セレブ婚活スターマリアージュ青山

アドバイス | 東京港区青山セレブ婚活の結婚相談所。セレブ婚活必勝法。


テーマ:アドバイス

たくさんの会員様のサポートをしており、落ち込むお話はしょっちゅうお聞きします。

本日は、婚活で落ち込む理由について考えてみました。

 


あなたが落ち込む理由

 

人の皮膚感覚って、考えられないくらい素晴らしいと思いませんか?

肌にたった髪の毛一本が触っただけで、分かってしまう。

それと同じようにほんの少しの不機嫌が、お相手には皮膚感覚で伝わってしまうのだろうと思います。

 

 

 

婚活女性が不機嫌になる1番の理由は、何と言っても食事代を割り勘にされた時ではないでしょうか。

ご相談が絶えず、交際終了のご理由の中でも結構多かったりもします。

ほんの社交辞令で、「おいくらですか?」とか、「自分の分はお支払いします」とお伝えした後、では、いくらくださいと言われて、傷つく女性はとても多いのです。

 

 

 

それは、高年収でありながらデートした女性に、食事代をちまちま払わせる男性への怒りとして爆発します。

でもよく考えてみると、男性への怒りと共に自分へも、きっと怒っているのだろうと思うのです。

食事代さえ払ってもらえない自分は、女性としてダメなのではないだろうか、魅力がないのではないだろうか、と考えたり、あるいは表面上の意識には上がってこないだけで、きっと深層心理では思っているから。

それで、相手を刺した刃で自分も傷つけている。

だから、たった数千円払ってもらえないだけで、深く深く傷つくのだろうと思います。

そして、小さな不機嫌が大きな不機嫌になってしまうのですね。相手にも「なんだか怒っている?」と伝わってしまい、、という悪循環になります。

 

 

 

 

でも、いちいち傷ついていては婚活は続けられないので、そして続けて頂けなければ結婚には至らないので、一つアドバイスをさせて頂きたいと思います。

次回、食事代を割り勘にされたら、たった1度か2度、あるいは数回あっただけで、まだ未来の結婚相手と決まった訳でもない相手に払ってもらう理由もないし、自分が食べた分は自分で払って当たり前だと考えて欲しいんです。勿論、男性としてどうなんだろうと思いますが、そこはこの際置いておいて。

 

 

 

相手の方は、結婚相手と決まってもいないどころか、彼氏ですらない赤の他人です。

あなたに魅力がないから払ってもらえないのではなく、そういう男性はどんな女性にもそうしている場合が多いですし、例えばあなたが年齢のせいでそんな目に遭うと思っていらっしゃるなら、それは違います。

 

 

 

事実、20代の若く魅力的な女性でも、そういう目に遭うこともあります。でも、彼女達はあまり傷つきません。被害者意識が低いからです。少し文句を言って、またケロっとして立ち直ります。同じことが起こっても反応が違います。

 

 

 

被害者意識で辛くてたまらないのは、考えすぎの場合が多いと思います。まして、そんな理由で、婚活をやめてしまったら本当に勿体無いことだと思うのです。

辛いのは自分だけと思っている方がとても多いのですが、実はみんな同じように悩んでいます。

ただ、立ち直りが早い遅い、傷つきやすいへこたれない、目標意識がしっかりあるない、こんな風な差があるだけ。結局、自分自身の問題なんだろうと思うのです。

そんなことで、あなた自身を落ち込ませたり、婚活への意欲をなくさせたりしないで欲しいと切に願います。

 

 

 

あなたを傷つけたのは、相手ではなくてあなたの被害者意識ではないかと一度考えてみて欲しいんです。

その意識も実は根拠のない憶測でしかなくて、実態のないものに振り回されている勿体ない状態です。

 

 

 

あなたには、あなただけの魅力がたくさん有って、きっと見つけて認めて下さる、たった一人の人がいます。

自分に合う人を見つけるまで、少し辛くて悲しい思いもするかもしれませんが、それはあなたが勝手に傷ついているのかもしれません。

お見合いで暴言を吐く男性の話もごく少数ではありますが、お聞きしたことがあります。

それは、あなたが自分には釣り合わないくらい上等なので、馬鹿にされたように思って、悔しくて文句を言ったのかもしれません。それ以外、暴言を吐く理由が見つかりません。それもまた、男性の被害者意識のなせる技かもしれませんね。

 

 

 

なんでも、自分のいいように理解してみてはどうでしょう。そして、人間だけに与えられた他者に共感する能力をフルに発揮してみてください。

食事代を払いたくない男性がただそこにいて、「ウンウン払いたくないよね、確かにまだ結婚すると決めた訳ではないし、払う義理はないよね」と共感して見たら、きっと楽になります。

 

 

