7月 | 2019 | アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:婚活アドバイス

 

いつもはエリート男性と結婚するための女性向けのHow to記事や女性が不安に思う婚活記事を中心に書いてきましたが、本日は視点を少し変え、男性が感じている結婚に対する焦りだったり不安な気持ちを書いてみようと思い立ちました。

 

ありそうでなかった、エリート男性の婚活に対する不安を書いた記事。

 

検索してみると意外にも少ないことに驚きました。

 

でも女性同様、彼らも将来に対する不安な気持ちが当然あります。

 

エリート男性から実際に聞いた、生の不安の声をしっかりお伝えしたいと思います。

 

 

エリート男性だって本当は結婚に対する不安でいっぱい!

結婚を不安に思うエリート男性

 

そう、エリート男性であろうがエリート女性であろうが、人は誰しも結婚に対して多かれ少なかれ必ず不安を感じています。

 

それもそのはず。

 

だって結婚は一生のことですから。

 

一生を掛けて、結婚をした相手と添い遂げなくてはいけません。

 

恋愛とは全く違う、責任が伴ってきます。

 

具体的に彼らは結婚に対して何を不安に思っているのか、

 

8つに分けて書いてみました。

 

今の年収を今後も維持していけるか

 

今は何千万と稼いでいても、その先の保証は何もありません。

 

何かのきっかけで、一寸先は闇とばかりに一文無しになる可能性だって0ではないはずです。

 

結婚を決めるということは、(殆どの方は)妻や子供を責任を持って養っていかなくてはいけないという思いがあるでしょう。

 

その為には安心な生活するために、十分な貯蓄だって必要となってきます。

 

そして、例え年収があったとしても貯金が全く出来ていない状態の場合、結婚よりも先に貯金をすることに意識が向くようです。

 

貯金が無いのに結婚はやはり恥ずかしい……。

 

彼女に、なんて言ったらいいのか分からない。

 

笑われるかもしれないし、呆れられるのかもしれない。

 

その歳まで仕事してたのに、なぜ貯金してなかったの?!そんなことを言われるくらいなら先にしっかり貯金をして結婚に臨もう!

 

こう思うのも十分に理解ができます。

 

どちらにせよ、結婚生活は何かとお金が掛かってきます。

 

上記でもお伝えしましたが、今稼いでいる年収だってこの先は分かりません。

 

結婚、将来に不安を感じる一番の心配事と言っても過言ではないでしょう。

 

彼女が自分の親と仲良く出来るか

旦那様のお母さん仲良しと

 

親と仲良く出来るか、これも不安材料のひとつでしょう。

 

結婚したからには一生関わっていく大切な義理両親です。

 

嫁姑問題もよく聞きますが、自分の結婚相手には絶対に仲良くしてもらいたいも誰もが必ず思うはずです。

 

自分の親とウマが合うか?

 

ケンカや言い合いにならないか?

 

そういうところもお見合いの段階で確実にみられています。

 

もしどこかのタイミングで、お互いの両親や家族の話題になった時は、どちらの親も心から大切にしたいという気持ちもさりげなくアピールした方が賢明でしょう。

 

結婚後、彼女(妻)の性格が豹変しないか

 

これを恐れている男性は意外に多いのです(汗)

 

というのも周りにいる結婚している人たちから色々な情報を耳にするので、嫌なイメージばかりが先行してしまっているのかもしれません。

 

怒った時の女性はなんて言ったって恐い……。

 

時には怒りの収拾がつかくなる女性もいらっしゃいます。

 

これから先、何度もこういう事が起きるのではないか?

 

一度あることなら二度目もあるのではないか?

 

ケンカばかりの結婚生活になったらどうしよう。

 

既婚者たちから聞いた結婚後のケンカ話と自分を重ねて見てしまうこともあります。

 

もしかしたら将来自分もそうなるのではないかと感じてしまうとなかなか結婚の一歩を踏み出せないようです。

 

女性は子どもを妊娠、出産すると頭の中がガラッと育児モードに切り替わります。

 

性格が豹変する、しないは人それぞれですが、これを恐れている男性が多いのなんのって。

 

取って食われるわけではないのに、その恐怖の感じ方は聞いているこちらも驚くほどです。

 

パートナーになる女性には、出会った当初の可憐で明るく優しいままでいて欲しいと思うようです。

 

もちろん出会った当初から変わらない女性だってたくさんいらっしゃいます。

 

でも、実際は結婚してみないことには分からないことでもあります。

 

強い女性(精神的に自立している)は好きだけど、強過ぎる女性は考えてしまうようです。

 

自分のお金だけが目当てではないのか

エリート男性が稼ぐお金

 

高年収のエリート男性は出会いも多く、女性も選びたい放題の方が多いんです。

 

そして、女性からのお誘いも本当に本当にたくさんあります。

 

結婚相談所に入会され活動しているエリート男性を見ていても、申し込みの数はとっても多いのです。

 

しかし、お金を稼いでいるが故の問題、それは女性がお金目当てなのではないのか?ということです。

 

高年収のエリート男性ほど、近付いてくる女性がお金目当てかどうかは冷静にジャッジします。

 

考えてみたら当然のことですが、自分が今まで汗水流して稼いだお金を湯水の様に使われるのは決して気持ちのいいものではありません。

 

家庭すら機能しなくなる可能性だって無きにしも非ず。

 

心から自分のことを愛してくれて、大切にしてくれる女性だけを強く求めています。

 

肩書きや条件だけで判断はして欲しくない、

 

純粋な気持ちで恋愛して結婚したい。そして心が欲しいのだと。

 

愛されたいと思う気持ちは男女関係なく同じなんです。

 

心から好きになれる人に出会えないのではないか

 

結婚はしたい。幸せにもなりたい。

 

でも、婚活をしていく中でピンと来る女性になかなか出会えない。

 

自分は結婚に不向きなのではないだろうか。

 

こう感じている男性は多いのです。

 

周りにすでに結婚している人が多いと、尚更焦りと共にそう感じてしまうようです。

 

女性でもこれは同じですよね。

 

大切なことは、ピンとくる運命の人に出会うまで、とにかくお見合いで出会い続けていくのが大切ではないかと思います。

 

そもそも結婚にどのくらいの覚悟を持てばいいのか分からない

 

人生の大きなターニングポイントでもある結婚。

 

結婚はしたいけど、その為の覚悟というものがいまいち分からない。

 

覚悟って何?

 

覚悟と言っても様々な覚悟がありますが、要は妻となる女性と一生添い遂げること。

 

何があっても(精神的にも金銭的にも)支えていくんだ!という強い気持ちです。

 

もちろん、パワーバランスがどちらに傾いてもだめ。

 

お互いが助け合えるということが大前提です。

 

これはあくまで私が今まで見てきた男性に共通することなのですが、覚悟が出来ると男性の行動はとてつもなく早いのです。

 

ご自身の友人などを思い描いてみて欲しいのですが、男性はいざ結婚をしようと思うと行動や展開が早くないでしょうか?

