えます。

 

条件も大切ですが、そこに固執するのはあなたの活動を結果的に狭めてしまうでしょう。

 

何より、離婚歴ありなし関係なく徳が高い人はいますし、思いやりある人はたくさんいらっしゃいます。

 

未婚だから良い人、とは一概には言えないのです。

 

あのまま変わらず初婚男性しか目を向けていなかったら今頃友美子さんはどうなっていたのでしょうか。

 

もしかすると、今でも誰とも付き合うことなく婚活に悩んでいたかもしれません。

 

ですが、条件を改めた友美子さんも今はしっかり結婚に向かって歩き出しています。

 

現在の彼女の本命はバツイチ子なし、45歳の年収900万円の不動産会社勤務のイケメン男性です。

 

無事成就するように、見守りたいと思います。

 

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

読者登録 / 読者解除

スターマリアージュ青山ブログでは、記事の投稿をメールでお知らせしております。
当ブログの読者登録と解除はこちらから行えます。
メールアドレスをご入力いただき、お選びください。