婚活に疲れたと感じるとき/結婚したいアラサーの悩み | アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:婚活アドバイス

 

婚活をしているといろんな悩みや問題にぶつかると思います。

 

婚活を始めた動機も周囲に既婚者が増えてきた、等の環境の変化だった人も多いはずです。

 

そうなると、周囲の成功体験が羨ましく感じ、焦ってしまいます。

 

元号が令和になり、昭和生まれの人が結婚せずに令和を迎えてしまったことを指して「平成ジャンプ!」なんて言葉も生まれてしまいましたが、世の中の流れは未婚化・晩婚化が進んでいます。

 

とはいえ、早く結婚したいと婚活に励んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

 

婚活するステージはスマートメディアの進歩によって飛躍的に増えましたが、それに伴って婚活にかかる労力も右肩上がりです。

 

結婚相談所に会員登録して、マッチングアプリでメッセージの返信をまめに返して、SNSをチェックして、夜は婚活パーティーに参加して‥。

 

積極的に行動をするのもいいですが、疲れて心身共に疲れて婚活を諦め仲間と遊んでいる方が楽しい、と開き直ってしまう人も中にはいます。

 

婚活しすぎて婚活に疲れてしまっては元も子もありませんので、体調や心の管理もしっかりしておきましょう。

 

しかし、婚活に熱中していると自分が疲れていると等の自覚症状がないまま、突っ走ってしまうことがあります。

 

焦ったところで婚活は上手くいきませんので、一旦落ち着いて心の疲れを癒しましょう。

 

今回のブログ記事はみんなが一度は感じる婚活中に疲れた‥と感じる瞬間や、お勧めの婚活疲れ解消法を紹介します。

 

こんな時に婚活に疲れたと感じる

 

自分の頑張りに対して結果が報われないときとか、自分以外の人が幸せになっていく姿を見たときとか、無力感を感じ疲れたと感じてしまいます。

 

人と比べてしまうとどうしても他の人の良いところばかりに目が行ってしまいます。

 

隣の芝生は青く見えるものです。

 

なかなか、人は人、私は私、と割り切るのは難しいと思いますが、どんな時に婚活に疲れたと感じるか、ということを知っておいて、疲れたらタイミング良く疲れを取るようにしましょう。

 

周りの友達に結婚している人が増えた時

婚活に疲れて犬と自転車をおす女性

 

 

既婚者が増えると友達付き合いに大きな変化がありますよね。

 

友人が旦那さん優先になったり、結婚を機に仕事を辞めたりすることで大きな変化が出て、今まで一緒に出掛けたり遊んだりしたりしていたのに、誘ってもなかなか日程が合わなくなって、という人が周りに増えてくると寂しさを感じる人が多いようです。

 

そして、そういう人のSNSなどの幸せな結婚生活の写真や投稿を見ると、「どこで差がついてしまったんだろう」と落ち込んだり焦りを感じる人が多くなり、結婚活動に力を入れすぎてしまい疲れたと感じるようになってしまいます。

 

友達が子供と幸せそうにしている姿を見た時

 

結婚して出産を乗り越え人を見ると羨ましいを通り越して戦意喪失してしまう、という声も聞いたことがあります。

 

結婚して子供を持ちたいと思う人が婚活中に、友達の子供との仲睦まじい姿を見ると、私もああいう風になりたいなと思う反面、私には無理かも…。と思うこともあります。

 

独身であることに負い目を感じて凹んでしまうそうです。

 

過去の恋愛相手の結婚報告を受けた時

過去の恋人からの手紙

 

婚活がうまくいかない中、結婚の報告を受けてしまったら、「なんで貴方が幸せになって私が独身なんだ」と怒ったり悲しんだり、もう感情が大変なことになってしまいます。

 

あの時別れていなかったらこの人と一緒になったのは自分だったかもしれない、とか、違う別れ方をしたら結果は逆だったかもしれないのに、とタラレバが堂々巡りして疲れてしまいます。

 

婚活仲間に先を越されたとき

友達が先に結婚が決まり寂しい女性

 

マラソンで言うなら、一緒にゴールしようね!と約束したのにゴール目前でスパートかけられて置いていかれてしまったような感じですね。

 

すごく悲しさを感じるかと思うと同時にやっぱり焦りますよね。

 

しかも自分の方が積極的にお見合いしたりパーティーに出席しているのに、あまり活動していない婚活仲間が先にゴールインしたと聞いたら、理不尽ささえ感じるでしょう。

 

