婚活ブログ

セレブ婚活ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お見合いのコツ
  4. 【婚活】こんな素敵な30代女性でも現実は厳しいものです
初婚の男性にこだわっていた女性

【婚活】こんな素敵な30代女性でも現実は厳しいものです

こんにちは。

青山のセレブ婚活結婚相談所スターマリアージュ青山です。

申し込みの際、初婚か再婚まで広げてお見合いを希望するかどうかで、男女ともに婚活での出会いは大きく変わってきます。

もし、ご自分の年齢が30歳半ばを超えているのであれば一度条件を考え直す良い時期なのではないでしょうか?

ここでは真実をお伝えしなければならないので、正直にお話しますが‥‥

個人差はありますが、33歳を過ぎたあたりから

〝初婚男性のエリート〟に出会える確率は20代から32歳までと比較すると下がっていきます。

36歳を越えると、出会える可能性は更に下がります。

数多いご成婚の中には例外はありますが、日本では同年代の人気のあるエリート初婚男性と結婚したいと絞っても、彼らは自分より若い20代〜32歳くらいまでの女性を選ぶ傾向が調査データとしても物凄く高いのです。

もちろん、あなたが初婚であればお相手にも初婚を求める理由も理解できます。

しかし、自分の年齢を考えた時、子供を産めるかと年齢を考えた時、いつまでも〝初婚〟を第一に考え価値を求めるのはどうなのかなと思うのです。

そこに固執するあまり、結婚適齢期を逃して欲しくないのです。

初婚男性だけが良い男性ではないのです。

離婚歴があろうとなかろうと、素敵な男性はいつの時代でもごまんといます。

特に子どもを産みたいと考えているのであれば尚更です。

40歳近くで、念願の理想の未婚エリート男性と結婚出来たとして、子作りした途端すぐにコウノトリが赤ちゃんを運んで来てくれるとは限りません。

費用と時間も必要とする不妊治療をしなくてはいけない可能性も0ではありません。

それでも初婚のエリート男性だけを求めますか?

