婚活ブログ

セレブ婚活ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活アドバイス
  4. 婚活を成功させる4つの小さなコツ

婚活を成功させる4つの小さなコツ

過去にアメブロに書いていた記事を、再度今の風も取り入れながら、まとめとして書いて行きたいと思っています。

今回は、自分でも読み返す良い機会になりました。

読み返して思うことは、過去も今も思うことはほぼ同じだと言うこと。

ただし、どうせ書き直すならば以前より、もっと分かり易くお伝えして行きたいと決意新たにしております。

 過去の価値観に囚われない

お見合いで上手く行かない人の共通点の一つに、過去の恋人とお見合い相手を比べてしまう、ということがあります。実はそういう人って結構多いです。
女性の5人〜6人に一人くらいは、

  • 別れた彼氏がこんな人だったから
  • 離婚した結婚相手がこんな人だったから
  • あるいは、父親がこんな人だから

条件は下げたくないってお話をなさいます。

でも、待ってください。
その人にも欠点があって結婚に至らなかったから、あるいは、一度は相思相愛になったけれど結婚のご縁がなかったから、今、あなたは独身なんですよね?(まして、お父様を射止めたのはお母様であって、あなたではありません。)

あなたは、自分はそんな素晴らしい人に愛されたんだと言う事実を、ずっと胸に抱いて生きて来たのかもしません。
でも、それは今となっては幻想、過去の亡霊です。

あなたの男性に対する価値観の元になった彼は、とうにご自分の愛する人と幸せに暮らしているかもしれません。
あなたのことは一切忘れているかも。

別れた人のことは、こちらから愛想尽かしをしたのでなければ美化するものです。
実際以上に、とても素敵だったように思えてしまいますね。
それが、今のあなたを雁字搦めに縛っていませんか?

それはとても損なこと。
羽ばたこうとするあなたの心を、そして行動をも縛ってしまいます。
周りが変わってゆくのに、あなた自身も年をとってゆくのに、いつまでも戻って来ない過去を今も一人で生きているようなものです。
そして、そう言うお話をされる方って、たいてい婚活が上手く行きません。

だから厳しいようですが、一旦過去は忘れて欲しいのです。

まっさらな気持ちになって、もう一度最初から取り組んでみたら、とても素敵な人と出会えると思うのです。

40代会員様の婚活エピソード

一つ、とても心に残っているエピソードをお話しします。
もうとうにご成婚された女性の話です。

40代前半の方ですが、ある時ある駅で元の結婚相手が同僚の方と歩いているのを見かけたんだそうです。

少し距離があったこともあり、元結婚相手は彼女に気づかず通り過ぎましたが、彼女はむしろ婚活疲れの自分に気づいて欲しくなったようです。

その時彼女は、別れたエリートの元パートナーが颯爽と歩く姿に「ああ、今出会ったら、きっとこの人に今の自分は選ばれないのだろうな〜」と悲しく思ったのだそうです。

婚活って、自分が若い頃モテた、過去の栄光を木っ端微塵に吹き飛ばすエネルギーがあります。

その偶然は、もしかしたら神様が、婚活を頑張るように元の結婚相手の頑張る姿を、彼女に見せたのかも知れませんね。

彼女の素晴らしいところは、そこで怯まずに突き進み素敵なパートナーを見付け出したことです。

見つけたその人は、今の自分にぴったりと釣り合う人ということです。

過去の自分に釣り合った人は捨てて、今の自分で勝負しましょうか。

一度、プライドを捨ててみましょう。
勇気がいるなら、お手伝いしますから。

第一印象で結婚への確率は変わる

お見合いでうまく行く成功法はズバリ、一目惚れさせることが出来るかどうかです。

ご成婚カップルの多くは、男性の一目惚れからスタートしていますよ。

お見合いって、ある意味待ったのきかない一発勝負ですよね。

そのたった1時間程度、もっと言えば最初の「こんにちは」で一目惚れさせられなければ、前向きな意味での2回目はないと思った方が良いでしょう。

一目惚れさせるって難しけれど、お見合いではほぼそれなしではご結婚にいかないのではないかしら。

一度ではよく分からないのでもう一度会って見ます、という若干後ろ向きのyesでは、ご成婚は難しい。

それくらい、第一印象は大事な大事な物なのです。

「こんにちは」「初めまして」溢れる笑顔。ここに全精力を使いましょう

この第一段階をクリア出来れば、その後、あなたに好意を持って下さった方との会話は本当にスムーズに流れるように上手く行きます。

何を言っても、まさかの失言さえも、勝手に可愛いなー、とか、良いように解釈してくださいます。

これって、案外人見知りするタイプの方は苦手かも知れません。

笑顔どころか、視線を絡ませることも難しく感じて、すぐに目を逸らしてしまったり。

でも、そんな事言っていられません。

早く素敵な方をゲットするには、大事な事です。

昔から女は愛嬌と言いますが、にこやかに対応されるとより美人に見えてしまうものですね。

ここが婚活と、自然に出会うことの大きな違いかと思うんです。

仕事の関係や、グループで会う友人関係などで、嫌が応にも必ず2度3度と会わなければならない場合、マイナススタートから始まって、徐々に良いところを見つけて行ける恋愛の形ですね。

最初の印象が最悪で、むしろどん底なら、そこから印象を上げるのは然程難しくないかも知れません。

人見知りする人でも、段々と慣れて自然に可愛らしい笑顔になれたりしますから。

それが婚活となると、第一印象がマイナスなら必ずお断りされてしまいますから、マイナススタートはないと思って下さい。

忙しいエリート男性はとても判断が早いです。次こそ頑張ろうと思っても、その次がないのではなんともなりません。

大事なのは、スタートダッシュですね!

