アドバイス | アラサー、アラフォーの方に向けた幸せな結婚のための婚活記事ブログ

テーマ:アドバイス

 

高年収エリート女性がモテない理由

仕事をする高年収エリート女性

 

高収入、高学歴、エリート……

 

今や男性だけでなく女性もこの三拍子そろった素敵な条件をお持ちの方は世の中にたくさんいらっしゃいます。

 

それに加えて美人、可愛いなどの要素も加わればモテてモテて仕方ないと思うのではないのでしょうか?

 

恋愛と結婚は別物と言いますが、実は女性だけではなく男性にとってもそうなんです。

 

ですから、高年収女性が婚活をされているのであれば少しばかり辛い思いをされてしまうこともあるのです。

 

結婚相談所でも例外ではありません。

 

というのも、お金を稼ぐいわゆるバリキャリといわれる女性は男性から敬遠されてしまうことが多々あるのです。

 

せっかく苦労して手に入れた今のキャリアや実績があるのに、婚活に限ってこんなことがあるって納得いきませんよね。

 

勉強や仕事を必死で頑張ってきたのですから、恋愛だって妥協したくないはずです。

 

ましてや一生を左右する結婚であれば尚更です。

 

ですが、男性はとてもプライドが高い生き物なのです。

 

それは女性が思っている以上に…です。

 

いいなと思っている女性が自分より稼いでいたら、結婚相手としてどうしても見れなくなってしまうのです。

 

口ではどんなに、バリバリ稼いでいて収入がある女性が良いと言ってもです。

 

どんなに稼いでいても、自分よりは稼いでいて欲しくない。

 

これは紛れもない、しかし決して男性の口からは語られない事実です。

 

しかし、女性だってそもそも結婚相手には自分よりも稼いでいて欲しいと思っていますよね。

 

ですから、自分より稼ぐ男性を結婚相手に求めることは正しいと言えます。

 

しかし、そもそも高年収の男女自体が世の中に少ない訳ですから、少ない中で更に対象者を最初から絞っているようなもの。

 

そういうことで、高収入の女性は稼いでいれば稼いでいるほどどうしても出会いが少なくなってしまうのです。

 

 

高年収女性がパートナーを見つけるコツ

モテることに焦点を置かない

自立した婚活女性

 

高収入の女性、バリキャリの女性がモテづらい。

 

もしくは、お見合いの申し込みが少なくなりがちなのは上記で説明しました。

 

ではどうしたら、実りある素敵な出会いを見つけられるのでしょうか。

 

ひとつの方法は、モテること(申し込みが来ること)を期待しないことです。

 

受身の体制だといつまでも納得いく男性とは出会えないでしょう。

 

モテることに焦点を置くのではなく、自ら積極的に申し込みにいくことです。

 

男性からしたら高収入の女性は高嶺の花です。

 

自分のことを客観視できている男性は軽々しくお見合いの申し込みすらボタンを押せないのです。

 

婚活でモテることはとても重要です。

 

ですが、高収入の女性に限ってはモテるという受け身でいることよりもモテにいくという積極性を大事にしてみて下さい。

 

きっと今より出会う確率はぐんと上がるはずです。

 

 

自分と同レベルもしくはそれ以上の男性を求めるのなら

高年収同士のカップル

 

女性であれば、誰しも男性に守ってもらいたい、リードしてもらいたいとほとんどの方が思うでしょう。

 

そうなると、年収だって男性の方が稼いでいて欲しいと思うのは何ら不思議ではありません。

 

当然といえば当然のお話です。

 

高収入の女性が自分と同レベル、もしくはその上の男性を求めるのであれば覚悟しなくてはならない事があります。

 

それは長期戦ということです。

 

どんなに美人でもです。

 

仮にご自分の年齢が35歳を越えているのであれば尚更時間が掛かることを覚悟してください。

 

高収入の男性は世の中に数パーセントしかいらっしゃいません。

 

弊社の会員様はその上位数パーセントの男性と成婚されていますが、必ずしも全員の方が皆、短期戦で成婚を決めたわけではありません。

 

高収入の男性はいくつになっても選びたい放題です。

 

そう、どの年代からも驚くほどモテるのです。

 

そんなモテる高収入の男性が選ぶ女性は、まだあどけなさの残る20代の女性が圧倒的に多いのです。

 

これは紛れもない事実です。

 

もちろん、中には年齢が近い女性が良い、もしくは年上の女性が良いとおっしゃる男性もいらっしゃいます。

 

でも、それは本当にごく少数なのです。

 

そういう男性と巡り会うことが出来れば一番良いのですが、こればかりはそれを引き寄せるご自身の運の強さも必要となります。

 

どちらにせよ、短期で決まるとは決して考えずに長期戦になることだけは頭に入れて置いて欲しいと思います。

 

 

まずはもう一度条件の見直しをする

申し込みをする女性

 

多かれ少なかれ、誰しも結婚相手に条件があります。

 

私が実際に見て感じたことを書いていきますね。

 

35歳を過ぎている女性に多い、相手に求める条件例

 

・初婚
・大卒or大学院卒
・40歳くらいまで
・年収800万-1000万以上

 

この条件(もしくは近い内容)を設定されている方が非常に多いのです。

 

先程もお話した通り、この条件の男性の殆どは20代女性に申し込みをするでしょう。

 

かたや、最近の20代女性の男性に求める条件例は…

 

・初婚or再婚
・素敵な人なら45歳くらいまでOK
・大卒以上、条件により高卒OK
・年収600万以上

 

比較するとわかりやすいかもしれませんが、20代女性の方が結婚相手に対する条件の幅が広いのです。

 

もちろん全員が皆この条件ではありません。

 

ですが、実際に普段から見ていて柔軟に対応していっているのは20代女性の方が圧倒的に多いのです。

 

これではどんなに婚活を頑張っても結果が出にくいんです。

 

なぜなら、20代の婚活に対する熱意、勢いが半端ないのですから。

 

一番譲れない条件は外すべきではありません。

 

ただ、それ以外の条件はもう少し緩めた方が絶対に良いのです。

 

若くて何千万と稼ぐ男性がそう多くいるはずはありません。

 

ましてや一度も結婚した事がないとなると、さらに紹介できる人数は限られます。

 

出来る男性は結婚に失敗した過去があったりもします。

 

だからこそ、それをバネに何千万と稼ぐ男性に変身したのかもしれません。

 

一度上手くいかなかったからこそ、相手を思いやる心を学んだかもしれません。

 

離婚した理由はきちんと本人に聞かないと分かりません。

 

もしかしたら、あなたがその離婚理由を聞いて、問題なく受け入れられることだってあります。

 

離婚履歴があるというだけで、憶測で相手を遮断するのは非常に勿体ない気がします。

 

まずはご自分の条件の見直し、何が譲れないのか、一番に求めるものなのかを明確してみてくださいね。

 

 

高学歴、高収入女性に多い落とし穴

ハートで考える

 

高学歴、高収入の女性が一度はハマってしまう落とし穴があります。

 

優秀過ぎるが故の問題なのかもしれません。

 

それは頭で悩みながら婚活をしてしまうことです。

 

条件ばかりにとらわれて、一番大切な心で判断出来ていないのです。

 

頑張って勉強して、一流大学に入学。

 

そして、倍率の高い就活を勝ち取り一流企業に就職。

 

年収だって、エリート男性に負けないくらい稼いでいる。

 

社会にだって貢献している。

 

そうしたら、結婚だって自分の思い描く素敵な男性と結ばれて歩んでいきたいはずです。

 

その為に、決して安くない費用を払って結婚相談所に入ったのだから、その気持ちは半端じゃないはずです。

 

誰よりも強い気持ちで婚活をされているはずです。

 

一流人気企業ランキング上位のエリート会社員や士業などの、誰もが羨む素敵なエリート男性と結婚したいと思うのも十分理解できます。

 

しかし、頭でそう考えれば考えるほど、婚活は上手くいかないのが現実です。

 

ここがエリート女性が陥りがちな落とし穴なのです。

 

年収だって大切です。

 

イケメンに越したことはありません。

 

学歴だって自分と同等ももしくはそれ以上が良いと思うでしょう。

 

それは誰だって同じです。

 

でも、一番大切なのは、

 

「この人となら苦労を共にできるか」

 

ということなのです。

 

心から好きという気持ちがないと、残念ながら結婚生活はうまくいきません。

 

 

高年収エリート女性の婚活のまとめ

幸せな結婚相手と赤ちゃんを手に入れた女性

 

少し厳しめの内容で記事を書いてしまいましたが、婚活において本当に大切なことを記したつもりです。

 

頭で考えるのではなく、心(直感)で感じてください。

 

ご自身の第六感を信じていれば、絶対に大丈夫です。

 

直感に自信が無いのであれば、磨く方法はいくらでもあります。

 

そして、今このブログを呼んでくださっているあなたが30歳を超えていらっしゃるのであれば、

 

子どもが欲しいと思うのであれば、

 

尚更条件の見直しをしてみて下さい。

 

まずはここからです。

 

その後は自分から気になる男性にアタックあるのみです。

 

待っているだけでは何も始まりません。

 

時には嫌な気持ちになることや、振られてしまうこともあるかもしれません。

 

でもそれは誰しもが必ず経験することです。

 

「そんなこともあるさ」くらいの気持ちで流せれるようになれば心振り回されず穏やかな気持ちで婚活出来ます。

 

大丈夫です。

 

頑張った分だけ、結果は後から必ずついてきます。

 

エリート女性がさらに輝ける婚活を心から応援しています。

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ 青山

 


テーマ:アドバイス

 

人生を左右する一大イベントの結婚。

 

近年は晩婚化が進んでいると言われていますが、若いうちから真剣に結婚を望む人も多く、無料の婚活サイト、マッチングサイトやマッチングアプリなど多く手軽な婚活方法も多数増えています。

 

費用を掛けてでも、しっかりサポートして欲しい人は結婚相談所に入会したり、有料の婚活サイトに登録したり積極的に活動をしています。

 

男女の出会いには、友人からの紹介や合コン、街のイベントや街コンや婚活パーティーなど多様化も進んでいます。

 

しかし、せっかくマッチングしたのに長続きしなかったり、なんかいい感じで交際が進んでいたのに突然「今回はご縁がなかったということで…。」とお断りされてしまったり。

 

女性からしてみたらいい感じだったのに何を突然!となりますよね。

 

男性のコミュニケーション能力は女性とは多少違うのです。

 

女性とは別の「察してよ」を使います。

 

女性は言葉で少し遠回りに言ったりしますが、男性の場合言葉に出さずに、微妙な態度で非常に重要なサインを送ります。

 

厄介ですよね。

 

まずは男性が結婚相手の女性に何を求めているかと、どんな特徴の女性が敬遠されるかを紹介します。

 