 

あれよあれよという間に結婚まで進んでいたりなんてことも。

 

覚悟をいつするかは人によって異なってきますが、自分自身の中でその覚悟を決めた時が結婚の最適なタイミングなのではないかと思います。

 

要するに、覚悟がどんなものか分からないというのは、まだ自分の中で結婚する気持ちが整っていない状態ということです。

 

 

「Time is money」のエリート男性が苦手に思うこと

仕事に打ち込む男性

 

感情だけで会話をしないで欲しい

 

言い合いになると、多くの女性は感情が優先して論理的に話ができなくなることに男性は辟易してしまうようです。

 

感情だけ先走って文句を言われてもさっぱり訳が分からないと。

 

問題点があればその問題点であるポイントを具体的に話して、ふたりで解決方法を見出して行きたいそうです。

 

LINEや電話でこまめな連絡は取れない

 

LINEや電話は面倒、それなら会いたい。

 

女性は日々のちょっとしたことをLINEなどの連絡ツールを使って少しずつ二人の距離を縮め、二人の温度をあたためていきたいと思っています。

 

かたや、男性はそういう事は苦手だと感じる人が多い印象です。

 

女性からしたら少し寂しい気持ちもしますが、高年収のエリート男性ほど、こういった考えの方が多いのです。

 

そして、好きになったらLINEでちょこちょこ連絡を取るくらいなら、会える時に会いたいと思うようです。

 

 

エリート男性が結婚に感じる不安 まとめ

結婚に悩むエリート男性

 

エリート男性ならではの悩みをお伝えしましたが、男性女性共に共通する部分も多かったのではないでしょうか?

 

高年収のエリートだからといって、結婚に対して悩みが全くないなんてことはありません。

 

男性は女性が思っているよりもシャイで自分の気持ちを言葉にするのが苦手なタイプの人がとても多いのです。

 

現在お付き合いしている方が、結婚の何について不安を抱いているのかはそばにいるあなたが一番分かるのではないでしょうか?

 

そういう気持ちを汲み取って接していけば、必ずお互いにとって良い方向に進むはずです。

 

 

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

 

 


テーマ:婚活アドバイス

 

※過去のアメブロ記事を再編しております。

 

結婚相談所でのお見合いには幾つかの大切なルールやマナーがあります。

 

お見合い成立からお見合いに至るまでの仕組みや、それに関するアドバイスをまとめてみました。

 

初対面の男女が相談所を通してお会いする予定を組んでいきますので、当然そこには最低でもご自分、ご自分が所属する相談所の担当者、お相手とお相手が所属する相談所の担当者等々、複数の人間が関わってくることになります。

 

しっかりルールを守りお互いがお互いを配慮することによって気持ちよくお見合いに向かう事が出来るのではないでしょうか。

 

良いお見合いが出来れば、自然に良いご交際、そして良いご結婚にご縁がつながっていくものだと思います。

 

 

お見合いが成立したら

まずは日程調整

お見合い調整をするパソコン

 

お見合いが成立しますと早速、私達カウンセラーが日時場所の設定に入ります。

 

そこで、原則はご承諾側が優先して希望日時を出せるということです。

 

勿論、出されたお日にちが折り合わない場合には再調整致しますので今度は承諾側に余裕があるならお申込み側にお日にちを出して頂きましても良いのです。

 

場所はご承諾側が希望を出すことができます。

 

遠方の方同士がお会いする場合にもお申込み側がご承諾側に出向くことが原則になります。

 

ただし、中間地点でお会いしてもOKですよ、とご承諾側が申し出ればそのようにすることもあります。

 

お見合い成立後はお互いに思いやりを持ち、譲り合いの気持ちを持って頂ければと思います。

 

せっかく決まったお見合いなのに、お互いが主張し合ってお会いする前からテンションが下がれば、会いたくない気持ちも出てきますので無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

 

あくまでも、原則はお申込み側がご承諾側に合わせる、こちらを頭に入れて注意しながらご活動ください。

 

 

お見合い場所につきまして

お見合い場所のセルリアン

 

婚活初心者の方にご質問されることが多いお見合い場所をお知らせ致します。

 

会員様がお申込みしたりお申し込みをご承諾されてお見合いが成立致しますとここからは、日時と場所の設定に入ります。

 

これは、私達担当カウンセラーやあるいはスタッフが調整致しますのでご心配なく。

 

ご承諾側が(お見合いを申込みされてOKした側)だいたい第三希望までお日にちとスタート時間をシステムに書込みます。その際、ご都合の良い場所(都内でしたら渋谷、新宿、東京駅や銀座等駅付近)をお知らせ頂けるととても助かります。

 

☆渋谷でお見合いの多い場所
渋谷セルリアンタワー東急ホテル
渋谷エクセルホテル東急
☆新宿でお見合いの多い場所
新宿京王プラザホテル
小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
☆銀座・日比谷近辺でお見合いの多い場所
帝国ホテル
☆東京駅でお見合いの多い場所
丸の内ホテル
東京ステーションホテル

 

他にも多数ありますが、大雑把に挙げるとこんな感じです。

 

フロント前、ラウンジ入口前でのお待ち合わせと予約席でのお待ち合わせがあります。

 

予約席でのお待ち合わせは男性がご予約を取ってくださる場合が多いです。

 

勿論こちらが承諾側でしたら可能な限り、当方で事前にお席の手配も致します。

 

ケーキセットやチャージ代等オプションサービス付きでのみ予約を受け付けているラウンジもありますので、女性側からそういった場所をリクエストすることはほとんどありません。

 

それでも周りの目が気になったり静かにお相手とお話したい場合は女性から多少のリクエストをするのも有りだと思います。

 

ただし、支払いは基本男性となりますので、あまりにお茶代の高級過ぎるお店は避け、感じが良くて静かなのにお値段は相場くらいというお店が良いと思います。

 

意外と、ホテルのラウンジや喫茶室は周りの会話が聞こえてしまいます。

 

両隣ともお見合いだったということは多々ありますので、会話に集中できなかったという感想を持つ方もいらっしゃるようです。

 

お互い様ですから、できるだけ気になさらないことが一番だとは思いますが。

 

お見合い場所も、男性が段取りを決めて上手にエスコートしてくださると女性は嬉しいですね。

 

 

お見合い当日のアクシデント

お見合いのコーヒー

 

ここで当相談所で実際にあったエピソードをご紹介致します。

 

ある日、平日にも関わらずお仕事後のお見合いが1件ありました。双方の予定を摺り合わせしますとたまには平日夜のお見合いもあります。

 

お仕事後のお見合いとなりますのでいつも以上に心配です。

 

お見合いに遅刻は厳禁。

 

どんなご理由があっても早く着く事が原則ですが、そうは言いましても、交通機関の乱れや仕事が長引きどうしても遅刻してしまうことは絶対にないとは言えません。

 

今日は、その遅刻を当方の会員さんがしてしまいました。

 

しかもお相手の会員さんは他社様の女性で今日は初めてのお見合いとのこと。

 

