アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:アドバイス

 

高年収エリート女性がモテない理由

仕事をする高年収エリート女性

 

高収入、高学歴、エリート……

 

今や男性だけでなく女性もこの三拍子そろった素敵な条件をお持ちの方は世の中にたくさんいらっしゃいます。

 

それに加えて美人、可愛いなどの要素も加わればモテてモテて仕方ないと思うのではないのでしょうか?

 

恋愛と結婚は別物と言いますが、実は女性だけではなく男性にとってもそうなんです。

 

ですから、高年収女性が婚活をされているのであれば少しばかり辛い思いをされてしまうこともあるのです。

 

結婚相談所でも例外ではありません。

 

というのも、お金を稼ぐいわゆるバリキャリといわれる女性は男性から敬遠されてしまうことが多々あるのです。

 

せっかく苦労して手に入れた今のキャリアや実績があるのに、婚活に限ってこんなことがあるって納得いきませんよね。

 

勉強や仕事を必死で頑張ってきたのですから、恋愛だって妥協したくないはずです。

 

ましてや一生を左右する結婚であれば尚更です。

 

ですが、男性はとてもプライドが高い生き物なのです。

 

それは女性が思っている以上に…です。

 

いいなと思っている女性が自分より稼いでいたら、結婚相手としてどうしても見れなくなってしまうのです。

 

口ではどんなに、バリバリ稼いでいて収入がある女性が良いと言ってもです。

 

どんなに稼いでいても、自分よりは稼いでいて欲しくない。

 

これは紛れもない、しかし決して男性の口からは語られない事実です。

 

しかし、女性だってそもそも結婚相手には自分よりも稼いでいて欲しいと思っていますよね。

 

ですから、自分より稼ぐ男性を結婚相手に求めることは正しいと言えます。

 

しかし、そもそも高年収の男女自体が世の中に少ない訳ですから、少ない中で更に対象者を最初から絞っているようなもの。

 

そういうことで、高収入の女性は稼いでいれば稼いでいるほどどうしても出会いが少なくなってしまうのです。

 

 

高年収女性がパートナーを見つけるコツ

モテることに焦点を置かない

自立した婚活女性

 

高収入の女性、バリキャリの女性がモテづらい。

 

もしくは、お見合いの申し込みが少なくなりがちなのは上記で説明しました。

 

ではどうしたら、実りある素敵な出会いを見つけられるのでしょうか。

 

ひとつの方法は、モテること(申し込みが来ること)を期待しないことです。

 

受身の体制だといつまでも納得いく男性とは出会えないでしょう。

 

モテることに焦点を置くのではなく、自ら積極的に申し込みにいくことです。

 

男性からしたら高収入の女性は高嶺の花です。

 

自分のことを客観視できている男性は軽々しくお見合いの申し込みすらボタンを押せないのです。

 

婚活でモテることはとても重要です。

 

ですが、高収入の女性に限ってはモテるという受け身でいることよりもモテにいくという積極性を大事にしてみて下さい。

 

きっと今より出会う確率はぐんと上がるはずです。

 

 

自分と同レベルもしくはそれ以上の男性を求めるのなら

高年収同士のカップル

 

女性であれば、誰しも男性に守ってもらいたい、リードしてもらいたいとほとんどの方が思うでしょう。

 

そうなると、年収だって男性の方が稼いでいて欲しいと思うのは何ら不思議ではありません。

 

当然といえば当然のお話です。

 

高収入の女性が自分と同レベル、もしくはその上の男性を求めるのであれば覚悟しなくてはならない事があります。

 

それは長期戦ということです。

 

どんなに美人でもです。

 

仮にご自分の年齢が35歳を越えているのであれば尚更時間が掛かることを覚悟してください。

 

高収入の男性は世の中に数パーセントしかいらっしゃいません。

 

弊社の会員様はその上位数パーセントの男性と成婚されていますが、必ずしも全員の方が皆、短期戦で成婚を決めたわけではありません。

 

高収入の男性はいくつになっても選びたい放題です。

 

そう、どの年代からも驚くほどモテるのです。

 

そんなモテる高収入の男性が選ぶ女性は、まだあどけなさの残る20代の女性が圧倒的に多いのです。

 

これは紛れもない事実です。

 

もちろん、中には年齢が近い女性が良い、もしくは年上の女性が良いとおっしゃる男性もいらっしゃいます。

 

でも、それは本当にごく少数なのです。

 

そういう男性と巡り会うことが出来れば一番良いのですが、こればかりはそれを引き寄せるご自身の運の強さも必要となります。

 

どちらにせよ、短期で決まるとは決して考えずに長期戦になることだけは頭に入れて置いて欲しいと思います。

 

 

まずはもう一度条件の見直しをする

申し込みをする女性

 

多かれ少なかれ、誰しも結婚相手に条件があります。

 

私が実際に見て感じたことを書いていきますね。

 

35歳を過ぎている女性に多い、相手に求める条件例

 

・初婚
・大卒or大学院卒
・40歳くらいまで
・年収800万-1000万以上

 

この条件(もしくは近い内容)を設定されている方が非常に多いのです。

 

先程もお話した通り、この条件の男性の殆どは20代女性に申し込みをするでしょう。

 

かたや、最近の20代女性の男性に求める条件例は…

 

・初婚or再婚
・素敵な人なら45歳くらいまでOK
・大卒以上、条件により高卒OK
・年収600万以上

 

比較するとわかりやすいかもしれませんが、20代女性の方が結婚相手に対する条件の幅が広いのです。

 

もちろん全員が皆この条件ではありません。

 

ですが、実際に普段から見ていて柔軟に対応していっているのは20代女性の方が圧倒的に多いのです。

 

これではどんなに婚活を頑張っても結果が出にくいんです。

 

なぜなら、20代の婚活に対する熱意、勢いが半端ないのですから。

 

一番譲れない条件は外すべきではありません。

 

ただ、それ以外の条件はもう少し緩めた方が絶対に良いのです。

 

若くて何千万と稼ぐ男性がそう多くいるはずはありません。

 

ましてや一度も結婚した事がないとなると、さらに紹介できる人数は限られます。

 

出来る男性は結婚に失敗した過去があったりもします。

 

だからこそ、それをバネに何千万と稼ぐ男性に変身したのかもしれません。

 

一度上手くいかなかったからこそ、相手を思いやる心を学んだかもしれません。

 

離婚した理由はきちんと本人に聞かないと分かりません。

 

もしかしたら、あなたがその離婚理由を聞いて、問題なく受け入れられることだってあります。

 

離婚履歴があるというだけで、憶測で相手を遮断するのは非常に勿体ない気がします。

 

まずはご自分の条件の見直し、何が譲れないのか、一番に求めるものなのかを明確してみてくださいね。

 

 

高学歴、高収入女性に多い落とし穴

ハートで考える

 

高学歴、高収入の女性が一度はハマってしまう落とし穴があります。

 

優秀過ぎるが故の問題なのかもしれません。

 

それは頭で悩みながら婚活をしてしまうことです。

 

条件ばかりにとらわれて、一番大切な心で判断出来ていないのです。

 

頑張って勉強して、一流大学に入学。

 

そして、倍率の高い就活を勝ち取り一流企業に就職。

 

年収だって、エリート男性に負けないくらい稼いでいる。

 

社会にだって貢献している。

 

そうしたら、結婚だって自分の思い描く素敵な男性と結ばれて歩んでいきたいはずです。

 

その為に、決して安くない費用を払って結婚相談所に入ったのだから、その気持ちは半端じゃないはずです。

 

誰よりも強い気持ちで婚活をされているはずです。

 

一流人気企業ランキング上位のエリート会社員や士業などの、誰もが羨む素敵なエリート男性と結婚したいと思うのも十分理解できます。

 

しかし、頭でそう考えれば考えるほど、婚活は上手くいかないのが現実です。

 

ここがエリート女性が陥りがちな落とし穴なのです。

 

年収だって大切です。

 

イケメンに越したことはありません。

 

学歴だって自分と同等ももしくはそれ以上が良いと思うでしょう。

 

それは誰だって同じです。

 

でも、一番大切なのは、

 

「この人となら苦労を共にできるか」

 

ということなのです。

 

心から好きという気持ちがないと、残念ながら結婚生活はうまくいきません。

 

 

高年収エリート女性の婚活のまとめ

幸せな結婚相手と赤ちゃんを手に入れた女性

 

少し厳しめの内容で記事を書いてしまいましたが、婚活において本当に大切なことを記したつもりです。

 

頭で考えるのではなく、心(直感)で感じてください。

 

ご自身の第六感を信じていれば、絶対に大丈夫です。

 

直感に自信が無いのであれば、磨く方法はいくらでもあります。

 

そして、今このブログを呼んでくださっているあなたが30歳を超えていらっしゃるのであれば、

 

子どもが欲しいと思うのであれば、

 

尚更条件の見直しをしてみて下さい。

 

まずはここからです。

 

その後は自分から気になる男性にアタックあるのみです。

 

待っているだけでは何も始まりません。

 

時には嫌な気持ちになることや、振られてしまうこともあるかもしれません。

 

でもそれは誰しもが必ず経験することです。

 

「そんなこともあるさ」くらいの気持ちで流せれるようになれば心振り回されず穏やかな気持ちで婚活出来ます。

 

大丈夫です。

 

頑張った分だけ、結果は後から必ずついてきます。

 

エリート女性がさらに輝ける婚活を心から応援しています。

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ 青山

 

 

本日は結婚相談所で出会ったカップルが、ルールで定める期間内で成婚に至るためのアドバイスをしたいと思います。

 

結婚相談所では3ヶ月ルールというものがあります。

 

ルール通りに、お見合いの日から3ヶ月で成婚を決められれば最高ですが、(実際はもっと早くご成婚が決まるカップルもいます)決められない場合、最長で6ヶ月までは決断を延長することが出来ます。

 

もちろん6ヶ月までOKとは言え、ギリギリ6ヶ月で決めるというよりは少し余裕を持って決断をしたいですよね?