そして、男性の見せる独特の察してサインも紹介します。

 

過去お付き合いのあった男性の行動を思い返してみると、そう言えばそんなこと良くしていたなぁ、と思い当たるふしがあるかもしれません。

 

是非これからのあなたの婚活に活かしてみてください。

 

男性から見た結婚したい女性に求めるものと、結婚したくない女性の特徴は以下の通りです。

 

 

 

男性が結婚したい女性に求めるもの

男性が結婚したい女性

 

一緒にいて疲れない

怒りっぽかったり、メンタルが弱くてネガティブな人と一緒に生活していると疲れてしまいますよね。

 

また、恋愛では多少のわがままも許せますが、毎日一緒に生活する中でわがままばっかりだとうんざり気が滅入ってしまいます。

 

男性は「家庭が癒しの場所」という意識が強いので結婚の決め手に「一緒にいて疲れない」という条件を挙げる人が多いのです。

 

落ち着きがあって寛容に包み込んでくれるような女性が求められているようです。

 

男性は外で仕事を頑張る分、家庭では愛しの奥さんに癒されたい、安らぎたい、という願望が強いです。

 

料理がうまい

インスタ映えするような凝った料理や本格派○○のような手の込んだものではなく、健康的で経済的な、有り合わせでささっと作ってくれる家庭的な料理が男性は大好きです。

 

家で美味しい手料理を、奥さんと食べるというのが男のロマン、だそうです。

 

自分一筋でいてくれる

自分だけを一途に見てくれる女性に魅力を感じます。

 

実は、男性は表にあまり出しませんが、独占欲が強くもの凄く嫉妬深い性質が強い傾向があります。

 

彼氏や旦那には過去の男性遍歴はあまり話さない方が良いかもしれませんね。

 

ポジティブ

毎日一緒にいるとパートナーのメンタルは、言葉に出さなくても態度で伝染してしまいます。

 

ポジティブな性格の女性と結婚すれば、仕事や人間関係で落ち込むことがあっても、家庭に戻れば嫌な気分も吹き飛んでしまいそうですよね。

 

逆に、ネガティブな女性と結婚すれば、一緒にいるだけで余計に落ち込んでしまいます。

 

先にも挙げた「一緒にいて疲れない」という条件とも重複してきますが、家庭を癒しの場所ととらえる男性が多いので、仕事で疲れているのに家に帰っても愚痴を聞かされたら疲れてしまいます。

 

やはりポジティブな女性は誰の目から見ても魅力的です。

 

パートナーの失敗も前向きに捉えて、チャレンジを続けさせてくれるような性格の女性は、男性の気持ちを上げてくれます。

 

結婚の決め手として重要な条件でしょう。

 

顔やスタイルの良さ

男性にとって女性の外見は結婚する上でも重要な要素で、女優やモデルのような美しいと言われるようなレベルでなくても、健康的な体型である程度整った顔が良いようです。

 

特にプライドが高い男性は、自尊心を満たすために家族や友達に結婚報告をしたときに「いいなぁ」や「うらやましいっ」と言われる綺麗な女性と結婚したがるようです。

 

しかし、バツイチ以上の男性はあまり外見にこだわらない傾向があります。

 

一度結婚生活を経験しているので、外見よりも重要な点があることを知っているからこそ、内面の相性を優先するようです。

 

 

男性が結婚したくない女性の特徴

男性が結婚したくない女性

 

生活感がない

生活感がない女性は、所帯染みておらず女性としての魅力を保っているので非常に魅力的で、恋愛的なお付き合いでは大変モテると思います。

 

しかし、結婚すると考えると、一時的な魅力よりも継続的な安らぎのある女性を選ぶことが多いのです。

 

生活感がない女性は、一緒にいても家での普通の暮らしがイメージができないので、結婚の決め手に欠けるようです。

 

相手に合わせすぎる

いくら好きな相手だからと言っても、相手に合わせるばかりで自己主張のない女性は、一緒にいても退屈と感じる男性が多いようです。

 

自分の意見を持っている女性の方が、ポジティブと捉えられ結婚相手として選ばれやすいのです。

 

自分に合わせられ過ぎているというのは男性も感じ取るようで、いい人であっても結婚できない女性のタイプの典型です。

 

金遣いが荒い

全身ブランドで固め、趣味もお金の掛かるもので、お金遣いの激しい女性は、刺激的で遊び相手としてはモテるかもしれませんが、結婚後に自分の命を削って働いた給料を預けたいとは思わないですよね。

 

結婚相手に選ばれる女性になるためには、一般的な金銭感覚を身につける必要があります。

 

 

男性の出すノーを意味する仕草について

デートに気乗りしていない男性

 

いい感じでお付き合いを続けていると女性側が思っていても男性側がそうではないことがあります。

 

最初から男性はあまり乗り気でないけれど、なし崩し的に付き合ってしまって別れを言い出せずいた場合、ビミョーなサインを送り続けていたけれど伝わらず、ある日突然「もう別れよう」と爆弾を投げてきます。

 

女性にとっては、青天の霹靂であって精神的に参ってしまいます。

 

どうしてか、とよくよく聞いてみると、前々から合わないと思っていて、言い出そうと思っていたけど良い出せずにいた、という事例はよく聞きます。

 

そんな時、男性は無意識のうちに気持ちが行動に出ること多いです。

 

心理的に拒否・拒絶、ノーのサインはわかり易く行動に出やすいようです。

 

男性の見せる何気ない行動に隠された、ノーのサインの一例を紹介します。

 

デートの時の椅子の位置や体の向き

相手があなたの正面に座った時、あなたのほうに顔や体全体を向け前傾姿勢であれば、あなたに好意を持っており、あなたのことをもっと知りたい、お近づきになりたい、というイエスのサインです。

 

逆に、椅子を後ろに引き距離を取ろうとしていたら、「早く帰りたい」「つまらない」というノーのサイン。

 

デートの時の物理的な距離感というのものを意識してみましょう。

 

パーソナルスペースというのは非常に重要で、心を許した相手であれば自分の半径45㎝以内に入っても安心していられますが、そうでないと不快に感じるようです。

 

ちなみに、45~120cmは友人としての物理的な距離感、普通に話す分にはこれくらいの距離が丁度良いとされています。

 

一緒にいるときの腕組みの仕草

本当に何気ない動作ですが、話している時、一緒に出かけた時、何かを一緒に待っている時、男性は身体の前で腕を組んでいないですか?

 

体の前で腕を組むというのは相手に対して警戒心を持っていたり、拒絶する気持ちがあるときに無意識に出てしまう行動です。

 

最大の弱点である心臓を守る動作、壁を作る動作となります。

 

何に対して防御しているのかを見極める必要がありますが、二人きりの空間で腕を組んでいた場合、あなたに対してノーのサインを送っている仕草となります。

 

逆に頭の上や後ろで手を組んでいる場合は、リラックスしている証拠です。

 

あなたに安心感を抱いていますので関係は良好と言えます。

 

一緒にいるときの視線

目の動きにも注目してみてください。

 

あなたが話をしている時に、男性はしっかりあなたの目、ないしは顔やあなたの方を見つめて聞いていれば好意をもっている可能性が高いです。

 

逆に目の動きがキョロキョロといろいろなところを見ていたり、時計やスマホを見るようなしぐさが多いときは、あなたへの興味は薄いか、何か別の案件に気を取られていると思ってください。

 

頻繁にメールやSNSをチェックするのも興味が薄い証拠です。

 

 

男性独特の遠回しな表現

結婚しても自由でいたい男性

 

子どもが好きなんだという男性の心理

「子どもが好き」というフレーズは、「子どもを産める可能性の高い、若い女性と結婚したい」というのが本音だったりします。

 

もしもあなたが33歳以上だったら「どうしても自分の子どもが欲しい。そのために婚活している」という本音をもつ男性には要注意です。

 

こういった考えを持つ男性に貴重な時間を使うよりも、ダメかなと思ったら、気持ちを切り替えて次に行った方が得策かもしれません。

 

お互いの時間を大切にしたい、に潜む罠

男性から、「結婚したらお互いを尊重できる関係でいたい、お互いの時間を大切にできるパートナーが良い」というフレーズは聞いたことないでしょうか?

 

思いやりのある言葉にも聞こえますが、その裏には「結婚しても束縛されたくない。自分の好きなように過ごしたい。」という本音が隠れていることがあります。

 

自分優先になりがちな男性と一緒になると、浮気やDVの可能性まで出てきてしまうので、思いやりから言っているのか、自分の時間を邪魔されたくないという思いなのかは見極めが必要です。

 

 

婚活男性の心理 まとめ

婚約中の二人

 

思い当たることがあって、ドキッとした方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ちょっとした仕草や言葉には、その人の心理が反映されることが多いのですが、クセや個性でもあるため、必ずしも今まで挙げたようなサインが全ての男性に当てはまるとは限りません。

 

サインの一つ一つに一喜一憂せずに、他のしぐさや言葉など、全体的な態度で判断するのがおすすめです。

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

Sotaro

 

 


テーマ:アドバイス

 

自分は婚活に向いていなんじゃないだろうか、そんなふうに思ったことはないでしょうか。

 

初めて結婚相談所に入会し、最初は頑張って婚活をしてみる。

 

お見合いも最初の頃は成立し易いので、人それぞれのペースではあっても様々な人とお見合いをしてみる。

 

ところが、お見合いから交際への移行がスムーズに行かないとか、交際にはなるけれど相手を好きになれなかったり、または好きになってもらえなかったりして段々とテンションが下がってしまうと頭をもたげてくるのは、「もしかして自分は婚活に向いてないかも?」という疑惑。

 

確かにスイスイとスムーズにお見合いから仮交際、そして真剣交際からご成婚と繋がってしまう方もいるので、そういう事例を見たり聞いたりすれば焦るのは人情でしょう。

 

自分が恋愛や婚活に向いていないと結論づけたほうが、却って気が楽なのかもしれませんね。

 

しかし、婚活に向かないと言って土俵を降りてしまえば、次はどんな方法で結婚相手と出会えば良いのでしょうか。

 

出会いはありそうでなかなかないのが現実です。

 

婚活に向かない性格なら、向かせるような方法はないのだろうかと考えて見ました。

 

本日は結婚相談所カウンセラーから見た、婚活に向いている人、向いていない人、そして向かない人を向く人に変えてみる方法について書いてみたいと思います。

 

 

そもそも婚活向きな人っているのか、それはどんな人?

