婚活ブログ

セレブ婚活ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 男女交際アドバイス
  4. 結婚が決められな!?相手にそうさせてしまう3つの理由
青山の結婚相談所 最高の人と結婚した夫婦

結婚が決められな!?相手にそうさせてしまう3つの理由

こんにちは。結婚相談所スターマリアージュ青山の松岡です。

結婚相談所では3ヶ月ルールというものがあります。

基本的に、お見合いの日から3ヶ月で成婚を決めなければならないといったルールです。

6ヶ月まで延期することも可能ですが、それでもなお「本当にこの人で良いのか」と悩み続ける方もいます。

早く結婚したい男女が集う結婚相談所でさえそうなのですから、他はなおさらです。

なぜ決められないのか、どうすれば決断できるのか、日々の会員様のご相談事例から見ていきましょう。

今悩んでいらっしゃる婚活中の方々の少しでも参考になればと思います。

結婚を決められない3つの大きな理由

決め手がないので決められない

結婚に迷う多くの方がおっしゃるのが、この「決め手」に欠けるという理由です。

一緒にいてなかなか心地良いし、今まで出会った人の中では多分一番結婚相手として良いのだろうと「客観的に」思うけれど、ではどうしてもこの人でなければいけないという理由も見つからない。

この状況で成婚退会することは多くの場合、難しいと思います。

なぜならば、自分のことなのに自分事として「腑に落ちていない」からです。

決め手が見つからない、この人が良い理由が見つからない時は、もっと深く相手の本質を知るための行動を起こし、それから決断しなければいけないのです。

結婚相談所は期限が定められているからこそ、早く本質にたどり着けるという良さがあります。

反対に期限が定められているから、グズグズと一番大事な部分を見せ合わず結論を出さずにいれば、期限切れで最善の答えを出せず終了してしまい兼ねない危険も孕んでいます。

決め手がないから決められないという方々の話をお聞きすると、多くの場合付き合ってからもワンパターンのマンネリデートをしていることが本当に多いのです。

食事をして、映画を観て、散歩して、、こんなことの繰り返しでは、いつまで経っても結婚が見えて来ません。

是非、少し遠出して一日中一緒にいられるデートやイベントに参加しながら、行き帰りや目的地で様々な話をしてみてください。

その方が自分以外の人と接する時の眼差しや言葉や仕草をみてください。

婚活をしていると結婚がまるでゴールのように思えてしまいがちですが、結婚はゴールではなく、そこから日々の生活が始まるスタートラインです。

毎日隣で目覚めても、いつもいつも顔を合わせていても、飽きずに楽しくポジティブに自分らしく暮らせる人なのかどうかを見極める必要があります。

同時に、育って来た環境の違う他人同士が一緒に生活する結婚では、いかに相手の価値観を受け入れ合い、落とし所を見つけて行くのかが大事です。

絶対に小さなことでも大きなことでも摩擦は起きます。

お互い様ですが、柔軟性や優しさや包容力が相手にあるかどうかの見極めが重要なのだと思っています。

本能的に合わない部分が見えている

何気ない一言がずっと心に突き刺さって結局破談になることもあります。

相手の方は、まさかそこまで傷ついたとは全く思ってもいないようなことです。

あるいは、不思議なことですが相手が本心から楽しんでデートしているのか、本当は嫌なのに義務で行って楽しんでいるフリをしているのか、大抵の人は気づいてしまいます。

女性は特に、どこに一緒に行くにしても、「連れて行ってやっている」と男性が思っているのか、「自分も楽しんで二人の時間を目一杯楽しんでいる」のかを見抜きます。

高級レストランにもしょっちゅう行けるとは思っていなくても、記念日や特別な何かの日は、心から楽しんで、あるいは「私を」楽しませようとして連れて行ってくれる人が大好きです。男性でもそうですよね。

義理や仕方がないから行ってやったということは、態度や言葉に出さずとも分かってしまうものです。

こういう時は、本能的にこの人と結婚して上手く行くだろうかと、心の声が聞こえるはずです。

結婚前は義理で無理して合わせてくれるかもしれませんが、結婚後まで継続する確率が低いことは言うまでもないことです。

お互いが無理せずに本心から、一緒にいることが楽しいし心地良い、ということが大事です。

昔の恋人と比べてしまう

意外とこちらも多い理由の一つだと思います。

ついつい比べてしまって、ここはあの人の方が良かった、とか。

まだ好きと言う以上に厄介なのが、条件的にその人が基準になってしまっていることです。

別れた人が大変高条件のエリートだった場合、もう好きでもなんでもなくて性格や相性は全く合わなかったにも関わらず、その人と同等かそれ以上の条件で結婚相手を探してしまう方がいらっしゃいます。

でも考えてみてください。

その人とご縁がなかったから、現在結婚していなくて、だから婚活を始めたはず。

もしその人の幻が心の中から去ってくれないなら、合わなかった点を一覧にして書き出してみるのも良い方法です。

もしくはもう一度連絡を取ってみて、返事がなければあなたを思っていないということです。

あなたを思ってくれる人と、思ってくれない人。

自分にとってどちらがより価値が高いかは一目瞭然ですね。

一旦上がってしまった基準を下げるのは、何にしても難しいことですが一度真っさらから始めてみてはどうでしょう。

大事な人生を送るのに、自分にとって大切にしなければいけない人を間違わず見つけることが重要です。

結婚が決まらない時にすべきこと

相手がなかなか結婚を決めてくれない場合、公平に物事を見定めてアドバイスをくれる友人に相談しましょう。

結婚相談所に在籍している場合は担当カウンセラーに相談するのが良いでしょう。

私は婚活では、相談・カウンセリングということがとても重要だと思っています。

自分の気持ちを話すだけでも気持ちの整理が出来ますし、多くの経験からあなたの気持ちに沿ったアドバイスをしてくれるはずです。

その結果、「別れるべき」という結論に至ってしまう場合もあるかもしれませんが、別れを恐れてはいけません。

時間は有限です。のらりくらりと交際を何年も続け、結局別れてしまう事態だけは避けなければなりません。

失った時間は戻らないのです。

まとめ

この記事は特に女性の方が多く読まれていると思います。

男性と女性では年齢・時間に対する意識が全く違いますから、ズルズルと何年もゴールの見えない交際を続けるのは辛いものです。

もしそういった辛い別れのあとで再スタートになかなか踏み切れない方は是非スターマリアージュ青山にご相談ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

検索

アーカイブ