 

期限切れで急かされて、一生に一度の大事な決断をすることは避けて頂きたいし、避けたいと思っているはずです。

 

そうは言っても、簡単にすんなり成婚に進めるカップルと、本当にこの人で良いのか「決め手」がないと悩み続けるカップル(多くの場合、カップルのどちらか一人)がいます。

 

なぜ決められないのか、どうすれば決断できるのか、日々の会員様のご相談事例から見ていきましょう。

 

今、決められないことで悩んでいらっしゃる婚活中の方々の少しでも参考になればと思います。

 

 

なぜ結婚を決められないのか3つの大きな理由

決め手がないので決められない

結婚の決め手がないので悩んでいる

 

結婚に迷う多くの方がおっしゃるのが、この「決め手」に欠けるという理由です。

 

一緒にいてなかなか心地良いし、今まで出会った人の中では多分一番結婚相手として良いのだろうと「客観的に」思うけれど、ではどうしてもこの人でなければいけないという理由も見つからない。

 

この状況で成婚退会することは多くの場合、難しいと思います。

 

なぜならば、自分のことなのに自分事としてに落ちていない」からです。

 

決め手が見つからない、この人が良い理由が見つからない時は、もっと深く相手の本質を知るための行動を起こし、それから決断しなければいけないのです。

 

結婚相談所は期限が定められているからこそ、早く本質にたどり着けるという良さがあります。

 

反対に期限が定められているから、グズグズと一番大事な部分を見せ合わず結論を出さずにいれば、期限切れで最善の答えを出せず終了してしまい兼ねない危険も孕んでいます。

 

決め手がないから決められないという方々の話をお聞きすると、多くの場合ワンパターンのマンネリデートをしていることが本当に多いのです。

 

食事をして、映画を観て、散歩して、、こんなことの繰り返しでは、いつまで経っても結婚が見えて来ません。

 

是非、少し遠出して一日中一緒にいられるデートをしながら、行き帰りや目的地で様々な話をしてみてください。

 

その方が自分以外の人と接する時の眼差しや言葉や仕草をみてください。

 

婚活をしていると結婚がまるでゴールのように思えてしまいがちですが、結婚はゴールではなく、そこから日々の生活が始まるスタートラインです。

 

毎日隣で目覚めても、いつもいつも顔を合わせていても、飽きずに楽しくポジティブに自分らしく暮らせる人なのかどうかを見極める必要があります。

 

同時に、育って来た環境の違う他人同士が一緒に生活する結婚では、いかに相手の価値観を受け入れ合い、落とし所を見つけて行くのかが大事です。

 

絶対に小さなことでも大きなことでも摩擦は起きます。

 

お互い様ですが、柔軟性や優しさや包容力が相手にあるかどうかの見極めが重要なのだと思っています。

 

 

本能的に合わない部分が実は見えている

遊園地のデートをするカップル

 

何気ない一言がずっと心に突き刺さって結局破談になることもあります。

 

相手の方は、まさかそこまで傷ついたとは全く思ってもいないようなことです。

 

あるいは、不思議なことですが相手が本心から楽しんでデートしているのか、本当は嫌なのに義務で行って楽しんでいるフリをしているのか、大抵の人は気づいてしまいます。

 

女性は特に、どこに一緒に行くにしても、「連れて行ってやっている」と男性が思っているのか、「自分も楽しんで二人の時間を目一杯楽しんでいる」のかを見抜きます。

 

高級レストランにもしょっちゅう行けるとは思っていなくても、記念日や特別な何かの日は、心から楽しんで、あるいは「私を」楽しませようとして連れて行ってくれる人が大好きです。男性でもそうですよね。

 

義理や仕方がないから行ってやったということは、態度や言葉に出さずとも分かってしまうものです。

 

こういう時は、本能的にこの人と結婚して上手く行くだろうかと、心の声が聞こえるはずです。

 

結婚前は義理で無理して合わせてくれるかもしれませんが、結婚後まで継続する確率が低いことは言うまでもないことです。

 

お互いが無理せずに本心から、一緒にいることが楽しいし心地良い、ということが大事です。

 

 

昔のエリートの彼と比べてしまう

昔の恋人を忘れない人

 

意外とこちらも多い理由の一つだと思います。

 

ついつい比べてしまって、ここはあの人の方が良かった、とか。

 

まだ好きと言う以上に厄介なのが、条件的にその人が基準になってしまっていることです。

 

別れた人が大変高条件のエリートだった場合、もう好きでもなんでもなくて性格や相性は全く合わなかったにも関わらず、その人と同等かそれ以上の条件で結婚相手を探してしまう方がいらっしゃいます。

 

でも考えてみてください。

 

その人とご縁がなかったから、現在結婚していなくて、だから婚活を始めたはず。

 

もしその人の幻が心の中から去ってくれないなら、合わなかった点を書き出してみるのも良い方法です。

 

もしくはもう一度連絡を取ってみて、返事がなければあなたを思っていないということです。

 

あなたを思ってくれる人と、思ってくれない人。

 

自分にとってどちらがより価値が高いかは一目瞭然ですね。

 

一旦上がってしまった基準を下げるのは、何にしても難しいことですが一度真っさらから始めてみてはどうでしょう。

 

大事な人生を送るのに、自分にとって大切にしなければいけない人を間違わず見つけることが重要です。

 

 

結婚が決められない時にすべきこと

カウンセラーに相談する

 

自分がなぜ結婚を決められず困っているのか良くわからない時は、担当カウンセラーに相談してみましょう。

 

私は婚活では、カウンセリングということがとても重要だと思っています。

 

せっかく結婚相談所で活動しているなら、担当カウンセラーを上手に使うべきです。

 

担当カウンセラーに自分の気持ちを話すだけでも気持ちの整理が出来ますし、多くの経験からあなたの気持ちに沿ったアドバイスをしてくれるはずです。

 

もし、マンネリデートや相手の言動が原因で一歩踏み出すことが出来ないのだと分かったら、相手の担当カウンセラーにその旨伝えてもらいましょう。

 

もちろん、伝え方も重要です。

 

相手があなたにそこまでの気持ちがない場合は、もしかするとそこで終了してしまうかも知れません。

 

伝える時に大事なことは、相手の方が自分との結婚を望んでいて、自分がその気持ちにまだ応えられない時の場合です。

 

反対に、こちらの気持ちが相手の気持ちを上回っていると感じる時は、相手が何を望んでいるのか、何が原因で結婚を決められず悩んでいるのかカウンセラー経由で上手に聞いてもらうことも重要です。

 

くれぐれも、期限間近になってから焦って決めることのないよう余裕を持って考えましょう。

 

 

なぜ結婚が決められないのかのまとめ

最高の人と結婚した夫婦

 

決めなければ、決断しなければ、と焦れば焦るほど、どうしたら良いのかわからなくなるはずです。

 

みんな、どんなに偉い人でさえ、自分の決断には自信がないのです、きっと。

 

今まで自分で頑張って頑張って「自分が」決めようとして失敗ばかりしてこなかったですか?

 

それより、一度リラックスして肩の力を抜いて、答えはもう出ている、あるいは自然に分かる、と思ってみてください。

 

頭でいくら考えてみても未来のことの答え合わせなど出来るはずもありません。

 

大事な答えは頭ではなく、あなたの「心」が知っています。

 

自分の心に嘘をつくことはできません。

 

リラックスして明るい気持ちでいれば、ふっと何気ないときに答えが閃いたり、最善の道に至るヒントが浮かんで来ます。

 

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

 

 

先月ご成婚退会されたばかりのアラフォー美人で優しくおっとりした女性から、嬉しいお手紙を受け取りました。

 

お相手は大変立派で優しい医師の方です。

 

13歳差のご成婚です。

 

なんと彼女が初めて当社にお越しになった時に、こんな男性に出会いたいとお話していらした理想のお相手像にぴったり重なっており驚きました。

 

最初に年上の男性が好みだということをまずおっしゃいました。

 

そして、高級な品を扱う彼女のお勤め先にお越しになるセレブカップルと日々接している中で、ご自分も幸せそうに寄り添うこんなご夫婦のようになりたい、と思われて婚活をお始めになりました。

 

 


松岡様

 

長い間、本当にお世話になりました。

 

成婚退会届を送らせて頂きますので、退会のお手続きを宜しくお願い致します。

 

活動中、沢山の方にお会いし、大変なこともいろいろあり‥‥自分が成婚退会出来る日が来るなんて想像できない時もありました。

 

