婚活男性の心理/結婚NG女性に見せる何気ない仕草 | アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:アドバイス

 

人生を左右する一大イベントの結婚。

 

近年は晩婚化が進んでいると言われていますが、若いうちから真剣に結婚を望む人も多く、無料の婚活サイト、マッチングサイトやマッチングアプリなど多く手軽な婚活方法も多数増えています。

 

費用を掛けてでも、しっかりサポートして欲しい人は結婚相談所に入会したり、有料の婚活サイトに登録したり積極的に活動をしています。

 

男女の出会いには、友人からの紹介や合コン、街のイベントや街コンや婚活パーティーなど多様化も進んでいます。

 

しかし、せっかくマッチングしたのに長続きしなかったり、なんかいい感じで交際が進んでいたのに突然「今回はご縁がなかったということで…。」とお断りされてしまったり。

 

女性からしてみたらいい感じだったのに何を突然!となりますよね。

 

男性のコミュニケーション能力は女性とは多少違うのです。

 

女性とは別の「察してよ」を使います。

 

女性は言葉で少し遠回りに言ったりしますが、男性の場合言葉に出さずに、微妙な態度で非常に重要なサインを送ります。

 

厄介ですよね。

 

まずは男性が結婚相手の女性に何を求めているかと、どんな特徴の女性が敬遠されるかを紹介します。

 

そして、男性の見せる独特の察してサインも紹介します。

 

過去お付き合いのあった男性の行動を思い返してみると、そう言えばそんなこと良くしていたなぁ、と思い当たるふしがあるかもしれません。

 

是非これからのあなたの婚活に活かしてみてください。

 

男性から見た結婚したい女性に求めるものと、結婚したくない女性の特徴は以下の通りです。

 

 

 

男性が結婚したい女性に求めるもの

男性が結婚したい女性

 

一緒にいて疲れない

怒りっぽかったり、メンタルが弱くてネガティブな人と一緒に生活していると疲れてしまいますよね。

 

また、恋愛では多少のわがままも許せますが、毎日一緒に生活する中でわがままばっかりだとうんざり気が滅入ってしまいます。

 

男性は「家庭が癒しの場所」という意識が強いので結婚の決め手に「一緒にいて疲れない」という条件を挙げる人が多いのです。

 

落ち着きがあって寛容に包み込んでくれるような女性が求められているようです。

 

男性は外で仕事を頑張る分、家庭では愛しの奥さんに癒されたい、安らぎたい、という願望が強いです。

 

料理がうまい

インスタ映えするような凝った料理や本格派○○のような手の込んだものではなく、健康的で経済的な、有り合わせでささっと作ってくれる家庭的な料理が男性は大好きです。

 

家で美味しい手料理を、奥さんと食べるというのが男のロマン、だそうです。

 

自分一筋でいてくれる

自分だけを一途に見てくれる女性に魅力を感じます。

 

実は、男性は表にあまり出しませんが、独占欲が強くもの凄く嫉妬深い性質が強い傾向があります。

 

彼氏や旦那には過去の男性遍歴はあまり話さない方が良いかもしれませんね。

 

ポジティブ

毎日一緒にいるとパートナーのメンタルは、言葉に出さなくても態度で伝染してしまいます。

 

ポジティブな性格の女性と結婚すれば、仕事や人間関係で落ち込むことがあっても、家庭に戻れば嫌な気分も吹き飛んでしまいそうですよね。

 

逆に、ネガティブな女性と結婚すれば、一緒にいるだけで余計に落ち込んでしまいます。

 

先にも挙げた「一緒にいて疲れない」という条件とも重複してきますが、家庭を癒しの場所ととらえる男性が多いので、仕事で疲れているのに家に帰っても愚痴を聞かされたら疲れてしまいます。

 

やはりポジティブな女性は誰の目から見ても魅力的です。

 

パートナーの失敗も前向きに捉えて、チャレンジを続けさせてくれるような性格の女性は、男性の気持ちを上げてくれます。

 

結婚の決め手として重要な条件でしょう。

 

顔やスタイルの良さ

男性にとって女性の外見は結婚する上でも重要な要素で、女優やモデルのような美しいと言われるようなレベルでなくても、健康的な体型である程度整った顔が良いようです。

 

特にプライドが高い男性は、自尊心を満たすために家族や友達に結婚報告をしたときに「いいなぁ」や「うらやましいっ」と言われる綺麗な女性と結婚したがるようです。

 

しかし、バツイチ以上の男性はあまり外見にこだわらない傾向があります。

 

一度結婚生活を経験しているので、外見よりも重要な点があることを知っているからこそ、内面の相性を優先するようです。

 

 

男性が結婚したくない女性の特徴

男性が結婚したくない女性

 

生活感がない

生活感がない女性は、所帯染みておらず女性としての魅力を保っているので非常に魅力的で、恋愛的なお付き合いでは大変モテると思います。

 

しかし、結婚すると考えると、一時的な魅力よりも継続的な安らぎのある女性を選ぶことが多いのです。

 

生活感がない女性は、一緒にいても家での普通の暮らしがイメージができないので、結婚の決め手に欠けるようです。

 

相手に合わせすぎる

いくら好きな相手だからと言っても、相手に合わせるばかりで自己主張のない女性は、一緒にいても退屈と感じる男性が多いようです。

 