婚活カウンセラーの考える婚活向きな人の特徴

カウンセラーに相談する婚活に向いている女性

 

皆さんが、男女ともにこんな性格の人は婚活に向いていると考える代表的なイメージはどんな人でしょうか。

 

前向きで魅力があって条件の良い人?そんなイメージが頭に浮かぶのではないかと思います。

 

確かにそれも間違いではないのですが、前向きで魅力があっても自信があるが故に思い通りに行かないとポキっと心が折れてしまうこともありそうです。

 

むしろ私が婚活に向いていると思う人は、考え方が柔軟で淡々と物事を進められる人です。

 

思い通りにいかないことがあっても、ああそういうこともあるな、と受け止めて、客観的に状況を見られる人は強いです。

 

なんと言っても婚活は結構メンタルが強くないと続けることができません。

 

それは、自分自身を無情にも評価されているようなことが日々起こるから。

 

お見合いの数が多ければ多い程、メンタルの弱さを突きつけられる場面が起こってきます。

 

お見合いの待ち合わせ場所で、明らかに相手の人はこちらの存在に気づいているのに声も掛けてこないとか。

 

お見合いの場なのに、他の席の異性をチラ見するとか。

 

相手の「あなたを気に入っていません」というわかり易いサインに落ち込んだりして。

 

それでもその場は気づかないふりで笑っていなければいけない、怒って本音で文句を言うなんてできないから、後になってドッと怒りと疲れが出て来たりますよね。

 

とても理不尽に感じる瞬間がきっとあるはずです。

 

「あー、もう婚活やめたい!!」と、きっと思うでしょう。

 

しかし、そんなことは本当に誰にもあることです。

 

自分だけがこんな失敗だらけで、酷い目にあっていると思うから悲しくなってしまうだけで、多かれ少なかれ皆んなこの不安は経験済み。

 

それをどう吐き出すのか、溜まった毒の吐き出し方の上手な人は婚活向きな人だと思います。

 

私の会員さんで理不尽なことがあると、その日のうちにメールやあるいは電話でカウンセリングできますかと頼ってくださる方がたくさんいます。

 

もしくは、上手に親、友人など誰かを頼れる人はストレスの発散が出来るので、婚活向きな人と言えます。

 

要はつらく苦しいのは自分だけではないと分かれば、気が楽になるというもの。

 

婚活中の方の書いた体験ブログを読むのも、自分だけがつらいんじゃないと思えるから、ですよね?

 

こんなことあるある、と笑えるから婚活体験ブログは人気があるのだと思います。

 

やっぱり人間は一人じゃ生きられない、どうしてもつながりを求めてしまう社会的な生き物なのだなーとつくづく感じます。

 

自分の弱さを担当カウンセラーや信頼できる人だけにでもさらけ出せると、婚活は頑張れるものです。

 

私はそんなふうに自分の弱さを出せる人が婚活向きの人だと思います。

 

 

婚活カウンセラーの考える婚活に向かない人の特徴

一人で悩む婚活に向かない女性

 

婚活に向く人は自分の弱さをさらけ出せる人ということは、婚活向きでない人は反対にさらけ出せず溜め込んでしまう人と言えます。

 

仕事や趣味は好きで自分からやりたくてやっていることだから続くのですが、婚活を好きでやっている人は多分いないでしょう。

 

できればしたくない、でも好きな人と結婚したいから仕方なくやっている。

 

ほとんどの方はそう思っているはずです。単なる手段に過ぎません。

 

好きでないことをすることって、実際は相当ストレスが溜まることだと思うのです。

 

ではなんのためにするのか、そこをまさに今この瞬間、自分の中に落とし込んでいないと途中で迷子になってしまいます。

 

好きでもないことをすることに対する心構えを、しっかり考えていない人はきっと婚活を続けることが出来ません。

 

婚活は好きでないけれど「目的達成の手段だからやっている」と認識し、「絶対に手に入れたいものがあるからやるんだ」と思えない人は失敗が続いた時に諦めてしまうはずです。

 

 

婚活向きでない人が婚活を続けられる方法

悩みを話し合って婚活する女性たち

 

先にも述べましたが、実はみんな婚活なんてやりたくないんです。

 

成功する人は、なんのために婚活するのかを自分の中にしっかりと落とし込んでいるから、続けることが出来るのです。

 

結婚したい理由は人それぞれですが、まず結婚したいと心から思うことが第一歩です。

 

その上で、始めたからには最後までやり遂げる覚悟を持ってください。

 

自分独自の考えは一旦置いて、どうしたら活動がうまく出来るのか、その方法と可能性を担当カウンセラーに尋ねるべきだと思います。

 

カウンセラーと一緒にすれば申し込みが出来るなら、一緒に申し込みをしてくださいと頼むと良いです。

 

なぜならお申し込みすること=婚活の命だからです。

 

自分の考えを一旦脇に置いて、どうすれば上手く活動できるのか素直にアドバイスを受けてみてはいかがでしょう。

 

自分の考えやプライドも生きるためには大事ですが、やはり多くの場合自分を俯瞰して見ることは難しいと言わざるを得ません。

 

 

 

結婚相談所の婚活にあなたは向いていないのかのまとめ

婚活に成功して結婚

 

結局は、結婚相談所の婚活に向き不向きがあるかどうかではなく、

 

上手な気分転換が出来るかどうか、

 

アドバイスを受け入れることが出来るかどうか、

 

そして一番大切なことは何がなんでも目標を達成したいかどうか、

 

結婚出来ると確信しているかどうかだと思います。

 

流されて婚活をするのではなく、目の前にたくさんいる結婚したい男性や女性の中から自分の大切な相手を探し出せるかどうかはご自身の行動次第です。

 

種を蒔かねば収穫が得られないことは食物でも、結婚のチャンスでも一緒です。

 

あなたを見つけたがっている人、あなたが見つけたい人は大勢の中のたった一人です。

 

出会えるまでは、ひたすらお申し込みをやめないこと、これしか近道はないと思います。

 

 

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ 青山

 


テーマ:アドバイス

 

昔、終了してしまった交際相手とやり直したいと思ったことはありますか?

 

世に言う復縁。

 

Googleの月間検索数も22,200回という多さですから、悩んでいる方が多いということです。

 

実は結婚相談所の婚活でも、復縁は少ないながらも一定数あります。

 

復縁からご成婚にいたり、その後ご結婚してずっと仲良くしていらっしゃる元会員様もいます。

 

過去に自分から振ってしまったり、相手から終了されてしまったけれど忘れられず、もう一度だけ、

 

駄目元で良いので、会えないか相手に聞いて見て欲しいと相談されることがあります。

 

そこで先方へ打診してみると、お断りされることも多々ありますが最近は復縁となることが続いています。

 

その時は一度手放してしまったけれど、もう一度幸運にも与えられたチャンス。

 

是非そのご縁を大事にして結婚に繋げていただけたらと願うばかりです。

 

本日は、結婚相談所の婚活の復縁について書いてみたいと思います。

 

 

結婚相談所の婚活 復縁について

こちらから振ってしまった場合の復縁

復縁したいカップル

 

こちらから終了してしまった交際について、もう一度会えないかと打診した場合は復縁できる可能性は意外に高いのです。

 

もちろん、お相手に現在意中の人がいない場合に限りますが、巡り巡って今はフリーというタイミングで復縁を伝えた場合は期待できると思います。

 

ただし、お相手があなたとの別れにショックを受けていたり、すでにその気がなかったり、なんで今更とテンションが下がってしまっていれば

 

お断りされますから、その場合は潔く受け入れましょう。

 

また、ご自分の過去の交際履歴を調べて、その方が真剣交際に入っていらしたら復縁は諦めてください。

 

さすがに人の恋路を邪魔することは出来ませんから。

 

先方から終了されてしまった場合の復縁

 

先方から交際終了と言われてしまった場合の復縁はかなり厳しいと思っています。

 

一度はあなたとの結婚はないとの判断で交際終了しているのですから、また会ってどうなるものでもないと思うのが普通です。

 

それでも復縁できる場合としては、終了時はお相手が他の交際相手を選んだものの、

 

その人とうまく行かず別れてしまったケースなどでは、復縁の可能性はあるのではないかと思います。

 

 

復縁前に考えて欲しいチェックポイント

復縁を考える女性

 

軽い気持ちで復縁を申し出る方はいないと思います。

 

それでも、やはりよく考えて見て欲しいのです。

 

終わったご縁を復活するなら、今度は前以上に結婚相手としてその方と向き合えるのかどうか、です。

 

復縁したものの一度か二度会ってまたすぐに終了したい、それでは相手の方を翻弄するだけです。

 

ですから、復縁する時は結果はどうあれ真剣交際を申し込むくらいの気概をもってお付き合いを始めていただきたいものです。

 

 

復縁したいと心から思ったらすべきこと

電話する女性

 

絶対に直接相手に連絡を取ってはいけません。

 

そもそも交際終了した時に、お相手の電話番号やアドレスなどは消去しなければいけませんね。

 

しかし、消去していなかった、あるいはラインが残っていた、Facebook等でまだ繋がっていた等々、もし連絡しようと思えば出来る状況だったとしても絶対に直接の連絡はしないでください。

 

交際終了後に直接連絡を入れることは重大なルール違反ですから、むしろお相手に嫌われて、通報されてしまう可能性が高いです。

 

方法と致しましては、まずご自分の担当に誠心誠意話をして、担当から先方の担当へ打診してもらいましょう。

 

却ってご自分で連絡しなくてもカウンセラーに仲介してもらえるから、復縁を言い易いということもあると思います。

 

そういう点は、結婚相談所のサービスの良さの一つだと思っています。

 

そして、伝えてもらったものの、もしお相手からのお返事がお断りであったら潔く諦めることが大事です。

 

やるだけやった努力は決して無駄にはなりません。

 

次のステップへ進めれば、もっと素敵な方のお気に入りシステムからの紹介があったり、素晴らしいお相手に巡り会う確率も上がるというものです。

 

そして、もし幸運にもまた会えることになったら、デートの最初はまた会える機会を作ってくれたお相手への感謝の言葉から始めてくださいね。

 

 

結婚相談所の復縁 まとめ

ウェディングケーキ

 

本日は過去の交際相手が忘れられない方へのアドバイスでした。

 

以前はお相手の良さがわからなかったけれど、その後様々な方と出会って恋愛、そして交際していくうちに、別れた人の良さが再確認出来た、ということはどなたにもあり得ることです。

 

それを踏まえて、交際終了する際はよく考えてからにしていただきたいと思います。

 

復縁はあるとはお伝えしましたが、絶対にできるというものではありません。

 

もしお相手が、復活してもまた同じ理由で断られるのではないかと考えて、気持ちを動かさないこともありますし、もうすでに好きな人が見つかっていることもあります。

 

人の気持ちは変わっていくものですから、今の一瞬一瞬を大切にしてお相手に向き合ってお付き合いください。

 

あなたの婚活が、素敵な出会いからご成婚へ繋がって行きますよう願っております。

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山


テーマ:アドバイス

 

婚活を進めていく中で、ふと自分は本当に結婚できるのか、もう少し妥協しなければいけないんじゃないかと不安に感じる瞬間が多かれ少なかれきっとあるでしょう。

 

冷静に考えれば考えるほど、この無限ループから抜け出せずに苦しむなんてこともきっとあるはずです。

 

自分の友人やまわりの知人は当たり前のように簡単に決めていく結婚。

 

・結婚相手との出会いは?