 

事実はただ起こっているだけで、そこに意味を持たせて悲しんだり怒ったりするのは、あなたの主観です。そうであれば、自分の都合の良いように考えればハッピーですものね。

 

 

 

とにかく見つかるまで続けること、これ以外婚活に秘訣はありません。

誰かの行動や言葉で、もう傷つかない自分になって頑張りましょう。

 

 

 


余談

 

 

少し時間ができたので、久しぶりに東京ミッドタウンを覗いてみました。

たくさんの人達が訪れており、もう街はXマス気分なんですね〜。

新しくフランスの香りの老舗ブランドdiptyqueが出店していたり、スターライトガーデンと言って綺麗なイルミネーションを見られたり、墨で書いた美しい女性のイラストに出会ったりしました。

 

 

 

 

 

お問い合わせ、ご来店予約(無料カウンセリング)はこちら

お問い合わせは下記よりご連絡下さい。
専門スタッフから真剣にご回答しています。
すべての欄にご入力いただき、できる限り詳しくお聞かせ下さい。そのほうが的確なご回答を差し上げられます。
またお名前・お電話番号・メールアドレスなどお間違えのないようにお願いいたします。

ご希望の連絡方法 メールのみ電話のみどちらでもOK

※メールにご返信がない場合にはお電話を一度だけお入れいたします。
お名前
フリガナ
メールアドレス

※Hotmail以外のアドレスでお書きください。
ご住所

都道府県

市区町村・番地
ご連絡用電話番号
生年月日 年 月 
性別 女性男性
今回の相談内容
ご質問・ご要望等
※面談希望日時がございましたらこちらにご記入ください。
確認 ご入力内容に間違いがなければ、  チェックを入れ送信してください。




テーマ:アドバイス

 

本日、女性会員様とカウンセリングでお会いしましたが、お帰りになって鏡を見たら、びっくり!今日は、仕上げのマスカラトップコートを塗り忘れていたことに初めて気づきました。

私は、目の下にマスカラが滲みやすいので、マスカラトップコートは欠かせないアイテムです。ずっと綿棒が欠かせない日々でしたが、このトップコートに出会ってから、綿棒の出番が無くなりました。

一押しはイヴ・サンローランの「マスカラ ヴィニルクチュール0」です。同じお悩みがある方は、是非お試し下さいね。

 

 


女性会員様とお話ししたこと

 

 

昨日本日と、30代前半、そして40代のどちらも綺麗な会員様達がカウンセリングにお越し下さいました。

その中で、40代の会員様のことを書いてみたいと思います。

彼女とはかれこれ2年のお付き合いです。

途中、半年くらい休会していらしたので正味1年半くらいの婚活期間です。

 

 

 

才覚があり高年収の彼女は、ご自身以上のご年収の男性に出会うことが難しく、高年収の年配の男性は個性が強いこともあって、嫌な目にも多々遭遇していらっしゃいました。

それでも、コツコツとコンスタントにお申込み下さり、やっと素敵だと心から思える男性に出会えたようです。

逸る気持ちと、本当に真実の出会いなのかどうか、不安な気持ちとの間で揺れる思いでいらっしゃることがよく分かりました。こんな時に、ご相談いただけるのは本当に嬉しい限りです。

 

 

 

彼女は、本当に外見もご性格も美しい、可愛い方です。

裏表のない、正真正銘お人柄の良い人なのですが、男性からすれば今まで女性でご苦労も有ったことでしょうから、すぐにはお決めにならないことも多いです。裏があるかもと探るのは、お互い様、当然のことでもあります。

そんな彼女へのアドバイスは、とにかく焦らずに、今一緒にいられる時間を楽しんで下さいということです。

結論は焦っても出ません。今の一瞬一瞬の積み重ねが結果として結婚に繋がります。男性にとっての婚活時間と、女性にとっての婚活時間は進む速度が違いますね。男性の1ヶ月が女性にとっての3ヶ月に匹敵するくらいです!

 

 

 

当たり前のことなのですが、婚活をしていると、素敵な、そしてモテそうなエリート男性と出会えると、ついつい気持ちが焦ってしまいがちです。でも、回り道に感じても結局近道なのは余裕を持つことだと思います。

婚活は最長で交際期間は半年と決められていますから、待っても半年です。半年待てなかったばかりに、次の出会いまで何年も待つ羽目になるかもしれません。

 

 

 

イニシアチブは、男性に持っていただくことが鉄則です。これは、どの年代の女性でも一緒です。

そして、お相手に意思表示をしていただくまでは、逸る気持ちを抑えるためにも、同時交際も有りだと思います。

特にエリート男性を対象とするなら、尚更のこと焦らせれば終了されてしまいます。たくさんの女性と出会うチャンスには困らない訳ですから。反対に、男性に焦って頂ければ最高です。