そんな中、ここまで続けて来れたのは、的確な松岡さんのサポートがあったからです。

 

松岡さんのもとで活動させて頂けた事、

 

そして、このようなご縁に恵まれた事を

 

心から感謝しています。ありがとうございました。

 

今は、彼の優しさや誠実さに、新しい生活に向けて

 

充実した日々を過ごしています。

 

お祝いの席を設けてくださるとのこと

 

彼と共に松岡さんにお会い出来る日を楽しみにしています。

 

末筆ながら、益々のご活躍を

 

心よりお祈り申し上げます。

 

 

医師とご成婚した女性からの手紙

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

 

 

 

 


テーマ:アドバイス

 

人生を左右する一大イベントの結婚。

 

近年は晩婚化が進んでいると言われていますが、若いうちから真剣に結婚を望む人も多く、無料の婚活サイト、マッチングサイトやマッチングアプリなど多く手軽な婚活方法も多数増えています。

 

費用を掛けてでも、しっかりサポートして欲しい人は結婚相談所に入会したり、有料の婚活サイトに登録したり積極的に活動をしています。

 

男女の出会いには、友人からの紹介や合コン、街のイベントや街コンや婚活パーティーなど多様化も進んでいます。

 

しかし、せっかくマッチングしたのに長続きしなかったり、なんかいい感じで交際が進んでいたのに突然「今回はご縁がなかったということで…。」とお断りされてしまったり。

 

女性からしてみたらいい感じだったのに何を突然!となりますよね。

 

男性のコミュニケーション能力は女性とは多少違うのです。

 

女性とは別の「察してよ」を使います。

 

女性は言葉で少し遠回りに言ったりしますが、男性の場合言葉に出さずに、微妙な態度で非常に重要なサインを送ります。

 

厄介ですよね。

 

まずは男性が結婚相手の女性に何を求めているかと、どんな特徴の女性が敬遠されるかを紹介します。

 

そして、男性の見せる独特の察してサインも紹介します。

 

過去お付き合いのあった男性の行動を思い返してみると、そう言えばそんなこと良くしていたなぁ、と思い当たるふしがあるかもしれません。

 

是非これからのあなたの婚活に活かしてみてください。

 

男性から見た結婚したい女性に求めるものと、結婚したくない女性の特徴は以下の通りです。

 

 

 

男性が結婚したい女性に求めるもの

男性が結婚したい女性

 

一緒にいて疲れない

怒りっぽかったり、メンタルが弱くてネガティブな人と一緒に生活していると疲れてしまいますよね。

 

また、恋愛では多少のわがままも許せますが、毎日一緒に生活する中でわがままばっかりだとうんざり気が滅入ってしまいます。

 

男性は「家庭が癒しの場所」という意識が強いので結婚の決め手に「一緒にいて疲れない」という条件を挙げる人が多いのです。

 

落ち着きがあって寛容に包み込んでくれるような女性が求められているようです。

 

男性は外で仕事を頑張る分、家庭では愛しの奥さんに癒されたい、安らぎたい、という願望が強いです。

 

料理がうまい

インスタ映えするような凝った料理や本格派○○のような手の込んだものではなく、健康的で経済的な、有り合わせでささっと作ってくれる家庭的な料理が男性は大好きです。

 

家で美味しい手料理を、奥さんと食べるというのが男のロマン、だそうです。

 

自分一筋でいてくれる

自分だけを一途に見てくれる女性に魅力を感じます。

 

実は、男性は表にあまり出しませんが、独占欲が強くもの凄く嫉妬深い性質が強い傾向があります。

 

彼氏や旦那には過去の男性遍歴はあまり話さない方が良いかもしれませんね。

 

ポジティブ

毎日一緒にいるとパートナーのメンタルは、言葉に出さなくても態度で伝染してしまいます。

 

ポジティブな性格の女性と結婚すれば、仕事や人間関係で落ち込むことがあっても、家庭に戻れば嫌な気分も吹き飛んでしまいそうですよね。

 

逆に、ネガティブな女性と結婚すれば、一緒にいるだけで余計に落ち込んでしまいます。

 

先にも挙げた「一緒にいて疲れない」という条件とも重複してきますが、家庭を癒しの場所ととらえる男性が多いので、仕事で疲れているのに家に帰っても愚痴を聞かされたら疲れてしまいます。

 

やはりポジティブな女性は誰の目から見ても魅力的です。

 

パートナーの失敗も前向きに捉えて、チャレンジを続けさせてくれるような性格の女性は、男性の気持ちを上げてくれます。

 

結婚の決め手として重要な条件でしょう。

 

顔やスタイルの良さ

男性にとって女性の外見は結婚する上でも重要な要素で、女優やモデルのような美しいと言われるようなレベルでなくても、健康的な体型である程度整った顔が良いようです。

 

特にプライドが高い男性は、自尊心を満たすために家族や友達に結婚報告をしたときに「いいなぁ」や「うらやましいっ」と言われる綺麗な女性と結婚したがるようです。

 

しかし、バツイチ以上の男性はあまり外見にこだわらない傾向があります。

 

一度結婚生活を経験しているので、外見よりも重要な点があることを知っているからこそ、内面の相性を優先するようです。

 

 

男性が結婚したくない女性の特徴

男性が結婚したくない女性

 

生活感がない

生活感がない女性は、所帯染みておらず女性としての魅力を保っているので非常に魅力的で、恋愛的なお付き合いでは大変モテると思います。

 

しかし、結婚すると考えると、一時的な魅力よりも継続的な安らぎのある女性を選ぶことが多いのです。

 

生活感がない女性は、一緒にいても家での普通の暮らしがイメージができないので、結婚の決め手に欠けるようです。

 

相手に合わせすぎる

いくら好きな相手だからと言っても、相手に合わせるばかりで自己主張のない女性は、一緒にいても退屈と感じる男性が多いようです。

 

自分の意見を持っている女性の方が、ポジティブと捉えられ結婚相手として選ばれやすいのです。

 

自分に合わせられ過ぎているというのは男性も感じ取るようで、いい人であっても結婚できない女性のタイプの典型です。

 

金遣いが荒い

全身ブランドで固め、趣味もお金の掛かるもので、お金遣いの激しい女性は、刺激的で遊び相手としてはモテるかもしれませんが、結婚後に自分の命を削って働いた給料を預けたいとは思わないですよね。

 

結婚相手に選ばれる女性になるためには、一般的な金銭感覚を身につける必要があります。

 

 

男性の出すノーを意味する仕草について

デートに気乗りしていない男性

 

いい感じでお付き合いを続けていると女性側が思っていても男性側がそうではないことがあります。

 

最初から男性はあまり乗り気でないけれど、なし崩し的に付き合ってしまって別れを言い出せずいた場合、ビミョーなサインを送り続けていたけれど伝わらず、ある日突然「もう別れよう」と爆弾を投げてきます。

 

女性にとっては、青天の霹靂であって精神的に参ってしまいます。

 

どうしてか、とよくよく聞いてみると、前々から合わないと思っていて、言い出そうと思っていたけど良い出せずにいた、という事例はよく聞きます。

 

そんな時、男性は無意識のうちに気持ちが行動に出ること多いです。

 

心理的に拒否・拒絶、ノーのサインはわかり易く行動に出やすいようです。

 

男性の見せる何気ない行動に隠された、ノーのサインの一例を紹介します。

 

デートの時の椅子の位置や体の向き

相手があなたの正面に座った時、あなたのほうに顔や体全体を向け前傾姿勢であれば、あなたに好意を持っており、あなたのことをもっと知りたい、お近づきになりたい、というイエスのサインです。

 

逆に、椅子を後ろに引き距離を取ろうとしていたら、「早く帰りたい」「つまらない」というノーのサイン。

 

デートの時の物理的な距離感というのものを意識してみましょう。

 

パーソナルスペースというのは非常に重要で、心を許した相手であれば自分の半径45㎝以内に入っても安心していられますが、そうでないと不快に感じるようです。

 

ちなみに、45~120cmは友人としての物理的な距離感、普通に話す分にはこれくらいの距離が丁度良いとされています。

 

一緒にいるときの腕組みの仕草

本当に何気ない動作ですが、話している時、一緒に出かけた時、何かを一緒に待っている時、男性は身体の前で腕を組んでいないですか?

 

体の前で腕を組むというのは相手に対して警戒心を持っていたり、拒絶する気持ちがあるときに無意識に出てしまう行動です。

 

最大の弱点である心臓を守る動作、壁を作る動作となります。

 

何に対して防御しているのかを見極める必要がありますが、二人きりの空間で腕を組んでいた場合、あなたに対してノーのサインを送っている仕草となります。

 

逆に頭の上や後ろで手を組んでいる場合は、リラックスしている証拠です。

 

あなたに安心感を抱いていますので関係は良好と言えます。

 

一緒にいるときの視線

目の動きにも注目してみてください。

 

あなたが話をしている時に、男性はしっかりあなたの目、ないしは顔やあなたの方を見つめて聞いていれば好意をもっている可能性が高いです。

 

逆に目の動きがキョロキョロといろいろなところを見ていたり、時計やスマホを見るようなしぐさが多いときは、あなたへの興味は薄いか、何か別の案件に気を取られていると思ってください。

 

頻繁にメールやSNSをチェックするのも興味が薄い証拠です。

 

 

男性独特の遠回しな表現

結婚しても自由でいたい男性

 

子どもが好きなんだという男性の心理

「子どもが好き」というフレーズは、「子どもを産める可能性の高い、若い女性と結婚したい」というのが本音だったりします。

 

もしもあなたが33歳以上だったら「どうしても自分の子どもが欲しい。そのために婚活している」という本音をもつ男性には要注意です。

 

こういった考えを持つ男性に貴重な時間を使うよりも、ダメかなと思ったら、気持ちを切り替えて次に行った方が得策かもしれません。

 

お互いの時間を大切にしたい、に潜む罠

男性から、「結婚したらお互いを尊重できる関係でいたい、お互いの時間を大切にできるパートナーが良い」というフレーズは聞いたことないでしょうか?

