婚活ブログ

セレブ婚活ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お見合いのコツ
  4. 私がお見合いで話題に困らないよう実践した4つの事
お見合い場所のレストラン

私がお見合いで話題に困らないよう実践した4つの事

お見合いが初めての方は、「何を話せば良いのか」「うまく会話が弾むのか」と不安を覚える方もいるでしょう。ただでさえ緊張する中で、頭が真っ白になり何も話せなかったという状況は避けたいですよね。

お見合いでは、限られた時間の中で会話を楽しみ、相手に好印象を与え、相手との共通点を探さなければなりません。事前の準備ができていなければ、無言の時間が多くなってしまったり、相手が不快に思う質問をしてしまったりして、「気が合わなかった」と思われてしまう可能性もあるでしょう。

しかし、工夫をすることで相手に好印象を与えることも可能です。今回は、お見合いでの会話のコツから避けたい話題について徹底解説します!

リラックスして素の自分で会話しよう

男性にありがちなコミュニケーションとして、無理をしてしまうケースがあります。相手によく見られようと妙に堅苦しい会話をして取り繕ったり、相手を楽しませようと無理に明るく振る舞ったりすることも珍しくありません。

確かに、頼りがいのある男性は女性に好印象を与えられるかもしれません。しかし、本来の自分とは異なる性格を演じて交際に至ったとしても、長続きはしないでしょう。後々、相手がイメージにギャップを感じて、トラブルのもとになってしまう可能性もあります。

そのため、無理に自分をよく見せようとはせずに、リラックスして等身大の自分を見せるように心がけましょう。素の自分を受け入れてくれる相手こそが、本当に相性の良い相手だと言えます。

事前にお互いの共通点や質問事項を用意しておく

お見合いの場は相手がどのような人なのか知ると同時に、自分を知ってもらう場でもあります。そのため、失礼のない範囲で、初対面の方にする質問を事前に考えておきましょう。また、事前にプロフィール情報から共通点を見出しておくのもいいかもしれません。では、お見合いの場で質問をして、快く答えてもらいやすい質問を二つご紹介します。

仕事に関する話題

まずは仕事に関する質問です。仕事のことは、結婚後の生活に関わることなので、恐れずに質問してみましょう。例えば、男性に仕事の質問をすれば、仕事に対する熱意や取り組みなどが分かりますし、女性に質問をすれば、仕事を続けたい気持ちがあるのか、専業主婦が希望なのかなど、結婚後の生活についてお互いの価値観を確認しあえるでしょう。

休日の過ごし方

次に、休日の過ごし方に関する質問です。休日の過ごし方を質問することによって、相手の性格や価値観、生活感を知ることができます。また、内容によっては、趣味についての話題に広げることができるでしょう。さらに、休日の過ごし方や趣味を知ることができれば、「今度、一緒に〇〇しませんか」とお誘いするきっかけにもなります。

お見合いを成功させる会話のコツ

お見合い当日は、お相手との会話を楽しみ「もう一度会いたい」と思ってもらうことが大切です。自分は話下手だという方もいるかもしれませんが、ちょっとしたコツを押さえることで印象は変わります。ここでは、会話のスピードや質問の仕方を解説します。

会話のスピード・喜怒哀楽を合わせる

会話をする中で、相手の心を徐々に開き信頼関係を築くことができれば、スムーズに会話を進めることができるでしょう。

信頼関係を築く方法として、ラポールテクニックというものが挙げられます。ラポールとは、相手を受け入れている状態のことを指します。ラポールテクニックには、「ペーシング」という技術があり、会話の抑揚やスピード、喜怒哀楽など相手の話し方やリズムに合わせるテクニックです。

これを取り入れて会話をすることで、相手に安心感を与えて、警戒心を解くことができます。

相手の話を広げるような質問をする

会話の中では、さまざまな質問を織り交ぜて話を盛り上げてみましょう。

質問内容として、YES・NOの二択で答えられるものは避けた方が無難です。例えば、「イタリアンは好きですか?」などという質問をすると、会話が続かない可能性があります。そのため、「どんな料理が好きですか?」というような答えに複数の選択肢がある質問をしましょう。

そして、共感して話を広げることを意識しましょう。例えば、「和食が好きです」と答えてくれた場合、「私も最近、健康を意識して和食を取り入れています。おすすめのお店があれば教えていただきたいです」といったように、会話を広げて、その中でさらにお互いの共通点を探ってみましょう。

お見合いで話題にすべきでないテーマ

初対面の方とのお見合いでは、避けた方が良い話題があります。あまり、踏み込んだ質問をすると相手を不愉快にさせる可能性があるからです。ここからは、お見合いの場で話題にするべきではないテーマを二つご紹介します。

結婚相談所での活動状況

お見合い相手は、自分と同じく結婚相談所を利用しているため、つい婚活状況を聞いてしまいたくなります。しかし、相手の婚活状況については、絶対に聞いてはいけません。

具体的には、いつから婚活をしているのか、何人とお見合いしたのかといったトピックが挙げられます。こうした質問は、回答によって「なかなか相手が見つからない人」という烙印を押してしまうことになります。仮に婚活状況が良好だったとしても、聞かれた相手も良い気分はしないでしょう。

過去の恋愛・離婚歴

過去の恋愛や離婚歴など、現在のお見合いとは無関係な質問をしてはいけません。人によっては、過去の恋愛にトラウマを抱えて思い出したくない方もいます。また、自身の交際歴や人数をアピールする方もいます。しかし、たとえ、アピールできる恋愛エピソードがあったとしても、お見合いの場でテーマにすることは控えましょう。

笑顔で相手に共感して会話のキャッチボールをしましょう

初めてのお見合いは、みんな不慣れな中で行います。お見合いを成功させるには、相手を不快にさせることなく好印象を与えることが大切です。そのため、事前にしっかりと準備をしてマナーを心得ることとで、互いの話に花を咲かせることができます。

まずはリラックスをして笑顔でコミュニケーションをとることを心がけましょう。そして、あくまで相手の話を聞くスタンスを忘れずに会話を進めれば、互いに打ち解け合うことができるでしょう。

関連記事

プロフィール

プロフィール

当社HPにお越しくださり有難うございます。婚活カウンセラーの松岡利恵子と申します。
高学歴高年収カップルのご成婚において当社は数多くの実績を誇っております。
オンラインカウンセリングにも対応しております。

検索

アーカイブ