 

 

 

いつも思うことは、結局近道はないということです。当たり前のことを淡々とこなすこと。

婚活で言えば、当たり前のこととは「お申し込み」です。

ご自分がお申し込みしていますと、異性からのお申し込みも入って来ます。どんなに素敵な方でも、ご自身が動かないならば、お申し込みはなくなってしまいます。

 

 

 

こんな当たり前のことも、ご自身ではなかなか気づけないものですよね。

 

 

 

 

 

 

お二人に頂きました凄く美味しいクッキーとお茶です。

 

 

 

 

お問い合わせ、ご来店予約(無料カウンセリング)はこちら

お問い合わせは下記よりご連絡下さい。
専門スタッフから真剣にご回答しています。
すべての欄にご入力いただき、できる限り詳しくお聞かせ下さい。そのほうが的確なご回答を差し上げられます。
またお名前・お電話番号・メールアドレスなどお間違えのないようにお願いいたします。

ご希望の連絡方法 メールのみ電話のみどちらでもOK

※メールにご返信がない場合にはお電話を一度だけお入れいたします。
お名前
フリガナ
メールアドレス

※Hotmail以外のアドレスでお書きください。
ご住所

都道府県

市区町村・番地
ご連絡用電話番号
生年月日 年 月 
性別 女性男性
今回の相談内容
ご質問・ご要望等
※面談希望日時がございましたらこちらにご記入ください。
確認 ご入力内容に間違いがなければ、  チェックを入れ送信してください。




テーマ:こんな男性にご用心
本日は、若い方には関係のない話かもしれませんが、許せない男性
について、書いてみたいと思います。
こういう方は、きっと結婚はしないでしょう。
ただ出会いが欲しいだけ、お金と自由があるので暇を持て余して
いるのかもしれません。
そして、息子や娘から恋愛はしても籍を入れて財産を取られること
だけは避けるよう言われている可能性もあります。

 

 


真面目に婚活をする女性の方々に

 

昨日、ある中年の素敵な女性会員から電話が入りました。
色白の上品でおっとりした美人です。
彼女が突然こんな話を始めるので、ああ又かとがっかりしました。



お見合いで出会った、20歳も年上の男性と交際をして
そして別れて、その後別の方ともお見合いをして。
その間、そんなことが起こっていたとは露程も思わずにいたのです。



交際終了した後、男性から連絡が入り、二人でそっと交際を再開
していたのです。ルール違反だからと、男性に何度も相談所に
報告しましょうと伝えてももう少し待ってと仰るのみで、
動じない男性。
女性は彼の不実さに再び別れを告げたそうです。
こういう男性は、大体が活動期間が長いことが多いです。



それでも、男性の行為を止むに止まれず行ったことで
何か理由があると思っていらしたようなご様子だった女性。
はっきり言って、その男性は不誠実で、あなたと結婚する気は
無いでしょうと、そう告げると、驚いたようでした。
ついでに言いますと、そういう男性は彼女一人ではなく
何人もそうやって交際を再開させては別れているんでしょう。



大人だから分別があるかと思いきや、実は若い方の方が
真面目です。
年齢が上がる程に、要領の良さを知り、大抵が高年収な
男性なので周りが自分に合わせて当たり前のように思って
いる人達です。



その女性は、もちろん体の関係を求められましたが断った
そうです。
それは良かったのですが、そもそも交際終了した後で、
こっそり再会することは最も重大な規約違反です。
その時に、男性を信じてしまい、私を頼って貰えなかったことは
私の力不足と恥じる部分もありますが、やはり好意を持った
男性には弱いのが女性です。
しかも、中高年の婚活はとてもとても辛いものがありますから
藁にもすがるような、そんなところにつけ込む男性の卑怯さ
にはいい加減うんざりします。



この女性の方から、こういう事例をもっと書いて注意喚起して
くださいとお願いされました。目が覚めたようです。
以前にも書いてはおりますが、やはり何度も繰り返し書くことで、
不幸な事態を避けたり、貴重な時間を浪費せずに済むのなら
きっと繰り返し書いていかなければいけないのです。






アドバイス


婚活で出会うと、何か特別なものと勘違いして普段の嗅覚が
効かなくなる方もおります。しかしながら、どこで出会っても
何となく誠実なのか不誠実なのか考えてみればわかるはずです。



少しでもおかしいなと思ったら、是非ご自身の担当カウンセラーに
ご相談して下さい。それが一番大事なことです。
自分自身の相手を見る目に自信が持てない時には、カウンセラー
は強い味方になります。
あなたのことを最大限に考えて、物事を俯瞰してみていますから
的確なアドバイスが貰える事でしょう。



