婚活ブログ

セレブ婚活ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活アドバイス
  4. 高年収エリート女性の婚活に必要な3つの心得
仕事をする高年収エリート女性

高年収エリート女性の婚活に必要な3つの心得

高収入、高学歴、エリート……。

今や男性だけでなく女性もこの三拍子そろった素敵なトップクラスの条件をお持ちの方は世の中にたくさんいらっしゃいます。

それに加えて美人、可愛くて料理上手などのいわゆる女としての魅力的な要素も加わればモテてモテて仕方ないと思うのではないのでしょうか?

恋愛と結婚は別物と言いますが、実は女性だけではなく男性にとってもそうなんです。

ですから、経済的に自立している高年収女子が婚活をされているのであれば、少しばかり辛い思いをされてしまうこともあるのです。

結婚相談所でも例外ではありません。

というのも、お金を稼ぐいわゆるバリキャリといわれる女性は男性から敬遠されてしまうことがあるのです。

(最近は急激に価値観が変わって来ていて、稼げる女性が良いと仰る男性が増えているのも事実なのですが…)

せっかく苦労して手に入れた今の生活、キャリアや実績があるのに、婚活に限ってこんなことがあるって納得いきませんよね。

勉強や仕事を必死で頑張ってきたのですから、恋愛だって妥協したくないはずです。

ましてや一生を左右する結婚であれば尚更です。

ですが、男性はみんなとてもプライドが高い生き物なのです。

それは女性が思っている以上に…です。

いいなと思っている女性が自分より働いて稼いでいたり、ビジネスで成功していたら、結婚相手としてどうしても見れなくなってしまうのです。

口ではどんなに、バリバリ稼いでいて収入のある彼女が良いと言ってもです。

どんなに稼いでいても、自分よりは稼いでいて欲しくない。

これは紛れもない、しかし決して男性の口からは語られることのない真実です。

しかし、女性だってそもそも自分よりも彼のほうが稼いでいて欲しいと思っていますよね。

ですから、自分より稼ぐ男性を結婚相手に求めることは正しいと言えます。

しかし、そもそも高年収の男女自体が世の中に少ない訳ですから、少ない中で更に対象者を最初から絞っているようなもの。

そういうことで、高収入の女性は稼いでいれば稼いでいるほどどうしても出会いの可能性が少なくなってしまうのです。

高年収女性が婚活する時のポイント

モテることに焦点を置かない

高収入の女性、バリキャリの女性がモテづらい。

ではどうしたら、実りある素敵な出会いを見つけられるのでしょうか。

ひとつの方法は、モテることを期待しないことです。

受身の体制だといつまでも納得いく男性とは出会えないでしょう。

モテることに焦点を置くのではなく、自ら積極的にアプローチをするのです。

男性からしたら高収入の女性は高嶺の花です。

自分のことを客観視できている男性は軽々しく誘うことができないのです。

婚活でモテることはとても重要です。

ですが、高収入の女性に限ってはモテるという受け身でいることよりも、モテに行くと言う積極性を大事にしてみて下さい。

きっと今より出会う確率はぐんと上がるはずです。

同等以上の高収入男性を求めるなら長期戦の覚悟を

女性であれば、誰しも男性に守ってもらいたい、リードしてもらいたいとほとんどの方が思うでしょう。

そうなると、年収だって男性の方が稼いでいて欲しいと思うのは何ら不思議ではありません。

当然といえば当然のお話です。

高収入の女性が自分と同レベル、もしくはその上の男性を求めるのであれば覚悟しなくてはならない重要なポイントがあります。

それは多くの場合は、ある程度長期戦ということです。

どんなに顔が整っている美人でもです。

仮にご自分の年齢が35歳を越えているのであれば尚更時間が掛かることを覚悟してください。

高収入の男性は世の中に数パーセントしかいらっしゃいません。

弊社の会員様はその上位数パーセントの男性と成婚されていますが、必ずしも全員の方が皆、短期間で成婚を決めたわけではありません。

高収入のトップクラスの男性はいくつになっても選びたい放題です。

そう、どの年代からも驚くほどモテるのです。

そんなモテる高収入の男性が選ぶ女性は、まだあどけなさの残る20代の女性が圧倒的に多いのです。

これは紛れもない事実です。

もちろん、中には年齢が近い女性が良い、もしくは年上の女性が良いとおっしゃる男性もいらっしゃいます。

でも、それは本当にごく少数なのです。

そういう男性と巡り会うことが出来れば一番良いのですが、こればかりはそれを引き寄せるご自身の運の強さも必要となります。