これがきっかけで婚活は嫌だなんてことになったら責任重大です。

 

会員さんにはこう申し伝えました。

 

お会いしたらとにかく誠心誠意謝ってください、と。

 

なにせ20分もの大幅遅刻。

 

勿論お相手の方には20分程度遅れてしまいますがお待ち頂けますかと確認はしましたが。

 

そして、その会員さんはきちんとやってくれました。

 

平謝りで謝ってくださって悪い印象はなかったようです

 

そして、お見合い後勿論当会の会員さんは交際希望のお返事。

 

どんなお返事が返ってくるのかわかりませんが、とにかくヒヤヒヤ致しました。

 

 

後日談と遅刻トラブルの際の対処法

婚活で出会った仲の良い恋人

 

前述の男性が遅刻をしてしまったお見合いの後日談です。

 

なんとこのお見合いは目出度く交際となりました。

 

やっぱり真剣に謝るとわかってもらえますし、そんな状況にもかかわらず終始笑顔だった女性は株を上げました。

 

こういうアクシデントのある出会いを幸運に結びつけることも出来るのですね。

 

もしかすると、もしかしてこのままご成婚になるかもしれません。

 

静かに見守りたいと思っています。

 

今回の成功ポイントは

 

遅刻はしてはいけない

誠心誠意謝ったことで印象を逆転させた

 

こんな感じでしょうか。

 

 

お見合い後のお返事の期限

 

上記エピソード内の会員様は無事交際へと至りましたが、一旦お話をお見合いのお返事に戻してみましょう。

 

お見合い後のお返事はibjの規約では会員様から相談所へはお見合い翌日13時までのご連絡、相談所同士でのお返事は翌日17時までと期限が決められています。

 

スターマリアージュ青山の会員様にはこの規約は、ご入会時に重要事項としてお伝えしますので余程のご事情が無い限り、皆さん必ず守ってくださっています。

 

せっかくお見合いをして素敵な方だと思っても、肝心のお返事が遅かったら…

 

すっかりテンションが下がってしまいます。

 

この時のお返事は、またお会いしてお話やデートをして相性を確かめたいのかどうか、です。

 

結婚云々はまだまだ先のお話ですから余程相性が悪い方でなければもう1度はお会いしてお話してみたらいかがでしょうか。

 

何はともあれ、返事が遅い方に自分の人生を賭けてみようとは思えないのが人情です。

 

先方からのお見合い申込みをご承諾するのもそうですが、タイミングをはずすことは時としてお相手に失礼な人と受け取られてしまいかねません。

 

ほんの少しのタイミングのずれが全てを壊してしまうのがお見合いの難しさです。

 

まずは、規則を守ってご活動の期間は出来れば短く気持ち良く終える事が一番だと思います。

 

 

まとめ

ルールやマナーを守って結婚した

 

 

幾つかのチェックすべき点のアドバイスを記載致しましたが如何でしたか。

 

お見合いの調整などに関しましては当然ルールを守るべきですが、お互いにイレギュラーな事情が発生することもあります。(自分が申し込み側だけれども、直前まで仕事のためお見合い場所を出来れば合わせて欲しい等)

 

そんな時はルールに縛られすぎず、おおらかな気持ちでそのご事情を受け止めていただければ幸いです。

 

やむを得ないご事情がある際は是非遠慮せずにご相談下さい。

 

お相手へのご配慮を忘れない上で、臨機応変な対応もさせていただきますのでご安心下さいませ。

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山


テーマ:婚活アドバイス

 

幸せな結婚とは何か?

 

これを考えれば考えるほど答えが分からなくなってしまうかもしれません。

 

言わば、万国共通の永遠のテーマなんだと思います。

 

何を持って幸せな結婚と言えるのか。

 

地位、権力、年収、性格、愛情、容姿、学歴など……。

 

幸せの定義は人それぞれです。

 

全ての条件を満たす相手との結婚を望む方も当然いらっしゃるでしょう。

 

そのような結婚は魅力的ですし、誰もが心から憧れるかもしれません。

 

ですが、多くの方は全ての条件を満たした人を手に入れる結婚は出来ません。

 

では、見方を少し変えてみましょう。

 

全てを手に入れられないとするのなら、どこの部分を最優先させますか?

 

どのポイントがご自身の結婚に対する絶対条件でしょうか?

 

消去法と言うと聞こえが悪いかもしれませんが、優先順位を明確にさせると言う点で考えるならこれは大切なことなのではないのでしょうか。

 

高学歴だからと言って、高収入とは限りません。

 

好みの容姿であっても、中身があなたにとって合わないのであれば結婚生活を続けていくことは残念ながら難しいでしょう。

 

経験上、あれもこれも欲しいと思っているうちは婚活はうまくいきません。

 

(彼氏・彼女に)幸せにしてもらおうと思っているうちもうまくいきません。

 

ここは男女関係なく、ふたりで幸せになろうというお互いを思い合う気持ちが幸せな結婚へと繋がっていくのです。

 

これから、男性・女性共に共通する幸せな結婚をするために大切なことをお伝えしたいと思います。

 

ツライ婚活を乗り越え結婚したカップル

 

幸せな結婚をするための7ケ条

①心で感じること

自然の中で幸せを感じる女性

 

過去の記事で何度も口酸っぱくお伝えしていますが、頭で考えるのではなく心で感じることが重要です。

 

なぜこんなにも私がここに拘るのか……。

 

それは過去に私自身が失敗をしてきたからです。

 

頭で考えているから恋愛がうまくいかない。

 

当たり前ですが、相手も心があります。

 

打算だけの気持ちなんて、いとも簡単に相手にすぐに見破られます。

 

結婚だけではありません、これから先ご自分が人生の岐路に立った時、何かを決断しなければならない時、どんな時も心で感じることをおすすめします。

 

やっぱり頭で考えているうちは絶対にうまくいきません。

 

もちろん、時には考えて賢く動くことは重要です。

 

ただ、最後の最後では必ず心の感じるままに決断、そして行動をして下さい。

 

②自分を大切にすること

 

婚活や結婚を充実させたいのであれば、まずは自分を大切に扱うことです。

 

そして自分の力、可能性を最大限に信じてあげることです。

 

心に蓋をしてしまう癖がついていると、自分を信じる力が弱まってしまいます。

 

自分を信じられないことには、素敵な結婚も難しいでしょう。

 

何より、自分に自信がない人と結婚したいと思うでしょうか?

 

誰になんと言われようと、「自分は絶対にうまくいく」という気持ちが大切なのです。

 

根拠が無くてもいいんです。

 

まずは自分を心の底から信じて、大切にすることから始めましょう。

 

③相手の全てを受け入れること

全てを受け入れあっている恋人

 

相手をコントロールしようとする事ほど愚かなことはありません。

 

そもそもコントロールしようとする、そのエネルギーが無駄以外の何ものでもありません。

 

育ってきた環境が違うのですから、価値観がぴったり合うなんてことはほぼありえません。

 

ではどうしたら良いでしょうか?