 

・デートの頻度は?

 

・相手の何に妥協をしたのだろうか。

 

・相手の何が良くて結婚を決めたの?

 

・付き合った期間は?

 

・価値観は合うの?

 

・どうやったらプロポーズまでたどり着く?

 

そして、最後に行きつく先はいつも

 

「どうして私は結婚がなかなか決まらないのだろう」です。

 

 

隣の芝生は~……ではないですが、自分以外のものは全て輝いて良く見えるものです。

 

他人と比べても仕方ありませんが、それでもやはり考えてしまいますよね。

 

結婚や婚活に関連するブログなどの記事や書籍を読んでも心にすっと入ってくるものばかりではないはずです。

 

それもそのはずです。

 

だって恋愛や結婚にこれという模範解答はないから。

 

答えのないものだからこそ、難しく考えてしまうのも無理はありません。

 

答えがないなんて、じゃあ一体どうしたら良いのでしょうか。

 

今日は結婚相手を選ぶ上で最低限必要なポイントを伝えていきます。

 

 

婚活に果たして模範解答はあるのか

結婚についての本を読んでいる女性

 

私も婚活時代を経験したので色んなことにチャレンジしては、失敗の繰り返し。

 

デートで男性ウケするであろう服装や髪型、少しでも美人に見られたいと思いながら頑張ってメイクをしても、その他大勢の女性として見られてしまう。

 

容姿がいい人がたくさんいる中、それでも意中の男性のお眼鏡にかなわないと意味ないのに、全く見向きもされないなんてこともありました。

 

少しでも他の女性とは違うところを見せなきゃ!と焦ってトークを頑張ったら頑張ったで、即友達認定されることも……笑

 

友達……になりたいんじゃないんだけどなぁ。あなたと結婚前提に付き合いたい。と思っても言えず。。

 

悶々とした日々を送っていました。

 

でも、今だから言えるのですが、婚活に模範解答が無いのであれば自分流に婚活を楽しめば良いのではないでしょうか。

 

人との出会いは不思議なもので、必ず今のご自身と同じレベルの方を引き寄せます。

 

明るく楽しく毎日を過ごしていれば、同じように明るい方と出会います。

 

逆もまた然り。

 

毎日辛いと思い続けていれば、残念ながらそういう方と出会いやすくなります。

 

要は大切な一日を過ごすなら、辛いと思ってもなるべく明るい方向に考えをもっていくことです。

 

これは訓練なので、必ず出来ます。

 

元々その能力が備わっている方もいますし、意識して自分で矯正する方もいます。

 

また、今ご自身が経験したことそれがいつか誰かの役に立つこともあるかもしれません。

 

その方の模範解答になることだって有り得ます。

 

未来を考えると不安な気持ちになるのは誰でも一緒です。

 

でも、辛い時こそ実はものすごく貴重なんです。

 

色んなことをスポンジのように吸収することが出来るから。

 

辛い時でしか分からないこともたくさんあるんですよ。

 

よく結婚には妥協が必要と聞きますが、果たして妥協は本当に必要なのでしょうか?

 

そもそも妥協とはなんでしょうか?

 

妥協以前に目を向けるべき重要なポイントはたくさんあります。

 

 

 

妥協以前?!結婚相手を見るべき重要なポイント

 

①言動が一致しているか

本心を隠した男性

 

年齢関係なく、いつの時代にも口先三寸の人間がいます。

 

そう、有限無実行な方です。

 

決して悪い人ではないと思うとついつい言葉だけを信じてしまいがちですが、これが結婚相手となると話は違ってきます。

 

この手のタイプは散々人を振り回した挙句、自分は悪気がないのが厄介なところ。

 

離婚率が高いのも頷けます。

 

そして、性格なのでほぼほぼ直ることはありません。

 

口先ではどんなに調子のいい事を言ってきても、必ず行動を見るようにしましょう。

 

また、メールやLINEなんかで「会いたい。でも今は仕事で忙しい」などと言ってきたら逆にチャンス!

 

行動がはっきりと分かるからです。

 

どんなに忙しくても、本当に会おうと思えばいくらでも会える時間は取れます。

 

合間を縫ってでも会おうとするのが恋愛というものです。

 

高みの見物くらいの気持ちでどっしり構えて、その後どう行動していくのか見てみましょう。

 

こちらが余裕を持っているくらいが丁度いいのです。

 

 

②結婚相手は仕事が好きかどうか

仕事に没頭する男性

 

婚活女性に口酸っぱく伝えていることがあります。

 

それはお相手が自分の仕事を好きかどうか。

 

もしくは誇りを持って仕事に打ち込んでいるかどうかという部分です。

 

現状は収入が少なかったとしても、今後増えていく可能性はあるのか。

 

また、その環境が整っている職場かどうかを見る必要があります。

 

結婚生活にはどうしてもお金は必要不可欠です。

 

夢だけでは生きていけません。

 

どのくらいの金額が必要かは人それぞれでしょうが、今の時代は女性も働く時代でもあります。

 

夫婦合わせた世帯年収で、生活に困らないくらいの年収はどうしても必要となります。

 

 

③希望年収を1000万円以上に設定されている方

高年収男性のパソコン

 

中には年収1000万以上稼いでいる男性を希望する女性がいらっしゃいますが、そもそも1000万円を稼ぐ男性は日本人男性全体のほんの数%です。(それでも当社の会員様たちはその数%に入る男性であったり、そう言う男性と結婚が決まる女性であることは本当に凄いといつも思っています!)

 

そこにこだわりを強く持つのはどうかと……。

 

それであれば、夫婦合わせて1000万円に届く方を狙うか、自分の力で年収を上げていく方が得策のような気もしますし、その方が必ず理想の方に出会える確率はぐんと上がります。

 

正直な話、年齢差を気にしないのであれば1000万円を稼ぐ男性と結婚出来る可能性は断然上がります。

 

だから年上の男性が好みの女性は婚活では有利なのです。

 

それでも30代後半、40代と年齢が上がっていくにつれて難しくなっていくのが悲しいですが現実です。

 

相手に年収を多く求めるうちは、不思議と相手もそれを感じ取ります。

 

それよりは、夫婦になった時に家計は協力し合うというスタンスに気持ちを切り替えると、自分自身の婚活も楽になっていくのです。

 

そもそも、年収が高いといって自由にお金が使えるかどうか、奥さんにお金を使うかどうかは、実際結婚をして蓋をあけてみないことには分かりません。

 

お金持ち、お金を稼ぐ人ほどケチでシビアですよ。

 

何千万と稼いでいる男性と結婚したのに、生活費すらケチるという話もよく聞きます。

 

 

④結婚相手の学歴をどう判断する?

高学歴男性

 

結婚相談所に入会している女性の多くが希望する、男性の学歴が大卒もしくは大学院卒じゃないと受け付けないという話。

 

学歴が大切なのも当然理解できます。

 

育ってきた環境が似ている、と言う意味では確かに正しい選択ですし、女性の最終学歴が大卒以上であれば、当然お相手にも同等のレベルを求めたくなる気持ちも分かります。

 

ですが、学歴と年収は必ず比例しないのも現実です。

 

大卒だからといって、高収入とは当然限らないのです。

 

この仕事をしていると、それが本当によく分かります。

 

高卒、大学中退、専門卒の方でも稼いでいる人は何千万と稼いでいらっしゃいます。

 

女性が求める条件を見ていると、学歴を求めているのか、年収を求めているのか(両方いいのに越したことはありませんが)迷う時があります。

 

この条件であれば、この男性をご紹介したいのに学歴で弾かれてしまったりと。

 

非常に勿体ないなと思うのです。

 

もちろん、学歴が絶対に譲れない条件ですと言うことなら話は別です。

 

ですが、譲れない第一条件が学歴でないのであれば、そこはもう少し緩やかにした方が出会いは確実に広がります。

 

自ら出会いの幅を狭めないようにするのも婚活をする上で大切なことです。

 

 

⑤家族を大切にしているか

家族仲良し

 

お付き合いを進めていく上で必ず話題にあがる家族の話。

 

家族にどう接しているかは必ずチェックするポイントです。

 

家族に優しいか優しくないかで、その方との結婚生活のほぼ半分以上分かると言っても過言ではありません。

 

家族に厳しく当たり、お付き合いしている彼女(彼氏)には優しいというのは、きっと結婚して夫婦になった途端に豹変する可能性大です!

 

家族との接し方は外せないポイントなので、必ず確認するようにしましょう。

 

 

婚活するには妥協は必要かのまとめ

婚活に妥協せず結婚した人

 

今回は妥協以前に結婚をする上で確認するポイントをお伝えしてきました。

 

そもそも妥協という概念が私にはないのですが、皆さんはどうでしょうか?

 

妥協すると思うとプラスからマイナスになってしまったように感じて、婚活自体をマイナスに捉えがちです。

 

要は考え方ひとつです。

 

私は絶対に譲れない条件だけを徹底して守り、そこから相手に会って自分に合うかどうかだけ見てきました。

 

そうすれば、マイナスに感じることは何一つありません。

 

譲れない条件にその方のいい所に目を向けるようにしていたので、プラスからプラスになるような感覚で逆に楽しめました。(また別の意味で辛いこともありましたが)

 

色んな人間がいるので、合わない人とは合わない!深く気にする必要はありません。

 

そして、もう1つ大切なことがあります。

 

それは、どういう人と最期まで一緒にいたいかを深くしっかりと自分の中に落とし込むことです。

 

自分の力と運を信じて、誰になんと言われようが必ず自分は幸せな結婚が出来ると心の底から信じてみましょう。

 

そうしたら、必ず幸せになれますから。

 

 

 

 

スタマリラボブログ こちらもお読みください!