人を信じることは素敵なことですが、信じて良い人といけない人の
見分け方は大人になっても難しいですね。
特に婚活ではそうみたいです。




相手に狡さが見えてしまったり、直感でどうにも気になるなら
それはきっと何か問題があるということかもしれません。
ご成婚に至るカップルの男性は、皆さん最初から女性に
とても誠実に接していらっしゃいます。








中目黒サロン内風景




 

 

 

お問い合わせ、ご来店予約(無料カウンセリング)はこちら

お問い合わせは下記よりご連絡下さい。
専門スタッフから真剣にご回答しています。
すべての欄にご入力いただき、できる限り詳しくお聞かせ下さい。そのほうが的確なご回答を差し上げられます。
またお名前・お電話番号・メールアドレスなどお間違えのないようにお願いいたします。

ご希望の連絡方法 メールのみ電話のみどちらでもOK

※メールにご返信がない場合にはお電話を一度だけお入れいたします。
お名前
フリガナ
メールアドレス

※Hotmail以外のアドレスでお書きください。
ご住所

都道府県

市区町村・番地
ご連絡用電話番号
生年月日 年 月 
性別 女性男性
今回の相談内容
ご質問・ご要望等
※面談希望日時がございましたらこちらにご記入ください。
確認 ご入力内容に間違いがなければ、  チェックを入れ送信してください。




テーマ:アドバイス
単に結婚したいだけなら、スターマリアージュ青山にはお越しになりません。
自分に釣り合うお相手を探して、皆様お越しになります。
エリート男性やエリート女性の何が惹きつける要因かと言えば、向上心や
勉学に対する姿勢、仕事に対する姿勢、人生を計画立て真摯に向き合う
ことや尊敬できること。




今週末お会いするご成婚カップルは

 

本日は婚活の出会いと自然な出会いについて書いてみたいと思います。
自然に好きな人に出会え、そしてそれが結婚に繋がれば、それに越した
ことはないですね。


お友達からの紹介や同じ会社にお勤めだったり、趣味を通じて出会えたり、
心の中では誰しもそんな出会いを望んでいると思います。





しかしながら、自然な出会いがない、あるいは、あるにはあるけれど結婚に
結びつかないからこそ、皆さん婚活を始めます。


自然な出会いって、予期せぬ時に訪れたりしますね。
結婚に対する心の準備が、どちらかに、あるいは双方にできていない時な
どに。



結婚相談所での出会いは、昔は諦めとか、最後の砦とか、仕方なくとか、
決してポジティブな印象ではなく、どちらかと言えばネガティブだったよう
に思います。


ところが、時代が変わりこうれば良いなと思っていた理想の出会いの形に
近づいて来ました。


諦めではなく、妥協でもなく、希望と共に積極的に、好きな相手と出会え
る場になって来たことをひしひしと感じています。


お互いの理想に合った人を、たくさんのプロフィールの中から探し出し、
そして出会い、確かめる。


ご成婚カップルは、男性の一目惚れが多いことも特徴的です。

 

 

「お見合いだけれど恋愛ですよね?」と、ある会員様に言われました。

そう、確かにお見合いだけれど恋愛です。恋愛無くして結婚はありません。

お見合い結婚と、恋愛結婚の良いとこどりなのが結婚相談所での出会い
です。


 

 

まもなくご成婚のお祝いのランチにお招きするカップルは、
なんと1ヶ月足らずで結婚を決めました。


信じられない方には信じられませんよね?

頻繁にとは言いませんが、過去にも1週間でご成婚を決意したカップルも
おりました。


1ヶ月で、2ヶ月で、3ヶ月で、、、半年で、どのカップルも真剣です。

早い遅いは問題ではなく、双方のご性格かなと思っています。

 

 

何年お付き合いしてもご縁がない場合もあるけれど、お互いが次に出会い
好きになった人と結婚しよう、と決意して出会うのが結婚相談所での出会
いですから、テンポが速いのは当たり前です。


ちなみに、1ヶ月でご成婚を決めたカップルはすでにご入籍も済まされて
おり、私は彼女に今後何年活動しても、その方以上の方は現れないと感
じました。


彼女は、幼い頃からの夢だったことを、エリートの彼によってすでに
叶えて頂いています。


 


とても大切な転ばぬ先の杖

 


ご活動を始めてから余りにも早く、好きだと思える方に出会うとその幸運を
当たり前のことと思い違いをして、その稀な幸運に気づかず通り過ぎてし
まうこともあります。


こんなに早く出会えたのだから、この人を失っても、またきっとすぐに次の
人が現れるに違いないと。


でもそれは違います。

 

 

