お見合い後お断りされてばかりの方必見 結婚相談所でよくある5つの理由 | アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:アドバイス

 

結婚相談所に入会をして頂くと、必ずお見合いをしていただくこととなります。

 

数こそ人それぞれですが、このお見合いが結婚への第一ステップともなります。

 

当然力が入りますよね。

 

初めてお会いするのですから緊張するのも当然です。

 

どんな話をしようかと前日から頭を悩ませるかと思います。

 

お見合いをして、そのまますんなり流れに乗って交際そして成婚に進めば良いのですが、そうも行かないのが男女の恋愛の難しさというものです。

 

時にはお見合いの場でとても良い流れで終えることができたと思い、高確率で次も会えるかと思っていた矢先に先方からお断りの連絡。

 

とてもショックかと思います。

 

他には、いつもは絶対に遅刻しない(10分前行動を心掛けている)のにその日に限って仕事が終わらなかった、電車やバスが遅れて大幅に遅刻をしてしまった。

 

普段親しくしている友達であれば何とでもなるものの、初対面の方であればそうもいきません。

 

仕方がないここととはいえ、印象は確実にマイナスでしょう。

 

断られるのは本当に悲しい気持ちになりますが、断る側にもきちんとしたそれなりの理由があるのです。

今日は実際にあった断り理由や今後の気をつけて欲しい点についてお話したいと思います。

 

 

 

お見合い後、実際にあったお断り理由

お見合いに遅刻しお断りされた人

 

①時間通りに来ない

先程お伝えした通り、交通機関の影響などによりどうしても仕方がない部分はあります。

 

普段は遅刻しないのに!と思う方も中にはいらっしゃるでしょう。

 

ですが、お見合い(しかも初回)は何がなんでも遅刻するべきではないのです。

 

遅刻は信用を簡単に無くします。

 

どんなに普段は遅刻しないと言っていても、初対面の相手からすると実際は遅刻をしたという紛れもない事実しかそこには存在しないのです。

 

初回からマイナススタートは絶対にNGです。

 

時間ギリギリなのも、相手によってはマイナスになる可能性があります。

 

どうか時間に余裕を持って行動をするようにして下さい。

 

早い時間に来て、どこかで時間を潰す分には問題ないのですから。

 

②自分の話しかしない

会話が非常に盛り上がったお見合い。

 

自分の結婚に対する思いも伝える事が出来た上、お互いの印象も良かったし、次もあるものだと思っていたものの、まさかのお断り連絡。

 

何がいけなかったんだろうと疑問でいっぱいになると思います。

 

お相手からのお断りの理由は『自分の話ばかりだった』とのこと。

 

実はこのような理由でお断りをされてしまう事が意外と多いのです。

 

本人はそのつもりは全く無いので無意識にしてしまっているのです。

 

もしかすると、お相手の方が聞き上手なのかもしれません。

 

自分は盛り上がっていて、相手は逆に気持ちが下がってしまいます。

 

結婚してもこんな事が続くと思われてしまうのです。

 

双方がバランスよく会話が出来るように工夫するのが望ましいです。

 

③婚活の進捗を聞いてくる

お見合いのマナー違反をする男性

 

これは絶対に聞いてはいけないことなんですが…やはり気になるのでしょうか。

 

極小数なんですが、中にはこのタブーに足を踏み入れてしまう方がいらっしゃいます。

 

相談所に入って何年経ったか。

 

紹介された人数は。

 

どのくらいの人とお見合いをしたか。

 

同時進行で何人とお見合いをしているのか…等。

 

これを聞いてしまっては絶対に次はありません。

 

結婚相談所では同時進行が通常です。

 

自分だけを見て欲しいと思う気持ちは十分理解出来ますが、これらの婚活の進捗に関する質問だけは必ずしないようにして下さい。

 

④プロフィール写真と実物が違った

これはあくまで個人のイメージによるものでもあるため、どこまで実物と違うのか言いきれないのですが…

 

ただ、あまりにも修正し過ぎていたり何年も前の写真を使用しているのであれば再度写真を撮り直す必要があります。

 

自分から見るととても良く撮れていると思っても、第三者から見るとそうでもないこともよくあります。

 

決して自分だけの判断で決めることなく、必ず結婚相談所のスタッフに客観的な意見を聞いてみることをおすすめ致します。

 