 

思いやりのある言葉にも聞こえますが、その裏には「結婚しても束縛されたくない。自分の好きなように過ごしたい。」という本音が隠れていることがあります。

 

自分優先になりがちな男性と一緒になると、浮気やDVの可能性まで出てきてしまうので、思いやりから言っているのか、自分の時間を邪魔されたくないという思いなのかは見極めが必要です。

 

 

婚活男性の心理 まとめ

婚約中の二人

 

思い当たることがあって、ドキッとした方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ちょっとした仕草や言葉には、その人の心理が反映されることが多いのですが、クセや個性でもあるため、必ずしも今まで挙げたようなサインが全ての男性に当てはまるとは限りません。

 

サインの一つ一つに一喜一憂せずに、他のしぐさや言葉など、全体的な態度で判断するのがおすすめです。

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

Sotaro

 

 


テーマ:アドバイス

 

自分は婚活に向いていなんじゃないだろうか、そんなふうに思ったことはないでしょうか。

 

初めて結婚相談所に入会し、最初は頑張って婚活をしてみる。

 

お見合いも最初の頃は成立し易いので、人それぞれのペースではあっても様々な人とお見合いをしてみる。

 

ところが、お見合いから交際への移行がスムーズに行かないとか、交際にはなるけれど相手を好きになれなかったり、または好きになってもらえなかったりして段々とテンションが下がってしまうと頭をもたげてくるのは、「もしかして自分は婚活に向いてないかも?」という疑惑。

 

確かにスイスイとスムーズにお見合いから仮交際、そして真剣交際からご成婚と繋がってしまう方もいるので、そういう事例を見たり聞いたりすれば焦るのは人情でしょう。

 

自分が恋愛や婚活に向いていないと結論づけたほうが、却って気が楽なのかもしれませんね。

 

しかし、婚活に向かないと言って土俵を降りてしまえば、次はどんな方法で結婚相手と出会えば良いのでしょうか。

 

出会いはありそうでなかなかないのが現実です。

 

婚活に向かない性格なら、向かせるような方法はないのだろうかと考えて見ました。

 

本日は結婚相談所カウンセラーから見た、婚活に向いている人、向いていない人、そして向かない人を向く人に変えてみる方法について書いてみたいと思います。

 

 

そもそも婚活向きな人っているのか、それはどんな人?

婚活カウンセラーの考える婚活向きな人の特徴

カウンセラーに相談する婚活に向いている女性

 

皆さんが、男女ともにこんな性格の人は婚活に向いていると考える代表的なイメージはどんな人でしょうか。

 

前向きで魅力があって条件の良い人?そんなイメージが頭に浮かぶのではないかと思います。

 

確かにそれも間違いではないのですが、前向きで魅力があっても自信があるが故に思い通りに行かないとポキっと心が折れてしまうこともありそうです。

 

むしろ私が婚活に向いていると思う人は、考え方が柔軟で淡々と物事を進められる人です。

 

思い通りにいかないことがあっても、ああそういうこともあるな、と受け止めて、客観的に状況を見られる人は強いです。

 

なんと言っても婚活は結構メンタルが強くないと続けることができません。

 

それは、自分自身を無情にも評価されているようなことが日々起こるから。

 

お見合いの数が多ければ多い程、メンタルの弱さを突きつけられる場面が起こってきます。

 

お見合いの待ち合わせ場所で、明らかに相手の人はこちらの存在に気づいているのに声も掛けてこないとか。

 

お見合いの場なのに、他の席の異性をチラ見するとか。

 

相手の「あなたを気に入っていません」というわかり易いサインに落ち込んだりして。

 

それでもその場は気づかないふりで笑っていなければいけない、怒って本音で文句を言うなんてできないから、後になってドッと怒りと疲れが出て来たりますよね。

 

とても理不尽に感じる瞬間がきっとあるはずです。

 

「あー、もう婚活やめたい!!」と、きっと思うでしょう。

 

しかし、そんなことは本当に誰にもあることです。

 

自分だけがこんな失敗だらけで、酷い目にあっていると思うから悲しくなってしまうだけで、多かれ少なかれ皆んなこの不安は経験済み。

 

それをどう吐き出すのか、溜まった毒の吐き出し方の上手な人は婚活向きな人だと思います。

 

私の会員さんで理不尽なことがあると、その日のうちにメールやあるいは電話でカウンセリングできますかと頼ってくださる方がたくさんいます。

 

もしくは、上手に親、友人など誰かを頼れる人はストレスの発散が出来るので、婚活向きな人と言えます。

 

要はつらく苦しいのは自分だけではないと分かれば、気が楽になるというもの。

 

婚活中の方の書いた体験ブログを読むのも、自分だけがつらいんじゃないと思えるから、ですよね?

 

こんなことあるある、と笑えるから婚活体験ブログは人気があるのだと思います。

 

やっぱり人間は一人じゃ生きられない、どうしてもつながりを求めてしまう社会的な生き物なのだなーとつくづく感じます。

 

自分の弱さを担当カウンセラーや信頼できる人だけにでもさらけ出せると、婚活は頑張れるものです。

 

私はそんなふうに自分の弱さを出せる人が婚活向きの人だと思います。

 

 

婚活カウンセラーの考える婚活に向かない人の特徴

一人で悩む婚活に向かない女性

 

婚活に向く人は自分の弱さをさらけ出せる人ということは、婚活向きでない人は反対にさらけ出せず溜め込んでしまう人と言えます。

 

仕事や趣味は好きで自分からやりたくてやっていることだから続くのですが、婚活を好きでやっている人は多分いないでしょう。

 

できればしたくない、でも好きな人と結婚したいから仕方なくやっている。

 

ほとんどの方はそう思っているはずです。単なる手段に過ぎません。

 

好きでないことをすることって、実際は相当ストレスが溜まることだと思うのです。

 

ではなんのためにするのか、そこをまさに今この瞬間、自分の中に落とし込んでいないと途中で迷子になってしまいます。

 

好きでもないことをすることに対する心構えを、しっかり考えていない人はきっと婚活を続けることが出来ません。

 

婚活は好きでないけれど「目的達成の手段だからやっている」と認識し、「絶対に手に入れたいものがあるからやるんだ」と思えない人は失敗が続いた時に諦めてしまうはずです。

 

 

婚活向きでない人が婚活を続けられる方法

悩みを話し合って婚活する女性たち

 

先にも述べましたが、実はみんな婚活なんてやりたくないんです。

 

成功する人は、なんのために婚活するのかを自分の中にしっかりと落とし込んでいるから、続けることが出来るのです。

 

結婚したい理由は人それぞれですが、まず結婚したいと心から思うことが第一歩です。

 

その上で、始めたからには最後までやり遂げる覚悟を持ってください。

 

自分独自の考えは一旦置いて、どうしたら活動がうまく出来るのか、その方法と可能性を担当カウンセラーに尋ねるべきだと思います。

 

カウンセラーと一緒にすれば申し込みが出来るなら、一緒に申し込みをしてくださいと頼むと良いです。

 

なぜならお申し込みすること=婚活の命だからです。

 

自分の考えを一旦脇に置いて、どうすれば上手く活動できるのか素直にアドバイスを受けてみてはいかがでしょう。

 

自分の考えやプライドも生きるためには大事ですが、やはり多くの場合自分を俯瞰して見ることは難しいと言わざるを得ません。

 

 

 

結婚相談所の婚活にあなたは向いていないのかのまとめ

婚活に成功して結婚

 

結局は、結婚相談所の婚活に向き不向きがあるかどうかではなく、

 

上手な気分転換が出来るかどうか、

 

アドバイスを受け入れることが出来るかどうか、

 

そして一番大切なことは何がなんでも目標を達成したいかどうか、

 

結婚出来ると確信しているかどうかだと思います。

 

流されて婚活をするのではなく、目の前にたくさんいる結婚したい男性や女性の中から自分の大切な相手を探し出せるかどうかはご自身の行動次第です。

 

種を蒔かねば収穫が得られないことは食物でも、結婚のチャンスでも一緒です。

 

あなたを見つけたがっている人、あなたが見つけたい人は大勢の中のたった一人です。

 

出会えるまでは、ひたすらお申し込みをやめないこと、これしか近道はないと思います。

 

 

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ 青山

 


テーマ:アドバイス

 

昔、終了してしまった交際相手とやり直したいと思ったことはありますか?