幸運に恵まれたから、条件も理想通りで、しかも相思相愛になれる
人がすぐにあなたの前に現れたのです。


それに気づき、その人を大切にして下さい。

次にその方以上に好きになれる人が現れるのは、何年も先かもしれない
からです。


 

 

恋は勢いであり、錯覚でもあり(だって良いところしか見ていないし、見せて
いないから)、でもその錯覚を実態のあるものに変えて
行くことが二人で育てる愛だと思います。


お互いが、あれは錯覚だったけれど、素敵な錯覚だったと笑い合えるよう
な関係が築ければ立派な夫婦です。


繰り返し言いますが、出会いはありそうでないものです。

何十回とお見合いを繰り返しても、心から好きだと思える人に出会える
確率は本当に低いのです。


ですから、今好きだと思える人がいるなら、その人を大切にして下さい。

 


焦らないこと

 


結婚相談所で出会うと、当然ですが結婚がゴールです。

それ目掛けて突っ走ってしまいたくなる場合もあります。

でも、女性が余りにも突っ走ってしまうと男性は置いてきぼりをくったような
気分になります。


単なる「結婚」が目的なのか、「自分との結婚」が目的なのか、あるいは、
自分が持っている「条件との結婚」が目的なのか、わからなくて不安に
なったりもします。


だから、最終判断は男性にお任せして、女性は二人で過ごせる「今」を
存分に楽しんで下さい。


 


反対に男性が突っ走ってくれる方が、むしろ自然です。

少し待たせてみると俄然盛り上がってくれたりしますね。

女性は男性により、男性は女性により、結婚で大きく運命が変わります。

 

 


良くも悪くも、人生を大きく左右する結婚ですから、悩むのは仕方ないこと
です。


先のこと、未来のことは誰にもわかりませんから、とても不安になったり
しますね。


でも、どこかで踏み切らないと、一生悩むだけで終わってしまいます。

 


女性の気持ち

 


男性に分かって頂きたいのは、女性の心は本当に揺れ動き、
時には不安感で押しつぶされそうになることです。


寂しそうな顔をしていたな、とか、何か言いたげだったなとか、
小さな変化に気づいてあげて下さい。


ちょっとした簡単なラインやメールにも、心躍ったりします。

愛されている、大事に思われているという実感はいつも感じて
いたいのが恋する女性です。

特にお相手がエリート男性だったりすると、競争相手を思い浮

かべて悲しくなったりします。




タイミングが合うというのも、大事なポイントですね。


いつも間が悪い時に電話を掛けて来る人、かたや見ていたように
電話が欲しいなと感じた時に掛けてくれる人。


それも相性とかご縁が有るということですね。

 


女性のモテ期

 


メンタリストDaiGoさんのブログを読むことが有るのですが、
先日とても興味深い記事を見つけました。


まさに私が思っていたことと、あまりに当たっていて頷きました。

それは、こんな記事でした。

女性のモテ期はなんと、25歳から35歳だそうです。

この間に婚活をすることが最も望ましいようです。

 

 

需要と供給のバランスと書いていらっしゃいますが、なんと25歳と35歳は
ほぼ同じくらいとか。


詳しい内容はこちらをお読み下さいね。

最もモテるのは何才か判明した件
https://daigoblog.jp/mostmomentous-time/


 

経験則から言いますと、36歳以上でもモテる方はいらっしゃいます。

いつからでも婚活はできますし、やるからには諦めないことです。

そして、意外と多くお聞きするのが、何年か前に「結婚相手なら
こんな人」と書き出しておき、お相手が決まって読み返したら、
驚くほど当てはまっていました!ということです。

是非お試しください。






 

大好きな美人の会員様から頂いたお花とメッセージ

 

 

お問い合わせ、ご来店予約(無料カウンセリング)はこちら

お問い合わせは下記よりご連絡下さい。
専門スタッフから真剣にご回答しています。
すべての欄にご入力いただき、できる限り詳しくお聞かせ下さい。そのほうが的確なご回答を差し上げられます。
またお名前・お電話番号・メールアドレスなどお間違えのないようにお願いいたします。

ご希望の連絡方法 メールのみ電話のみどちらでもOK

※メールにご返信がない場合にはお電話を一度だけお入れいたします。
お名前
フリガナ
メールアドレス

※Hotmail以外のアドレスでお書きください。
ご住所

都道府県

市区町村・番地
ご連絡用電話番号
生年月日 年 月 
性別 女性男性
今回の相談内容
ご質問・ご要望等
※面談希望日時がございましたらこちらにご記入ください。
確認 ご入力内容に間違いがなければ、  チェックを入れ送信してください。




テーマ:アドバイス

38歳女性の婚活、ご自身からお申し込みした際の男性の承諾率は、、

 

 

