婚活ブログ

セレブ婚活ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お見合いのコツ
  4. お見合いを成功に導く基本マナーと3つのNGポイント
運命の赤い糸

お見合いを成功に導く基本マナーと3つのNGポイント

婚活をはじめる方の中には、結婚相談所を利用する方もいるでしょう。

結婚相談所はパートナー探しを手厚くサポートしてくれますが、婚活をする当人も結婚できるチャンスを逃さないように努めなければなりません。一般的に結婚相談所で理想の相手を見つけたい場合は、お見合いを行います。その際、大切なのは相手を不快にさせないことです。
そのため、マナーを心得えて真摯に向き合うことが重要です。今回は、お見合いをする際に気をつけたい服装や会話のマナーについてご紹介します。

お見合いの服装マナーについて

皆さんはお見合いをする時に、相手のどの部分に注目するでしょうか?しばらく会話をしてみたり、数回のデートを重ねたりしないと、なかなか人となりが分からないこともあり、最初に人間性を見るという方は少ないはずです。

ほとんどの方は相手の身なりを見て判断するでしょう。つまり、お見合いでは第一印象の良さが大切だということです。では、男女ごとに、お見合いをするときの服装のマナーについてチェックしてみましょう。

男性の場合

男性の場合は、スーツまたはジャケットの着用がベターです。とはいえ、一口にスーツと言っても、お見合い向きでないものもあります。

ミスマッチなスタイルの例として、サイズが合っていないスーツや厚めの肩パットが入っているスーツなどが挙げられるでしょう。また、袖が余っているシャツ、ダボっとしたシルエットのパンツなども不向きです。こうした身なりでは、やぼったさや老けた印象、だらしなく清潔感の無い印象を与えてしまいます。

もし、サイズが合わず、例に挙げたような仕立てのスーツしか持っていないのであれば、この機会に新調することをおすすめします。

お見合いの際の男性の服装について、より詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

女性の場合

女性の場合は、スカートやワンピースを着用するケースが多いようです。スカートの丈は長すぎず短すぎない、膝頭が少しのぞく程度の長さがベターでしょう。また、華やかさは大事ですが、人によっては派手すぎるとマイナスなイメージを与えてしまう可能性があります。逆に、暗い色を選ぶと地味な印象があり、お見合いの席にふさわしくありません。

そのため、おすすめは淡い色合いの服装や花柄を取り入れた清潔感のあるスタイルです。花柄と言っても、リゾート柄のような大判の花柄ではなく、小さく主張しすぎない花柄が無難でしょう。

お見合いの際の女性の服装について、より詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

お見合いでの会話マナーについて

初めのお見合いは、1時間程度の顔合わせが一般的です。決められた時間の中で相手を知りたい気持ちは誰しも持っているでしょう。しかし、初対面から過去の婚活歴や交際人数といったデリケートな質問は控えましょう。

相手への質問は、趣味や休日の過ごし方、結婚に対する考え方など、お互いの共通点を探す内容がおすすめです。
お見合いの際の話題について、より詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

お見合いで絶対にしてはいけないNGマナー

お見合いを成功させるために、身だしなみを整えたり、会話マナーを守ったりすることも大切ですが、それ以外にもしてはいけないことがいくつかあります。

ここからは、お見合いで絶対的にしてはならないNGマナーの具体例を3つご紹介します。相手を思いやる気持ちを忘れないよう気をつけましょう。

待ち合わせに遅刻してくる

お見合いをするにあたって遅刻は厳禁です。友人との待ち合わせの際に、よく遅刻しまう方もいるでしょう。しかし、お見合いでの遅刻は禁物です。

待ち合わせの時間に遅刻すると、だらしない人という印象を持たれるだけではなく、相手を軽んじているように思われてしまいます。一度その印象を持たれると、挽回しようと励んだとしても悪い印象を払拭することは困難でしょう。そのため、お見合いをする際には、10分前には待ち合わせ場所に着くよう、余裕をもって行動しましょう。

下ネタ

お見合いの場において、男女ともに下ネタの発言は控えましょう。お見合いは結婚相手を真剣に探す場であり、遊び相手を探す場ではありません。また、下ネタを言うことで、「下品な人」という印象を持たれてしまう可能性もあります。

会話が弾まないからといって軽い気持ちで下ネタを言ってしまうと、極端に下ネタを嫌うタイプであれば、修復不能な関係に陥る恐れもあります。

自分だけ一方的に話し続ける

お見合いの場で一方的に話し続けることも控えましょう。お見合いは、相手に自分のことを知ってもらう場であると同時に、相手を知る場でもあります。

例えば、自分の誇りや仕事のスキル、過去の栄光など、一方的に自慢話をしたとして相手はどう感じるでしょうか。初めは魅力的なイメージをもつかもしれませんが、次第にしらけてしまい「会話のキャッチボールができない」「私には興味がなさそう」といった印象をもたれるでしょう。

また、面接のように相手を質問攻めにすることも好ましくありません。「趣味は何?」「特技はある?」「出身地はどこ?」など、矢継ぎ早に質問をすると、相手は不快に感じます。質問をするのであれば、自分の話を織り交ぜつつ、質問の内容についてお互いに会話を膨らませましょう。

お見合いのマナーは相手に良い印象を与えるために必要なこと

せっかく結婚相談所に登録したのなら、理想の相手と縁を結びたいですよね。あなたと結ばれる運命の相手は必ずいるはずです。しかし、運命の相手と出会っても、マナーが守れずにせっかく訪れたチャンスを逃してしまうと、悔しい思いをすることになります。

お見合いをする際は、お見合いの場に相応しい服装・相手を知るための質問・時間厳守・会話のキャッチボールなどを意識して、相手に良い印象を与えることを心がけましょう。マナーを守り、相手に良い印象を与えることができれば、お見合い成功に一歩近づくことができるでしょう。

関連記事

プロフィール

プロフィール

当社HPにお越しくださり有難うございます。婚活カウンセラーの松岡利恵子と申します。
高学歴高年収カップルのご成婚において当社は数多くの実績を誇っております。
オンラインカウンセリングにも対応しております。

検索

アーカイブ