 

世に言う復縁。

 

Googleの月間検索数も22,200回という多さですから、悩んでいる方が多いということです。

 

実は結婚相談所の婚活でも、復縁は少ないながらも一定数あります。

 

復縁からご成婚にいたり、その後ご結婚してずっと仲良くしていらっしゃる元会員様もいます。

 

過去に自分から振ってしまったり、相手から終了されてしまったけれど忘れられず、もう一度だけ、

 

駄目元で良いので、会えないか相手に聞いて見て欲しいと相談されることがあります。

 

そこで先方へ打診してみると、お断りされることも多々ありますが最近は復縁となることが続いています。

 

その時は一度手放してしまったけれど、もう一度幸運にも与えられたチャンス。

 

是非そのご縁を大事にして結婚に繋げていただけたらと願うばかりです。

 

本日は、結婚相談所の婚活の復縁について書いてみたいと思います。

 

 

結婚相談所の婚活 復縁について

こちらから振ってしまった場合の復縁

復縁したいカップル

 

こちらから終了してしまった交際について、もう一度会えないかと打診した場合は復縁できる可能性は意外に高いのです。

 

もちろん、お相手に現在意中の人がいない場合に限りますが、巡り巡って今はフリーというタイミングで復縁を伝えた場合は期待できると思います。

 

ただし、お相手があなたとの別れにショックを受けていたり、すでにその気がなかったり、なんで今更とテンションが下がってしまっていれば

 

お断りされますから、その場合は潔く受け入れましょう。

 

また、ご自分の過去の交際履歴を調べて、その方が真剣交際に入っていらしたら復縁は諦めてください。

 

さすがに人の恋路を邪魔することは出来ませんから。

 

先方から終了されてしまった場合の復縁

 

先方から交際終了と言われてしまった場合の復縁はかなり厳しいと思っています。

 

一度はあなたとの結婚はないとの判断で交際終了しているのですから、また会ってどうなるものでもないと思うのが普通です。

 

それでも復縁できる場合としては、終了時はお相手が他の交際相手を選んだものの、

 

その人とうまく行かず別れてしまったケースなどでは、復縁の可能性はあるのではないかと思います。

 

 

復縁前に考えて欲しいチェックポイント

復縁を考える女性

 

軽い気持ちで復縁を申し出る方はいないと思います。

 

それでも、やはりよく考えて見て欲しいのです。

 

終わったご縁を復活するなら、今度は前以上に結婚相手としてその方と向き合えるのかどうか、です。

 

復縁したものの一度か二度会ってまたすぐに終了したい、それでは相手の方を翻弄するだけです。

 

ですから、復縁する時は結果はどうあれ真剣交際を申し込むくらいの気概をもってお付き合いを始めていただきたいものです。

 

 

復縁したいと心から思ったらすべきこと

電話する女性

 

絶対に直接相手に連絡を取ってはいけません。

 

そもそも交際終了した時に、お相手の電話番号やアドレスなどは消去しなければいけませんね。

 

しかし、消去していなかった、あるいはラインが残っていた、Facebook等でまだ繋がっていた等々、もし連絡しようと思えば出来る状況だったとしても絶対に直接の連絡はしないでください。

 

交際終了後に直接連絡を入れることは重大なルール違反ですから、むしろお相手に嫌われて、通報されてしまう可能性が高いです。

 

方法と致しましては、まずご自分の担当に誠心誠意話をして、担当から先方の担当へ打診してもらいましょう。

 

却ってご自分で連絡しなくてもカウンセラーに仲介してもらえるから、復縁を言い易いということもあると思います。

 

そういう点は、結婚相談所のサービスの良さの一つだと思っています。

 

そして、伝えてもらったものの、もしお相手からのお返事がお断りであったら潔く諦めることが大事です。

 

やるだけやった努力は決して無駄にはなりません。

 

次のステップへ進めれば、もっと素敵な方のお気に入りシステムからの紹介があったり、素晴らしいお相手に巡り会う確率も上がるというものです。

 

そして、もし幸運にもまた会えることになったら、デートの最初はまた会える機会を作ってくれたお相手への感謝の言葉から始めてくださいね。

 

 

結婚相談所の復縁 まとめ

ウェディングケーキ

 

本日は過去の交際相手が忘れられない方へのアドバイスでした。

 

以前はお相手の良さがわからなかったけれど、その後様々な方と出会って恋愛、そして交際していくうちに、別れた人の良さが再確認出来た、ということはどなたにもあり得ることです。

 

それを踏まえて、交際終了する際はよく考えてからにしていただきたいと思います。

 

復縁はあるとはお伝えしましたが、絶対にできるというものではありません。

 

もしお相手が、復活してもまた同じ理由で断られるのではないかと考えて、気持ちを動かさないこともありますし、もうすでに好きな人が見つかっていることもあります。

 

人の気持ちは変わっていくものですから、今の一瞬一瞬を大切にしてお相手に向き合ってお付き合いください。

 

あなたの婚活が、素敵な出会いからご成婚へ繋がって行きますよう願っております。

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

 

本日は、先日行われました「ご成婚者の方からお話を聞くお茶会」のご報告です。

 

この日集まってくださったのは20代から30代の会員様達。

 

ご成婚者は35歳の高年収美人女性でした。

 

彼女は1歳年下の高年収男性とご結婚しました。

 

都内の高年収同士の成婚カップル、憧れを感じていらっしゃる方も多いことでしょう。

 

高年収と一口に言っても様々ですが、なんとご夫婦ともに30代中盤でありながら、双方が1000万円を軽く越えていると言えば驚かれる方も多いことと思います。

 

仕事が出来て、その上可愛くて女性らしく、優しい彼女は女性から見ても憧れるような人。

 

この日を境に、ご参加くださった会員様たちがお申し込みをさらに頑張りだしたのは、彼女の幸せな姿を見て「自分もそうなりたい」と強く思ったからでしょう。

 

彼女はきちんと下準備をして、今婚活中の会員様達へのレクチャーをしてくださいました。

 

その優しいお気持ちが本当に有難くて、ご参加くださった方々の有意義な時間となりました。

 

この記事をお読みくださっている、もしかすると今お悩み中かもしれないあなたにも、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

 

彼女から教えて頂いた成婚の秘訣

その1 心が折れても休まない

婚活で心が折れそうな女性

 

婚活していれば、どなたでも心が折れることが必ずあります。

 

しかし、心が折れても休まない、本当におっしゃる通りだと思います。

 

休会制度があるがために、辛い婚活ですから時には羽を休めたくなってしまうこと、どなたにもあることでしょう。

 

休んでいる時間に他の出会いの当てがあれば休む意義があるというものですが、出会いがないのであれば全く無駄な時間だと思います。

 

結局の所、数ヶ月か長い方だと数年お休みして、また再活動しても失われた時間は戻りません。

 

また1からやり直しです。

 

いえ、やり直すだけではありません。

 

実際は誕生日がくれば年齢も上がりますから、今の条件よりも更に厳しくなってから、また戻ってやり直さなければならなくなります。

 

当然、今現在お見合いで会えているようなレベルの方には会えなくなります。

 

だったら、上手に気分転換する方法を見つけてなんとか婚活を続けた方が、良い方に出会える確率は確実に高いことは明らかです。

 

彼女の対処法、気分転換は「心を無にすること」だと仰っていました。

 

いちいち一喜一憂するから辛いのであって、お申し込みやお見合いで断られても、その人は自分とはご縁がなかっただけと割り切ること。

 

むしろ時間の無駄遣いをしなくて済んで良かった、と思うようにしたそうです。

 

本当に金言だと思います。

 

 

その2 お見合いの断り癖には気をつけよ

お見合い断り癖

 

精力的にお申し込みをしていた彼女は、素敵な女性ということもあって本当に多くのお見合いをご経験されました。

 

最後に選ぶ結婚相手はたった一人。

 

ということは他の多くのお見合いは、自分の結婚相手ではないということを確かめるためにお会いしているようなものです。

 

でも、そこで腐ってしまったら終わりです。

 

結婚相手が見つかるまで続けなければ、今までの努力が無駄になるからです。

 

たった一人を探して、コツコツと地道にお見合いを繰り返すことが一番大切です。

 

それに結婚相手ではなかった人からも、学べることはたくさんあります。

 

彼女はこうおっしゃいました。

 

お見合いに慣れてくると、「断り癖がついてくる。だから気をつけて」

 

人は第一印象と違うことも多々あるので、生理的に受け付けない人以外とは2度はお会いしたほうが良いとおっしゃいました。

 

ちなみに、ご自身の結婚相手の第一印象は「よく話す人だな〜」だったそうです。

 

しかし、実は彼は緊張していて却って話が止まらなかったと後から教えて頂いたそうです。

 

緊張して話が止まらなくなるほど気に入ってくださる方に出会えたら嬉しいですよね。

 

本当に2度目、3度目と、どんどん印象が良くなっていく人もおりますので、あまり早合点で決めつけないことも大事だと思います。

 

男性は案外直感で自分が好きになれる人を選びますが、女性は好かれてなんぼですよね。

 

 

その3 毎日新着会員をチェックし申し込むこと

お見合いの申し込みをする女性

 

こちらは常々私が会員様に伝えていることでもあるのですが、彼女は忠実に実行して見事素敵なパートナーを射止めました。

 

毎日夜中の12時に新規会員様がサイトに上がってくることも教えてくださいました。

 

必ず毎日チェックして、素敵な方だと思ったら即お申し込みです。

 

(実際に彼女のパートナーは婚活初期に彼女にお会いして、そのままご結婚なさっています。)

 

この新規会員様チェックは、「私もやっています!」とおっしゃる会員様と、あえて婚活最初のお申し込みの多いであろう時期は避けて、少し経って落ち着いてから申し込むという方もおりました。

 

私は前者のほうが婚活では正しいと思います。

 

第一落ち着いた頃には、もう一人に絞ってしまうエリートは結構多いのです。例えハートマークはまだ付いていなくとも、心の中では決めていたりします。

 

当社のエリート男性やご成婚ランチでお話をお聞きする他社のエリート男性を見ていても、ご活動の最初の頃がお見合い成立の確率は高いと感じます。

 

そして、最初にお会いした、その一群の中から結婚相手を見つける確率が断然高いのです!!