最低でも写真は半年に一度は変えるべきです。

 

半年前と全く同じと言うことはありません。

 

ましてやそれが年単位となるとだいぶ異なってきます。

 

また、服装によってもイメージは変わります。

 

前回と全く同じ服装で撮影をするのではなく、少し違ったテイストで撮影してみるのも良いかもしれません。

 

プロフィール写真を変えただけで、申し込みの数が一気に増えた方もいらっしゃいます。

 

プロフィール写真は本当に大切です。

 

なるべく定期的にプロフィール写真を変更することをおすすめします。

 

⑤お見合い慣れ、奢られ慣れている

お見合いの数が多くなれば多くなるほど、当然慣れてくるものです。

 

会話であったり、目配せ、どんな時に適切な相槌を打つかなどです。

 

慣れることは決して悪いことではありません。

 

ガチガチに緊張をして全く話せなく、自分の魅力を出し切れなかったことに比べればとても良いでしょう。

 

ですが、相手にお見合いに慣れてるんだな。と思わせる事は良いことではありません。

 

むしろマイナスに捉えられることの方が多いかもしれません。

 

お会計にしても同じです。

 

初回のお見合いの場では男性が支払うこととなっていますが、それが当たり前のような態度をしてしまってはいけないのです。

 

男性はこの辺りは案外細かく見ているポイントです。

 

確かに払ってもらって当たり前の態度を取られるのは人間誰であっても気持ちのいいものではないですよね。

 

『ごちそうさまでした。』と笑顔で気持ちよく、言葉にして伝えたら良いんです。

 

そんな難しい事ではないですよね?

 

仮に、ここでじゃあ〇千円出して。と言われたらどうでしょうか?

 

価値観が合わないと思えばそれこそ、こちらからお断りの連絡を相談所にすれば良いだけです。

 

 

相談所へお断りの連絡を入れる前に

お見合いのお返事を考える女性

 

お見合いが終わったあとは、必ず結婚相談所に連絡を入れる必要があります。

 

それは交際するのかしないのか…。

 

そう、このふたつしか答えはないのです。

 

この人とはないな…。と思ったとしても、まずは一晩寝かせて考えてみましょう。

 

違うと思ったポイント、良かったポイントを思い返してみます。

 

たった1時間ちょっとのお見合いで相手の全てを理解しようと思うのは不可能です。

 

ご縁があったからこそお見合いをしたわけです。

 

絶対にこの人とはない!と思うのであれば別ですが、迷っているのであればとりあえずもう一度お会いしてみるのも良いかもしれません。

 

答えを出すのはよく考えてからです。

 

すぐに判断をしてしまうのはもったいないです。

 

 

お見合いを続ける上で気を付けること

 

何度もお見合いを重ねていくと、断り癖がついてしまうことも多々あります。

 

相手のちょっとした態度が気に入らなかった。

 

ちょっとした言い回し、相槌の仕方…

 

悪い所を探すのは簡単です。

 

気に入らないと思うと、更に今目の前にいる人がどんどん嫌になっていきます。

 

お見合いで断り癖がついてしまうと、婚活のハードルがどんどん高くなっていってしまいます。

 

年齢が20代と若ければまた違うのですが、30代、40代と重ねていくに連れてこの断り癖はネックとなります。

 

相手の嫌なところばかりに目を向けるのか、それとも嫌なところがあっても良いところを探していくのか。

 

人間誰しも完璧な人はいません。

 

この考え方で今後の婚活もだいぶ変わってきます。

 

結婚がしたいと思うのであれば、嫌なところではなく相手の良いところにぜひ目を向けて見て下さい。

 

 

お見合いのお断り理由のまとめ

お見合いのお断り理由を聞く女性

 

婚活においての断る理由、気を付けて欲しいことを書きました。

 

感触のあったお見合いで断られるのはショックを受けるかと思います。

 

でも、それはそれで仕方ないことです。

 

みんなが通る道です。

 

縁がなかっただけなのです。

 

ただ、断る側にもきちんと理由があります。

 

もし相談所から理由を教えて貰えるのであれば、そこを改善して次に進みましょう!

 

自分自身の希望通りにならず、なかなか思うように進まないかもしれませんが、その部分を改善できた時にきっと運命のお相手に出会えますよ。

 

 

変わることで、どんどん素敵な自分に変身しています。

 

前向きに頑張りましょう。

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山