 

結婚相談所スターマリアージュ 青山

Marina


テーマ:アドバイス

 

婚活をしているといろんな悩みや問題にぶつかると思います。

 

婚活を始めた動機も周囲に既婚者が増えてきた、等の環境の変化だった人も多いはずです。

 

そうなると、周囲の成功体験が羨ましく感じ、焦ってしまいます。

 

元号が令和になり、昭和生まれの人が結婚せずに令和を迎えてしまったことを指して「平成ジャンプ!」なんて言葉も生まれてしまいましたが、世の中の流れは未婚化・晩婚化が進んでいます。

 

とはいえ、早く結婚したいと婚活に励んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

 

婚活するステージはスマートメディアの進歩によって飛躍的に増えましたが、それに伴って婚活にかかる労力も右肩上がりです。

 

結婚相談所に会員登録して、マッチングアプリでメッセージの返信をまめに返して、SNSをチェックして、夜は婚活パーティーに参加して‥。

 

積極的に行動をするのもいいですが、疲れて心身共に疲れて婚活を諦め仲間と遊んでいる方が楽しい、と開き直ってしまう人も中にはいます。

 

婚活しすぎて婚活に疲れてしまっては元も子もありませんので、体調や心の管理もしっかりしておきましょう。

 

しかし、婚活に熱中していると自分が疲れていると等の自覚症状がないまま、突っ走ってしまうことがあります。

 

焦ったところで婚活は上手くいきませんので、一旦落ち着いて心の疲れを癒しましょう。

 

今回のブログ記事はみんなが一度は感じる婚活中に疲れた‥と感じる瞬間や、お勧めの婚活疲れ解消法を紹介します。

 

こんな時に婚活に疲れたと感じる

 

自分の頑張りに対して結果が報われないときとか、自分以外の人が幸せになっていく姿を見たときとか、無力感を感じ疲れたと感じてしまいます。

 

人と比べてしまうとどうしても他の人の良いところばかりに目が行ってしまいます。

 

隣の芝生は青く見えるものです。

 

なかなか、人は人、私は私、と割り切るのは難しいと思いますが、どんな時に婚活に疲れたと感じるか、ということを知っておいて、疲れたらタイミング良く疲れを取るようにしましょう。

 

周りの友達に結婚している人が増えた時

婚活に疲れて犬と自転車をおす女性

 

 

既婚者が増えると友達付き合いに大きな変化がありますよね。

 

友人が旦那さん優先になったり、結婚を機に仕事を辞めたりすることで大きな変化が出て、今まで一緒に出掛けたり遊んだりしたりしていたのに、誘ってもなかなか日程が合わなくなって、という人が周りに増えてくると寂しさを感じる人が多いようです。

 

そして、そういう人のSNSなどの幸せな結婚生活の写真や投稿を見ると、「どこで差がついてしまったんだろう」と落ち込んだり焦りを感じる人が多くなり、結婚活動に力を入れすぎてしまい疲れたと感じるようになってしまいます。

 

友達が子供と幸せそうにしている姿を見た時

 

結婚して出産を乗り越え人を見ると羨ましいを通り越して戦意喪失してしまう、という声も聞いたことがあります。

 

結婚して子供を持ちたいと思う人が婚活中に、友達の子供との仲睦まじい姿を見ると、私もああいう風になりたいなと思う反面、私には無理かも…。と思うこともあります。

 

独身であることに負い目を感じて凹んでしまうそうです。

 

過去の恋愛相手の結婚報告を受けた時

過去の恋人からの手紙

 

婚活がうまくいかない中、結婚の報告を受けてしまったら、「なんで貴方が幸せになって私が独身なんだ」と怒ったり悲しんだり、もう感情が大変なことになってしまいます。

 

あの時別れていなかったらこの人と一緒になったのは自分だったかもしれない、とか、違う別れ方をしたら結果は逆だったかもしれないのに、とタラレバが堂々巡りして疲れてしまいます。

 

婚活仲間に先を越されたとき

友達が先に結婚が決まり寂しい女性

 

マラソンで言うなら、一緒にゴールしようね!と約束したのにゴール目前でスパートかけられて置いていかれてしまったような感じですね。

 

すごく悲しさを感じるかと思うと同時にやっぱり焦りますよね。

 

しかも自分の方が積極的にお見合いしたりパーティーに出席しているのに、あまり活動していない婚活仲間が先にゴールインしたと聞いたら、理不尽ささえ感じるでしょう。

 

しかし、ここは冷静になって違いを分析できれば成婚へのきっかけがつかめるかもしれません。

 

それでも、気持ちがざわざわする時は分析もうまくできないと思いますので、一度担当カウンセラーに本音を話してみると落ち着くと思います。

 

 

脈ありで絶対大丈夫と思った告白だったのに振られたとき

大丈夫だと思っていた人に振られて怒る

 

これで決めると意気込んで、デートでも好印象を持ってもらうために色々工夫を凝らしたり、相手の趣味に合わせて自分もアクティビティを始めてみたりと、真剣交際につなげるための努力を重ねて万全を期したのに振られてしまったら、ちょっと立ち直れないと思います。

 

想像するだけでも胃がキリキリします。

 

自分を責めたり相手を責めたりしても解決しませんので、ここは縁のないお付き合いをこれ以上続けなくてよくなったとポジティブに受け入れたほうが良いかと思います。

 

婚活に疲れたと感じた時の対処法

友達と遊ぶ女性

 

婚活をしてもなぜかうまくいかない、理想の相手とマッチングしても両思いになれない……そんな恋が続くともうダメかもと思ってしまい、婚活のモチベーションを維持できなくなってきてしまいます。

 

恋をしているときは世界のすべてが色鮮やかに見えて何をしていても楽しいと感じます。

 

しかし、失恋したときや恋愛にすら辿り着けない期間が長く続いたりすると、世界が灰色に感じることでしょう。

 

そんな時は一旦恋愛から離れて、友達と一緒に思いっきり遊んだりして気分転換をするのも一つの方法です。

 

 

恋愛や婚活に疲れてしまった人がとった気分転換のおすすめ方法

 

人に合わせていた習慣をやめた

犬と遊ぶ女性

 

恋愛をしていると相手に合わせて自分を押し殺したり、仲間内でも雰囲気を壊さないようにと周囲の顔色を窺って発言したりしていると、自分が疎かになってしまい疲れてしまいますし、ネガティブな思考に陥りがちです。

 

自分に素直に生きることが内側からのエネルギーを輝かせて魅力ある人と思われる秘訣です。

 

まずは、人に合わせることを止めて自分がやりたい、言いたい、ということを大事にしましょう。

 

気分転換に新しい趣味を始めた

新しいことを楽しむ女性

 

新しいことを始めると、覚えることがたくさんあり落ち込んでいた脳みそを活性化してくれます。

 

恋愛で疲れてしまうと脳みそがやる気をなくし停止状態になってしまい日ごろの生活にも身が入らなくなります。

 

一旦別の環境に身を置き、そのことに集中することで頭がクリアになり日々の生活にも活力が触れてきます。

 

新しいことを覚えようとするとセロトニンやドーパミンが分泌されやる気が出て表情に力が出てきます。

 

やはり人は活力のある人に惹かれてきますので自然に良い出会いがあるかもしれません。

 

不満に思っていることなどを書いて燃やした

書いたものを燃やす女性

 

イメージワークの一環になりますが、自分の嫌なところ、不満に思っていること、ありったけのネガティブを紙に書き出して、燃やしてしまうと結構気分がすっきりするものです。

 

自分の想いを書き写したものを燃やすという行為で破壊すると、脳みそがこれは燃えて消えたと判断して頭の中にあった負の感情も肺になって小さくなってしまいます。

 

その灰もイメージの中で風に飛ばされて空へ還ってしまったイメージをすると本当に消えてしまいます。

 

紙に書いて眺めてみるだけでも意外に効果があるものです。

 

自分の中で大きな問題と思っていたことでも、紙に書いて言葉にしてみると大したことが無いように感じることも多いようです。

 

お金もかからないですし、試しに感情の赴くままに書いてみるのも案外すっきりするものです。

 

婚活に疲れたと感じるとき 結婚したいアラサーの悩みのまとめ

婚活をして結婚した女性

 

結婚すると意識していると、ふとした出来事でもチャンスに結びつけられることもあります。

 

焦っていると婚活アンテナの感度は落ちますので、万全の状態で婚活ができるといいですよね。

 

全く焦るな、というわけではありませんので、自分の身の回りに起こることは良い悪いはありません。

 

判断しているの自分ですので、あるがままを受け入れて素直に生きる、ということが疲れず婚活をする一番の秘訣かもしれません。

 

あなたにはあなたの結婚があります。

 

安心して自分の婚活を続けましょう。

 

 

セレブ婚活のスターマリアージュ青山

Sotaro

 


テーマ:アドバイス

 

恋愛に後悔はつきものです。

 

ですが、婚活において後悔はしたくないですよね。

 

ましてや結婚となると尚更です。

 

もちろん、相手ありきなので絶対に後悔したくない!と思っていても、自分の思いだけを通すのはもちろん難しいのです。

 

ですが、頭と経験を使って後悔を軽減出来るようにすることは誰でも可能です。

 

今日は結婚相談所に在籍している男性・女性から実際に聞いた、婚活において後悔したこと。

 

そして、後悔しないための方法を紹介していきたいと思います。

 

 

みんなが婚活で後悔したこと

 

①自分の年齢

婚活で後悔している女性

 

女性においてアラフォー以上となるとぐっと出会いが減ってきてしまうのは事実。

 

実際、婚活市場でモテるのは紛れもなくアラサー世代です。

 

皆さん必ず口にする言葉は

 

「もっと早く婚活をスタートしておけば良かった。」

 

です。

 

そう、若いほどチャンスは多いのです。

 

若いうちはあまりピンと来ないかもしれません。

 

しかし、モテるのは若い20代と30代前半までであることは確実です。

 

もちろん、30代後半、40代になっても美しい人やモテる人はいらっしゃいます。

 

ただ、チャンスは減って行くと言うことは絶対に忘れないでいて欲しいと思います。

 

 

行動するなら今すぐにです。

 

 

②相手を選びすぎた

 

声が掛かっているうちは相手も選びたい放題。

 

こちらが声を掛けなくても、相手からきてくれるのですからこんな楽なことはありません。

 

選んでもらうことが当然となってしまうのです。

 

でも、いつまでもこの状態が続くと思ったら大間違いです。

 

こうした時間はほんの一瞬です。

 

一生は続かないと思っていないと、後になって痛い目に遭う可能性がとても高いです。

 

相手から声が掛かっているうちは、当然選びたい放題なので相手のちょっとした仕草が気に入らなかったり、学歴、収入なども厳しく見てしまいがちです。

 

相手を選び過ぎたが故に後悔するパターンは非常に多いんです。

 

 

③好きかわからずに断ってしまった

別れを悲しむ女性

 

何度デートを重ねても、仮に交際に進んだとしても、お相手のことが好きかわからなくなることが多々あるかと思います。

 

それもそのはず、最初から結婚相手として見ているのですから、性格も含め少々厳しめに見てしまいがちです。

 

結婚は生活です。

 

結婚をしたら、後は日常の生活待っているのですから妥協したくないのも当然理解できます。

 

理想を追い求めるあまり、目の前にいる相手を冷静に見ることが出来なくなってしまう事があります。

 

気持ちだけが先走って、よく考えもせずにお断りの連絡を入れてしま方が非常に多いのです。

 

でも、後で冷静になって考えてみるとやはり彼(彼女)が良かった!と思ってももう後の祭りです。

 