 

それは相手をそのまま受け入れてしまうことです。

 

決して変えようとはせずに。

 

自分の型に相手を押し込めようとすればするほど、相手はあなたから逃げ出したくなるでしょう。

 

そんな現実、誰も望んではいませんよね?

 

なので、まずは相手をまるごと受け入れて、譲れない所は話し合って歩み寄るべきなのではないかと思います。

 

相手を変えようとすると苦しくなってしまいますが、受け入れてしまうと案外客観視して見れたりもします。

 

ただし、その相手がまるごと受け入れるに値する人なのかどうかはくれぐれも慎重に判断をしなければいけません。

 

④相手の心にただただ、寄り添うこと

 

結婚してからが本当のスタートです。

 

優しい、素敵な時間ばかりではありません。

 

時にはぶつかること、空気が悪くなる瞬間だってこれから幾度となくあるでしょう。

 

でも、それが普通なんです。

 

相手が何か問題を抱えている時、男性はそっとして欲しい場合が多く、逆に女性は話を聞いてもらいたい場合が多いです。

 

どちらにせよ、相手の心に寄り添うことでふたりの夫婦としての絆が更に強くなるでしょう。

 

どうか、個人の問題と思わず夫婦ふたりの問題だと思って、おふたりで乗り越えるようにしてみて下さい。

 

結婚生活はすべて夫婦ふたりの責任です。

 

どんな時もふたりで責任を持つという気持ちも忘れずにいることも大切です。

 

そこを乗り越えた先にはさらに強い絆となっていますから。

 

⑤お互いを尊敬すること

眩しい光に愛を感じる

 

尊敬のない結婚ほど虚しいものはありません。

 

相手を尊敬していない場合で、相手が何かにつまづいてしまった時、どうしても相手を小馬鹿にした態度を取ってしまったりします。

 

それもかなりの高確率で。

 

それが何度も続いてしまうとストレスも当然溜まりますし、離婚までのカウントダウンが始まってしまうでしょう。

 

だって、お互いにとってそれがベストで居心地が良い関係とは決して言えないからです。

 

尊敬しているからこそ、日々の出来事に感謝出来るのです。

 

尊敬しているからこそ、ふたりの関係をより良いものにしようと切磋琢磨し合えるのです。

 

尊敬する気持ちは結婚しても一生大切にしてもらいたいと思います。

 

⑥好きな人と結婚すること

 

好きな人と結婚することは本当に幸せなことです。

 

人はいくつになっても恋愛が出来ますし、その気持ちを持ち続ければ必ずどこかのタイミングで好きな人に出会えます。

 

この人となら苦労を一緒に乗り越えていけると思う人と結婚出来たら、こんな幸せなことは無いのではないでしょうか。

 

それに好きな人と結婚することによって、精神的にも安定した日々を過ごせるようになるでしょう。

 

好きな人といつ出会ってもいいように、その方と結婚するために日頃からご自分を磨いておきましょうね!

 

⑦ふたりの未来を明確にすること

唯一無二な人からのラブレター

 

結婚することに焦点を置いて、肝心なその後の生活についてきちんと話し合わないまま結婚してしまうカップルが中にはいらっしゃいます。

 

結婚後に擦り合わしていくのでも良いのですが、交際の段階から話し合うことをおすすめ致します。

 

結婚相談所に入会し、活動されているのであれば比較的こういった類の話はしやすいのではないでしょうか?

 

デートの時間を無駄にせず、以下のような内容を積極的にお話しください。

 

  1. どんな家庭を築きたいのか。
  2. 仕事はどうするのか。
  3. 休日の過ごし方。
  4. 旅行の頻度。
  5. 子供を作るか作らないか。
  6. 貯蓄の仕方やお金の使い方。
  7. お互いの収入をどう分けるのか。
  8. 家事の分担はどうするのか。 等々。

 

結婚して夫や妻になった後に、こんなはずじゃなかった!という双方の価値観のズレや違いを防ぐ為にも、またふたりにとって幸せな未来を歩むために必要で大事な話です。

 

価値観のすり合わせにもなりますので、ぜひふたりの未来像を共有し合ってみて下さい。

 

 

結婚前に考えて欲しい大切なことのまとめ

幸せな家族

 

幸せな結婚の定義は人それぞれですが、今回は幸せな結婚をするために皆さん全員に共通する大切なことを書いてみました。

 

理想の結婚相手と出会うには、まず自分の中で結婚生活に何を求めているのか明確にする必要があります。

 

ここが決まったなら後は運命の人に出会うために突っ走るのみです。

 

時には壁にぶつかって辛く悲しい思いをしてしまう事もあるかもしれません。

 

それでも、「自分なら絶対幸せになれる!」という強い気持ちを持って婚活を続けていけば、時間がかかっても必ず光が見えてきます。

 

もちろん、結婚がゴールではなく結婚したその先も生活が続いていくわけです。

 

二人が幸せでいあることに対していつまでも貪欲でいてください。

 

そして、常に自分の力を全力で信じていきましょう!

 

いつも応援しています。

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山


テーマ:婚活アドバイス

 

高年収エリート女性がモテない理由

仕事をする高年収エリート女性

 

高収入、高学歴、エリート……

 

今や男性だけでなく女性もこの三拍子そろった素敵な条件をお持ちの方は世の中にたくさんいらっしゃいます。

 

それに加えて美人、可愛いなどの魅力的な要素も加わればモテてモテて仕方ないと思うのではないのでしょうか?

 

恋愛と結婚は別物と言いますが、実は女性だけではなく男性にとってもそうなんです。

 

ですから、経済的に自立している高年収女子が婚活をされているのであれば、少しばかり辛い思いをされてしまうこともあるのです。

 

結婚相談所でも例外ではありません。

 

というのも、お金を稼ぐいわゆるバリキャリといわれる女性は男性から敬遠されてしまうことがあるのです。

 

(最近は急激に価値観が変わって来ていて、稼げる女性が良いと仰る男性が増えているのも事実なのですが…)

 

せっかく苦労して手に入れた今のキャリアや実績があるのに、婚活に限ってこんなことがあるって納得いきませんよね。

 

勉強や仕事を必死で頑張ってきたのですから、恋愛だって妥協したくないはずです。

 

ましてや一生を左右する結婚であれば尚更です。

 

ですが、男性はみんなとてもプライドが高い生き物なのです。

 

それは女性が思っている以上に…です。

 

いいなと思っている女性が自分より働いて稼いでいたり、ビジネスで成功していたら、結婚相手としてどうしても見れなくなってしまうのです。

 

口ではどんなに、バリバリ稼いでいて収入のある彼女が良いと言ってもです。

 

どんなに稼いでいても、自分よりは稼いでいて欲しくない。

 

これは紛れもない、しかし決して男性の口からは語られることのない真実です。

 

しかし、女性だってそもそも結婚相手には自分よりも稼いでいて欲しいと思っていますよね。

 

ですから、自分より稼ぐ男性を結婚相手に求めることは正しいと言えます。

 