 

反対に、最初に決めることが出来ず少しこじらせてしまうエリート男性は、お見合い慣れして来られますから、プロフィール写真と実物の違いを意識しだしたり、プロフィールからこういう傾向の人はどうだなど分析し出したりして、段々とお見合いに慎重になって来ます。

 

そうなるとなかなか決められない底無し沼にハマってしまうということにもなります。

 

むしろお見合いというものが何もわからない最初の頃に出会って、そのまま意気投合し成婚するという流れに乗って行く男性が、結局は良い方と出会える確率は高いと思うのです。

 

ですから恐れずに、どんどん新規会員様にお申し込みチャレンジしましょう。

 

それに一度お見合いを断られても、時間を置けば再チャレンジだって出来ますから大丈夫です。

 

 

成婚に至る秘訣のまとめ

2019/6月 ご成婚者お茶会

 

ご成婚者ならではの視点からのアドバイスには耳を傾ける必要があります。

 

後に続く婚活中の方々のために、何をお伝えすれば良いか考えてお越しくださったことが有難く良い時間が共有出来たと思います。

 

この参加者の中から、また新たなご成婚者が誕生して行くことでしょう。

 

今月も新しいご成婚者が誕生しておりますから、もし機会がありましたら是非あなたもご成婚者お茶会にご参加ください。

 

ご相談も随時受け付けております。

 

 

セレブ婚活のスターマリアージュ青山

 

 

 


テーマ:アドバイス

 

婚活を進めていく中で、ふと自分は本当に結婚できるのか、もう少し妥協しなければいけないんじゃないかと不安に感じる瞬間が多かれ少なかれきっとあるでしょう。

 

冷静に考えれば考えるほど、この無限ループから抜け出せずに苦しむなんてこともきっとあるはずです。

 

自分の友人やまわりの知人は当たり前のように簡単に決めていく結婚。

 

・結婚相手との出会いは?

 

・デートの頻度は?

 

・相手の何に妥協をしたのだろうか。

 

・相手の何が良くて結婚を決めたの?

 

・付き合った期間は?

 

・価値観は合うの?

 

・どうやったらプロポーズまでたどり着く?

 

そして、最後に行きつく先はいつも

 

「どうして私は結婚がなかなか決まらないのだろう」です。

 

 

隣の芝生は~……ではないですが、自分以外のものは全て輝いて良く見えるものです。

 

他人と比べても仕方ありませんが、それでもやはり考えてしまいますよね。

 

結婚や婚活に関連するブログなどの記事や書籍を読んでも心にすっと入ってくるものばかりではないはずです。

 

それもそのはずです。

 

だって恋愛や結婚にこれという模範解答はないから。

 

答えのないものだからこそ、難しく考えてしまうのも無理はありません。

 

答えがないなんて、じゃあ一体どうしたら良いのでしょうか。

 

今日は結婚相手を選ぶ上で最低限必要なポイントを伝えていきます。

 

 

婚活に果たして模範解答はあるのか

結婚についての本を読んでいる女性

 

私も婚活時代を経験したので色んなことにチャレンジしては、失敗の繰り返し。

 

デートで男性ウケするであろう服装や髪型、少しでも美人に見られたいと思いながら頑張ってメイクをしても、その他大勢の女性として見られてしまう。

 

容姿がいい人がたくさんいる中、それでも意中の男性のお眼鏡にかなわないと意味ないのに、全く見向きもされないなんてこともありました。

 

少しでも他の女性とは違うところを見せなきゃ!と焦ってトークを頑張ったら頑張ったで、即友達認定されることも……笑

 

友達……になりたいんじゃないんだけどなぁ。あなたと結婚前提に付き合いたい。と思っても言えず。。

 

悶々とした日々を送っていました。

 

でも、今だから言えるのですが、婚活に模範解答が無いのであれば自分流に婚活を楽しめば良いのではないでしょうか。

 

人との出会いは不思議なもので、必ず今のご自身と同じレベルの方を引き寄せます。

 

明るく楽しく毎日を過ごしていれば、同じように明るい方と出会います。

 

逆もまた然り。

 

毎日辛いと思い続けていれば、残念ながらそういう方と出会いやすくなります。

 

要は大切な一日を過ごすなら、辛いと思ってもなるべく明るい方向に考えをもっていくことです。

 

これは訓練なので、必ず出来ます。

 

元々その能力が備わっている方もいますし、意識して自分で矯正する方もいます。

 

また、今ご自身が経験したことそれがいつか誰かの役に立つこともあるかもしれません。

 

その方の模範解答になることだって有り得ます。

 

未来を考えると不安な気持ちになるのは誰でも一緒です。

 

でも、辛い時こそ実はものすごく貴重なんです。

 

色んなことをスポンジのように吸収することが出来るから。

 

辛い時でしか分からないこともたくさんあるんですよ。

 

よく結婚には妥協が必要と聞きますが、果たして妥協は本当に必要なのでしょうか?

 

そもそも妥協とはなんでしょうか?

 

妥協以前に目を向けるべき重要なポイントはたくさんあります。

 

 

 

妥協以前?!結婚相手を見るべき重要なポイント

 

①言動が一致しているか

本心を隠した男性

 

年齢関係なく、いつの時代にも口先三寸の人間がいます。

 

そう、有限無実行な方です。

 

決して悪い人ではないと思うとついつい言葉だけを信じてしまいがちですが、これが結婚相手となると話は違ってきます。

 

この手のタイプは散々人を振り回した挙句、自分は悪気がないのが厄介なところ。

 

離婚率が高いのも頷けます。

 

そして、性格なのでほぼほぼ直ることはありません。

 

口先ではどんなに調子のいい事を言ってきても、必ず行動を見るようにしましょう。

 

また、メールやLINEなんかで「会いたい。でも今は仕事で忙しい」などと言ってきたら逆にチャンス!

 

行動がはっきりと分かるからです。

 

どんなに忙しくても、本当に会おうと思えばいくらでも会える時間は取れます。

 

合間を縫ってでも会おうとするのが恋愛というものです。

 

高みの見物くらいの気持ちでどっしり構えて、その後どう行動していくのか見てみましょう。

 

こちらが余裕を持っているくらいが丁度いいのです。

 

 

②結婚相手は仕事が好きかどうか

仕事に没頭する男性

 

婚活女性に口酸っぱく伝えていることがあります。

 

それはお相手が自分の仕事を好きかどうか。

 

もしくは誇りを持って仕事に打ち込んでいるかどうかという部分です。

 

現状は収入が少なかったとしても、今後増えていく可能性はあるのか。

 

また、その環境が整っている職場かどうかを見る必要があります。

 

結婚生活にはどうしてもお金は必要不可欠です。

 

夢だけでは生きていけません。

 

どのくらいの金額が必要かは人それぞれでしょうが、今の時代は女性も働く時代でもあります。

 

夫婦合わせた世帯年収で、生活に困らないくらいの年収はどうしても必要となります。

 

 

③希望年収を1000万円以上に設定されている方

高年収男性のパソコン

 

中には年収1000万以上稼いでいる男性を希望する女性がいらっしゃいますが、そもそも1000万円を稼ぐ男性は日本人男性全体のほんの数%です。(それでも当社の会員様たちはその数%に入る男性であったり、そう言う男性と結婚が決まる女性であることは本当に凄いといつも思っています!)

 

そこにこだわりを強く持つのはどうかと……。

 

それであれば、夫婦合わせて1000万円に届く方を狙うか、自分の力で年収を上げていく方が得策のような気もしますし、その方が必ず理想の方に出会える確率はぐんと上がります。

 

正直な話、年齢差を気にしないのであれば1000万円を稼ぐ男性と結婚出来る可能性は断然上がります。

 

だから年上の男性が好みの女性は婚活では有利なのです。

 

それでも30代後半、40代と年齢が上がっていくにつれて難しくなっていくのが悲しいですが現実です。

 

相手に年収を多く求めるうちは、不思議と相手もそれを感じ取ります。

 

それよりは、夫婦になった時に家計は協力し合うというスタンスに気持ちを切り替えると、自分自身の婚活も楽になっていくのです。

 

そもそも、年収が高いといって自由にお金が使えるかどうか、奥さんにお金を使うかどうかは、実際結婚をして蓋をあけてみないことには分かりません。

 

お金持ち、お金を稼ぐ人ほどケチでシビアですよ。

 

何千万と稼いでいる男性と結婚したのに、生活費すらケチるという話もよく聞きます。

 

 

④結婚相手の学歴をどう判断する?