一度お断りの連絡を入れてしまったらもう後戻り出来ません。

 

完全にこの人とはない!と思う以外は、すぐにお断りの連絡を入れないようにするべきでしょう。

 

お断りならいつでも出来ます。

 

焦らず、自分の中にきちんと落とし込んでから返事をするのが賢い婚活となります。

 

 

④理想を追い求め過ぎた

 

理想はもちろん、誰にでもあります。

 

ですが、理想ばかり追い求めても婚活はうまくいきません。

 

妥協する結婚が良いとは思いませんが、ある程度の妥協は少なからず必要となります。

 

人間誰しも完璧ではありません。

 

一流企業の会社勤めで年収が良くてもマザコンのモラハラだったり、イケメンで最高に優しくてもお金が一銭もない上に浮気性だったり……。

 

極端な例えを挙げましたが、全てが自分の理想通りにはいかないのが現実です。

 

そこで大切なのが、どこを重視するかです。

 

譲れない部分は人それぞれ必ずあるはずです。

 

そこに重きを置いて婚活をしていけば、必ず素敵な方に巡り会えます。

 

 

⑤既婚者と別れられなかった

 

結婚したいはずなのに、既婚者とズルズル関係を持っている方が少なからずいらっしゃいます。

 

本来なら独身の相手を見つけるべきなのに……。

 

離れなくてはいけないのは、きっと自分自身が一番よくわかっているはずです。

 

でも、人間悪いことをしていると思えば思うほど二人の行いを美化しがちです。

 

既婚者の相手が更に魅力的に見えてしまうものです。

 

ですが、別れるという決断を先延ばしにしているだけで待っているのは幸せな未来ではありません。

 

長く付き合えば付き合うほど、お互いに苦しむだけです。

 

きっとその既婚者のお相手は、最終的に離婚してあなたと再婚しようとは全く考えていないでしょう。

 

一時の甘美な時間のために、あなたの一生を無駄にしてしまうかもしれません。

 

もし将来、子供を考えているなら尚更です。

 

手遅れになってから間違いだと気付いても遅いんです。

 

どうかその事に早く気付いて、幸せな結婚をするためのお相手を探して下さい。

 

 

⑥焦りすぎて婚活迷子

婚活迷子の女性

 

仲の良い友達や周りの幸せな報告は嬉しい反面必ず焦りが伴います。

 

どうして自分はいつまで経っても良い人に出会えず、独身なんだろうと。

 

焦り過ぎて自分自身が分からなくなる時もあります。

 

でも、焦りがあるうちは絶対に良い方向にはいきません。

 

焦って出会いを求めたところで、素敵な人に出会う確率はほぼありません。

 

好きでもない人と付き合って、後になって後悔するパターンも多いのです。

 

難しいかもしれませんが、焦りを感じた時こそ冷静に!です。

 

焦っている自分自身を客観的に見られるようになれば、落ち着いていつもの自分に戻れます。

 

焦っていい事は何一つありません。

 

時間がいたずらに過ぎていくだけです。

 

まずは、一旦軌道修正をするようにしましょう。

 

 

⑦婚活している自分を恥ずかしいと思ってしまった

 

結婚相談所やパーティーなどの出会いの場に行って婚活している自分を恥ずかしく思い、なかなか行動にうつせない人がいらっしゃいます。

 

プライドが邪魔をしているのかもしれません。

 

しかし、婚活している自分を恥じる必要は全くありませんし、誰と比べるものでもありません。

 

時間がどんどん過ぎていく中で行動にうつせない方が、後になって後悔へと繋がってしまいます。

 

実際、結婚相談所に入ってくださった方は入会して本当に良かったと言ってくださる方ばかりです。

 

それもそのはず。

 

真剣に結婚を考えている方としか出会わないからです。

 

普段出会わないような方と出会えるチャンスもたくさんあります。

 

恥ずかしいことは何一つありません。

 

必要なのは、結婚するんだ!という揺るがない決断と思い切って行動を起こす勇気だけです。

 

 

後悔しないための婚活のコツ

後悔しない婚活の鍵

 

まずは自分が結婚相手に何を求めるか、どこを重視するかがポイントになってきます。

 

年収なのか、職業なのか、性格なのか、容姿なのか…。

 

妥協するポイント、妥協出来ないポイントと考えた方が分かりやすいかもしれません。

 

ただ、自分のことは必ず客観視するようにして下さい。

 

自分だけがお相手を選ぶわけではありません。

 

選ばれるようにするのも、賢い婚活と言えます。

 

20代であれば多少のわがままも許されますし、可愛いで済みます。

 

ですが、30代、40代と歳を重ねるとそうも言っていられません。

 

出会いは確実に減っていってしまいます。

 

そうならないためにも、なるべくたくさんお見合いをすることをおすすめ致します。

 

色んな方に出会うことで考え方が柔軟になりますし、コツが掴めるようにもなります。

 

自分の魅力、見せ方も分かってくるようになります。

 

何より、会ってみない事には本当の相性というものは分かりません。

 

会ってみたら、プロフィール写真以上にとても素敵だった。

 

その上性格も良く、フィーリングがピッタリだった。

 

なんて事は数えきれないくらいたくさん見てきました。

 

写真、プロフィール上の経歴だけで判断するべきではありません。

 

少しでも会ってもいいかな?会いたいな。と思ったら必ずお会いするようにしてみて下さい。

 

そして、仮にお断りの連絡を相談所に入れるにしても一旦自分の中に落とし込んでからにしても遅くはありません。

 

先程もお伝えしたように、お断りをしてから気になりだしたというパターンもあります。

 

断るのはいつでも出来ますが、断ってからの撤回は出来ません。

 

 

今一度、自分の中で後悔しないか確認してから伝えるようにしましょう。

 

 

後悔しない婚活のまとめ

後悔しない婚活をして結婚したカップル

 

 

婚活において1番大切な事は、必ず自分は結婚出来るんだという強い意志です。

 

自分できちんと決める。

 

人に相談したとしても、最後は自分で決めましょう。

 

そうすれば後悔することはきっと無いはずです。

 

大丈夫です。

 

諦めない強い心があれば、必ず結婚出来ます。

 

他人のことは良く見えますが、みんなそれなりに色んな想いを乗り越えて幸せな結婚をしています。

 

どうか、ここが正念場だと思って前向きに頑張って行きましょうね。

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ 青山

Marina

 

 

 

 

 


テーマ:アドバイス

 

本日は、婚活でもとても重要な言葉と声につきまして、お伝えしていこうと思います。

 

若々しく聴き心地の良い声は大事です。

 

特に電話の際、より声は強調されますので、会ってお話ししていた時よりも一層気をつけなければいけないものです。

 

交際成立後のファーストコール(交際成立後に男性が初めて女性に入れる電話のこと)の時に、「え、彼女こんな声だった!?」とイメージダウンにならないように、日頃から気をつけていれば最高です。

 

特に電話の際には日常の話し声より、少し高めの音程でお話しすると若々しい印象になると思います。

 

顔が見えないからこそ大事な電話の声。

 

 

お見合いが成立するまでのプロフィール作りや相手のプロフチェックも大切ですが、婚活で最も重要なのは相手とのコミュニケーションです。

 

 

マッチングアプリやサイトから出会った人との初デートの時、婚活パーティーなどでのトークタイムやフリータイム、そして忘れてはならない結婚相談所でのお見合いなど、いわゆるコミュニケーション力が物をいう場面は数多くあります。

 

 

交際が始まった後も、相手の方に自分といると居心地が良いと好意を持ってもらえるように、また自分が相手の方と一緒にいて居心地が良いと思えるように、関係を深めていかなければ成婚というゴールにはたどり着けません。

 

 

そこで、意思疎通の要である声と、文章にまつわる婚活に役立つ心理テクニックをご紹介します。

 

 

婚活に役立つ言葉と声の心理術

婚活心理 言葉の重要性

 

①対面時、声で相手を惹きつけるコミュニケーション

 

 

声は様々な要素で構成されています。

 

 

声の大きさ、抑揚、トーン、語尾の強弱など声質はその人の個性そのものです。

 

 

人間は声を聞いただけで性格を連想する本能を持っているので、声や話し方を工夫することで、相手に与える印象をコントロールすることが出来ます。

 

 

男性の印象操作で言えばアメリカのレーガン元大統領が有名かと思います。

 

 

男性の低い声は女性にとって男らしさの象徴として魅力的に聞こえます。

 

 

男性の場合、やや低音で語尾に力があり、物事をはっきり言う態度が好印象になりモテるのです。

 

 

たとえば、芸能人で言うと玉木宏さんや福山雅治さんなどがその代表かと思います。

 

 

 

また、声の大きさも人の印象や好感度に関わる重要な要素です。

 

 

相手のとの距離を縮めたい場合、ささやくように話しかけると親密度が増すと言われています。

 

 

このことはレーガンは良く知っていたのだと思います。

 

 

演説や懇親会、パーティーなどで親密度を増したいと思ったときには低音のハスキーボイスに加えてささやくように語り掛け親密度を演出していたと言われています。

 

 

女性は少し高めの声で柔らかい話し方が好印象を与えます。

 

 

男性は無意識のうちに高い声を「若い」声と認識します。

 

 

また、女性アナウンサーなどに代表される落ち着いたよく通る声は、知性と優しさを感じさせ女性的な魅力を相手に伝えることができます。

 

 

しかし、気を付けなければいけないのが、男女共に鼻声は相手に悪い印象を与える可能性が高いようです。

 

 

鼻にかかる声は耳触りが悪く、女性の高い声と合わさると媚びているような猫なで声になりますのでご注意ください。

 

 

安めぐみさんなどは少し高く柔らかい声の好例かと思います。

 

 

また、「口角を上げて話す」ことも大切です。

 

 

口角を上げると声帯が引き上がります。

 

 

声が高く明るくなるのと同時に顔がにこやかに笑っているように見え相手に好印象を与えます。

 

 

男性も女性も共通して言えることは、相手が聞き取りやすく話しているかどうかです。

 

 

表情も声も暗く小さな声でぼそぼそと話していると、相手は会話を続けることが苦痛になってきてしまいます。

 

 

実際に対面のコミュニケーションは、心理テクニックも有効ですが、それ以上に相手にしっかり伝えるという意思を持つことが大事です。

 

 

相手が聞き取りやすい声や話すスピードで、少し気恥ずかしいかもしれませんが相手の目を見て話しすのがポイントです。

 

 

 

②対面以外でのコミュニケーションについて

言葉と声で相手を魅了する

 

 

次は顔を合わせないコミュニケーションの話です。

 

 

現代では、電話やメールなどで対面せずにコミュニケーションを取れるツールがビジネスシーンでも友達や恋人とのやり取りにも欠かせないものになっています。

 

 

顔を突き合わせてコミュニケーションを取るのとは、大分勝手が違うということをよく理解しておきましょう。

 

 

電話はリアルタイムでのやり取りになりますので対面に性質は近いかもしれませんが、「顔が見えない」という大きな違いがあります。

 

 

メールは時間をおいても情報を伝えることが出来、また時間が経っても情報が残ります。

 

 

婚活に関わる心理術で活かすなら、メールです。

 

 

メールは対面での会話以上に「言葉」の重要度が高いツールです。

 

 

どういうことかと言いますと、相手がメールでの言葉を受け取った時イメージを膨らませて良くも悪くも色々と想像をして推論をします。

 

 

例えば、小説を読んだ時に登場人物や風景、その場面でのやりとりを想像して感情移入します。

 

 

物語の盛り上がりに合わせて感情が高ぶるかと思います。

 

 

文字媒体の情報だと、自分のイメージでその情報を想像して映像化するので、楽しいことはより楽しいと感じ、嫌だと感じることはより一層嫌だと感じます。

 

 

このことを踏まえて恋愛に活かすと、言い方は悪いかもしれませんが、自分にとって都合の良いように相手に情報を伝えることが出来るようになります。

 

 

③ここは是非電話を使うべきという場面

電話でコミュニケーションをとる恋人

 

例えば、悪い知らせ、予定していたデートを急な用事や仕事でキャンセルしなければいけなくなった時、メールやlineと電話のどちらで伝える方が良いと思いますか?

