婚活ブログ

セレブ婚活ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お見合いのコツ
  4. 私が結婚相談所でスピード婚するまでに学んだコト
青山の結婚相談所でスピード婚したひかるさん

私が結婚相談所でスピード婚するまでに学んだコト

青山のセレブ婚活スターマリアージュ青山です。

スピード婚の体験談を聞いたところで読んだところで、自分には全く関係のない体験話と思っていないでしょうか?

確かに結婚相談所に入ったところで、誰もが皆、運命的な〝スピード婚〟が経験できるわけではありません。

結婚相談所に入会してすぐにスピード婚で成婚退会出来る人は本当に一握りです。

その方の運命とタイミングが良かったとしか言いようがありません。

入会時から起算して成婚までの期間が短いという意味のスピード婚ではなく、お付き合いをした相手ととんとん拍子で成婚まで進むことをスピード婚というのであれば、結婚相談所でのスピード婚の確率はとても高いでしょう。

結婚相談所を用いらないで、お付き合いした男女よりはよっぽど結婚は早い傾向にあります。

どちらを選ぶのかはあなた次第ですが、結婚を意識し出してから動くのであれば、やはりなるべく早めに結婚を決めたいと思うのが一般的な皆さんの心理なのではないでしょうか。

特に女性は出産を考えているのであれば、だらだらと時間だけがただ過ぎていくような付き合いは得策ではありません。

本日ご紹介するひかるさんもスピード婚を経験したおひとりです。

プロポーズ時には「まさか自分が!」と、とても驚かれていましたが、スピード婚を成功させたノウハウを教えて頂きました。

本日はこちらをみなさんにシェアしたいと思います。

結婚相談所でスピード婚に成功した女性

大手保険会社勤務で年収500万円の女性。年齢は33歳です。

身長160cm、健康的な体型のひかるさんは黒髪ヘアが似合うとても可愛らしい女性です。

色白で目がくりくりしていて、笑うととびっきり美しい歯に誰もが憧れを抱きます。

小さい頃からずっと剣道をしているそうで、常に礼儀正しくしっかり者で心優しい真面目な女性です。

国立大学出身の彼女はまさに良家の子女という言葉が似合います。

過去の婚活での苦悩

彼女は長い間、婚活パーティーなどを利用した婚活で悪戦苦戦していました。

優しいので相手の気持ちを先回りして考えすぎていたのかもしれません。

それが仇となって空回りする事がよくありました。

お相手の男性からは

  • 〝優しいんだけど、ガードが固すぎる〟
  • 〝真面目すぎて面白味に欠ける〟
  • 〝しっかりし過ぎて恐縮してしまう〟

などと言われてしまっていました。

確かにガードが固すぎると、相手のテンションが下がってしまうことはよく聞く話です。

隙がありすぎるのも問題ですが、恋愛には多少の隙を作ることも必要です。

男性に思わず「守ってあげたい!支えてあげたい!」と思わせることが時には必要なのです。

強さだけを見せるのではなく、自分の持っている弱さを少し見せるだけで、もしかすると違った未来があったかもしれません。

お互い好きで付き合っているはずなのに、上手に甘えられなかったひかるさん。

男性に警戒心が強すぎて先に進めそうにない関係(交際)だと思われてしまい、いつも早い段階で交際終了の連絡が入ってしまいました。

交際してもなかなか続かないことに、ひかるさん自身もかなり参っていました。

彼女もしまいにはテンションが下がってしまうことに。

何度かカウンセリングを行い、少しずつで良いので甘える練習をするところから始めました。

そうすると、今まで長続きしなかった交際が1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と続くようになっていったのです。

同時交際が3人いる中で、新たに出会った圭さん(36歳、外資系投資銀行勤務年収1000万)とスピード婚を果たしたのです。

スピード婚実現のために実践したポイント

※下記はご本人からのメッセージです。

私は真面目だけが取り柄で、容姿も恐らく可もなく不可もなく至って普通‥だと思っています。

謙虚とかではなく本当にそうなんです。

まわりに美人がいる環境なので、食事会なんかでは自分が引き立て役になることも多々ありましたし笑

まわりはすんなりと結婚を決めていく中で、私は努力しないと結婚できないんだろうな、と思い自分を奮い立たせて結婚相談所に入会しました。

相談所に入ればなんとかなると思っていましたが、それは甘い考えでした。

とにかく良いな、素敵だな、と思う人にはライバルが多いこと多いこと。

その中で選ばれなくてはいけないのですから、こんな普通の私がどうやったら選ばれるのかと頭を使いました。

お付き合いした相手としっかり向き合いたいから真面目に接していたものの、真面目すぎてちょっと‥‥と振られた時は衝撃的でした。

その1 真面目に考え過ぎず自然体で接する

真正面から相手にいきすぎたんでしょうね。

カウンセリングの時に、「少し甘えてみては?」というアドバイスをしてもらった時は眼から鱗でした。

そもそも甘え方がよく分からなかったし、あざとく甘えている自分が気持ち悪く感じたのですが、教えてもらった〝甘え〟は私の想像していたのと違うことにも驚きました。

出来ないことは出来ないと伝える。決して強がらない。自然体でいること。

これだけで良いの?と最初は思いましたが、実際にやってみると私自身男性との付き合いが楽になったなと感じました。

知らないうちに、今まで気負いすぎていたんでしょうね、きっと。

強がってたのが相手に伝わっていたんだなと思います。

何人かとお付き合いしていく中で、圭さんに出会った時に〝あ!この人に会うために甘える練習をしたのかな〟と感じました^_^

そう思うくらいに全てがとんとん拍子だったので。

スピード婚は離婚率が高いとか続かないとか言う人いますが、そんなのは結局は本人達次第。

付き合っていく中で見極めましたし、お互いの価値観の相違をしっかりとすり合わせました。

付き合いは短いですが、込み入った会話を始め、とにかくとことん話し合いました。

結婚後も恐らく価値観の相違は出てくると思います。

でも、ベースとしてここまできちんと話し合えたのですから心配はしてません。

長く付き合ったって価値観の相違くらいいくらでもあるでしょうし。

その2 話し合ってお互いに譲り合う

大切なのは話し合うこと。

そしてお互いが思い合って譲り合うことだと思います。

私にはスピード婚が合っていました。

婚活時は辛い時もたくさんありましたが、今こんなに幸せならやっぱりあの時頑張って良かったなと心から思います。

本当にありがとうございました。

まとめ

ひかるさんは圭さんと付き合ってからわずか1ヶ月半で婚約、そしてご成婚されました。

数ヶ月前まで婚活が上手くいかず泣いていたのが嘘のようです。

また、今回のようにちょっとしたことを実践したことによって大きく未来が変わることもあります。

ついつい無理して何でも頑張りすぎてしまう方は、ちょっと相手に甘えたり隙を作ってみるのも良いかもしれません。

好きな人から頼られて嫌がる男性はいませんから。

ぜひ実践してみて下さいね。

最後に、スピード婚はまだ相手のことがあまりよく分かっていない状況でまっしぐらに進んで行くことになりますので、人によっては危うい反面もあることを心のどこかに留めて置いて頂ければ幸いです。

関連記事

プロフィール

プロフィール

当社HPにお越しくださり有難うございます。婚活カウンセラーの松岡利恵子と申します。
高学歴高年収カップルのご成婚において当社は数多くの実績を誇っております。
オンラインカウンセリングにも対応しております。

検索

アーカイブ