どちらにせよ、短期で決まるとは決して考えずに長期戦になることだけは頭に入れて置いて欲しいと思います。

まずはもう一度条件の見直しをする

多かれ少なかれ、誰しも結婚相手に条件があります。

私が実際に見て感じたことを書いていきますね。

35歳を過ぎている女性に多い、相手に求める条件例

  • 初婚
  • 大卒or大学院卒
  • 40歳くらいまで
  • 年収800万-1000万以上

この条件(もしくは近い内容)を設定されている方が非常に多いのです。

先程もお話した通り、この条件の男性たちの殆どは20代女性に申し込みをするでしょう。

かたや、最近の20代女性の男性に求める条件例は…

  • 初婚or再婚
  • 素敵な人なら45歳くらいまでOK
  • 大卒以上、条件により高卒OK
  • 年収600万以上

比較するとわかりやすいかもしれませんが、20代女性の方が結婚相手に対する条件の幅が広いのです。

もちろん全員が皆この条件ではありません。

ですが、実際に普段から見ていて柔軟に対応していっているのは、意外にも20代女性の方が圧倒的に多いのです。

これではどんなに婚活を頑張っても結果が出にくいんです。

なぜなら、20代の婚活に対する熱意、勢いが半端ないのですから。

一番譲れない条件は外すべきではありません。

ただ、それ以外の条件はもう少し緩めた方が絶対に良いのです。

相手に求めすぎるのはおすすめ出来ません。

若くて何千万と稼ぐ男性がそう多くいるはずはありません。

ましてや一度も結婚した事がないとなると、さらに紹介できる人数は限られます。

出来る男性は結婚に失敗した過去があったりもします。

だからこそ、それをバネに何千万と稼ぐ男性に変身したのかもしれません。

一度上手くいかなかったからこそ、相手を思いやる大人の心を学んだかもしれません。

離婚した理由はきちんと本人に聞かないと分かりません。

もしかしたら、あなたがその離婚理由を聞いて、問題なく受け入れられることだってあります。

離婚履歴があるというだけで、憶測で相手を遮断するのは非常に勿体ない気がします。

まずはご自分の条件の見直し、何が譲れないのか、一番に求めるものなのかを明確してみてくださいね。

高学歴、高収入女性に多い落とし穴

高学歴、高収入の女性が一度はハマってしまう落とし穴があります。

優秀過ぎるが故の問題なのかもしれません。

それは頭で悩みながら婚活をしてしまうことです。

条件ばかりにとらわれて、一番大切な心で判断出来ていないのです。

頑張って勉強して、一流大学に入学。

そして、倍率の高い就活を勝ち取り一流企業に就職。

年収だって、エリート男性に負けないくらい稼いでいる。

社会にだって貢献している。

そうしたら、結婚だって自分の思い描く素敵な男性と結ばれて歩んでいきたいはずです。

その為に、決して安くない費用を払って結婚相談所に入ったのだから、その気持ちは半端じゃないはずです。

誰よりも強い気持ちで婚活をされているはずです。

一流人気企業ランキング上位のエリート会社員や士業などの、誰もが羨む素敵なエリート男性と結婚したいと思うのも十分理解できます。

しかし、頭でそう考えれば考えるほど、なぜか婚活は上手くいかないのが現実です。

ここがエリート女性が陥りがちな落とし穴なのです。

年収だって大切です。

イケメンに越したことはありません。

学歴だって自分と同等ももしくはそれ以上が良いと思うでしょう。それは誰だって同じです。

でも、一番大切なのは、「この人となら苦労を共にできるか」ということなのです。

心から好きという気持ちがないと、残念ながら結婚生活はうまくいきません。

まとめ

少し厳しめの内容で記事を書いてしまいましたが、婚活において本当に大切なことを記したつもりです。

頭で考えるのではなく、心(直感)で感じてください。

ご自身の第六感を信じていれば、絶対に大丈夫です。

直感に自信が無いのであれば、磨く方法はいくらでもあります。

そして、今このブログを呼んでくださっているあなたが30歳を超えていらっしゃるのであれば、子どもが欲しいと思うのであれば、尚更条件の見直しをしてみて下さい。

まずはここからです。

その後は自分から気になる男性にアタックあるのみです。

待っているだけでは何も始まりません。

時には嫌な気持ちになることや、振られてしまうこともあるかもしれません。

でもそれは誰しもが必ず経験することです。

「そんなこともあるさ」くらいの気持ちで流せれるようになれば心振り回されず穏やかな気持ちで婚活出来ます。

大丈夫です。頑張った分だけ、結果は後から必ずついてきます。

エリート女性がさらに輝ける婚活をし、人生の新たなページに進まれることを心から応援しています。

関連記事

検索

アーカイブ