 

 

これは電話や対面などリアルタイムでコミュニケーションが取れるツールで伝えたほうが良いのです。

 

 

なぜなら、直接話す、ということで相手に対して誠意が伝わりやすいですし、相手に余計なことをあれこれを考えさせる時間を与えずに済むからです。

 

 

メールやで「ごめん、明日急な用事でデートに行けなくなった。」だけでは最悪かもしれませんね。

 

 

待ち焦がれていたデートをキャンセルした挙句それだけ?

 

 

あまり自分のことは大事にされていないかも…。と思われてしまうかもしれません。

 

 

また、理由や埋め合わせの提案などをしっかりメールに書いても、悪い知らせのメールの印象はずっと引きずります。

 

 

不満な気持ちを思っているままに綴り、メールを返信することも嫌われそうでなかなかできることではありません。

 

 

相手とそれほど距離が近くない場合、自分の気持ちは燻りますが本音とは違い我慢してしまうことになります。

 

 

モヤモヤしたまま悪い想像をしたり疑心暗鬼になったり、相手に大きなマイナスを与えてしまいます。(これ結構多いです)

 

 

こういう悪い知らせの場合は、なるべく迅速に、かつ誠意をもって直接話した方が良いパターンとなります。

 

 

④こんな場合はメールを使うべき場面

婚活でコミュニケーションにメールを使う

 

 

逆に、メールを使った方が良いときはどんなことでしょうか?

 

 

文章は、イメージが膨らみ感情を高ぶらせます。

 

 

良い知らせ、ラブレター等の甘い言葉、楽しい内容などポジティブな内容のものはメールで知らせるのも良いと思います。

 

 

ちなみに、ここで言うラブレターは、好きです付き合ってください、のような愛の告白ではありません。(それはメールや電話ではなく、直接会ってお伝えくださいね。)

 

 

日ごろの感謝や愛しているよ、などコミュニケーションのお手紙です。

 

 

こういったポジティブな内容のメールは、良いイメージを膨らませてくれ余韻も残りますので、相手は長い時間より幸せな気持ちになれます。

 

 

さらに、メールなら何度でも見返せますし、保存しておくこともできます。

 

 

メールを送った後に電話や直接会ったりして喜びを分かち合うと効果は倍増です。

 

 

 

メールのコミュニケーションで、メリットでありながら気を付けなければいけない点は、良い面が増幅されるという点です。

 

 

会う回数が少ない、または会って間もないが次に会うまでかなり時間が空いてしまう場合、メールだけのやり取りになりがちです。

 

 

そうすると早く会いたいという気持ちが前面に出て来てしまいますので、メールでの甘いやりのドキドキ感が増幅されすぎて相手のことを思いっきり美化して想像してしまいます。

 

 

次に会った時は、きっとすごく嬉しいんだろうな、きっとこうしてくれるんだろうな、と物凄く期待します。

 

 

 

実際に会った時、その期待が裏切られたらどうなるでしょうか?

 

 

なんか思っていたよりドキドキしなかったし普通の人だった…となったら一気に冷めてしまう場合があります。

 

 

顔や姿の見えないやり取りは、想像力を掻きたて相手の良い面だけを見るようになります。

 

 

マンネリ化した関係のスパイスとして、会わない時間を意図的に作ってメールだけのやり取りをし、ちょっとドキドキ感を取り戻す、程度にとどめておいた方が良いかもしれませんね。

 

 

婚活に役立つ言葉と声の心理術まとめ

素敵な声の女性と結婚した男性 エンゲージリング

 

コミュニケーションの肝を押さえておければ、結婚してからも長い時間を一緒に過ごすわけですから楽しい時間が多くなって良いことだと思います。

 

 

上手にツールを使い分け伝えたいことの印象を効果的に演出しましょう。

 

 

これは人を操って思い通りにしよう、ということではなく、余計な衝突を避け「穏やかな共同生活を送るための心構え」というような認識で覚えておかれると嬉しいです。

 

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

 

Sotaro

 

 

 

 

 


テーマ:アドバイス

 

結婚したい!と思った方は出会いのための行動を起こすと思います。

 

職場や趣味のサークルなどに気になる人がいればアプローチすると思いますが、それ以外にも友達に紹介してもらったり、婚活アプリやマッチングサイトに登録したり、街コンに言ったりパーティに参加したり。

 

さらに質の高い出会いを求める人は結婚相談所に入会するなど選択肢は様々です。

 

紹介以外の婚活ツールを使う時は、まず自分のプロフィールを作るのと一緒に、理想の相手像というものを設定しますね。

 

どんな見た目で、どんなお仕事をしていて、性格、趣味、タイプ、特技、学歴などいろんなステータスを事細かに設定し、マッチングに活かそうとします。

 

これから長い時間を共に過ごす相手のことですから、妥協したくありませんよね。

 

しかしこの、「理想の相手を妥協したくない」という考えが必ずしも婚活にプラスに働くわけではないということを知っておいてください。

 

結婚の条件は妥協してもいいのです。

 

 

婚活で相手選びは妥協してもいいの?

婚活で妥協すべき点を考える女性

 

妥協して結婚したら後悔しそう…と思う方も多いと思いますし、実際に妥協して結婚して後悔したというお話もよく聞きます。

 

では、なぜ後悔するのでしょうか。

 

それは妥協してはダメなところで妥協するからです。

 

言っていることがちぐはぐと思われるかも知れませんが、しかしそういうことなのです。

 

自分の価値観やステータスなどから見て、ある程度自分がコントロールできる点は妥協しても良い条件、自分でコントロールできない点は妥協してはいけない条件です。

 

例えば、相手の方の年収をコントロールするのは難しいですが、結婚したときに世帯年収として考えた時にはある程度コントロール可能です。

 

また、生活水準という見方にすると、これもある程度コントロール可能です。

 

しかし、相手の家柄、両親の価値観、兄弟の有無についてはコントロール不可能です。

 

変えられない点について何らかの条件を設定する場合、妥協したとしても改善や軽減はしないと思いますので不満やストレスが溜まっていき、いずれ耐えられなくなってしまう可能性が高いのです。

 

ちなみに、結婚式や記念日をプロデュースするアニヴェルセル株式会社が行った調査で、夫婦を対象に結婚して妥協したポイントのアンケートを取ったところ、妥協ポイントの第1位は「容姿」だったとのことです

 

初対面の印象は悪かったけれど相手のことを色々知っていくうちに人間性に惹かれ、容姿のことも気にならなくなってそのまま結婚、と言う人は意外に多いようです。

 

このように相手の容姿自体は変更できませんが、自分の価値観の修正と、容姿のマイナスよりも人柄のプラスが上回った場合は当然妥協してもいい場合だと思います。

 

これから結婚で妥協しても良かったところ、妥協してはいけなかったと思ったところのよくある例を挙げていきます。

 

 

妥協しても良かったなと思う点

婚活で良い妥協をして結婚した女性

 

・容姿

上にも書きましたが、独身女性がはまっている考え方である友達に紹介するのに容姿の良い相手が好ましい、という固定概念ははっきり言ってNGです。

 

結婚の相手には他人から見た容姿の評価はあまり必要ないと思います。

 

あなたが良いと思ったら「良い」のです。

 

余程のイケメン好きでなければ、外見はTPOに合わせた身だしなみができていればオールオッケー、くらいの気持ちでいればいかがでしょう。

 

・長男かどうか

長男が家督を継ぐ場合が多いですが、最近ではそうでない場合もあります。

 

お付き合いしてみないと分からない部分が多いですので、一旦話を進めてみて「この人なら」と思えるなら結婚も検討してみてはいかがでしょうか?

 

嫁姑関係で苦労しそうだから次男以下、と思っていると逆に憂き目にあってしまうケースもありますので、あまり縛られるのも得策ではなさそうです。

 

 

妥協してはいけなかったなと思う点

婚活で失敗して悲しむ女性

 

・学力の差

意外にも盲点なのですが、あまりにも基礎学力が違い過ぎると結果として話が合いません。

 

話が通じないのです。

 

頭の回転もさることながら、地頭力の差がありすぎると普段の会話でも伝いたいことも伝わらなかったり、話に共感できなかったりします。

 

これが長く続くと不満が募り苦痛に感じてきます。

 

これから長い時間一緒に過ごす人なので、ある程度話が弾んで会話が続けられるような関係が良いですね。

 

・年収の妥協点

あまりに高年収を狙い過ぎるのも違うと思いますが、生活水準を極端に下げるのが明らかな場合、かなりの覚悟を持つ必要があります。

 

自分が開いた穴を埋めることが本当に出来るのか、子供が生まれ自分が仕事を辞めた場合等々、しっかりと計画を立て準備をして臨みましょう。

 

 

男女共相手の年齢について

婚活して結婚 子供を抱く男性

 

こちらについては意見は様々あると思います。

 

良いと思ったら年の差は関係ないというサイトもあれば、そうでない情報サイトもあります。

 

女性には出産という大きなライフイベントがあります。

 

このことについて考えると年齢というのは大きな問題です。

 

まず、子どもが欲しいのか、そうでないのかという選択。

 

もし、あなたが女性で子供が絶対欲しいと思ったとき、なるべく早く結婚したいはずですから、結婚相手の年齢の範囲を狭くしていると出会う男性の絶対数は少なくなってしまい婚活が厳しくなります。

 

ですから、年齢に対しては妥協した方が良い、という考え方もできます。

 