10月はたくさんの会員様とお話をしましたハート

順調に交際中の方とも、少し婚活がスムーズに行っていない方ともです。

その中に、あるとても素敵な会員様がいらっしゃってお話が出来ました。

様々なお話をしていく中で、ちょっと驚いたことがありました。

その方は男性からのお見合い申し込みが多い印象で、また反対にご自身から男性へのお申し込みも多く、優等生的な婚活をされる方です。

 

 

しかし、、、なんと1ヶ月に200名申し込みをなさったとは、ちょっと想像以上でした。

しかもお返事が来たのは、お二人だけ。

ところが、そのお二人がとびきりエリートで素敵な男性だったため彼女はむしろ前向きです。

 

 

ご承諾確率1/100です。

30代後半女性からお申し込みしてご承諾頂ける最新の確率です。

彼女は美人で頭も良くて、落ち着いた雰囲気があり、しっかりしたお仕事も御年収も持っていらっしゃる方です。

その大人の魅力溢れた美しい方が、たったお二人です。

 

 

でも彼女は明るくて、覚悟していたより婚活は楽しくて、思っていたより凄い方々がいらっしゃって、しかも想像以上の方々とお会いできているのでびっくりしましたドキドキと感想を教えてくださいました。

 

 

いかに女性からのお申し込みが大切かということです。

 

 

 

 

  

お問い合わせ、ご来店予約(無料カウンセリング)はこちら
         
スターマリアージュ青山 お問い合わせ&来店予約


テーマ:アドバイス

婚活がなぜ辛いのか

 

一昨日昨日と40代の女性会員様からのご相談が続いた。

30代後半でも婚活は厳しいけれど、それでも40代に比べれば余程恵まれていて40代の婚活はとにかくとても厳しい。

婚活全体に、そして男女関わらず言えることなのだけれど、何か厳しいかと言えばごく一部の出会いの早い運の良い方を除いて、婚活市場での自分の立ち位置、偏差値とも言えるものと嫌が応にも向き合わねばならないこと。

すごく若々しくて素敵な方でも、実年齢で判断される婚活という場では、甘い空想は実現しない。常日頃、格下だと思っていたような男性に申し込んでもお断りが来たりして、本当に落ち込む。

 

 

 

以前、ご成婚退会された方がいらして今だから話せる話をしてくださったけれど、何が辛いかといえば自分に価値がないように自分を思うことだったと仰っていた。きっと婚活している多くの30代後半以降の女性達は激しく同感されるに違いない。

学生時代には学力で偏差値は決まったので分かりやすかったけれど、婚活偏差値は年齢やその他諸々総合的なちょっと掴み所のないものだから余計に厄介だ。

20代女性よりモテる30代前半女性はたくさんいるけれど、30代前半と後半以降では婚活の苦労は全く違ってくる。

 

 

40代女性が落ち込むとよくおっしゃる言葉

 

 

もういっそ諦めて一人で生きて行くしかないかもしれない、、このフレーズは落ち込んだ時に多くの40代女性が仰ること。

そんな気持ちになることもあるよね、すごくわかるけれど、もう一度諦める前に考えて欲しい。

30歳になる時、40歳になる時、そして50歳になる時、60歳になる時、人は老いというものを感じる。

早く30歳になりたかった、早く40歳になりたかったという人も一部いるかもしれないけれど多くの女性は老いは嫌いだ。

けれど、生きている限り老いはやってくる。

自分の老いを受け入れるのはかなり辛いことだけれど、自分を納得させるものが必要だと感じる。

ニコール・キッドマンが50歳になることを”ちゃんと受け入れている”とインタビューに答えていたという記事を読んだが、受け入れるにはそれなりの自分を納得させる理由が必要なのではないかと思う。

 

 

 

例えば、子供。

とても小さかった我が子が大きく成長して行く姿は、自分の老いを受け入れさせてくれる。

そして、パートナー。

子供を持たない選択をした女性はやはり一緒に人生を歩むパートナーの存在が支えだと思う。

親は年老いて行くわけだから、いつまでも甘えていられない。頼る立場から気付けば頼られる立場へと入れ替わる。

今のままでも良いかなと思っても、絶対に今のままでは居られない訳だから運命は自分で切り開くしかない。

 

 

 

40代で初婚の人なら、20代の青春時代を子育てに費やした女性に比べて自由を謳歌した時間は明らかに長いはず。

受け入れるべきは受け入れて、今の自分に出会えるベストな人を焦らずにコツコツと探して欲しい。

 

 

 

 

 

セレブ婚活 結婚相談所

公式ホームページへはこちらをクリック
    下矢印下矢印

結婚相談所スターマリアージュ青山

 


テーマ:アドバイス

 

本日は、初お見合いに臨んだ会員様とお話ししていて気づいたことをお伝えしようと思います。

 

