婚活ブログ

セレブ婚活ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活アドバイス
  4. 30代後半から40代女性の婚活は辛い?【辛くて厳しいのが現実です】
自分と向き合う婚活女性

30代後半から40代女性の婚活は辛い?【辛くて厳しいのが現実です】

30代後半の女性が、どの年代の女性よりいちばん多く、しっかり婚活していることをご存知だろうか。

仕事も地位を得、年収も有り、人によっては家も買い、となんでも持っているような恵まれた30代後半以上の女性達が、ふと持っていない大事なものに気づくという感覚で婚活をはじめることが多い。

皆さん、若々しくて外見は20代と比較しても負けないくらい綺麗で手入れが行き届いている方々。

異口同音に気づいたらこの年でした、と仰る多数のアラフォー世代の婚活に焦点を当てて見たいと思う。

30代後半からの婚活、一体何が辛いのか

ここのところ40代前半の女性会員様からのご相談が続いた。

30代後半でも婚活は厳しいけれど、それでも40代以上の方に比べれば余程恵まれていて40代以降の婚活はとても厳しい。

40代になると、結婚後にお子さんが欲しくない男の人に的を絞って行けばお見合いは成立し易くなるけれど、女性自身が子供が欲しい場合は男性の思いと一致せずに、お申し込みしてもしても出会う前からお断りされる確率が上がってしまう。

自分と向き合うのが婚活

婚活全体に、そして男女関わらず言えることなのだけれど、何が厳しいかと言えばごく一部の出会いの早い運の良い方を除いて、婚活市場での自分の立ち位置、偏差値とも言えるものと嫌が応にも1人で向き合わねばならないこと。

すごく若々しくて魅力のある30代後半の方でも、実年齢で判断される婚活という場では、甘い空想はほとんど実現しない。

例えれば、常日頃自分より少し格下だと思っていたような、この方なら承諾してくれると思うようなタイプの男性に、サイトから申し込んでもお断りが来たりする現実には本当に落ち込む。

若さ=女の価値と言う概念

以前、ご成婚退会された30代後半の方が今だから話せる悩みを話してくださったけれど、何が辛いかといえば自分に価値がないように自分が思うことだったと仰っていた。

婚活地獄という言葉もあるくらいだから、きっと婚活している多くの30代後半以降の女性達は、激しく同感されるに違いない。

学生時代には学力で偏差値は決まったので分かりやすかったけれど、婚活偏差値は年齢やその他諸々複合的なちょっと掴み所のないものだから余計に厄介だ。

でも、自分だけが苦しいと思うからなかなか前向きになれず辛いだけで、30代後半以上の女性なら皆同じ状況なのだ。しょっぱなみんな一度落ち込んでから新たに立ち直って、そこから初めて婚活に本気で向き合う。

舐めてかかると、もしかすると本当に一生結婚出来ないかもしれないとはじめて理解するから。

結婚は相手に求めるものと相手から求められるものが釣り合った場所が着地点

30代後半以上の女性は恋愛もある程度は経験して来ているので、『好きになって結婚すること』に意外にも若い世代よりこだわりのある世代とも言える。

ご自分の生活のスタイルや基盤があるため、きちんと恋愛できて価値観も合い、尚且つ同レベルの知的会話ができる相手でないと、それを崩してまで一緒にいたいとまでは思えなくなってしまう。

晩婚化により金銭的余裕のできた人々が結婚式にこだわることを「こだわり婚」と呼ぶらしいが、出会いの部分でも「こだわり婚世代」と名ずけられるかもしれない。

余程の相手でないと結婚に対するメリットを感じづらくなる部分もあるかと思う。

そのため周りがおすすめするような男性では物足りなく思うのだろう。

20代女性よりモテる30代前半女性は案外たくさんいるけれど、同じ30でも30代前半と後半以降では婚活の苦労は求める人と求められる人との間のズレが大きくなる分全く違ってくる。