反対に、もしあなたが男性で子供が欲しいと考えた場合、ある程度相手の年齢に制限を設けざるを得ないとう考え方もできます。

 

ただし、若いから妊娠や出産が大丈夫と必ずしも言えないリスクはありますし、今の時代は男女共子供は授かれば欲しいがマストではない、と考える人々も次第に増えて来ているように思います。

 

何れの場合にしても子供は特に考えてない、成り行きに任せる、といった場合は年齢を気にせず、良いと思った好みの人にどんどんアプローチしたほうが良い、ということにもなります。

 

年齢に関してはあなたが結婚後何を望むかで違ってきますので、まずどんな結婚生活を送りたいかを明確にする方が大事です。

 

年齢が自分にとって最もプライオリティが高いんです、という方以外は最初から年齢ありきで考えず、何があなたにとって大切かを明確にしてから年齢の条件は考えたほうが婚活は成功するでしょう。

 

 

後悔しない結婚がどうしたら出来るのか

 

こういう言い方をしてしまうと身も蓋もないのですが、結婚して後悔しない条件と言うはその人と一緒になって居心地が良いかそうでないか、に尽きると思います。

 

ご自身のライフステージによって求めるものも変わってくると思いますが、何がどうなったら居心地が悪いか、それをしっかり考えましょう。

 

結婚について考えるとき今の年齢だけでなく、これから先何十年も一緒の時を歩むのですから
ライフプランを立てて、それぞれのステージでどうなるかをシミュレーションしてみるのも良いと思います。

 

 

婚活で妥協して良い点いけない点のまとめ

ウェディングケーキ

 

婚活で相手に対して妥協しても良い点、いけない点を考えて見ました。

 

どんなにいい人と巡り合っても、衝突やすれ違い、外部から降りかかってくる問題など様々なことが必ず起こります。

 

結婚は決して良いことばかりではないですし、むしろ嫌なことのほうが多い可能性だってあります。

 

その時に「一緒に」乗り越えていけるだけの居心地の良さ、強い絆が作れるかどうかを条件に設定すると良いでしょう。

 

幸せな出会いというのはどこにあるか分かりません。

 

幸せな未来を二人で作り上げていける相手を探すことが重要ですから、あまりにも条件だけに縛られず、その人の内面を深く知ってみると素敵な出会いになるかもしれませんね。

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山

 

 

 

 


テーマ:アドバイス

 

結婚相談所に入会をして頂くと、必ずお見合いをしていただくこととなります。

 

数こそ人それぞれですが、このお見合いが結婚への第一ステップともなります。

 

当然力が入りますよね。

 

初めてお会いするのですから緊張するのも当然です。

 

どんな話をしようかと前日から頭を悩ませるかと思います。

 

お見合いをして、そのまますんなり流れに乗って交際そして成婚に進めば良いのですが、そうも行かないのが男女の恋愛の難しさというものです。

 

時にはお見合いの場でとても良い流れで終えることができたと思い、高確率で次も会えるかと思っていた矢先に先方からお断りの連絡。

 

とてもショックかと思います。

 

他には、いつもは絶対に遅刻しない(10分前行動を心掛けている)のにその日に限って仕事が終わらなかった、電車やバスが遅れて大幅に遅刻をしてしまった。

 

普段親しくしている友達であれば何とでもなるものの、初対面の方であればそうもいきません。

 

仕方がないここととはいえ、印象は確実にマイナスでしょう。

 

断られるのは本当に悲しい気持ちになりますが、断る側にもきちんとしたそれなりの理由があるのです。

今日は実際にあった断り理由や今後の気をつけて欲しい点についてお話したいと思います。

 

 

 

お見合い後、実際にあったお断り理由

お見合いに遅刻しお断りされた人

 

①時間通りに来ない

先程お伝えした通り、交通機関の影響などによりどうしても仕方がない部分はあります。

 

普段は遅刻しないのに!と思う方も中にはいらっしゃるでしょう。

 

ですが、お見合い(しかも初回)は何がなんでも遅刻するべきではないのです。

 

遅刻は信用を簡単に無くします。

 

どんなに普段は遅刻しないと言っていても、初対面の相手からすると実際は遅刻をしたという紛れもない事実しかそこには存在しないのです。

 

初回からマイナススタートは絶対にNGです。

 

時間ギリギリなのも、相手によってはマイナスになる可能性があります。

 

どうか時間に余裕を持って行動をするようにして下さい。

 

早い時間に来て、どこかで時間を潰す分には問題ないのですから。

 

②自分の話しかしない

会話が非常に盛り上がったお見合い。

 

自分の結婚に対する思いも伝える事が出来た上、お互いの印象も良かったし、次もあるものだと思っていたものの、まさかのお断り連絡。

 

何がいけなかったんだろうと疑問でいっぱいになると思います。

 

お相手からのお断りの理由は『自分の話ばかりだった』とのこと。

 

実はこのような理由でお断りをされてしまう事が意外と多いのです。

 

本人はそのつもりは全く無いので無意識にしてしまっているのです。

 

もしかすると、お相手の方が聞き上手なのかもしれません。

 

自分は盛り上がっていて、相手は逆に気持ちが下がってしまいます。

 

結婚してもこんな事が続くと思われてしまうのです。

 

双方がバランスよく会話が出来るように工夫するのが望ましいです。

 

③婚活の進捗を聞いてくる

お見合いのマナー違反をする男性

 

これは絶対に聞いてはいけないことなんですが…やはり気になるのでしょうか。

 

極小数なんですが、中にはこのタブーに足を踏み入れてしまう方がいらっしゃいます。

 

相談所に入って何年経ったか。

 

紹介された人数は。

 

どのくらいの人とお見合いをしたか。

 

同時進行で何人とお見合いをしているのか…等。

 

これを聞いてしまっては絶対に次はありません。

 

結婚相談所では同時進行が通常です。

 

自分だけを見て欲しいと思う気持ちは十分理解出来ますが、これらの婚活の進捗に関する質問だけは必ずしないようにして下さい。

 

④プロフィール写真と実物が違った

これはあくまで個人のイメージによるものでもあるため、どこまで実物と違うのか言いきれないのですが…

 

ただ、あまりにも修正し過ぎていたり何年も前の写真を使用しているのであれば再度写真を撮り直す必要があります。

 

自分から見るととても良く撮れていると思っても、第三者から見るとそうでもないこともよくあります。

 

決して自分だけの判断で決めることなく、必ず結婚相談所のスタッフに客観的な意見を聞いてみることをおすすめ致します。

 

最低でも写真は半年に一度は変えるべきです。

 

半年前と全く同じと言うことはありません。

 

ましてやそれが年単位となるとだいぶ異なってきます。

 

また、服装によってもイメージは変わります。

 

前回と全く同じ服装で撮影をするのではなく、少し違ったテイストで撮影してみるのも良いかもしれません。

 

プロフィール写真を変えただけで、申し込みの数が一気に増えた方もいらっしゃいます。

 

プロフィール写真は本当に大切です。

 

なるべく定期的にプロフィール写真を変更することをおすすめします。

 

⑤お見合い慣れ、奢られ慣れている

お見合いの数が多くなれば多くなるほど、当然慣れてくるものです。

 

会話であったり、目配せ、どんな時に適切な相槌を打つかなどです。

 

慣れることは決して悪いことではありません。

 

ガチガチに緊張をして全く話せなく、自分の魅力を出し切れなかったことに比べればとても良いでしょう。

 

ですが、相手にお見合いに慣れてるんだな。と思わせる事は良いことではありません。

 

むしろマイナスに捉えられることの方が多いかもしれません。

 

お会計にしても同じです。

 

初回のお見合いの場では男性が支払うこととなっていますが、それが当たり前のような態度をしてしまってはいけないのです。

 

男性はこの辺りは案外細かく見ているポイントです。

 

確かに払ってもらって当たり前の態度を取られるのは人間誰であっても気持ちのいいものではないですよね。

 

『ごちそうさまでした。』と笑顔で気持ちよく、言葉にして伝えたら良いんです。

 

そんな難しい事ではないですよね?

 

仮に、ここでじゃあ〇千円出して。と言われたらどうでしょうか?

 

価値観が合わないと思えばそれこそ、こちらからお断りの連絡を相談所にすれば良いだけです。

 

 

相談所へお断りの連絡を入れる前に

お見合いのお返事を考える女性

 

お見合いが終わったあとは、必ず結婚相談所に連絡を入れる必要があります。

 

それは交際するのかしないのか…。

 

そう、このふたつしか答えはないのです。

 

この人とはないな…。と思ったとしても、まずは一晩寝かせて考えてみましょう。

 

違うと思ったポイント、良かったポイントを思い返してみます。

 

たった1時間ちょっとのお見合いで相手の全てを理解しようと思うのは不可能です。

 

ご縁があったからこそお見合いをしたわけです。

 

絶対にこの人とはない!と思うのであれば別ですが、迷っているのであればとりあえずもう一度お会いしてみるのも良いかもしれません。

 

答えを出すのはよく考えてからです。

 

すぐに判断をしてしまうのはもったいないです。

 

 

お見合いを続ける上で気を付けること

 

何度もお見合いを重ねていくと、断り癖がついてしまうことも多々あります。

 

相手のちょっとした態度が気に入らなかった。

 

ちょっとした言い回し、相槌の仕方…

 

悪い所を探すのは簡単です。

 

気に入らないと思うと、更に今目の前にいる人がどんどん嫌になっていきます。

 

お見合いで断り癖がついてしまうと、婚活のハードルがどんどん高くなっていってしまいます。

 

年齢が20代と若ければまた違うのですが、30代、40代と重ねていくに連れてこの断り癖はネックとなります。

 

相手の嫌なところばかりに目を向けるのか、それとも嫌なところがあっても良いところを探していくのか。

 

人間誰しも完璧な人はいません。

 

この考え方で今後の婚活もだいぶ変わってきます。

 

結婚がしたいと思うのであれば、嫌なところではなく相手の良いところにぜひ目を向けて見て下さい。

 

 

お見合いのお断り理由のまとめ

お見合いのお断り理由を聞く女性

 

婚活においての断る理由、気を付けて欲しいことを書きました。

 

感触のあったお見合いで断られるのはショックを受けるかと思います。

 

でも、それはそれで仕方ないことです。

 

みんなが通る道です。

 

縁がなかっただけなのです。

 

ただ、断る側にもきちんと理由があります。

 

もし相談所から理由を教えて貰えるのであれば、そこを改善して次に進みましょう!

 

自分自身の希望通りにならず、なかなか思うように進まないかもしれませんが、その部分を改善できた時にきっと運命のお相手に出会えますよ。

 

 

変わることで、どんどん素敵な自分に変身しています。

 

前向きに頑張りましょう。

 

 

 

セレブ婚活の結婚相談所スターマリアージュ青山