しかし、そもそも高年収の男女自体が世の中に少ない訳ですから、少ない中で更に対象者を最初から絞っているようなもの。

 

そういうことで、高収入の女性は稼いでいれば稼いでいるほどどうしても出会いの可能性が少なくなってしまうのです。

 

 

高年収女性がパートナーを見つけるコツ

モテることに焦点を置かない

自立した婚活女性

 

高収入の女性、バリキャリの女性がモテづらい。

 

もしくは、お見合いの申し込みが少なくなりがちなのは上記で説明しました。

 

ではどうしたら、実りある素敵な出会いを見つけられるのでしょうか。

 

ひとつの方法は、モテること(申し込みが来ること)を期待しないことです。

 

受身の体制だといつまでも納得いく男性とは出会えないでしょう。

 

モテることに焦点を置くのではなく、自ら積極的に申し込みにいくことです。

 

男性からしたら高収入の女性は高嶺の花です。

 

自分のことを客観視できている男性は軽々しくお見合いの申し込みすらボタンを押せないのです。

 

婚活でモテることはとても重要です。

 

ですが、高収入の女性に限ってはモテるという受け身でいることよりもモテにいくという積極性を大事にしてみて下さい。

 

きっと今より出会う確率はぐんと上がるはずです。

 

 

自分と同レベルもしくはそれ以上の男性を求めるのなら

高年収同士のカップル

 

女性であれば、誰しも男性に守ってもらいたい、リードしてもらいたいとほとんどの方が思うでしょう。

 

そうなると、年収だって男性の方が稼いでいて欲しいと思うのは何ら不思議ではありません。

 

当然といえば当然のお話です。

 

高収入の女性が自分と同レベル、もしくはその上の男性を求めるのであれば覚悟しなくてはならない事があります。

 

それは長期戦ということです。

 

どんなに顔が整っている美人でもです。

 

仮にご自分の年齢が35歳を越えているのであれば尚更時間が掛かることを覚悟してください。

 

高収入の男性は世の中に数パーセントしかいらっしゃいません。

 

弊社の会員様はその上位数パーセントの男性と成婚されていますが、必ずしも全員の方が皆、短期戦で成婚を決めたわけではありません。

 

高収入の男性はいくつになっても選びたい放題です。

 

そう、どの年代からも驚くほどモテるのです。

 

そんなモテる高収入の男性が選ぶ女性は、まだあどけなさの残る20代の女性が圧倒的に多いのです。

 

これは紛れもない事実です。

 

もちろん、中には年齢が近い女性が良い、もしくは年上の女性が良いとおっしゃる男性もいらっしゃいます。

 

でも、それは本当にごく少数なのです。

 

そういう男性と巡り会うことが出来れば一番良いのですが、こればかりはそれを引き寄せるご自身の運の強さも必要となります。

 

どちらにせよ、短期で決まるとは決して考えずに長期戦になることだけは頭に入れて置いて欲しいと思います。

 

 

まずはもう一度条件の見直しをする

申し込みをする女性

 

多かれ少なかれ、誰しも結婚相手に条件があります。

 

私が実際に見て感じたことを書いていきますね。

 

35歳を過ぎている女性に多い、相手に求める条件例

 

・初婚
・大卒or大学院卒
・40歳くらいまで
・年収800万-1000万以上

 

この条件(もしくは近い内容)を設定されている方が非常に多いのです。

 

先程もお話した通り、この条件の男性たちの殆どは20代女性に申し込みをするでしょう。

 

かたや、最近の20代女性の男性に求める条件例は…

 

・初婚or再婚
・素敵な人なら45歳くらいまでOK
・大卒以上、条件により高卒OK
・年収600万以上

 

比較するとわかりやすいかもしれませんが、20代女性の方が結婚相手に対する条件の幅が広いのです。

 

もちろん全員が皆この条件ではありません。

 

ですが、実際に普段から見ていて柔軟に対応していっているのは、意外にも20代女性の方が圧倒的に多いのです。

 

これではどんなに婚活を頑張っても結果が出にくいんです。

 

なぜなら、20代の婚活に対する熱意、勢いが半端ないのですから。

 

一番譲れない条件は外すべきではありません。

 

ただ、それ以外の条件はもう少し緩めた方が絶対に良いのです。

 

求めすぎるのはおすすめ出来ません。

 

若くて何千万と稼ぐ男性がそう多くいるはずはありません。

 

ましてや一度も結婚した事がないとなると、さらに紹介できる人数は限られます。

 

出来る男性は結婚に失敗した過去があったりもします。

 

だからこそ、それをバネに何千万と稼ぐ男性に変身したのかもしれません。

 

一度上手くいかなかったからこそ、相手を思いやる大人の心を学んだかもしれません。

 

離婚した理由はきちんと本人に聞かないと分かりません。

 

もしかしたら、あなたがその離婚理由を聞いて、問題なく受け入れられることだってあります。

 

離婚履歴があるというだけで、憶測で相手を遮断するのは非常に勿体ない気がします。

 

まずはご自分の条件の見直し、何が譲れないのか、一番に求めるものなのかを明確してみてくださいね。

 

 

高学歴、高収入女性に多い落とし穴

ハートで考える

 

高学歴、高収入の女性が一度はハマってしまう落とし穴があります。

 

優秀過ぎるが故の問題なのかもしれません。

 

それは頭で悩みながら婚活をしてしまうことです。

 

条件ばかりにとらわれて、一番大切な心で判断出来ていないのです。

 

頑張って勉強して、一流大学に入学。

 

そして、倍率の高い就活を勝ち取り一流企業に就職。

 

年収だって、エリート男性に負けないくらい稼いでいる。

 

社会にだって貢献している。

 

そうしたら、結婚だって自分の思い描く素敵な男性と結ばれて歩んでいきたいはずです。

 

その為に、決して安くない費用を払って結婚相談所に入ったのだから、その気持ちは半端じゃないはずです。

 

誰よりも強い気持ちで婚活をされているはずです。

 

一流人気企業ランキング上位のエリート会社員や士業などの、誰もが羨む素敵なエリート男性と結婚したいと思うのも十分理解できます。

 

しかし、頭でそう考えれば考えるほど、なぜか婚活は上手くいかないのが現実です。

 

ここがエリート女性が陥りがちな落とし穴なのです。

 

年収だって大切です。

 

イケメンに越したことはありません。

 

学歴だって自分と同等ももしくはそれ以上が良いと思うでしょう。

 

それは誰だって同じです。

 

でも、一番大切なのは、

 

「この人となら苦労を共にできるか」

 

ということなのです。

 

心から好きという気持ちがないと、残念ながら結婚生活はうまくいきません。

 

 

高年収エリート女性の婚活のまとめ

幸せな結婚相手と赤ちゃんを手に入れた女性

 

少し厳しめの内容で記事を書いてしまいましたが、婚活において本当に大切なことを記したつもりです。

 

頭で考えるのではなく、心(直感)で感じてください。

 

ご自身の第六感を信じていれば、絶対に大丈夫です。

 