自分の意見を持っている女性の方が、ポジティブと捉えられ結婚相手として選ばれやすいのです。

 

自分に合わせられ過ぎているというのは男性も感じ取るようで、いい人であっても結婚できない女性のタイプの典型です。

 

金遣いが荒い

全身ブランドで固め、趣味もお金の掛かるもので、お金遣いの激しい女性は、刺激的で遊び相手としてはモテるかもしれませんが、結婚後に自分の命を削って働いた給料を預けたいとは思わないですよね。

 

結婚相手に選ばれる女性になるためには、一般的な金銭感覚を身につける必要があります。

 

 

男性の出すノーを意味する仕草について

デートに気乗りしていない男性

 

いい感じでお付き合いを続けていると女性側が思っていても男性側がそうではないことがあります。

 

最初から男性はあまり乗り気でないけれど、なし崩し的に付き合ってしまって別れを言い出せずいた場合、ビミョーなサインを送り続けていたけれど伝わらず、ある日突然「もう別れよう」と爆弾を投げてきます。

 

女性にとっては、青天の霹靂であって精神的に参ってしまいます。

 

どうしてか、とよくよく聞いてみると、前々から合わないと思っていて、言い出そうと思っていたけど良い出せずにいた、という事例はよく聞きます。

 

そんな時、男性は無意識のうちに気持ちが行動に出ること多いです。

 

心理的に拒否・拒絶、ノーのサインはわかり易く行動に出やすいようです。

 

男性の見せる何気ない行動に隠された、ノーのサインの一例を紹介します。

 

デートの時の椅子の位置や体の向き

相手があなたの正面に座った時、あなたのほうに顔や体全体を向け前傾姿勢であれば、あなたに好意を持っており、あなたのことをもっと知りたい、お近づきになりたい、というイエスのサインです。

 

逆に、椅子を後ろに引き距離を取ろうとしていたら、「早く帰りたい」「つまらない」というノーのサイン。

 

デートの時の物理的な距離感というのものを意識してみましょう。

 

パーソナルスペースというのは非常に重要で、心を許した相手であれば自分の半径45㎝以内に入っても安心していられますが、そうでないと不快に感じるようです。

 

ちなみに、45~120cmは友人としての物理的な距離感、普通に話す分にはこれくらいの距離が丁度良いとされています。

 

一緒にいるときの腕組みの仕草

本当に何気ない動作ですが、話している時、一緒に出かけた時、何かを一緒に待っている時、男性は身体の前で腕を組んでいないですか?

 

体の前で腕を組むというのは相手に対して警戒心を持っていたり、拒絶する気持ちがあるときに無意識に出てしまう行動です。

 

最大の弱点である心臓を守る動作、壁を作る動作となります。

 

何に対して防御しているのかを見極める必要がありますが、二人きりの空間で腕を組んでいた場合、あなたに対してノーのサインを送っている仕草となります。

 

逆に頭の上や後ろで手を組んでいる場合は、リラックスしている証拠です。

 

あなたに安心感を抱いていますので関係は良好と言えます。

 

一緒にいるときの視線

目の動きにも注目してみてください。

 

あなたが話をしている時に、男性はしっかりあなたの目、ないしは顔やあなたの方を見つめて聞いていれば好意をもっている可能性が高いです。

 

逆に目の動きがキョロキョロといろいろなところを見ていたり、時計やスマホを見るようなしぐさが多いときは、あなたへの興味は薄いか、何か別の案件に気を取られていると思ってください。

 

頻繁にメールやSNSをチェックするのも興味が薄い証拠です。

 

 

男性独特の遠回しな表現

結婚しても自由でいたい男性

 

子どもが好きなんだという男性の心理

「子どもが好き」というフレーズは、「子どもを産める可能性の高い、若い女性と結婚したい」というのが本音だったりします。

 

もしもあなたが33歳以上だったら「どうしても自分の子どもが欲しい。そのために婚活している」という本音をもつ男性には要注意です。

 

こういった考えを持つ男性に貴重な時間を使うよりも、ダメかなと思ったら、気持ちを切り替えて次に行った方が得策かもしれません。

 

お互いの時間を大切にしたい、に潜む罠

男性から、「結婚したらお互いを尊重できる関係でいたい、お互いの時間を大切にできるパートナーが良い」というフレーズは聞いたことないでしょうか?

 

思いやりのある言葉にも聞こえますが、その裏には「結婚しても束縛されたくない。自分の好きなように過ごしたい。」という本音が隠れていることがあります。

 

自分優先になりがちな男性と一緒になると、浮気やDVの可能性まで出てきてしまうので、思いやりから言っているのか、自分の時間を邪魔されたくないという思いなのかは見極めが必要です。

 

 

婚活男性の心理 まとめ

婚約中の二人

 

思い当たることがあって、ドキッとした方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ちょっとした仕草や言葉には、その人の心理が反映されることが多いのですが、クセや個性でもあるため、必ずしも今まで挙げたようなサインが全ての男性に当てはまるとは限りません。

 

サインの一つ一つに一喜一憂せずに、他のしぐさや言葉など、全体的な態度で判断するのがおすすめです。

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

Sotaro