 

 

彼女は初めてのお見合い後、ちょっとビックリしましたとお話しされました。理由は、お写真やプロフィールから想像していたお相手と余りにも違いすぎたこと。お見合いも回を重ねて行く事で、お写真通りではないこともある、服装もお写真の服装の通りで来ないこともあるetcいろいろ分かって来るはずですが、やはり最初は戸惑うかもしれません。

 

 

 

私も、今は自社会員様の一日のお見合いの数が半端なく多い事や、初回カウンセリングにお越し頂くお客様がとても多くなったこと、周りの相談所もお見合いのお立会いに出向かなくなったことなどから、お見合いの立会いは行っていませんが、少し前までは時間がある時、出向くこともありました。その際感じたことは、お相手の方のお顔立ちはお写真通りなのだけれど、思ったより身長が低いとか、お写真では爽やかな笑顔で笑っていたけれど、実際にお会いすると緊張のせいかむっつりされているとか、会員さんを品定めするような目つきで見るとか、かなり服装がラフだとか、あらっと感じる事は多々ありました。

 

 

 

本日の会員さんもそうですが、期待値を上げすぎるとお相手を見る目が厳しくなってしまいます。良い所より粗が見えてしまうわ。そうなると、お見合いの1時間が苦痛に思えてしまいかねません。プロフィールはあくまでもどの方にお会いするか判断するためのツールです。お会いしてご本人が目の前にいるなら、目の前のその方が全てです。一回プロフィールの『あの方』は頭の中から綺麗さっぱり消してしまったほうが良いかもしれないですね。

 

 

 

会員様によくお伝えすること、お見合いで運命の方に出会う事は、宝探し。宝はゴロゴロしていないからこそ、宝物なんです。そうそう簡単に見つかるはずがないからこそ宝物。根気よく諦めずコツコツと探して行ってくださいね。

 

 

 

 

 

美味しく美しい頂き物の数々、どちらも本当に一流のお味です

IMG_8226

『LADUREE』のマカロン、

 

IMG_8234

色とりどりで見た目も美しく、お味も最高

 

リベルターブル

 

 

リベルターブル2

『リベルターブル』こちらも最高のお菓子です。

しばらくハマりそうな程美味です

 

 

ホートナム&メイソン

 

 

ホートナム&メイソン2

『フォートナム&メイソン』高島屋のショップにはよく行きます

 

 

神宮花火

昨夜は神宮の花火大会でした。ほんの少しだけ

 

 

高学歴・高収入・お仕事も一流で、身長も高めでお顔もハンサムで、、そんな素敵な男性は、女性から見ると女性にお慣れなのだろうとついつい想像してしまいがち。勿論、女性との交際に関して痒い所に手が届くような、目から鼻に抜けるような、そんな男性もおりますが、そうとばかり言えないのが、面白いところです。  

 

 

 

お相手の発するイメージだけで接しておりますと、あれっていうことがあるんです。本当は異性に慣れていらっしゃらなくて交際が進展しないということが結構あります。これ程ご立派なお仕事をされていてということで、気づくことが遅くなったりします。40代以上の初婚男性に多いでしょうか。でも、よく考えたらそれだけ素晴らしい方で、尚かつ女性の考えていることがわかるなら、とっくの昔にご結婚されているはずですね。  

 

 

 

こういう方と出会ったら、お誘いを待つだけでなくて、必ずカウンセラーを使ってくださいね。最初のうちの意思疎通はお互い同士では難しいなら中継ぎを致します。何も仰らず、ただ待つとか、あるいはお相手の出方を待って放って置かれても、きっとお互いテンションが下がるばかりです。そして、カウンセラーを仲介で使って、それでも駄目なら最後の手段は女性からのデートのお誘いも有りですね。だって動いてくれないなら動くしかないですよね。その方とご縁がないなら次の方を探さなくてはいけませんし。  

 

 

 

数週間も、あるいは長い方は数ヶ月もただメールだけのやり取りをしていても、ご成婚は遠いのです。絶対にお会いしないと交際は進みません。これだけは間違いのない真実です。そして、悶々と待っていて、カウンセラーから『ご交際のご状況はいかがですか?』と尋ねられて初めて待っていらしたことをお伝えくださるとか、、意外と多いのですが、絶対に時間の無駄ですよもっと、カウンセラーを使いましょうそうすれば、ご成婚への距離はぐっと縮まります。     

 

 

 

Fotolia_93671852_XS      


テーマ:アドバイス

きっと50代で婚活なんて遅いと思う方もいらっしゃるでしょう。でも、いくつになってもパートナーを求める気持ちは一緒です。いいえ、もしかすると、若い頃よりももっと切実かもしれません。   ある50代の女性会員様、ご登録させて頂きましたのがつい先日の11月2日でした。そして、本日初めてのお見合いが成立致しました20代30代のお若い方のお世話が得意なスターマリアージュ青山ではございますが、勿論大人の婚活もしっかりフォローさせて頂きます。  