若さで勝負出来ないのであれば、若いという女性に勝てる別の何か選ばれる大きな理由やスペックを持ち合わせていないと、あなたが思っているよりも遥かに難しいのです。

あなたがエリート男性と同等の高年収であったり、誰もが振り返るような美女であるとか、誰にも負けない特技があるなど‥‥。

残念ながらこのような武器がない限りは、同年代の未婚エリート男性との結婚は思っているよりも難しいでしょう。

今回ご紹介する会員の友美子さんも未婚エリート男性との結婚を希望していた女性です。

彼女がどのような方法で婚活をしてきたか、また結果はどのようになったのかをお伝えしたいと思います。

30代女性の婚活スタート

友美子さんは入会当初は36歳でした。

職業は大学病院勤務の看護師。年収は600万ほど。身長は162㎝。

顔は小さく目がくりくりしていて、横顔の綺麗な大人っぽい女性です。

少し前まで8年間同棲して付き合った彼氏とお別れをして、スターマリアージュ青山に入会されました。

8年付き合って同棲までしながらも、一度も結婚の「け」の字も出なかったそうです。

婚期を逃す前に!と思い立ち、別れた後にすぐに行動を起こし、結婚相談所巡りをして当社に決めてくださいました。

婚活の現実は甘くない

友美子さんは都内私立の最高峰と言われる大学の医学部看護学科を卒業されています。

学歴のスペックはかなり高い友美子さん。

当然自分より最低でも同等、もしくはそれ以上の学歴を求めるのも無理はありません。

お相手となる男の人には年収1000万円は最低でも稼いでいて欲しいと。

そして、お相手に求める年齢は同年代もしくは年下希望。

友美子さんの容姿やスペックを考えるのであれば、この希望を望むのも無理はありません。

しかしながら、現実は本当に難しいのです。

どんなにご自身がその条件を求めたところで、恋愛にしろ婚活にしろ必ず叶うとは言えないのです。

全ての条件を叶えるのはどんな人だってきっと難しいでしょう。

彼女はまだその事実を理解していなかったのです。

〝何としても未婚がいい。
仕事ができるエリート夫じゃなきゃ。

と口癖のように常に言っていました。

現実は‥‥

友美子さんは美しい容姿のため、お申し込みは多く来ました。

しかし、どんなにモテても本人が心から求めている人じゃないと意味がありません。

残念ながら友美子さんのお眼鏡にかなう未婚男性は申し込んでくれた方の中には一人もいませんでした。

友美子さん自身、積極的に意中の男性に申し込みをするものの殆どは年齢で弾かれてしまったり。

お見合いにたどり着けたとしても、何故か先方からお断りされる事も多かったのです。

もちろん、相性が合わないことが大きなお断りのポイントでしょう。

お見合いを承諾すると言うことは、男性は最低でもプロフィールの容姿と年齢においてはOKを出しているのですから。

容姿が良かったとしても、性格が合わないなと、男性か女性のどちらかが感じてしまえば結局それまでなのです。

とても優しくしっかり者の友美子さんですが、少し頑固な一面もありました。

それを最初のお見合いの段階からお相手に見せてしまっていたのです。

話が被った時に譲らなかったり、自分の価値観と違ったことを相手が言おうものなら少し理詰めで話してみたり。

頑固というより、柔軟性がない、融通がきかないという方が合っているかもしれません。

最初からそんな姿を見せてしまっていては、当然お付き合いはお断りでしょう。

人の性格は簡単に変えられません。

しかし、意識して気を付ける事はきっと出来るはずです。

幾度となくアドバイスをしてきましたが、あまり効果はありませんでした。

むしろ、年齢を重ねる毎に相手に求める条件が上がっていったのです。

結局は自分で気付くしかない

そこから2年近く経ち、現在38歳となった友美子さん。

少し前までは相変わらず未婚男性に絞っていましたが、ある日を境に離婚歴のある男性にも目を向けるようになりました。

それは何故か。

彼女の一番の親友が離婚歴のある男性と結婚をして赤ちゃんにも恵まれ、幸せな家庭を築いているのを側で見ていたからです。

彼女の中の離婚履歴のある男性の悪いイメージが払拭された瞬間でもありました。

彼女は離婚歴のある男性は離婚を繰り返すと捉えていたようです。

この思い込みこそが、彼女の婚活の範囲を狭めていたのです。

私たちも何度か、「再婚希望の男性を見てみては?」とおすすめしたこともありましたが、結局は本人がその気にならない限りどうにも出来ません。

少し時間は掛かりましたが、彼女は相手に希望する条件を見つめ直し、初婚そして再婚男性の両方を見るようになりました。

婚活成功した30代女性のメッセージ

今となっては何故あんなに初婚に固執していたのか分かりません。

一度でも他人と生活をした人が嫌だったというのもありますし、失礼ですが離婚=傷モノというように見ていました。

それに私がその気になれば、結婚なんてすぐ出来ると高を括ってたのもダメだったんだなと今なら分かります。

自分はいつまでも若いつもりでいましたが、自分の思っている「歳が若い」という認識は必ずしも他人も同じように思うわけじゃないですものね。

それに驚いたのは最近は20代の若い女性でも初婚だけに絞るのではなく、再婚も可にしている子が多いのなんのって。

結婚相手の学歴も問わないと聞いてひっくり返りそうでした。

最初は「本当にそれで良いの?後で後悔するんじゃ‥‥」と不安に思っていましたが、次々とその若い子たちが幸せそうに成婚退会していく話を聞くと、私は本当にこれで良いのだろうかと何度も自分に問いかけました。

それでもやはりどの条件も大切で何一つ譲れなかったのです。

でも、何が一番大切かって考えると、愛し愛される幸せな結婚をする事なんですよね。

親友の結婚そして出産を見て、それをヒシヒシと肌で感じました。

条件と結婚するわけじゃないんだなと。

そこで離婚歴のある男性も少し見てみようと思ったのです。

実際申し込みしてくれる人の中には、自分には勿体ない人も沢山いました。

そこで初めて、今までの活動、勿体ないことしてたのかなと‥‥。

離婚歴のある男性もしっかり見ていたら、もっと早く結婚出来てたんじゃないのかなとか。

頑固な性格は損しますね!笑

でも、それがあったからこそ、自分が注意すべき点も理解出来ました。

遠回りはしましたけど、なるべくしてこうなったのかなと。

自分が招いた結果なんですけどね!

あ、今は色んな男性とお見合い出来る様になり、お付き合いまで進んだ方も何人か出来ました。

もうあと一踏ん張り頑張ります。

まとめ

一時期はどうなるとヒヤヒヤした友美子さんも、条件だけに縛られなくなったことで前よりもイキイキして見えます。

条件も大切ですが、そこに固執するのはあなたの活動を結果的に狭めてしまうでしょう。

何より、離婚歴ありなし関係なく徳が高い人はいますし、思いやりある人はたくさんいらっしゃいます。

未婚だから良い人、とは一概には言えないのです。

あのまま変わらず初婚男性しか目を向けていなかったら今頃友美子さんはどうなっていたのでしょうか。

もしかすると、今でも誰とも付き合うことなく婚活に悩んでいたかもしれません。

ですが、条件を改めた友美子さんも今はしっかり結婚に向かって歩き出しています。

現在の彼女の本命はバツイチ子なし、45歳の年収900万円の不動産会社勤務のイケメン男性です。

無事成就するように、見守りたいと思います。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

検索

アーカイブ