次のお見合いでは、少しだけ長くお相手の目を見つめて、そしてとっておきの笑顔で、最初のこんにちはのたった5秒に全精力を使いましょう

ハンカチを持ち歩く

とてもささいなことかもしれませんが、とても大切な事だと思う事です。
あなたはトイレで手を洗うと思います。
外出した時に使う公衆トイレです。
ショピングセンターやレストランやデパートやらのトイレ。

手を洗ったあと、どうしますか?
まさかわんちゃんやねこちゃんがシャワーを浴びたあとのように、手を思いっきりブルブルして水気を払っていませんよね?

とても多いんですね、若い方からそうでもない方まで。

隣で手を洗っていたら顔にまでそのブルブルの水が掛かります。
それをなんとも思わないのでは、きっと婚活も上手く行かないのでは?

品の良さは男性から見たら
とても大きなポイントだと思います。
あなたが、もしエリート男性との結婚を夢見ているのであれば尚更です。
自分のご両親に紹介する時、男性ははらはらドキドキの女性を会わせたいとは思いません。
きっと品があって躾をしっかり受けた思いやりがある女性ね、とご両親から言われたら彼も嬉しいのではないでしょうか。

大事な場面で隠しても癖は出るものです。
彼のご両親との最初のご挨拶の日に、お目に掛かる前にトイレに寄って隣にどなたかいるのを知っていながら(誰もいなくてもブルブルは変ですが。。)思いっきりブルブルして隣の方に水滴攻撃をして知らん顔で待ち合わせ場所へ行きました。

そこへ彼のお母様が登場したと思ったら、先程トイレで横にいらした方だったとなったら、どうしますか?
そういう些細な事は案外お人柄がでますから、彼のご両親は決してお二人の将来を手放しで祝福してはくださらないでしょう。

ささいなことだからこそ、大事な事があります。
隣の方に恨みがないなら、今日からチキンとハンカチを用意して手を洗う習慣をつけてみたらいかがでしょうか。

結婚相談所カウンセラーを信用する

最後は結婚相談所へ登録されている方向けのコツになります。

真しやかにネット等で語られているものの中にかなり誇張や真実でないこと、はっきり申しまして嘘があります。
結婚相談所のカウンセラーは、少しでも長く会員さんに活動させ会費を稼ぎたいという理由で、お見合いのお返事を操作する、ということも真実でないことの1つです。(そんな人はいないと信じたいです。)

どうしてそういう誤解が生じるかといえば、お見合い中にやけに愛想が良くて、是非またお会いしたい等、リップサービスか社交辞令か知らないけれど、お相手を喜ばせておいて、その舌の根も乾かぬうちに、担当者を通してご縁がありませんでした、と断ってくる方々がその元凶でしょう。

お愛想も必要な時はありますが、こんな誤解を招く言動は困りものです。
結局、あれほど私を気に入ってくださったはずなのに、お断りしてくるのは絶対おかしい、きっとカウンセラーが操作しているに違いない、という事になってしまうのでしょう。

しかし、断じてお伝えしたいのですが私達カウンセラーで会員様のご成婚を願わない者はいないでしょう。
少なくとも、私が今まで接したカウンセラーの中にはそんな人はおりませんでした。
ご成婚を願う情熱の多い少ないはあるにしても、お返事を操作して会費を稼ぐ等、会員様や自分自身に顔向け出来ないことをすれば、仕事に対する情熱は冷め、きっと仕事が長く続くはずがありません。

私自身はそういったトラブルは過去ないのですが、お断りされるのはおかしい、ちょっと納得行きません、もう一度間違いではないか聞いてくださいということは1度ありました。それは女性の方でしたが、お返事を確かめてもやはりNOはNOで変わる事はありませんでした。

男性はやはり社会性があるのか、「あの時は気に入ってくれたようだったけれど、あれは話を合わせてくれたんですね~」とご自身を客観的に見られる方が多い印象です。

しかし、中には女性でもご自身を客観視出来る方もいて、起こった事実から学習される方が成長する方です。
気に入ってくださったように見えても、お断りされることもあるんだと、学習される方は賢いです。
今度は、きっと社交辞令に騙されず、良いお返事が来るかお断りされるかを見抜く力も付くでしょう。
何事も同じですが、お見合いも学習されれば、遠からず良いご縁が繋がるものです。

カウンセラーはみんな会員様のご結婚を実現したいと願っています。
出来れば早くご成婚をお決め頂き、幸せなご成婚退会をして頂くことが目標です。
そうすれば、自分の仕事に対する誇りも高まり、また相談所の評判も上がり、ご成婚された方のお友達等のご紹介も頂けます。

目先の会費など、それらに比べたらたいしたものではありません。
まずは、信じると決めたカウンセラーを、とことん信頼してください。
そこから、良い婚活はスタート致します。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

検索

アーカイブ