直感に自信が無いのであれば、磨く方法はいくらでもあります。

 

そして、今このブログを呼んでくださっているあなたが30歳を超えていらっしゃるのであれば、

 

子どもが欲しいと思うのであれば、

 

尚更条件の見直しをしてみて下さい。

 

まずはここからです。

 

その後は自分から気になる男性にアタックあるのみです。

 

待っているだけでは何も始まりません。

 

時には嫌な気持ちになることや、振られてしまうこともあるかもしれません。

 

でもそれは誰しもが必ず経験することです。

 

「そんなこともあるさ」くらいの気持ちで流せれるようになれば心振り回されず穏やかな気持ちで婚活出来ます。

 

大丈夫です。

 

頑張った分だけ、結果は後から必ずついてきます。

 

エリート女性がさらに輝ける婚活を心から応援しています。

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ 青山

 


テーマ:婚活アドバイス

 

本日は結婚相談所で出会ったカップルが、ルールで定める期間内で成婚に至るためのアドバイスをしたいと思います。

 

結婚相談所では3ヶ月ルールというものがあります。

 

ルール通りに、お見合いの日から3ヶ月で成婚を決められれば最高ですが、(実際はもっと早くご成婚が決まるカップルもいます)決められない場合、最長で6ヶ月までは決断を延長することが出来ます。

 

もちろん6ヶ月までOKとは言え、ギリギリ6ヶ月で決めるというよりは少し余裕を持って決断をしたいですよね?

 

期限切れで急かされて、一生に一度の大事な決断をすることは避けて頂きたいし、避けたいと思っているはずです。

 

そうは言っても、簡単にすんなり成婚に進めるカップルと、本当にこの人で良いのか「決め手」がないと悩み続けるカップル(多くの場合、カップルのどちらか一人)がいます。

 

なぜ決められないのか、どうすれば決断できるのか、日々の会員様のご相談事例から見ていきましょう。

 

今、決められないことで悩んでいらっしゃる婚活中の方々の少しでも参考になればと思います。

 

 

なぜ結婚を決められないのか3つの大きな理由

決め手がないので決められない

結婚の決め手がないので悩んでいる

 

結婚に迷う多くの方がおっしゃるのが、この「決め手」に欠けるという理由です。

 

一緒にいてなかなか心地良いし、今まで出会った人の中では多分一番結婚相手として良いのだろうと「客観的に」思うけれど、ではどうしてもこの人でなければいけないという理由も見つからない。

 

この状況で成婚退会することは多くの場合、難しいと思います。

 

なぜならば、自分のことなのに自分事としてに落ちていない」からです。

 

決め手が見つからない、この人が良い理由が見つからない時は、もっと深く相手の本質を知るための行動を起こし、それから決断しなければいけないのです。

 

結婚相談所は期限が定められているからこそ、早く本質にたどり着けるという良さがあります。

 

反対に期限が定められているから、グズグズと一番大事な部分を見せ合わず結論を出さずにいれば、期限切れで最善の答えを出せず終了してしまい兼ねない危険も孕んでいます。

 

決め手がないから決められないという方々の話をお聞きすると、多くの場合ワンパターンのマンネリデートをしていることが本当に多いのです。

 

食事をして、映画を観て、散歩して、、こんなことの繰り返しでは、いつまで経っても結婚が見えて来ません。

 

是非、少し遠出して一日中一緒にいられるデートをしながら、行き帰りや目的地で様々な話をしてみてください。

 

その方が自分以外の人と接する時の眼差しや言葉や仕草をみてください。

 

婚活をしていると結婚がまるでゴールのように思えてしまいがちですが、結婚はゴールではなく、そこから日々の生活が始まるスタートラインです。

 

毎日隣で目覚めても、いつもいつも顔を合わせていても、飽きずに楽しくポジティブに自分らしく暮らせる人なのかどうかを見極める必要があります。

 

同時に、育って来た環境の違う他人同士が一緒に生活する結婚では、いかに相手の価値観を受け入れ合い、落とし所を見つけて行くのかが大事です。

 

絶対に小さなことでも大きなことでも摩擦は起きます。

 

お互い様ですが、柔軟性や優しさや包容力が相手にあるかどうかの見極めが重要なのだと思っています。

 

 

本能的に合わない部分が実は見えている

遊園地のデートをするカップル

 

何気ない一言がずっと心に突き刺さって結局破談になることもあります。

 

相手の方は、まさかそこまで傷ついたとは全く思ってもいないようなことです。

 

あるいは、不思議なことですが相手が本心から楽しんでデートしているのか、本当は嫌なのに義務で行って楽しんでいるフリをしているのか、大抵の人は気づいてしまいます。

 

女性は特に、どこに一緒に行くにしても、「連れて行ってやっている」と男性が思っているのか、「自分も楽しんで二人の時間を目一杯楽しんでいる」のかを見抜きます。

 

高級レストランにもしょっちゅう行けるとは思っていなくても、記念日や特別な何かの日は、心から楽しんで、あるいは「私を」楽しませようとして連れて行ってくれる人が大好きです。男性でもそうですよね。

 

義理や仕方がないから行ってやったということは、態度や言葉に出さずとも分かってしまうものです。

 

こういう時は、本能的にこの人と結婚して上手く行くだろうかと、心の声が聞こえるはずです。

 

結婚前は義理で無理して合わせてくれるかもしれませんが、結婚後まで継続する確率が低いことは言うまでもないことです。

 

お互いが無理せずに本心から、一緒にいることが楽しいし心地良い、ということが大事です。

 

 

昔のエリートの彼と比べてしまう

昔の恋人を忘れない人

 

意外とこちらも多い理由の一つだと思います。

 

ついつい比べてしまって、ここはあの人の方が良かった、とか。

 

まだ好きと言う以上に厄介なのが、条件的にその人が基準になってしまっていることです。

 

別れた人が大変高条件のエリートだった場合、もう好きでもなんでもなくて性格や相性は全く合わなかったにも関わらず、その人と同等かそれ以上の条件で結婚相手を探してしまう方がいらっしゃいます。

 

でも考えてみてください。

 

その人とご縁がなかったから、現在結婚していなくて、だから婚活を始めたはず。

 

もしその人の幻が心の中から去ってくれないなら、合わなかった点を書き出してみるのも良い方法です。

 

もしくはもう一度連絡を取ってみて、返事がなければあなたを思っていないということです。

 

あなたを思ってくれる人と、思ってくれない人。

 

自分にとってどちらがより価値が高いかは一目瞭然ですね。

 

一旦上がってしまった基準を下げるのは、何にしても難しいことですが一度真っさらから始めてみてはどうでしょう。

 

大事な人生を送るのに、自分にとって大切にしなければいけない人を間違わず見つけることが重要です。

 

 

結婚が決められない時にすべきこと

カウンセラーに相談する

 

自分がなぜ結婚を決められず困っているのか良くわからない時は、担当カウンセラーに相談してみましょう。

 

私は婚活では、カウンセリングということがとても重要だと思っています。

 