高学歴男性

 

結婚相談所に入会している女性の多くが希望する、男性の学歴が大卒もしくは大学院卒じゃないと受け付けないという話。

 

学歴が大切なのも当然理解できます。

 

育ってきた環境が似ている、と言う意味では確かに正しい選択ですし、女性の最終学歴が大卒以上であれば、当然お相手にも同等のレベルを求めたくなる気持ちも分かります。

 

ですが、学歴と年収は必ず比例しないのも現実です。

 

大卒だからといって、高収入とは当然限らないのです。

 

この仕事をしていると、それが本当によく分かります。

 

高卒、大学中退、専門卒の方でも稼いでいる人は何千万と稼いでいらっしゃいます。

 

女性が求める条件を見ていると、学歴を求めているのか、年収を求めているのか(両方いいのに越したことはありませんが)迷う時があります。

 

この条件であれば、この男性をご紹介したいのに学歴で弾かれてしまったりと。

 

非常に勿体ないなと思うのです。

 

もちろん、学歴が絶対に譲れない条件ですと言うことなら話は別です。

 

ですが、譲れない第一条件が学歴でないのであれば、そこはもう少し緩やかにした方が出会いは確実に広がります。

 

自ら出会いの幅を狭めないようにするのも婚活をする上で大切なことです。

 

 

⑤家族を大切にしているか

家族仲良し

 

お付き合いを進めていく上で必ず話題にあがる家族の話。

 

家族にどう接しているかは必ずチェックするポイントです。

 

家族に優しいか優しくないかで、その方との結婚生活のほぼ半分以上分かると言っても過言ではありません。

 

家族に厳しく当たり、お付き合いしている彼女(彼氏)には優しいというのは、きっと結婚して夫婦になった途端に豹変する可能性大です!

 

家族との接し方は外せないポイントなので、必ず確認するようにしましょう。

 

 

婚活するには妥協は必要かのまとめ

婚活に妥協せず結婚した人

 

今回は妥協以前に結婚をする上で確認するポイントをお伝えしてきました。

 

そもそも妥協という概念が私にはないのですが、皆さんはどうでしょうか?

 

妥協すると思うとプラスからマイナスになってしまったように感じて、婚活自体をマイナスに捉えがちです。

 

要は考え方ひとつです。

 

私は絶対に譲れない条件だけを徹底して守り、そこから相手に会って自分に合うかどうかだけ見てきました。

 

そうすれば、マイナスに感じることは何一つありません。

 

譲れない条件にその方のいい所に目を向けるようにしていたので、プラスからプラスになるような感覚で逆に楽しめました。(また別の意味で辛いこともありましたが)

 

色んな人間がいるので、合わない人とは合わない!深く気にする必要はありません。

 

そして、もう1つ大切なことがあります。

 

それは、どういう人と最期まで一緒にいたいかを深くしっかりと自分の中に落とし込むことです。

 

自分の力と運を信じて、誰になんと言われようが必ず自分は幸せな結婚が出来ると心の底から信じてみましょう。

 

そうしたら、必ず幸せになれますから。

 

 

 

 

スタマリラボブログ こちらもお読みください!

 

結婚相談所スターマリアージュ 青山

Marina


テーマ:仮交際 真剣交際

 

結婚相談所のシステムで仮交際というものがあります。

 

真剣交際に入る前のお試し交際というと分かりやすいかもしれません。

 

お見合いだけではお互いの相性は分からなかったけど、もう何度か会いたい。

 

そんな時にこの仮交際というものがあります。

 

仮交際では人数は何人いてもOK。

 

結婚相談所ならではの、非常に便利なシステムです。

 

この段階でお互いの価値観であったり、恋愛観、結婚観を見極めていきます。

 

トントン拍子に真剣交際、そして成婚まで進めばいいのですが、そうすんなり進まないのが男女の恋愛の難しいところです。

 

お見合いからトントン拍子に成婚まで進む方を探し出すことが婚活と思ってください。

 

数多くの方の中から、たった一人の方を探すこと。

 

皆さん、それなりに価値観などの違いに悩み考えながら婚活をされています。

 

仮交際で終了をするタイミングひとつとっても迷うこともきっとあるでしょう。

 

また、お相手から交際終了を告げられることも婚活していく中で必ずあります。

 

誰もが振られるのは気持ちのいいものではないですよね。

 

でも合わない人とズルズル仮交際を続けるのも時間の無駄というものです。

 

今日は仮交際を終了する見極めのポイントをお話したいと思います。

 

 

仮交際を終了するタイミング

①お見合いから1ヶ月以上会えていない、もしくは相手から連絡があまりない

仮交際終了を迷う女性

 

今の時代、男性・女性共に社会に出て仕事をバリバリこなしている方はたくさんいらっしゃいます。

 

国内・海外出張で忙しくしている方も当然いらっしゃいます。

 

そんな忙しい方と会う時間を作るのは難しい場合もあります。

 

しかし、どんなに忙しい方でも今の時代、連絡の取りようはいくらでもあります。

 

連絡ツールが豊富な時代にも関わらず、会えない、もしくは連絡がなかなか取れないとなるとそれはお相手に気持ちがないとしか考えられません。

 

本当に相手を心から大切に想うのであれば、たとえどんなに忙しくても合間を縫って会う時間を取るはずです。

 

物理的に距離が離れていて、なかなか会う時間が取れないのであれば、ラインやメールや電話で連絡を取ってまずは言葉で安心させるものです。

 

そういう気遣いさえないのであれば、残念ながらその方とは縁がないでしょう。

 

この人を逃したら、次にこの人を上回る人に出会えないかもしれないと思う事もあるかもしれません。

 

ですが、それはただの思い込みです。

 

時には勇気を出して交際継続をお断りすることも必要です。

 

 

②女性が追い掛けている仮交際の場合

相手より愛しすぎて悲しい女性

 

結婚相談所に限らず、すべての恋愛にほぼほぼ当てはまることがあります。

 

それは、女性が追い掛ける恋愛は成就しにくいということです。

 

意中の男性を追い掛けるだけでなく、好かれたい、振り向いてもらいたい、嫌われたくないと必要以上に相手に合わせ過ぎてしまう恋愛、交際はうまくいきません。

 

草食男子が増えたと言われているこのご時世でも、やはり結婚という段階となるといつまでも草食ではいられません。

 

だって、結婚をして妻そして子供を守っていかなくてはいけないのですから。

 

どんなに草食と言われようと、男性の本来は狩りをする生き物です。

 

男性が本来備わっている狩猟本能をくすぐるくらいでないと、相手が本気にはならないでしょう。

 

要は少し放っておくくらいがちょうど良いのです。

 

ミステリアスな部分をほんの少し残しておくだけで、途端に追う側から追われる側に変わることは多々あります。

 

ご自身の本命のお相手であればある程、これは難しいかもしれませんが、結婚を決めていく女性の共通するポイントでもあります。

 

 

③2ヶ月経っても状況が変わらないのであれば思い切って行動に移しましょう

別れを自分で決めた女性

 

割とコンスタントにデートも出来ているし、何となくフィーリングも合っている(と思う……。)

 

連絡も頻度は少なくても細く長く続いてはいる。

 

こんな状況になったことはないでしょうか?

 

たかが2ヶ月

 

されど2ヶ月

 

結婚相談所に入会されて活動をしている会員の2ヶ月はとても貴重です。

 

迷っている間に新たな出会いのチャンスを逃した可能性だってゼロではありません。

 

仮交際で2ヶ月経っても状況が変わらないようであれば、ぜひご自身から行動してみて下さい。

 

真剣交際に進みたいのか、

 

それとも仮交際を解消して別の方を探すのか……。

 

決めるのは他の誰でもない自分自身です。

 

ただし、決める前には後悔がないようにとことん考えてから動いてくださいね。

 

 

 

困った時こそ担当カウンセラーに相談

担当カウンセラーに相談する女性

 

今回のブログでは仮交際の終了する見極めポイントをお伝えしましたが、

 

時には自分だけでは決められないこともきっとあるでしょう。

 

そんな時はカウンセラーをどんどん頼って下さいね。

 

今まで数多くの成婚者の皆さんを見ているからこそ、的確な方法やアドバイスを伝えることが出来ます。

 

また、いいなと思っていたお相手から、仮交際終了の連絡があったとしてもクヨクヨ悩まない強い心も婚活をする上で必ず必要となります。

 

何がダメだったのか、

 

あの時ああしていれば、こうしていれば状況は変わったのか……。

 

こう考えてしまう気持ちも十分理解出来ますが、あれやこれや理由を考えても仕方のないことです。

 

ダメなものはダメ!