しかし、ここは冷静になって違いを分析できれば成婚へのきっかけがつかめるかもしれません。

 

それでも、気持ちがざわざわする時は分析もうまくできないと思いますので、一度担当カウンセラーに本音を話してみると落ち着くと思います。

 

 

脈ありで絶対大丈夫と思った告白だったのに振られたとき

大丈夫だと思っていた人に振られて怒る

 

これで決めると意気込んで、デートでも好印象を持ってもらうために色々工夫を凝らしたり、相手の趣味に合わせて自分もアクティビティを始めてみたりと、真剣交際につなげるための努力を重ねて万全を期したのに振られてしまったら、ちょっと立ち直れないと思います。

 

想像するだけでも胃がキリキリします。

 

自分を責めたり相手を責めたりしても解決しませんので、ここは縁のないお付き合いをこれ以上続けなくてよくなったとポジティブに受け入れたほうが良いかと思います。

 

婚活に疲れたと感じた時の対処法

友達と遊ぶ女性

 

婚活をしてもなぜかうまくいかない、理想の相手とマッチングしても両思いになれない……そんな恋が続くともうダメかもと思ってしまい、婚活のモチベーションを維持できなくなってきてしまいます。

 

恋をしているときは世界のすべてが色鮮やかに見えて何をしていても楽しいと感じます。

 

しかし、失恋したときや恋愛にすら辿り着けない期間が長く続いたりすると、世界が灰色に感じることでしょう。

 

そんな時は一旦恋愛から離れて、友達と一緒に思いっきり遊んだりして気分転換をするのも一つの方法です。

 

 

恋愛や婚活に疲れてしまった人がとった気分転換のおすすめ方法

 

人に合わせていた習慣をやめた

犬と遊ぶ女性

 

恋愛をしていると相手に合わせて自分を押し殺したり、仲間内でも雰囲気を壊さないようにと周囲の顔色を窺って発言したりしていると、自分が疎かになってしまい疲れてしまいますし、ネガティブな思考に陥りがちです。

 

自分に素直に生きることが内側からのエネルギーを輝かせて魅力ある人と思われる秘訣です。

 

まずは、人に合わせることを止めて自分がやりたい、言いたい、ということを大事にしましょう。

 

気分転換に新しい趣味を始めた

新しいことを楽しむ女性

 

新しいことを始めると、覚えることがたくさんあり落ち込んでいた脳みそを活性化してくれます。

 

恋愛で疲れてしまうと脳みそがやる気をなくし停止状態になってしまい日ごろの生活にも身が入らなくなります。

 

一旦別の環境に身を置き、そのことに集中することで頭がクリアになり日々の生活にも活力が触れてきます。

 

新しいことを覚えようとするとセロトニンやドーパミンが分泌されやる気が出て表情に力が出てきます。

 

やはり人は活力のある人に惹かれてきますので自然に良い出会いがあるかもしれません。

 

不満に思っていることなどを書いて燃やした

書いたものを燃やす女性

 

イメージワークの一環になりますが、自分の嫌なところ、不満に思っていること、ありったけのネガティブを紙に書き出して、燃やしてしまうと結構気分がすっきりするものです。

 

自分の想いを書き写したものを燃やすという行為で破壊すると、脳みそがこれは燃えて消えたと判断して頭の中にあった負の感情も肺になって小さくなってしまいます。

 

その灰もイメージの中で風に飛ばされて空へ還ってしまったイメージをすると本当に消えてしまいます。

 

紙に書いて眺めてみるだけでも意外に効果があるものです。

 

自分の中で大きな問題と思っていたことでも、紙に書いて言葉にしてみると大したことが無いように感じることも多いようです。

 

お金もかからないですし、試しに感情の赴くままに書いてみるのも案外すっきりするものです。

 

 

婚活に疲れたと感じるとき 結婚したいアラサーの悩みのまとめ

婚活をして結婚した女性

 

結婚すると意識していると、ふとした出来事でもチャンスに結びつけられることもあります。

 

焦っていると婚活アンテナの感度は落ちますので、万全の状態で婚活ができるといいですよね。

 

全く焦るな、というわけではありませんので、自分の身の回りに起こることは良い悪いはありません。

 

判断しているの自分ですので、あるがままを受け入れて素直に生きる、ということが疲れず婚活をする一番の秘訣かもしれません。

 

あなたにはあなたの結婚があります。

 

安心して自分の婚活を続けましょう。

 

 

 

 

 

セレブ婚活のスターマリアージュ青山

Sotaro