 

 

 

その方は、女性の私から見ましても、とても可愛い方、そして優秀で、ご多分に漏れず高収入。本当に素敵な方なのですその彼女は仰いました。『こんな私を選んで頂けるなら、どんな方でもまずはお会いしてみようと思います。愛されて結婚するのが幸せだと思います。』   追いかけて、追いかけて、そうしてパートナーを捕まえる肉食系女子も多い昨今ですが、(確かに男性が草食になってきていることは、男性からのお申込み状況を見ていても感じます)やはり女性は自分が相手を愛するより、少しだけ多く愛されて結婚するのが幸せな気がします。でもそうは言いましても、彼女はただ待っているのではありません。私が、とくかくどんどんお申込みをしてくださいね、とお願いしたことをきちんと守ってくださり、積極的にお申込みしてくださっております。  

 

 

 

その女性様のことを『お気に入り』に入れてくださっている男性をお教えしましたら、間髪入れず(ここが大事なのです)その方へお申込みをされました。そして、昨日OK返事という流れです。50代にして、ご入会からたった4日目にもうお見合い成立とは素晴らしいです。しかも、お相手は素敵な女性様にふさわしい紳士です。  

 

 

 

婚活は、この連携プレーが大事です。いくら私がお教えしても、行動せずにただ待っているだけではチャンスは訪れません。今まで待っていて、素敵な方が迎えに来ましたか?来ていないなら婚活でも一緒です。 女性が圧倒的に多い婚活人口の中で、目立ち選ばれお会いすること、何より大事なことです。そして、若いうちは多くのお見合いの中からお一人を選べますが、ご年齢が高くなる程、たくさんお見合いをすることが難しくなりますから、お一人お一人との出会いを大事にして頂きたいと思います。50代は何かのご縁で出会った意味を、より深く感じられる年齢ではないかと思います。   お陰様でご成婚率がとても高いスターマリアージュ青山ですが、私ひとりの力では何も出来ません。会員様の頑張りを応援することしか。    

 

 

 

 

 

 

 

Fotolia_69636156_XS      


テーマ:アドバイス

以前から、ある話です。   良い出会いがあり、真剣交際に進み、女性は男性からのプロポーズを待つばかりの状態。それなのに、なかなか最後の一言を言わない男性。  

 

 

 

結婚というものは、いつの時代でもほんの少し男性に取ってのほうが、より荷が重いものなのかもしれません。特にエリートであればある程今後も出会いに困る事はないし、これからますます出世する予定があれば、その時に今以上に素敵な女性と出会えるのでないかという期待を持つ事は無理からぬことでしょう。だからこそ、見極めは女性より厳しく時間も掛けて、ということになるようです。かたや、女性はご自分がご出世したとしても、今以上に良いお相手に出会える可能性は低く、それより若さが失われて行くことのほうが婚活には不利だからです。     痺れを切らして三行半を叩き付けた勇敢な女性が過去いらっしゃいましたが、その方は違う素敵なお相手を見つけました。気持ちが離れると追いかける側に回る男性ですが、追いかけられているうちは余裕があるので自分ペースです。多分女性の気持ちは分かっているけれど、もう少し待って欲しいというのが本音なのでしょう。    

 

 

 

今月ご成婚退会予定の素敵なエリート男性も交際半年で結論を出されました。そこまで待った女性はさぞご心配したことと思いますが、短気を起こさず待っていらっしゃいました。その男性も女性を待たせても気持ちを離さない魅力があったからこその結果です。女性も途中で男性の気持ちを離さなかったからこその結果です。  

 

 

 

じれてもうどうでも良いとか、白黒つけたいとか、どちらでも良いからはっきりして欲しいとか、悩む女性の気持ちは理解出来ますが待っても最長半年です。結論を出して欲しいと迫って自爆するよりも、今現在のあなたの行動を観察しながら判断しようとしている男性に、ゆっくりご自分の良さを観察させてあげられたら結果プロポーズとなるでしょう。  

 

 

 

落ち込んだり焦ったりいらいらしたり、どうしようもなくなったら、お相手の男性にぶつけることも一つの手ですが、その前にカウンセラーにぶつけてみましょう。そして、明るい気持ちに戻ってまた何事もない笑顔でお相手にお会い出来れば、もっとあなたに惹かれてゆくと思います。  

 

 

 

それでもいつまでも決められない男性なら、見切りをつけてもっと素敵な方を探す事も必要かもしれません。     

 

 

Fotolia_93672331_XS