せっかく結婚相談所で活動しているなら、担当カウンセラーを上手に使うべきです。

 

担当カウンセラーに自分の気持ちを話すだけでも気持ちの整理が出来ますし、多くの経験からあなたの気持ちに沿ったアドバイスをしてくれるはずです。

 

もし、マンネリデートや相手の言動が原因で一歩踏み出すことが出来ないのだと分かったら、相手の担当カウンセラーにその旨伝えてもらいましょう。

 

もちろん、伝え方も重要です。

 

相手があなたにそこまでの気持ちがない場合は、もしかするとそこで終了してしまうかも知れません。

 

伝える時に大事なことは、相手の方が自分との結婚を望んでいて、自分がその気持ちにまだ応えられない時の場合です。

 

反対に、こちらの気持ちが相手の気持ちを上回っていると感じる時は、相手が何を望んでいるのか、何が原因で結婚を決められず悩んでいるのかカウンセラー経由で上手に聞いてもらうことも重要です。

 

くれぐれも、期限間近になってから焦って決めることのないよう余裕を持って考えましょう。

 

 

なぜ結婚が決められないのかのまとめ

最高の人と結婚した夫婦

 

決めなければ、決断しなければ、と焦れば焦るほど、どうしたら良いのかわからなくなるはずです。

 

みんな、どんなに偉い人でさえ、自分の決断には自信がないのです、きっと。

 

今まで自分で頑張って頑張って「自分が」決めようとして失敗ばかりしてこなかったですか?

 

それより、一度リラックスして肩の力を抜いて、答えはもう出ている、あるいは自然に分かる、と思ってみてください。

 

頭でいくら考えてみても未来のことの答え合わせなど出来るはずもありません。

 

大事な答えは頭ではなく、あなたの「心」が知っています。

 

自分の心に嘘をつくことはできません。

 

リラックスして明るい気持ちでいれば、ふっと何気ないときに答えが閃いたり、最善の道に至るヒントが浮かんで来ます。

 

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

 

 


テーマ:ご成婚報告

先月ご成婚退会されたばかりのアラフォー美人で優しくおっとりした女性から、嬉しいお手紙を受け取りました。

 

お相手は大変立派で優しい医師の方です。

 

13歳差のご成婚です。

 

なんと彼女が初めて当社にお越しになった時に、こんな男性に出会いたいとお話していらした理想のお相手像にぴったり重なっており驚きました。

 

最初に年上の男性が好みだということをまずおっしゃいました。

 

そして、高級な品を扱う彼女のお勤め先にお越しになるセレブカップルと日々接している中で、ご自分も幸せそうに寄り添うこんなご夫婦のようになりたい、と思われて婚活をお始めになりました。

 

 


松岡様

 

長い間、本当にお世話になりました。

 

成婚退会届を送らせて頂きますので、退会のお手続きを宜しくお願い致します。

 

活動中、沢山の方にお会いし、大変なこともいろいろあり‥‥自分が成婚退会出来る日が来るなんて想像できない時もありました。

 

そんな中、ここまで続けて来れたのは、的確な松岡さんのサポートがあったからです。

 

松岡さんのもとで活動させて頂けた事、

 

そして、このようなご縁に恵まれた事を

 

心から感謝しています。ありがとうございました。

 

今は、彼の優しさや誠実さに、新しい生活に向けて

 

充実した日々を過ごしています。

 

お祝いの席を設けてくださるとのこと

 

彼と共に松岡さんにお会い出来る日を楽しみにしています。

 

末筆ながら、益々のご活躍を

 

心よりお祈り申し上げます。

 

 

医師とご成婚した女性からの手紙

 

 

医師と結婚した女性とのお祝いランチ

7月25日のご成婚ランチの写真

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

 

 

 

 


テーマ:婚活アドバイス

 

人生を左右する一大イベントの結婚。

 

近年は晩婚化が進んでいると言われていますが、若いうちから真剣に結婚を望む人も多く、無料の婚活サイト、マッチングサイトやマッチングアプリなど多く手軽な婚活方法も多数増えています。

 

費用を掛けてでも、しっかりサポートして欲しい人は結婚相談所に入会したり、有料の婚活サイトに登録したり積極的に活動をしています。

 

男女の出会いには、友人からの紹介や合コン、街のイベントや街コンや婚活パーティーなど多様化も進んでいます。

 

しかし、せっかくマッチングしたのに長続きしなかったり、なんかいい感じで交際が進んでいたのに突然「今回はご縁がなかったということで…。」とお断りされてしまったり。

 

女性からしてみたらいい感じだったのに何を突然!となりますよね。

 

男性のコミュニケーション能力は女性とは多少違うのです。

 

女性とは別の「察してよ」を使います。

 

女性は言葉で少し遠回りに言ったりしますが、男性の場合言葉に出さずに、微妙な態度で非常に重要なサインを送ります。

 

厄介ですよね。

 

まずは男性が結婚相手の女性に何を求めているかと、どんな特徴の女性が敬遠されるかを紹介します。

 

そして、男性の見せる独特の察してサインも紹介します。

 

過去お付き合いのあった男性の行動を思い返してみると、そう言えばそんなこと良くしていたなぁ、と思い当たるふしがあるかもしれません。

 

是非これからのあなたの婚活に活かしてみてください。

 

男性から見た結婚したい女性に求めるものと、結婚したくない女性の特徴は以下の通りです。

 

 

 

男性が結婚したい女性に求めるもの

男性が結婚したい女性

 

一緒にいて疲れない

怒りっぽかったり、メンタルが弱くてネガティブな人と一緒に生活していると疲れてしまいますよね。

 

また、恋愛では多少のわがままも許せますが、毎日一緒に生活する中でわがままばっかりだとうんざり気が滅入ってしまいます。

 

男性は「家庭が癒しの場所」という意識が強いので結婚の決め手に「一緒にいて疲れない」という条件を挙げる人が多いのです。

 

落ち着きがあって寛容に包み込んでくれるような女性が求められているようです。

 

男性は外で仕事を頑張る分、家庭では愛しの奥さんに癒されたい、安らぎたい、という願望が強いです。

 

料理がうまい

インスタ映えするような凝った料理や本格派○○のような手の込んだものではなく、健康的で経済的な、有り合わせでささっと作ってくれる家庭的な料理が男性は大好きです。

 

家で美味しい手料理を、奥さんと食べるというのが男のロマン、だそうです。

 

自分一筋でいてくれる

自分だけを一途に見てくれる女性に魅力を感じます。

 

実は、男性は表にあまり出しませんが、独占欲が強くもの凄く嫉妬深い性質が強い傾向があります。

 

彼氏や旦那には過去の男性遍歴はあまり話さない方が良いかもしれませんね。

 

ポジティブ

毎日一緒にいるとパートナーのメンタルは、言葉に出さなくても態度で伝染してしまいます。

 

ポジティブな性格の女性と結婚すれば、仕事や人間関係で落ち込むことがあっても、家庭に戻れば嫌な気分も吹き飛んでしまいそうですよね。

 