 

仮にその方と無事成婚したとしても、きっとどこかのタイミングで歯車が合わなくなる可能性は十分にあります。

 

去り際こそ美しく。

 

残り香を残すくらいが良いのです。

 

 

 

仮交際を終了する見極めのまとめ

仮交際を終了してスッキリした女性

 

ぜひこの見極めるポイントと照らし合わせながら、有意義な婚活時間を過ごして下さいね。

 

時にはスパッと断ち切ることも必要です。

 

その後には必ず新しい風が入ってきますから。

 

二人の関係を客観視して、もし自分が友人にアドバイスするならどうする、そんな目線で考えてみる癖をつけてください。

 

 

セレブ婚活のスターマリアージュ青山

Marina

 

 

 


テーマ:アドバイス

 

婚活をしているといろんな悩みや問題にぶつかると思います。

 

婚活を始めた動機も周囲に既婚者が増えてきた、等の環境の変化だった人も多いはずです。

 

そうなると、周囲の成功体験が羨ましく感じ、焦ってしまいます。

 

元号が令和になり、昭和生まれの人が結婚せずに令和を迎えてしまったことを指して「平成ジャンプ!」なんて言葉も生まれてしまいましたが、世の中の流れは未婚化・晩婚化が進んでいます。

 

とはいえ、早く結婚したいと婚活に励んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

 

婚活するステージはスマートメディアの進歩によって飛躍的に増えましたが、それに伴って婚活にかかる労力も右肩上がりです。

 

結婚相談所に会員登録して、マッチングアプリでメッセージの返信をまめに返して、SNSをチェックして、夜は婚活パーティーに参加して‥。

 

積極的に行動をするのもいいですが、疲れて心身共に疲れて婚活を諦め仲間と遊んでいる方が楽しい、と開き直ってしまう人も中にはいます。

 

婚活しすぎて婚活に疲れてしまっては元も子もありませんので、体調や心の管理もしっかりしておきましょう。

 

しかし、婚活に熱中していると自分が疲れていると等の自覚症状がないまま、突っ走ってしまうことがあります。

 

焦ったところで婚活は上手くいきませんので、一旦落ち着いて心の疲れを癒しましょう。

 

今回のブログ記事はみんなが一度は感じる婚活中に疲れた‥と感じる瞬間や、お勧めの婚活疲れ解消法を紹介します。

 

こんな時に婚活に疲れたと感じる

 

自分の頑張りに対して結果が報われないときとか、自分以外の人が幸せになっていく姿を見たときとか、無力感を感じ疲れたと感じてしまいます。

 

人と比べてしまうとどうしても他の人の良いところばかりに目が行ってしまいます。

 

隣の芝生は青く見えるものです。

 

なかなか、人は人、私は私、と割り切るのは難しいと思いますが、どんな時に婚活に疲れたと感じるか、ということを知っておいて、疲れたらタイミング良く疲れを取るようにしましょう。

 

周りの友達に結婚している人が増えた時

婚活に疲れて犬と自転車をおす女性

 

 

既婚者が増えると友達付き合いに大きな変化がありますよね。

 

友人が旦那さん優先になったり、結婚を機に仕事を辞めたりすることで大きな変化が出て、今まで一緒に出掛けたり遊んだりしたりしていたのに、誘ってもなかなか日程が合わなくなって、という人が周りに増えてくると寂しさを感じる人が多いようです。

 

そして、そういう人のSNSなどの幸せな結婚生活の写真や投稿を見ると、「どこで差がついてしまったんだろう」と落ち込んだり焦りを感じる人が多くなり、結婚活動に力を入れすぎてしまい疲れたと感じるようになってしまいます。

 

友達が子供と幸せそうにしている姿を見た時

 

結婚して出産を乗り越え人を見ると羨ましいを通り越して戦意喪失してしまう、という声も聞いたことがあります。

 

結婚して子供を持ちたいと思う人が婚活中に、友達の子供との仲睦まじい姿を見ると、私もああいう風になりたいなと思う反面、私には無理かも…。と思うこともあります。

 

独身であることに負い目を感じて凹んでしまうそうです。

 

過去の恋愛相手の結婚報告を受けた時

過去の恋人からの手紙

 

婚活がうまくいかない中、結婚の報告を受けてしまったら、「なんで貴方が幸せになって私が独身なんだ」と怒ったり悲しんだり、もう感情が大変なことになってしまいます。

 

あの時別れていなかったらこの人と一緒になったのは自分だったかもしれない、とか、違う別れ方をしたら結果は逆だったかもしれないのに、とタラレバが堂々巡りして疲れてしまいます。

 

婚活仲間に先を越されたとき

友達が先に結婚が決まり寂しい女性

 

マラソンで言うなら、一緒にゴールしようね!と約束したのにゴール目前でスパートかけられて置いていかれてしまったような感じですね。

 

すごく悲しさを感じるかと思うと同時にやっぱり焦りますよね。

 

しかも自分の方が積極的にお見合いしたりパーティーに出席しているのに、あまり活動していない婚活仲間が先にゴールインしたと聞いたら、理不尽ささえ感じるでしょう。

 

しかし、ここは冷静になって違いを分析できれば成婚へのきっかけがつかめるかもしれません。

 

それでも、気持ちがざわざわする時は分析もうまくできないと思いますので、一度担当カウンセラーに本音を話してみると落ち着くと思います。

 

 

脈ありで絶対大丈夫と思った告白だったのに振られたとき

大丈夫だと思っていた人に振られて怒る

 

これで決めると意気込んで、デートでも好印象を持ってもらうために色々工夫を凝らしたり、相手の趣味に合わせて自分もアクティビティを始めてみたりと、真剣交際につなげるための努力を重ねて万全を期したのに振られてしまったら、ちょっと立ち直れないと思います。

 

想像するだけでも胃がキリキリします。

 

自分を責めたり相手を責めたりしても解決しませんので、ここは縁のないお付き合いをこれ以上続けなくてよくなったとポジティブに受け入れたほうが良いかと思います。

 

婚活に疲れたと感じた時の対処法

友達と遊ぶ女性

 

婚活をしてもなぜかうまくいかない、理想の相手とマッチングしても両思いになれない……そんな恋が続くともうダメかもと思ってしまい、婚活のモチベーションを維持できなくなってきてしまいます。

 

恋をしているときは世界のすべてが色鮮やかに見えて何をしていても楽しいと感じます。

 

しかし、失恋したときや恋愛にすら辿り着けない期間が長く続いたりすると、世界が灰色に感じることでしょう。

 

そんな時は一旦恋愛から離れて、友達と一緒に思いっきり遊んだりして気分転換をするのも一つの方法です。

 

 

恋愛や婚活に疲れてしまった人がとった気分転換のおすすめ方法

 

人に合わせていた習慣をやめた

犬と遊ぶ女性

 

恋愛をしていると相手に合わせて自分を押し殺したり、仲間内でも雰囲気を壊さないようにと周囲の顔色を窺って発言したりしていると、自分が疎かになってしまい疲れてしまいますし、ネガティブな思考に陥りがちです。

 

自分に素直に生きることが内側からのエネルギーを輝かせて魅力ある人と思われる秘訣です。

 

まずは、人に合わせることを止めて自分がやりたい、言いたい、ということを大事にしましょう。

 

気分転換に新しい趣味を始めた

新しいことを楽しむ女性

 

新しいことを始めると、覚えることがたくさんあり落ち込んでいた脳みそを活性化してくれます。

 

恋愛で疲れてしまうと脳みそがやる気をなくし停止状態になってしまい日ごろの生活にも身が入らなくなります。

 

一旦別の環境に身を置き、そのことに集中することで頭がクリアになり日々の生活にも活力が触れてきます。

 

新しいことを覚えようとするとセロトニンやドーパミンが分泌されやる気が出て表情に力が出てきます。

 

やはり人は活力のある人に惹かれてきますので自然に良い出会いがあるかもしれません。

 

不満に思っていることなどを書いて燃やした

書いたものを燃やす女性

 

イメージワークの一環になりますが、自分の嫌なところ、不満に思っていること、ありったけのネガティブを紙に書き出して、燃やしてしまうと結構気分がすっきりするものです。

 

自分の想いを書き写したものを燃やすという行為で破壊すると、脳みそがこれは燃えて消えたと判断して頭の中にあった負の感情も肺になって小さくなってしまいます。

 

その灰もイメージの中で風に飛ばされて空へ還ってしまったイメージをすると本当に消えてしまいます。

 

紙に書いて眺めてみるだけでも意外に効果があるものです。

 

自分の中で大きな問題と思っていたことでも、紙に書いて言葉にしてみると大したことが無いように感じることも多いようです。

 

お金もかからないですし、試しに感情の赴くままに書いてみるのも案外すっきりするものです。

 

婚活に疲れたと感じるとき 結婚したいアラサーの悩みのまとめ

婚活をして結婚した女性

 

結婚すると意識していると、ふとした出来事でもチャンスに結びつけられることもあります。

 

焦っていると婚活アンテナの感度は落ちますので、万全の状態で婚活ができるといいですよね。

 

全く焦るな、というわけではありませんので、自分の身の回りに起こることは良い悪いはありません。

 

判断しているの自分ですので、あるがままを受け入れて素直に生きる、ということが疲れず婚活をする一番の秘訣かもしれません。

 

あなたにはあなたの結婚があります。

 

安心して自分の婚活を続けましょう。

 

 

セレブ婚活のスターマリアージュ青山

Sotaro