結婚は、まさに求める人と求められる人が一致して初めて成立するものだから。

いっそ諦めて一人で生きて行く

もういっそ諦めて一人で生きて行くしかないかもしれない…このフレーズは落ち込んだ時に多くの30代後半から40代女性が仰る言葉。

実際にそれが幸せと人生の方向を変える方もいらっしゃるだろう。

特に東京は独り身でも他人のプライバシーには関知しないので生きやすい。

そんな気持ちになることもあるよね、すごくわかるけれど、もう一度諦める前に考えて欲しい。

30歳になる時、40歳になる時、そして50歳になる時、60歳になる時、人は歳をとり老いというものを感じる。

早く30歳になりたかった、早く40歳になりたかったという人も一部いるかもしれないけれど多くの女性は老いは嫌いだ。

若さに代わるものなどありはしない。

けれど、生きている限り必ず老いはやってくる。

自分の老いを受け入れるのはかなり辛いことだけれど、自分を納得させるほどの、若さに代わる何かが必要だと感じる。

パートナーを求める意味

ニコール・キッドマンが50歳になることを”ちゃんと受け入れている”とインタビューに答えていたという記事を読んだが、受け入れるにはそれなりに自分を納得させる理由が必要なのではないかと思う。

例えば、子供。

とても小さかった我が子が大きく成長して行く姿は、自分の老いを受け入れさせてくれる。

そして、パートナー。

子どもを持たない選択をした女性は、やはり一緒に人生を歩むパートナーの存在が支えだと思う。

親は年老いて行くわけだから、いつまでも甘えていられない。

頼る立場から気付けば頼られる立場へと、いずれ静かに入れ替わる。

今のままでも良いかなと思っても、絶対に今のままでは居られない訳だから運命は自分で切り開くしかない。

そこで力強くあなたを支えるのは親ではなく、結婚という形に基づくパートナーだと思う。

同性の友人では、その代わりにはきっとなれない。

二人で幸せになれる結婚相手とは

40代で初婚の人なら、20代の青春時代を子育てに費やした女性に比べて、自由を謳歌した時間は明らかに長かったはず。

その間、思い切り仕事も出来、その見返りにお金も手に入れ、それを自分だけのために自由に使え、行きたい場所に旅行にも行けたはず。

もちろん、何らかのよんどころない理由があるかも知れないけれど、婚活スタートが遅くなったのに20代の女性と同じ男性にお申し込みするのは分が悪い。

是非、たくさん申し込んで男性のこの年齢辺りだと承諾が来やすいと言うゾーンを見つけて欲しい。

婚活は、このターゲットを絞り出すことが真剣にできるかどうか、が一番の肝だと思う。

欲目を一旦捨て感情的にならず、自分を外から眺め努力して客観視することが必要になる。

そうしているうちに、ひょっこりと年齢の近い素敵な人とお見合いが成立し、トントン拍子に結婚が決まることもある。

自分の年齢を受け入れ、捨ててはいけないものは大事にして、今の自分で出会えるベストな人を焦らずにコツコツと探して欲しい。

実際にご成婚する方たちが最終的に選ぶお相手は

結婚相手として探すのは、人気の男性ではなくあなたを大事にしてくれる真面目で、健康で、仕事を一生懸命にする人がいい。

条件も大事だけれど、二人の関係が良好で穏やかであることが一番大切。そして、お互いを活かし合える人であること。

始めは希望の相手に見えないかも知れないけれど、噛めば噛むほど味の出る、という人もいる。

きっとそういう人程、求めていた相手だったと気付いたら離れ難いかも知れない。

30代後半から40代女性の婚活のまとめ

30代後半で婚活に参加した女性は、同じような男性にお申し込みをするという意味で20代後半や30代前半がライバルとなるので、自分のアピールポイントと、相手に求めることと捨てることを明確にし、他の世代よりもより以上に頭脳と感性を使わなければいけないという点で、かなり高度になると感じる。

40代以上の女性の婚活は、ある意味吹っ切れていれば早く良い出会いに恵まれるので、やはり自分と似合う相手はどんな人なのかを真剣に考えて見て欲しい。

そこが定まらない人は結局時間ばかりが流れて行ってしまう。

最後に、婚活は諦めずコツコツととにかく動くこと、がやはりいちばん大切なことだとお伝えしたいと思う。

関連記事

プロフィール

プロフィール

当社HPにお越しくださり有難うございます。婚活カウンセラーの松岡利恵子と申します。
高学歴高年収カップルのご成婚において当社は数多くの実績を誇っております。
オンラインカウンセリングにも対応しております。

検索

アーカイブ