逆に、ネガティブな女性と結婚すれば、一緒にいるだけで余計に落ち込んでしまいます。

 

先にも挙げた「一緒にいて疲れない」という条件とも重複してきますが、家庭を癒しの場所ととらえる男性が多いので、仕事で疲れているのに家に帰っても愚痴を聞かされたら疲れてしまいます。

 

やはりポジティブな女性は誰の目から見ても魅力的です。

 

パートナーの失敗も前向きに捉えて、チャレンジを続けさせてくれるような性格の女性は、男性の気持ちを上げてくれます。

 

結婚の決め手として重要な条件でしょう。

 

顔やスタイルの良さ

男性にとって女性の外見は結婚する上でも重要な要素で、女優やモデルのような美しいと言われるようなレベルでなくても、健康的な体型である程度整った顔が良いようです。

 

特にプライドが高い男性は、自尊心を満たすために家族や友達に結婚報告をしたときに「いいなぁ」や「うらやましいっ」と言われる綺麗な女性と結婚したがるようです。

 

しかし、バツイチ以上の男性はあまり外見にこだわらない傾向があります。

 

一度結婚生活を経験しているので、外見よりも重要な点があることを知っているからこそ、内面の相性を優先するようです。

 

 

男性が結婚したくない女性の特徴

男性が結婚したくない女性

 

生活感がない

生活感がない女性は、所帯染みておらず女性としての魅力を保っているので非常に魅力的で、恋愛的なお付き合いでは大変モテると思います。

 

しかし、結婚すると考えると、一時的な魅力よりも継続的な安らぎのある女性を選ぶことが多いのです。

 

生活感がない女性は、一緒にいても家での普通の暮らしがイメージができないので、結婚の決め手に欠けるようです。

 

相手に合わせすぎる

いくら好きな相手だからと言っても、相手に合わせるばかりで自己主張のない女性は、一緒にいても退屈と感じる男性が多いようです。

 

自分の意見を持っている女性の方が、ポジティブと捉えられ結婚相手として選ばれやすいのです。

 

自分に合わせられ過ぎているというのは男性も感じ取るようで、いい人であっても結婚できない女性のタイプの典型です。

 

金遣いが荒い

全身ブランドで固め、趣味もお金の掛かるもので、お金遣いの激しい女性は、刺激的で遊び相手としてはモテるかもしれませんが、結婚後に自分の命を削って働いた給料を預けたいとは思わないですよね。

 

結婚相手に選ばれる女性になるためには、一般的な金銭感覚を身につける必要があります。

 

 

男性の出すノーを意味する仕草について

デートに気乗りしていない男性

 

いい感じでお付き合いを続けていると女性側が思っていても男性側がそうではないことがあります。

 

最初から男性はあまり乗り気でないけれど、なし崩し的に付き合ってしまって別れを言い出せずいた場合、ビミョーなサインを送り続けていたけれど伝わらず、ある日突然「もう別れよう」と爆弾を投げてきます。

 

女性にとっては、青天の霹靂であって精神的に参ってしまいます。

 

どうしてか、とよくよく聞いてみると、前々から合わないと思っていて、言い出そうと思っていたけど良い出せずにいた、という事例はよく聞きます。

 

そんな時、男性は無意識のうちに気持ちが行動に出ること多いです。

 

心理的に拒否・拒絶、ノーのサインはわかり易く行動に出やすいようです。

 

男性の見せる何気ない行動に隠された、ノーのサインの一例を紹介します。

 

デートの時の椅子の位置や体の向き

相手があなたの正面に座った時、あなたのほうに顔や体全体を向け前傾姿勢であれば、あなたに好意を持っており、あなたのことをもっと知りたい、お近づきになりたい、というイエスのサインです。

 

逆に、椅子を後ろに引き距離を取ろうとしていたら、「早く帰りたい」「つまらない」というノーのサイン。

 

デートの時の物理的な距離感というのものを意識してみましょう。

 

パーソナルスペースというのは非常に重要で、心を許した相手であれば自分の半径45㎝以内に入っても安心していられますが、そうでないと不快に感じるようです。

 

ちなみに、45~120cmは友人としての物理的な距離感、普通に話す分にはこれくらいの距離が丁度良いとされています。

 

一緒にいるときの腕組みの仕草

本当に何気ない動作ですが、話している時、一緒に出かけた時、何かを一緒に待っている時、男性は身体の前で腕を組んでいないですか?

 

体の前で腕を組むというのは相手に対して警戒心を持っていたり、拒絶する気持ちがあるときに無意識に出てしまう行動です。

 

最大の弱点である心臓を守る動作、壁を作る動作となります。

 

何に対して防御しているのかを見極める必要がありますが、二人きりの空間で腕を組んでいた場合、あなたに対してノーのサインを送っている仕草となります。

 

逆に頭の上や後ろで手を組んでいる場合は、リラックスしている証拠です。

 

あなたに安心感を抱いていますので関係は良好と言えます。

 

一緒にいるときの視線

目の動きにも注目してみてください。

 

あなたが話をしている時に、男性はしっかりあなたの目、ないしは顔やあなたの方を見つめて聞いていれば好意をもっている可能性が高いです。

 

逆に目の動きがキョロキョロといろいろなところを見ていたり、時計やスマホを見るようなしぐさが多いときは、あなたへの興味は薄いか、何か別の案件に気を取られていると思ってください。

 

頻繁にメールやSNSをチェックするのも興味が薄い証拠です。

 

 

男性独特の遠回しな表現

結婚しても自由でいたい男性

 

子どもが好きなんだという男性の心理

「子どもが好き」というフレーズは、「子どもを産める可能性の高い、若い女性と結婚したい」というのが本音だったりします。

 

もしもあなたが33歳以上だったら「どうしても自分の子どもが欲しい。そのために婚活している」という本音をもつ男性には要注意です。

 

こういった考えを持つ男性に貴重な時間を使うよりも、ダメかなと思ったら、気持ちを切り替えて次に行った方が得策かもしれません。

 

お互いの時間を大切にしたい、に潜む罠

男性から、「結婚したらお互いを尊重できる関係でいたい、お互いの時間を大切にできるパートナーが良い」というフレーズは聞いたことないでしょうか?

 

思いやりのある言葉にも聞こえますが、その裏には「結婚しても束縛されたくない。自分の好きなように過ごしたい。」という本音が隠れていることがあります。

 

自分優先になりがちな男性と一緒になると、浮気やDVの可能性まで出てきてしまうので、思いやりから言っているのか、自分の時間を邪魔されたくないという思いなのかは見極めが必要です。

 

 

婚活男性の心理 まとめ

婚約中の二人

 

思い当たることがあって、ドキッとした方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ちょっとした仕草や言葉には、その人の心理が反映されることが多いのですが、クセや個性でもあるため、必ずしも今まで挙げたようなサインが全ての男性に当てはまるとは限りません。

 

サインの一つ一つに一喜一憂せずに、他のしぐさや言葉など、全体的な態度で判断するのがおすすめです。

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

Sotaro